FC2ブログ

マルシーニョ獲得事情

日本勢 新戦力に勝機 ACL、17日から決勝T
2008年9月9日12時10分
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、決勝トーナメントが始まる。浦和、ガ大阪、鹿島の日本勢は、Jリーグと並行開催の厳しい日程に備え、シーズン途中の補強に取り組んだ。背景にそれぞれの事情がある。

■攻撃的MF獲得 鹿島
 鹿島の「駆け込み補強」は計算ずく。6月末、MFマルシーニョをブラジル・クルゼイロから獲得。外国籍選手の登録枠(3人まで)を1枠残してシーズンに入っており、鈴木強化部長は「序盤戦は(2冠を取った)昨季の流れで行けると踏んでいた。ACLと並行して戦う中、どんな戦力が必要になるか見極めたかった」。結果、控えの手薄なFW、戦術的に消耗の激しい攻撃的MFに狙いを絞り「両方こなせる」というマルシーニョの獲得に至った。テンポの速い鹿島の攻撃スタイルに戸惑っていたが、徐々に順応。3日の練習試合ではトップ下として起点になった。

■バレーの穴補強 ガ大阪
 ガ大阪は8月、横浜マからロニーを「緊急補強」した。ブラジル代表経験のある足元巧みなFWだ。背景にあるとみられるのがFWバレーの退団。アラブ首長国連邦のクラブに攻撃の軸を引き抜かれ、チームは不振に陥っていた。

 ロニーは7日のナビスコ杯準決勝で移籍後初得点を決めたがチームは公式戦9試合勝ち星なし。8日、ACL決勝トーナメントに向けた記者会見に出席した西野監督は「昨日のショッキングな敗戦の後で、まだACLに向けて気持ちを整理できていない。チーム力を上げて9月を迎えるつもりだったが、いい状態ではない」。苦悩の表情だった。

■現有選手に期待 浦和
 浦和は、負傷で長期離脱中の左MF三都主の代わりとして、五輪代表のMF本田圭(VVVフェンロ)に接触。本人も興味を示していたが、8月末に断られた。また身長190センチの大型DFアダイウトン(ブラジル・サントス)と交渉。クラブ間合意後、負傷中の右足の回復がACLに間に合わないとわかった。

 だが、MFではポンテが右足負傷から復帰。ベンチには梅崎が控え、DFではユース出身の堤が台頭し、元日本代表の坪井も復調。「(獲得を目指した)2人が入っても先発とは限らなかった。今ある戦力でACLを戦える」と中村強化本部長は話す。


マルシーニョはFWと攻撃的MFの兼任とのこと。
FWは今季4人でスタートしており、駒不足を指摘する声も多かったので、悪くない補強である。
攻撃的MFにおいては、消耗が激しいとはいえ、日本代表クラスの本山・野沢に宇宙一の称号を持つダニーロに補強が必要であったかどうか疑問ではある。
しかしながら、填ったときのマルシーニョの攻撃力は絶大である。
神戸戦においても、簡単に突破しフリーの興梠へ折り返した。
あそこは興梠が簡単に決めるところ。
マルシーニョの見せ場が一つ減って可哀想であった。
また、背が低い割にはポジショニングが良い為、ポストプレーが上手である。
サッカーは高さではないと、教えてくれているようである。
エウレルほどのストライカーではないが、チャンスメイクはずば抜けておる。
今後の活躍は必至であろう。
上記の本山、野沢、ダニーロもそれぞれプレイスタイルが異なり持ち味が違う。
様々な攻撃バリエーションが楽しめる。
この4人に加え、誓志、ヤス、小谷野と揃った攻撃的MF陣はJ随一と言えよう。
FWの駒不足を補って余るほどである。
今季の爆発的な攻撃力を更に昇華させ、圧倒してアジアを制したい。
引き籠もって耐える時代は終わりを告げたのである。
皆、外の世界へ目を向け飛び出して行くのだ。
開国は天命なのである。

500メートル映像装置見参

カシマスタジアムに500メートル映像装置
 鹿島の本拠地カシマサッカースタジアムで、LED(発光ダイオード)を使用したアジア最長の約500メートルの帯状映像装置が13日の川崎F戦からお披露目される。2階席の最前列の壁部分を1周にわたり設置。まだ完成はしておらず、バックスタンド部分からのテスト稼働となる。サッカーでは初めて、野球でも300メートルの千葉マリンスタジアムを超える規模。今後、広告収入では年間5000万円以上の増加を見込み、映像としてもエンターテインメント性の可能性が広がる。
 [2008年9月9日8時19分 紙面から]

日本最大級の映像装置が仮稼働。
広告集に多大な貢献である。
Jリーグの格差は開く一方であり、そこを埋めるべく努力してゆかねばならぬ。
この資金でクラブ一丸となり、日本国内は元より、アジア、世界の頂点を目指すのだ。
トップをねらえ。
タカヤ・ノリコである。

アジア征圧宣言

鹿島、決勝の相手はJクラブ熱望/ACL
2008.9.9 05:02
 今季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝(17、24日)に日本から出場する浦和、鹿島、G大阪の3チームによる合同記者会見が8日、東京・文京区のJFAハウスで行われた。鹿島・オリベイラ監督はJクラブと決勝で対戦することを熱望。「準決勝はG大阪と浦和が対戦し、逆(ブロック)側は鹿島が進んで、決勝は日本のクラブとやりたい」。それには鹿島が勝ち上がることが前提。「対戦するチームに情報を与えたくないので(キーマンの)名前は挙げたくない」と、万全の準備を整えて17日にホームでアデレード(豪州)を迎え撃つ。

鹿島・オリヴェイラ監督もV宣言
 ACL決勝トーナメントを前に、鹿島のオリヴェイラ監督は「決勝の舞台に立てるように、高いモチベーションで取り組んでいきたい」と強い意欲を口にした。本拠地の県立カシマサッカースタジアムはLED(発光ダイオード)を用いた全長約500メートルの巨大電光掲示板の設置工事中。サッカー界初の試みで、広告だけでなく、先発メンバー紹介などエンターテインメント性も重視する。13日の川崎F戦で一部がお披露目され、ACL決勝第2戦が行われる11月12日までに完成する見込み。
[ 2008年09月09日 ]

鹿島ACL優勝で大々的セレモニー
 鹿島がACLを制した場合、J史上初となる大々的な優勝セレモニーを行うことが8日、分かった。カシマスタジアムでは今月から全長500メートルのLED(発光ダイオード)看板の設置工事が開始。ACL決勝第2戦(11月12日)までに完了する見込みで、クラブ関係者は「優勝セレモニーで使用したい」と明かした。

 LEDは2階席の最前列に、スタジアムをほぼ1周する形で設置される。全長はアジア最長で、常設は日本のサッカースタジアムでは初。普段は広告として使用されるが、優勝の際はLED看板が可能にする動く文字、画像で初タイトルを祝うという。この日、都内のJFAハウスで会見に臨んだオリヴェイラ監督は「アジアで日本の力を見せたい」と意気込んだ。

(2008年9月9日06時01分 スポーツ報知)

LED巨大電光掲示板はこの週末にお披露目される模様。
となれば、9月17日のACL決勝トーナメント準々決勝第1戦にも使用されるであろう。
アジア全土に我等の美しき聖地が公表されるのである。
素晴らしきサッカーで魅了させたい。
熟成された4-4-2に加え、3センターの4-3-1-2も投入されるのであろうか。
フィットしたマルシーニョを加えたブラジルトリオの攻撃陣で圧倒して欲しいところ。
我等がアジアで輝く日は近い。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク