FC2ブログ

鳥栖・金﨑、何もないよ

次節・鹿島戦に向けてコメントを発した鳥栖の金崎夢生である。
「鹿島戦のことを聞くんでしょ。何もないよ」と相変わらずの金﨑節が飛び出しておる。
前節は途中出場であったが、この鹿島戦では先発起用はあるのであろうか。
そのあたりを金﨑本人から引き出そうというのは、無理な話である。
いずれにせよ、今回は出場してくるのではなかろうか。
このシュート意識の高い怖いFWを抑え込んで、完封勝利を掴みたい。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鳥栖金崎「何もないよ」古巣鹿島戦先発へ多く語らず
[2019年5月23日15時16分]


練習で軽快な動きを見せる鳥栖FW金崎(撮影・菊川光一)

元日本代表のサガン鳥栖FW金崎夢生(30)が、先発の可能性が高い古巣相手の26日鹿島アントラーズ戦(駅スタ)へ集中力を高めた。

23日、佐賀・鳥栖市内での練習後、取材陣に対し「鹿島戦のことを聞くんでしょ。何もないよ」と自ら切り出した。今季J1初得点を鹿島戦で狙うかを問われ「鹿島だからとか関係ない」と多くを語らず、気持ちを高ぶらせた。

リーグ戦は、ここまで先発10試合を含む11試合に出場しているが得点はまだない。だが待望のゴールがチームを波に乗せることを誰よりも自覚している。

今月7日の就任以来、J1で2連勝中の金明輝(キム・ミョンヒ)監督(38)が「勢いをもたらしてくれる選手。頑張って点を取ってくれたら」と話す期待に応えるつもりだ。指揮官はACLの決勝トーナメント進出を決め、リーグ3連勝中の難敵に対し「個人個人が勝つための方法を知っている。試合巧者のイメージが強いので、より先制点が大事になってくると思う」といい、その起爆剤として貢献してみせる。

コメントの投稿

非公開コメント

もちろん金崎には功労者として敬意は払うが、試合は別。
彼の弱点は分かってるし、絶好調CBが何もさせない。
特にスンヒョンは復帰後、絶好調をキープ。
今のスンヒョンには、翔さんぐらいしか対抗できないでしょうね。

何もないはどうなんでしょうか?
お世話になったチームなので是非点を取りたいみたいな気の利いたコメントできないの?プロ選手としてさ。

すみません。好きじゃないです。

ここという時に鹿島を救ってきた選手ですから、楽しみですけど怖いですね…
弟分の優磨が欠場なのが残念

金崎夢生、サッカーの楽しさ、素晴らしさを改めて教えてくれた選手。言葉では違うことを言うのにアントラーズスピリットをすごくすごく持った選手。
夢生が鹿島スタジアムで相手チームの選手としてプレイしているのを見たら本当のサヨナラが出来る気がします。

金崎の性格考えればこう言うでしょうね

 

普通こういう受け答えの時は逆に意識しているものなのですが、金崎の場合本当に気に留めてない可能性もありますね。移籍には慣れっこでしょうし。
金監督には昨年の最終節で注文通りのドローに持ち込まれましたが、今度こそ点を取って勝ってやりましょう!

金崎らしい笑

鳥栖の試合を見ていても点は取れてないが、相変わらず推進力があって怖い選手。
鹿島戦で今季初ゴールとはさせたくない!

No title

悔し涙を流させてやりましょう!

いまの鹿島の実力を見せつけることが、鹿島に貢献してくれた夢生さんへのお礼です。

わざわざマスコミが喜びそうなことを夢生が言うわけ無いです。
必要のないことをペラペラ喋り、オフサイドとわかっててゴールを決め大喜びするような悪い例にはならないでいただきたい。
本当に何も思ってないかどうかは試合でのプレーを見ればわかると思いますよ。

べらべら喋らない
忖度もお為ごかしもない
全てはピッチの中で見せる

うーん、そこが好きです笑

ムウに関しては、本当に何もないんだと思うよ
発言にいちいち目くじら立てるほどのことでもない…愛のあるブーイングと新しい鹿島のプレーで見返してやるだけ

移籍間際に番記者へ話したコメントを見れば夢生の鹿島への想いは充分伝わります。
お互いにリスペクトしつつも馴れ合いはいらない。彼らしくてとても良いと思います笑

金崎らしいね

でも果たして鹿島を出て鳥栖に行ったのは、彼のキャリアにとって意味があったのかな?
渡り鳥だから仕方ないか。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク