FC2ブログ

中島と深井と金古 (昔の日記)

中島は去年の新人っぽさが抜け、自信溢れるプレーをしていた。
深井は途中出場ながらDF二人をぶち抜く盛り上がるプレーをした。
二人ともサポの心を掴んでいると思う。
この先、彼らが鹿島を背負って立つことは疑いようのない事実だろう。
温かく見守って生きたい。
だが、そんな余裕は我らにはないのだ。
「勝利」。その全てに優先される命題をクリアするために。
無失点という、前々節・前節の崩壊は修正されたかのように見えた。
それは幻影だ。
大岩は信じられないようなミスをするし、満男は難しいパスを通そうとしてカットされる。
それ以上に、早めの飛込みをする金古がかわされとてつもないピンチになる…
金古選手には期待したい。
しかし、今のままでは恐ろしくて任せられない。
彼も鹿島の将来を担う大きな戦力だ。
前目でチェックしボールをキープできたら大きなチャンスになっていくだろう。
プレースタイルは納得がいく。
ただ、結果がまったくついてきていない…
「新」3番が「真」3番になる日が早く来ますように。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク