FC2ブログ

石川竜也、レンタル延長

石川竜也選手の山形への移籍期間を延長

 標記の通り、石川竜也選手が2008年シーズンもモンテディオ山形でプレーすることになりましたのでお知らせいたします。1年間の期限付き移籍となります。


■石川竜也(いしかわ・たつや)

<生まれ>

    1979年12月25日、静岡県出身

<主な経歴> ※カッコ内の数字は加入年

    西益津小学校(静岡)―西益津中学校―藤枝東高校―筑波大学―鹿島アントラーズ(2002)―東京ヴェルディ(2006=期限付き移籍)─モンテディオ山形(2007=期限付き移籍)

    1999FIFAワールドユース選手権(現U20ワールドカップ)準優勝

<成績>

    J1リーグ通算 45試合3得点(鹿島アントラーズ)

    J2リーグ通算 67試合3得点(東京ヴェルディ、モンテディオ山形)

    ナビスコカップ通算 16試合0得点(鹿島アントラーズ)

    天皇杯通算 11試合2得点(アントラーズ在籍時は8試合1得点)

    アジアチャンピオンズリーグ 2試合0得点(鹿島アントラーズ)

    A3チャンピオンズカップ 2試合0得点(鹿島アントラーズ)

<ポジション>

    ディフェンダー

<サイズ>

    179センチ、69キロ


石川のレンタル期間が延長された。

一時は羽田と共に戻すとの鈴木満強化部長のコメントが報じられたが、山形の新監督が戦力の軸と考えており東北では昨年末に契約延長を報じられておった。

山形ではレギュラーポジションを得ておる。

今更サブに甘んじる日々に戻ることは彼のためにもならぬであろう。

我等も石神直哉、笠井健太、伊野波雅彦と左SBの控えは充実しておる。

であれば双方の利を考慮すればレンタル延長は自明の理である。

とはいえ何が起こるかわからぬのがサッカーの世界である。

再び石川のドラゴン・クロスを聖地で観る日もあるやも知らぬ。

その日のために伝家の宝刀に磨きをかけておいて欲しいものである。

岩政語る

鹿島DF岩政「浦和大補強」怖くない

 鹿島DF岩政は浦和の大型補強を恐れない。10日、FW高原の加入などが決まったライバル浦和の動向について聞かれると、冷静に言った。「確実に強くなる? やってみないと分からない。でも長谷部が抜けると、中盤の攻撃の厚みが減るし、ドリブルで入ってくるようなプレーが少なくなる」。ビッグネームを前に憶することなく現状を分析した。


 高原のほかにエジミウソン、梅崎も加わり、層は確実に増した。だが一方でピッチに立てるのは11人というルールは不変。「梅崎が出るということは(同じトップ下の)ポンテが出られないということ。ポンテは本当に守りにくい」。もちろんリスペクトも感じている。「高原さんは日本人でトップのストライカー。楽しみという面はある」。この日は、鹿島でフィジカルを中心に約1時間のトレーニング。岩政は名前負けすることなく、新たなシーズンに向かって着々と準備を進める。

[2008年1月11日8時51分 紙面から]


メディア的には浦和は大型補強の如くに伝えておるが、元セレソンのワシントンが高原になりポンテが梅崎に替わり、怪我がちの田中達也の穴をエジミウソンが入っただけなので、スケールダウンの感は否めない。

更に日本代表の長谷部も放出であるから、戦力的にはダウンしていると言わざるを得ないであろう。

それを正直にコメントしてしまう岩政は如何なものかとは思うが、彼の言葉は正論である。

浦和は悪しき存在ではあるが、必要以上に気にするほどの相手ではない。

敵は自らの中にある。

慢心であったり、自惚れなのである。

己に克って身を引き締めよ。

我等も同様に慢心はせず厳かに応援したいと思う。

伊野波、完全移籍にて獲得

伊野波が鹿島に完全移籍

2008年1月11日 紙面から

 FC東京のU−23(23歳以下)日本代表MF伊野波雅彦(22)が鹿島へ完全移籍することが10日、確実となった。関係者が「まだサインはしていないが、近いうちに発表できるだろう」と、交渉が最終段階に入っていることを明らかにした。千葉、京都も獲得に動く争奪戦となり、FC東京残留、期限付き移籍の可能性もあったが、伊野波は退路を断ち、新天地でプレーすることを決意した。


 昨季Jリーグと天皇杯を制した鹿島への完全移籍が濃厚となった。クラブ間で契約の詳細を詰める作業が残されているが、関係者は近日中の決着を示唆。順調に進めば、週明けにも移籍が決定する見通しとなった。


 伊野波は昨季、右サイドバックとボランチでリーグ戦20試合に出場。ただ、シーズン中盤以降はレギュラーに定着できず、ベンチを温める機会が多かった。昨季終了後、移籍を視野にあらゆる可能性を探り、鹿島、京都、千葉から獲得オファーを受けた。昨年末には「自分自身が成長できるクラブでプレーしたい」と心境を吐露。東京残留の選択肢も含め、自身の去就を慎重に検討してきたが、鹿島移籍の可能性が高くなった。


 Jリーグ連覇とACL初制覇を狙う鹿島は、過密日程に備え選手層の底上げを図る補強計画を進めており、守備的なポジションならどこでもこなせる伊野波を高く評価。獲得の最有力候補に挙げていた伊野波の加入が正式に決まれば、堅い守備陣がさらに盤石になりそうだ。


1月3日にレンタル移籍と報じられておった伊野波であるが、完全移籍というニュースが飛び込んできた。

ソースはトーチュウでありFC西東京発としては信憑性が高い。

本人も退路断って我等と共にあろうとしているとのことで好感度が更にアップである。

本職はボランチだが鹿島では層の薄いCB起用が予想される。

岩政、ファボンに続く椅子を大岩と争うこととなろう。

実績的には大岩に一日の長があるが、代表優先戦略の名の下に起用されるやも知らぬ。

どうあれ我等と共にある以上貴重な戦力として獅子奮迅の働きを期待せねばなるまい。

若さがあるので直近のシーズンだけでなく将来を背負って立つ人材として期待しておる。

新井場とのスカイ・ラブ・ハリケーンも忘れずに。

修人くんミドルシュート

早大・鈴木 強烈ミドルでアピール
 サッカーの全日本大学選手権準決勝は10日、駒沢陸上競技場で行われ、早大が駒大を、法大が中京大を下して決勝へ進出した。早大ではU―22代表で昨年6月6日のマレーシア戦に出場したMF鈴木が、前半11分に強烈なミドルシュートを決めるなど勝利に貢献。視察した同代表の江尻、井原両コーチの目の前で活躍し、「やるからには(北京五輪を)目指したい」と話した。鹿島への入団が決定しており、「小笠原さんとか参考になる人がたくさんいるんで、うまくなって早く試合に出たい」と話した。
[ 2008年01月11日付 紙面記事 ]


今季の新人修人くんがミドルシュートで勝利に貢献とのこと。
U-22マレーシア戦でもミドルを決めておった。
彼の得意技なのであろう。
そして本人のコメントから満男を参考にしようとするなど向上心が垣間見れる。
スタートラインは、満男、青木、チューヤン、船山に続く5番手からであろうが、本人の努力で如何様にも変わってくる。
満男を前に追いやって君臨することも可能であろう。
今季はアジアの戦いもあり、意外に早くベールを脱ぐやも知れぬ。
楽しみがまた一つ増えたと言えよう。
誓志・健太・伊野波・船山・石神と85年組として売り出す日も近い。
85年組でもファビオ・サントスは黒歴史である。

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク