fc2ブログ

多くのけが人を出しながらも過密日程を乗り越えてきたが、本当の正念場がやってくる

【鹿島】また過密日程…MF三竿健斗「中3日あれば大丈夫な体になった」
2018年10月26日6時5分 スポーツ報知

 ACL決勝進出を決めた鹿島は25日、韓国から羽田空港に帰国した。26日はオフ、27日から再始動する予定。だが、再び過密日程に頭を悩まされることになる。

 Jリーグは24日、第32節柏戦(三脇F柏)を11月6日に行うと発表。これにより、第31節C大阪戦(10月31日)→中2日でACL決勝第1戦(11月3日・カシマ)→中2日で柏戦→中3日でACL決勝第2戦(11月10日、イラン・テヘラン)となる。

 イランへの移動は半日以上を要し、柏戦翌日は移動のみで練習ができない可能性も。5時間半の時差もある。MF三竿健斗(22)が「中3日あれば大丈夫な体になった」と語るなど、多くのけが人を出しながらも過密日程を乗り越えてきたが、本当の正念場がやってくる。


過密日程について報じる報知新聞である。
11月6日にアウェイ柏戦が組まれたことで、ACL決勝第1戦から中二日で戦い、第2戦のアウェイの戦いには中3日という日程となった。
特にテヘランへの移動は半日以上を要し、この日程では5時間半の時差ぼけを取る暇もない。
ここで日程を考慮しないJリーグには恨み節の一つも言いたくなるところ。
とはいえ、現在は“ベストメンバー”規定が緩和されており、A契約6人の先発出場させれば、問題なくJリーグの試合に挑むことが適う。
ともなれば、柏戦にはACL決勝戦に先発せぬメンバーで挑むことが可能である。
ここは、割り切ることも必要であろう。
チームを分け、別途渡航することも検討すべきではなかろうか。
大岩監督の決断に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

完全に2つのチームを作り 別途渡航は賛成です セレッソ柏組 acl決勝組で分けて戦う それもチームの形だと思います

先日の試合で安西も負傷したみたいだけど、報道されないという事は軽傷で済んだのだろうか。そうであって欲しい・・・。

残念ながらリーグ優勝は消滅してしまいました。
どんな試合にも勝ちに行くのが鹿島の流儀ですが流石に今回ばかりは仕方ないかな…と思います。
ACL出場権は天皇杯制覇でも貰えますし。
それに出場機会に餓えている選手は多いでしょうね。
(一部偏屈な人除いて)他クラブのファンも応援してくれてますし、何としてもアジアの頂点に立って欲しい。

ターンオーバーは必須ですね。それでなくても過密日程で疲労、怪我で人は足りない状態だと思いますが。
それでも出た選手達はやってくれると信じています。
仕事終わりでC大阪戦をサポートしに行きます!

下手に疲労が蓄積してケガが心配な選手たちを起用するなら逆に完全にフレッシュな面子の方が勝率高いかと

ローテだけではフロンターレの辺りで限界迎えてしまって本来の40%くらいの試合が続いてるので

リーグにすら煮え湯を飲まされるなんて最高じゃないですか。
それくらい憎たらしい特別なチームなんですよ。
誇りましょう!わかってる人はわかってるわけですから!

そして勝ちましょう!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク