FC2ブログ

天才芸術家 柳沢敦

鹿島・柳沢 開幕戦間に合った

 3年ぶりに古巣鹿島に4カ月のレンタル移籍で復帰したFW柳沢敦(28)が、代表国内組とともに帰国した。この日付でメッシーナから移籍。「コンディションは大丈夫です」と話し、2日に復帰会見してチームに合流することになった。イタリア協会から国際移籍証明書が発行され、登録する書類の手続きもこの日までにすべて完了。5日の広島との開幕戦(アウエー)にもGOサインが出た。



 アウトゥオリ監督は開幕に間に合った場合、柳沢の先発起用を示唆している。「久々のJリーグだけど、やる気はいつだってある」と柳沢の意気込みは十分。拠点となる家探しも行うが、しばらくは寮生活でサッカー漬けの毎日となりそうだ。この日は鹿島のクラブハウスに移動して、関係者にあいさつ。W杯のレギュラーを獲るため、まずは鹿島で大暴れする。
[ 2006年03月02日付 紙面記事 ]



ここのところ攻撃陣の不甲斐なさがクローズアップされている我が鹿島アントラーズだが、この日本代表FWの復帰は心強い。

動き出しは天下一品。

画面に映らないところでのポジショニング、動き、ボールの要求はワールドクラスであろう。

しかし、彼はゴール・ハンターではなくサッカー・アーティストなのである。

この床が頭に描く理想型は確実に相手の息の根を止める美しいフィニッシュ。

泥臭い自分本位のゴールではない。

芸術家の理想など凡人には理解し得ない。

同じイメージを共有できる者のみがその味を知ることができるのだ。

また再び鹿島の地で、我等に喜びと共に凡人に計り知れないイメージを分け与えたまえ。

心からそう願う。

聖地への道

3/11(土)カシマサッカースタジアム〜東京駅間 高速バス(直行便)開通のお知らせ

 カシマサッカースタジアムと東京駅を結ぶ高速バス(直行便)が3月11日(土)に開通することになりました。これによりスタジアムと東京駅間が約1時間40分(従来路線から30〜40分の短縮)で結ばれることとなりました。

 乗り換えなしで東京方面からスタジアムへの移動も容易となり、試合開催時をはじめ、今後のスタジアム周辺の賑わいづくりにも大きくつながることになります。たくさんの方のご利用宜しくお願い致します。




陸の孤島と言われた"聖地"カシマスタジアムへの高速バスが開通した。

これで巡礼を行う信者も増えることであろう。

東京からの距離、潮来で途切れてしまう東関東自動車道、佐原で乗り換えるJR、これまで不便の一言で片づけれてしまっていた交通の便が一気に解消される。

我等に課されてきた十字架が軽くなった。

是非とも指定席を埋めて欲しいモノである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク