FC2ブログ

練習試合 流通経済大学戦

鹿島FW興梠が連係構築に手応え
 鹿島FW興梠慎三(22)が連係構築に自信を見せた。6日、流通経大との練習試合で主力組の1本目でプレー。同24分にFWマルキーニョス、MFマルシーニョのコンビプレーに呼応してゴール前に走り込み、ラストパスに対しシュートを放った。シュートは外れ無得点に終わったが、マルキーニョスの得点を演出するなどチャンスは数多くつくった。「連係はだいぶできてきた。あとは決定力ですね」と課題と収穫を感じていた。
 [2008年9月6日20時2分]

久々に得点した田代ではなく不発の興梠がコメント。
レギュラーとサブの差は大きい。

一本目
      興梠 マルキーニョス
  ダニーロ     マルシーニョ
     ユダ   青木
新井場 大岩 岩政 誓志
       曽ケ端

篤人の代役は誓志、水曜の法政大学戦で負傷した満男の代役はユダであった。
また、先日の試合で試された4-3-1-2の布陣は採用されなかった。
やはり熟成には至ってないということであろう。
ただ、サブ組からマルシーニョがレギュラー組へ昇格し、サブに本山が降格した。
攻撃的に行くには、今回の布陣になるということであろうか、判断の難しいところである。

二本目
      よよ 田代
  本山        野沢
    船山    チューヤン
石神 イノパン 大道 笠井健太
        小澤

船山と大道も本格的に起用され、実戦投入寸前である。
とはいえ、ベンチ入りは遠かろう。
笠井健太も右SBにポジションが戻り。サブ組も充実して来ておる。
何しろ他のクラブであればレギュラーを取るであろう修人やヤスがサブ組にすら入らぬのである。
ここまで全てのポジションで充実しておった年はない。
タイトルを取ってくれと言わんばかりである。
その期待に応じようではないか。
アジアと国内を制し天下に名を轟かすのである。
坂東の地に現れた奇跡のクラブの名、鹿島アントラーズを。

猛特訓中

鹿島リーグ&ACL見据え60分無休紅白戦
 鹿島はリーグ、ACLを見据えて、5日から猛特訓を開始した。この日は約1時間休憩なしの紅白戦を行った。直近の試合は13日の川崎F戦だが、ACL準々決勝のアデレード戦(17日)をにらんでACL公式球を使用。6日に流通経済大との練習試合が予定されているが、それでもこの日は今週3度目の実戦練習で追い込んだ。MF中田は「体をつくるいい時間になる。ACLに向けて(戦術的な)オプションを増やすことも必要」と歓迎した。
 [2008年9月6日7時35分 紙面から]

ミニ合宿はハードに行われている様子。
ここで身体を作り来週からの過密日程へ備えたいとユダの弁。
ユダが戦力になってくれないことには、今後のプランを変更せねばならぬ。
率直に言って、ここまでは活躍したとは言い難い。
エルゴラの神戸戦評点こそ7の高得点であったが、これはテレビ観戦の印象であろう。
まだまだ期待には応えておらぬ。
これならばCB起用時に失点0のイノパンの方が大活躍である。
とはいえ、ここからの過密日程で良いところを見せてくれればそれで良い。
その為のミニ合宿でもあったのである。
ダメならば早めに伊野波に切り替えたい。

篤人先発へ

五輪組の内田が先発濃厚「重圧の中で力出す」
2008.9.6 09:46

ウォームアップ中も内田(左)と連携を確認しあう中村俊輔=バーレーン・ナショナルスタジアム(撮影・大橋純人)
 日本代表W杯アジア最終予選直前合宿(5日、バーレーン・マナマ)内田(鹿島)は右サイドバックでの先発が濃厚だ。北京五輪を経験したばかりのDFは、再び重圧のかかる大一番を前に「個人的にはプレッシャーがないと楽しくない。そういう中で力を出したい」と意気込んだ。

 ウオーミングアップ時には中村俊(セルティック)と連係について話し込んだ。「あの人はバーレーンの動きを良く研究している。見習わないと。俊輔さんの周りを動いて攻撃にも絡んでいきたい」と話した。
(共同)

内田が決意!五輪の借りはW杯で返す
 日本代表DF内田は公式戦2試合ぶりに右サイドバックで先発する。6月22日の3次予選のバーレーン戦では後半ロスタイムに決勝弾を記録。ゴール前の混戦に放り込んだヘディングが直接ネットを揺らすラッキーな得点だったが、相性は悪くない。「勝利に貢献できるように、若さを出して頑張りたい」。チーム最年少の20歳にとって、3戦全敗に終わった8月の北京五輪の悔しさをぶつける一戦にもなる。
[ 2008年09月06日 ]

スポニチの記事にある五輪とW杯予選についてであるが、二つは全くの別物であろう。
篤人も別に五輪についてはコメントしておらぬ。
無理矢理な記事である。
それはそうと、篤人自身は中澤に冷たくされようとも、若さを出していく模様。
非常に気持ちがよい。
興味の薄い試合ではあるが、篤人見たさに手エビを付けようと思う。
そういう人が多い為、負傷明けで本調子でなくとも篤人は起用されるのであろう。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク