FC2ブログ

青木に任せた

鹿島連覇へ「リベンジ6番勝負」乗り切る
 鹿島が「リベンジ6番勝負」を乗り切って連覇を手繰り寄せる。13日の川崎F戦を皮切りに10月18日の京都戦まで、6試合連続で前半戦の戦いでドローと敗戦に終わった相手との対戦が続く。オリベイラ監督は川崎F戦を重要な一戦ととらえ、11日を非公開練習に設定した。昨季から勝負どころではカーテンを敷き、直後の試合では4勝2分け1敗と好結果も出している。10日の調整はミーティングも含めて3時間みっちり行った。MF青木は「前半戦に引き分けた、負けたは意識しないけど波があるのはいけない」と優勝に向けて好結果を持続させることを勝負のカギに挙げた。
 [2008年9月11日7時10分 紙面から]

スポニチ、報知は11連勝であったが、ニッカンは前半戦無勝利の相手との6連戦にスポットを当ててきた。
まずは川崎戦である。
前半の対戦では、篤人不在の穴を徹底的に突かれ、逆転負けを喫しておる。
ゴールを奪える相手であるので、大量得点で戦意を喪失させたいところである。
前半戦の戦い同様、青木のミドルが爆発して欲しい。
また、昨季の対戦では青木がジュニーニョを抑え勝利しておる。
この試合のキーマンは決まったと言っても過言ではない。
完封しゴールを奪うのは中盤の皇帝・青木剛その人である。

オリヴェイラ監督の檄

昨季のミラクル超える!鹿島11連勝宣言
 鹿島が昨季の再現でリーグ連覇を狙う。昨季は終盤戦に怒とうの9連勝で、奇跡の逆転優勝を果たした。チームは現在、残り11試合で2位。オリヴェイラ監督は13日の川崎F戦に向け「昨季は9連勝したけど、今年は11連勝するぞ」と選手にゲキを飛ばした。9月1日からは中断期間を利用してミニ合宿を敢行。その間、日本代表に招集されチームを離れていたDF内田も「僕がいない間にチームの状態がグッと上がってびっくりした」と、手応えを口にしていた。
[ 2008年09月11日 ]

鹿島ACLへ“3禁”酒飲むな!外出するな!夜更かしするな!
 鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督が10日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初制覇、リーグ連覇に向け、選手に「3禁」を課した。両リーグ戦合わせて最大11試合を行う9、10月が最大のヤマ場になるとにらんだ指揮官は、コンディション維持のため「飲酒」「外出の自粛」「夜更かし厳禁」の3か条を言い渡した。

 練習前の90分にも及ぶミーティングで、リーグ再開戦(13日)の相手、川崎の攻略情報を伝え終えると、熱弁をふるった。「飲酒は控えるように。睡眠、食事はしっかり取るように。練習に来る時以外は、家で体を休めることに努めなさい」息抜きを許さない鬼指令を発した。今季は、4月13日の浦和戦から7試合連続未勝利とチームワースト記録を更新。連戦による疲労蓄積が一因だった。9月はACL、リーグ戦を中2〜3日間隔で5試合を戦う。ACL準決勝に進めば、10月には7試合が待ち受ける状況。同じ過ちを繰り返さないために口にした。

 「タイトルのためにそれくらいはやる」とMF本山。昨年はリーグ終盤の9連勝で大逆転優勝を勝ち取ったが、「今年は残り11試合11連勝するぞ」とオリヴェイラ監督は号令をかけた。Jクラブ初の2冠同時制覇へ、一切の妥協を許さない。

(2008年9月11日06時02分 スポーツ報知)

この週末より始まる連戦へ向け、モチベーションを上げる檄と共に選手に節制を強いるとのこと。
選手会長の本山はチームを代表してこの程度は難無く行うとコメントする。
我等は前半戦での失速を体験しておるだけに、3禁でも100禁でもやって連勝して欲しいものである。
その為の苦しいミニ合宿であったのだ。
ミニ合宿でのコンディション整備は大成功しており、日本代表で合宿に参加出来なかった篤人を驚愕させておる。
代表なんぞで遊んでおる場合ではないのである。
いよいよリーグ戦の再開とACL決勝トーナメントの開幕、攻勢が開始される。
我等は勝利のみを追求する。
今季残り4つの冠を頂き、笑って正月を迎えるのである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク