FC2ブログ

岩政 居場所がない

DF岩政が代表定着に危機感
 DF岩政が代表定着へ必死だ。この日の練習試合では開始早々にPKを献上、前半終了間際には右足首を削られヒヤリとさせられたが、持ち味の泥臭いプレーは見せた。まだ代表での出場歴はないため「代表に自分の居場所を見つけないと、いつでも外されてしまう」と危機感を募らせていた。
[2008年1月28日9時31分 紙面から]


代表から外されるという新たなる予言であろうか。
ファボン残留金古復帰で代表どころかクラブチームでのポジションが危うい。
ヌケヌケしょっぱい代表のベンチを温めておる場合ではないのである。
代表はオシム路線継承により専職CBはさほど必要としていない模様であるので、もう想い出作りを終え鹿島に専念すべきなのである。
今季は試合数が増えること以上に移動による負担が大きい。
となると、固定しがちなDFラインもターンオーバーを組む可能性が高くなってくる。
控えにチャンスが増えれば、レギュラーが追いやられる可能性も上がるというものなのである。
ここ3季レギュラーを保証されてきた岩政大樹もうかうかしていられないであろう。
正当な争いこそチームを進化させる。
今週末のチーム始動に間に合わないだけで争いから半歩後退であることに気付かねばならぬ。
岩政だけでなく、選手層の厚くなった今季は全ての選手にチャンスがあり、戦いは激化しておる。
その戦いに勝ったものだけが試合に出場し我等に勝利を与えてくれるのである。
いよいよ今年のシーズンが始まろうとしている。

次戦スタメンはあるのか

内田 ボスニア戦もスタメン熱望
 釜本超えだけでは満足しない。日本代表DF内田が30日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でもスタメン出場することを熱望した。19歳305日でのAマッチ出場は伝説のストライカー釜本邦茂氏を抜いて歴代14位の記録となったが「あまり実感はない。強い相手とどんどんやって、もっと経験を積みたい」。途中交代した右ひざの負傷は問題なく、出場組の他の選手と同じメニューをこなした。「まだまだこれからです」と定位置獲りにどん欲な姿勢だった。
[ 2008年01月28日付 紙面記事 ]


一言も熱望しておらずどん欲な姿勢でもない。
本人のコメントも何もまったく無視した捏造記事である。
恐ろしい情報操作。
日本は何処へ行ってしまうのか。
翔ぶが如くでは西郷吉之助が直訴したが篤姫では於一である。
まさに今日の篤姫と言えよう。

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク