FC2ブログ

対松本山雅戦データ情報

松本山雅と鹿島の対戦データ情報である。
松本山雅との対戦成績は五分であり、最後の対戦となったアウェイでの戦いは惨敗し、トニーニョ・セレーゾが指揮を執った最後の試合となった。
苦い思い出である。
そのときの松本山雅の指揮官であった反町監督は未だ健在であり、また今回も鹿島を細かく分析して対策を練ってくるであろう。
ここは知恵比べとなる。
また、シラの個人成績がクローズアップされる。
アシスト、ラストパス共にチームトップであることが示される。
2列目として大きな働きをしておることがよくわかる。
この試合でも、左サイドを担い、決定機を数多く演出してくれよう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島アントラーズvs松本山雅FC 第12節
 ・鹿島対松本の通算2試合では、1勝1敗と互角。2015年の前回対戦では、松本が2-0で勝利を挙げた。

 ・鹿島は昇格クラブとの直近7試合で3敗(4勝)。それ以前の同対戦14試合で喫した敗戦数と等しい(9勝2分3敗)。

 ・鹿島はホーム戦で現在4連勝中。本拠地での連勝としては、2017年6月~11月に記録した9連勝以降ではクラブベストの成績。

 ・松本は今季アウェイ戦5試合で1勝2分2敗。敵地での開幕から5試合の成績としては、前回J1に在籍していた2015年シーズンと等しい。

 ・鹿島は前節神戸戦で10本の枠内シュートを放った。1試合で記録した枠内シュート数としては、2018年7月の柏戦(10本)以降でチーム最多だった。

 ・松本は枠内シュート率が今季リーグワースト(35.6%:31/112本)。また、ブロックされたシュートを含んだシュート決定率は今季リーグワースト2位(5.4%)。

 ・鹿島と松本は、ヘディングによる得点が今季リーグ最少タイ(1点)。しかし、松本はヘディングによる失点が今季リーグワーストタイ(5点:神戸と並び)。

 ・白崎凌兵は鹿島加入後初出場を果たした2019年4月20日以降の期間で、アシスト数がチームトップ(2)。また、同期間でのラストパス本数もチームトップタイ(7:永木亮太と並び)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

コメントの投稿

非公開コメント

白崎さんはフィジカルも強いので当たり負けしませんし、球際も足を出すところが良いですね、何より簡単に奪われない。
フィジカルもありテクニシャンでもある選手は中々いませんから。
あとはゴリゴリ決めてくれる絶対的FWだけなんですが…

No title

クラブの格では圧倒的に鹿島がうえだが
過去のコメントからも判るように、
選手時代から鹿島に対して敵愾心の強い反町氏
簡単な相手じゃない事は予想できる
とは言え、ホームで下位相手には確実に勝っておきたい

成長した太郎との対戦が楽しみ。

高崎は最近出場してないけど、どうしたんだろう。
スンヒョンとの空中戦を見たいな。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク