FC2ブログ

U-22 興梠の闘志

興梠闘志でアピール/練習試合



 セットプレーからヘディングでゴールを狙う興梠(撮影・たえ見朱実)

<練習試合:U−22日本代表3−1流通経大>◇29日◇静岡県内  MF興梠は2トップの1人として出場し、前半40分にFW岡崎がポストプレーで返したボールを、右足で豪快にたたき込んだ。それ以外にもMF長友の右クロスに飛び込み、勢い余ってフェンスに激突するなど、闘志あふれるプレーでアピールした。興梠「(4バックにした)後半は特に中に厚みができたのでやりやすかった。やれることはやった? そうですね」と手応えを感じた様子。 [2007年5月30日9時30分 紙面から]


MF登録で選出されたされた興梠慎三であるが、鹿島と同様にFWとして練習試合に出場した模様。

興梠も増田誓志の如く、鹿島では影が薄いがU-22では重要な結果を残しそうである。

鹿島に於いても影が薄いとは言い過ぎであり、後一歩で得点に結びついていないという状況である。

だが、この一歩が薄いようでとても厚い壁であろう。

小さなチャンスを手繰り寄せる何かが足りていないのだ。

今にして思えば、衝撃のデビュー戦であったバー直撃アシスト2発も本来ならば素直に2得点しておくところである。

が、完璧な人間などキリコとイプシロン以外におらぬ。

ここで腐らず何かを手繰り寄せるのだ。

カンユー大尉が持つ強靱な精神力で。

ユダ直接交渉へ

鹿島 キリン杯後に中田浩復帰交渉

 鹿島がバーゼルMF中田浩二の“再獲得”を目指し、6月5日のキリン杯コロンビア戦後に交渉を行うことが分かった。クラブ幹部が明らかにした。キリン杯に招集された中田は30日に帰国し、その足で代表に合流の予定。「選手も監督も代わったので、まずそれを覚えたい。全力を出してチームに貢献したい」と意気込みを語った。 [ 2007年05月30日付 紙面記事 ]


 鹿島と中田、直接交渉へ バーゼルには文書送付

 鹿島の鈴木満取締役強化部長が、今夏の獲得を目指す日本代表MF中田浩二(27)=バーゼル=と、早ければ6月6日にも直接会談を行うことが29日、明らかになった。同部長は、6月5日の日本―コロンビア戦(埼玉)後に「本人と会って話をしたい。(中田の)代理人とも早めに会って話をする」と話した。

 鹿島は現在、バーゼルに対し、2通の文書を送付している。ひとつは獲得を打診するもの。もうひとつは「中田を放出する意思があるか」など、バーゼル側の意向を尋ねる内容の文書。移籍金など条件面についてのクラブ間交渉は、その回答を待ってから本格化する見込みだが、鹿島としては同時進行で「獲得意思」を中田本人にもぶつける。

 中田は30日に帰国し、同日夜に静岡市内で行われる練習から日本代表に合流する予定。「優勝するために必要な選手。帰ってきてほしい。浩二が戻ってくれば、優勝を狙えるだけの枚数がそろう」と同部長。04年1月以来の鹿島復帰へ。鹿島が直接交渉で口火を切る。
(2007年5月30日06時00分 スポーツ報知)


ユダならばと望んだ稲本潤一であるが、稲本はフランクフルトへの移籍が決まり夢潰えた。

5月18日にも申したとおり、公言を実行してる会社員を止める手立ては既に無く、恥を晒さずに済めば良いと思うだけである。

そもそもフェルナンドを放出した時点でこのオファーは見えておった。

ここまで来ると残りはユダ本人の意向だけである。

バーゼルとしては売りにくいEU外選手を高値で売り払うチャンスであり、代理人も来季に契約延長されたり0円移籍するよりも多額の手数料が見込める、そして移籍先を探す手間も要らない。

借金までして手に入れたいと申すフロントの無策ぶりを嘆いても始まらぬ。

そして、イタリア・ACミランのシェフチェンコへの対応を見るに、フロントの能力の差は歴然である。

フロントはビジネスと割り切って仕事を行って貰って構わない。

優勝するに値するスタジアムが、レッヅ戦のみ機能するだけに落ちぶれておるのは、優勝を遠のけた戦力の流出・育成・獲得失敗、監督招聘のミスなどフロントが負うべきである。

青木・中後はユダよりも劣るとフロンが判断するように、鹿島フロントはACミランフロントに劣ると言わざるを得ない。

最後に報知よ、ユダの移籍は05年2月であるぞ。

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク