fc2ブログ

さらば三竿雄斗

三竿雄斗選手が大分トリニータに移籍
2018年12月26日(水)

三竿 雄斗選手が大分トリニータに完全移籍することとなりましたので、お知らせいたします。

<選手プロフィール>
■選手名: 三竿 雄斗(みさお・ゆうと)
■生まれ: 1991年4月16日、東京都出身
■サイズ: 175センチ、70キロ
■ポジション: DF
■経歴: グレンシルズ(カナダ)-横河武蔵野FCジュニア-横河武蔵野ジュニアユース-東京ヴェルディユース-早稲田大-湘南ベルマーレ(2014~、2013年 湘南ベルマーレ特別指定選手)-鹿島アントラーズ(2017)

■公式戦成績
J1リーグ通算 68試合3得点(鹿島では3試合0得点)
J2リーグ通算 0試合1得点
リーグカップ通算 9試合0得点(鹿島では1試合0得点)
天皇杯通算 7試合1得点(鹿島では1試合0得点)
AFCチャンピオンズリーグ 3試合0得点

■三竿雄斗選手コメント
「鹿島アントラーズに関わる全ての皆様、2年間ありがとうございました。そして、チームの力になることが出来ずに申し訳ありませんでした。鹿島での2年間の大半の時間は怪我、特にグロインペイン症候群との戦いでした。完治したと思ったら再発を何度も繰り返し、先が見えない中で何度も心が折れそうになりましたが、鹿島のユニフォームを着てピッチに立ち、勝利に貢献することを目標に必死にもがいてきました。残念ながら、ピッチでチームに貢献することは出来ませんでしたが、素晴らしい選手、スタッフ、サポーターの方々と2年間共に過ごせて幸せでした。特に、メディカルスタッフには自分のわがままをたくさん聞いてもらい、必死に治療に当たってもらって感謝してもしきれません。しかし、きっとこの苦しい期間が自分の人生にとっては必要な時間であり、今後飛躍するための糧になると信じています。自分にはまだまだたくさんの目標がありますし、まだまだ成長出来ると思っています。これからも鹿島アントラーズがたくさんのタイトルを取り続けることを心から祈っています。本当にありがとうございました」

三竿雄斗選手 鹿島アントラーズより完全移籍加入のお知らせ
この度、鹿島アントラーズより三竿雄斗選手が大分トリニータへ完全移籍加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

◆三竿 雄斗(みさお ゆうと)選手

【ポジション】   MF

【出身地】     東京都

【生年月日】    1991年4月16日 (27歳)

【身長・体重】   175cm / 70kg

【経歴】      グレンシルズ(カナダ)→ 横川武蔵野FCジュニア → 横川武蔵野FCジュニアユース → 東京ヴェルディユース → 早稲田大 → 湘南ベルマーレ【コメント】

「はじめまして、鹿島アントラーズより加入することになりました三竿雄斗です。このような素晴らしいクラブに加入することが出来て大変光栄ですし、感謝しています。これまでの人生、何度も苦しい時期があり、その度に必ず這い上がってきました。鹿島ではピッチで自分の力を示すことができませんでしたが、ここからもう一度這い上がれると確信しています。大分トリニータの勝利のため、全身全霊で戦いたいと思います。よろしくお願いします!」


大分に完全移籍する三竿雄斗である。
これは寂しい。
本人のコメントにもあるように、鹿島での2年間は負傷との戦いであった。
苦しかったと思われる。
それを乗り越えこの移籍である。
大分でMF登録とのことなので左ウィングバックの起用となるのであろうか。
J1残留に導くため尽力して欲しい。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

泣けてくる。ファン感ではいつも丁寧にお辞儀をしながら両手で握手に応じていた姿が印象的で、私のなかでは高感度No.1でした。持病と戦いながらの長丁場はかなり大変だと思いますが、遠方より応援させてもらいます。まだお疲れ様とは言いません。頑張れ兄貴!

ずっと怪我でしたからね…
まともにプレーできた試合っていくつあったんでしょう。開幕戦での不運なオウンゴールのイメージくらいしか残っていない…

もう怪我は大丈夫なんでしょうか、頑張ってほしいです(直接対決以外で)。

復帰をずっと待ってました。
左サイドを疾走して欲しかった。
寂しい一報です。
それにしても兄弟揃って股関節痛に悩まされるとは…

数少ない出場時のパフォーマンスを見て非常に期待していたのですごい残念です。
西のようにパスをさばくのがうまく、安西や脩斗とは違った武器かあったと思います。
怪我さえなければ、左でビルドアップに貢献してくれて、西の負担を軽くしてくれたのではないかと想像してました。
大分でも頑張ってほしい!

No title

鹿島で三竿兄弟のピッチに立つところを見たかった
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク