FC2ブログ

川崎戦コメント・報道

鹿島アントラーズ :監督
(他チームの結果情報よりも)まずは、自分たちの試合に集中することが重要だったし、結果的に引き分けは残念であったが、(90分通しての)チームとしての機能性は良かったと思う。ただ、効率的な部分においては少し足りなかったかもしれない。チャンスをしっかり決めることができればよかった。リーグ戦、 ACLと過密日程がスタートするが、リーグ戦では体力的な負担があり、ACLでは地理的なもの、環境・食べ物などの戦う上でのいろんな負担などの要素があるもの。その2大要素を含め、まずはリカバーを重点的に行っていきたい。そのためにも選手たちには自己管理を徹底してもらいたいと思う。

【J1:第24節 鹿島 vs 川崎F】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
9月13日(土) 2008 J1リーグ戦 第24節
鹿島 1 - 1 川崎F (18:04/カシマ/22,292人)
得点者:67' マルキーニョス(鹿島)、72' 谷口博之(川崎F)

●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):
Q:試合前におそらくレッズとトリニータが引き分けたことはご存じだったと思います。いい時間帯に先制したのですが追いつかれたということで、この試合はどう評価されてますでしょうか?
「そういった情報はわかっていましたけど、そういったことを意識するのではなくて自分たちの試合に集中することが重要でした。確かに結果的には残念な結果になりましたけど、機能という部分では非常に良かったと思います。ただ、結果というところではあともう少し足りなかったと思います。でも、90分通して、考えたときにはうちのほうが勝利に見合った機能性を見せたのではないかと思います。あとは最後のつめる部分だったとは思いますけど、当然ながら相手はフロンターレさんという素晴らしい選手も揃っていますし、失点の場面も我々は対策していましたけど、彼らが工夫をしたところでやられてしまい残念です。ただ、 90分全体を考えたとき、チームの機能性は良かったのではないかと思います」
Q:今日は中田選手がセンターバックを務めました。合宿をいい形で終わったということで、この形は合宿の成果で決め、何試合か試してみるということなのでしょうか?
「本当にいい合宿はできました。ただ、チームとしていろいろなバリエーションを持てれば今後の強みにもなるし、プラス中田選手に関しては、皆さんに詳細な部分を伝えることはできませんけど、3年半海外に行っていたということで、まったく違う次元のサッカーをやっていたわけですし、まったく違うチームメイト、違うテンポのサッカーをやっていたわけです。1年だけで戻ってきたわけではなくて、目とか感性が海外のサッカーに適応している状況なので、それを早く日本のサッカーのテンポ、スピード、密度に慣れさせなくてはいけません。
もうひとつは、残念ながら怪我をして復帰をしてきたということで、皆さんご存じのことながらJヴィレッジのキャンプには参加しておりましたけど、制限をした中でのキャンプであって、他の選手がやっていたメニューはこなしていません。そうした部分でフィジカル的な向上ができなかったということです。今回ミニ合宿をやったところで、膝の痛みを訴えてしまったというところで、やはりまだ膝の状態は完治していない状態です。その状況で、彼を日本のサッカーに対して順応させていかなくてはなりません。確かに中盤の選手として優れた能力をもっていることは、情報とか映像でわかっていますが、まだ日本のサッカーに慣れていない部分があると思うし、センターバックのところで中田選手と大岩選手のローテーションをしているということもあって、こういう使い方をしています。別にセンターバックが無責任なポジションということではなく、フィジカル的な要求、日本サッカーへの適応ということがあり、その二つを改善して行ければという狙いがあります。それが向上すれば、中盤の選手としてボランチ、あるいは左サイドバックとしてオプションが増えていくのではないかと思います」
Q:Jリーグが大詰めとなり、来週にはACLがあります。
「まずJリーグの密度やスピードで選手にかかる負担というのは海外のサッカーに比べたらかなりの密度と濃度があると思います。それを継続して毎試合やり続けるということは、かなりの体力的負担が選手にあります。ACLを戦っていく上ではアジア独特の地理的な状況もあって、移動が長かったり、気候が変わったり、習慣が変わったり、食べ物といったものも国によってはあるかもしれません。そういったものが選手が戦う準備に置いて、いろいろと影響してきます。
そのふたつの大きな要素があるなかでどうやって対応していくのかというと、まずはリカバーという部分に重点を置かなくてはいけないということです。選手の体力的な負担をいかにして早く回復させるのか、少しでも回復させることに重点をおきます。それは食事だったり水分の補給だったり、睡眠だったり、あとは理学的な要素をいくつか取り入れています。そこに自己管理を徹底してもらうということを選手にやってもらわないとチームだけでは厳しい状態です。
やはり選手たちは我慢する時期であって、サッカーに専念し集中することに取り組まなくてはなりません。日本のサッカーの密度は、他に比べたらかなり高くて、それが大きな負担となっています。それがACLを戦うチームにどう反映されるのか、今後このリーグ戦を見ていくひとつの要素なのではないかと思います」

以上

【J1:第24節 鹿島 vs 川崎F】試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
●田代有三選手(鹿島):
「なかなかボールが回ってこなかった。1回来たけど、ファウルになってしまった」
●青木剛選手(鹿島):
「先制してそのまま終われれば良かった。前線の選手もがんばって守備をしてくれた。奪われ方が悪い場面もあったが、耐えながら先制できた。守備を重視しながら2点目が奪えれば良かったんですけど。失点する前くらいから相手のカウンターが続いていた。相手にリズムが行きかけていたので、あそこが防げれば1−0で位って、サイドに守備固めもできたと思う」
●マルキーニョス選手(鹿島):
「正直、引き分けは残念です。ただ、川崎フロンターレは強いので難しいとは思っていました」
Q:自身のゴールについては?
「自分のゴールは嬉しく思います。ダニーロからいいパスが来た。結果が付いてこなかったのは残念です」
●曽ヶ端準選手(鹿島):
「(ジュニーニョのシュートについては)体が流れがちだけどうまくいい対応ができた。『止めなきゃ、止めなきゃ』となりすぎるとそうなりがち」
●岩政大樹選手(鹿島):
「残念です。先制点を取った時点で勝たなきゃいけない試合になった。先に取られたチームには厳しい流れだった。あの時点で点を取ったなら、試合の流れでやらせたくない失点だった。
やってる方は楽しかった。もし負けていたらかなりの痛手だったと思います。この勝点1が良かったのか悪かったのかはこれから次第だと思います」
Q:来週はACLがありますが?
「明日になったら切り替えます。ただ、悪くない試合をしたと思う。コンディションは、個人的にはかなり良いです。チョン・テセ選手を抑えられた。テセとはコンディションが良ければやれる」
Q:怪我は怖くないですか?
「ズルッといってしまうこともある。捻挫しそうなところもあるので、良いバランスでプレーできればと思います」

※川崎Fの選手コメントは都合によりございません。申し訳ござませんがご了承ください。
以上

鹿島マルキ外国人2位の通算80得点/J1

後半22分、鹿島FWマルキーニョス(左)はゴールを決めDF内田と喜ぶ
<J1:鹿島1−1川崎F>◇24節◇13日◇カシマ
 鹿島FWマルキーニョス(32)が「アルシンド超え」を果たした。川崎F戦の後半22分、アルシンド氏よりも豊かな? 長髪がなびいた。ペナルティーエリア内でマーク2人を背にしたが、反転して右へ切れ込み、強引に振り切る。コースが空くと強烈な右足シュートでゴール中央へ打ち抜いた。通算80得点目。鹿島の名OBでもあった同氏を抜いて外国人選手歴代単独2位に立った。

 「記録はうれしいし、光栄だ。ただ勝てなかったことは残念だ」。ドローに終わったこともあり喜び半分。来日8年目だが最高のシーズンを送ろうとしている。今季16得点は自己最多だった昨年の14得点を上回り、得点ランク首位を独走している。外国人では珍しい遅咲きタイプ。「チャンス(の数)は毎年あったが、今年は運がある。それはチャンスに自然体でいて、落ち着いてボールを見ることで運も呼び込んでいる」と好調を分析する。

 落ち着いているのはゴール前だけではない。かつてはゴール後のバック転パフォーマンスが売りだったが、今はめったに見せない。「そんな体力が残っていないよ(笑い)」。ゴールを「狩る」ことだけに集中している助っ人が、リーグとACLの2冠を目指す鹿島を引っ張る。
【広重竜太郎】
 [2008年9月14日8時21分 紙面から]

鹿島、追いつかれドロー
2008.9.14 05:06
 J1第24節第1日(13日、カシマほか=7試合)先制の5分後、スタジアムが静まりかえる。後半27分。鹿島はMF谷口に同点ヘッドを浴びた。「上位対決で両チームとも厳しくやっていた。勝ちを目指していたので残念」とMF青木。前半38分に両軍入り乱れ、一触即発になるほどヒートアップした一戦で、昨季王者は勝利を逃した。

 DF岩政が衝撃事実を明かす。「(芝が)病気にかかったと聞きました」。約3週間ぶりの本拠地の芝生は、ところどころ土が見えてデコボコ。「7月くらいまでは大丈夫だった。気候のせいかもしれない」と関係者。その結果、華麗なパスワークが影を潜めた。

 岩政は「ウチのいいサッカーができない。ねんざしそうな部分もある。グラウンドがあまりに悪いんで、そのへんを考えないといけない」と、思わぬ障害に頭を抱えた。
(峯岸弘行)

鹿島 マルキ弾で先制もホームで痛恨ドロー

後半14分、ジュニーニョに競り勝つ内田
Photo By スポニチ

 【鹿島1―1川崎F】鹿島はホームで痛恨のドローに終わった。ナビスコ杯で敗退後、1日からミニ合宿を敢行。チーム全体の底上げを図り、オリヴェイラ監督はこの一戦に向け「残り全部勝つぞ」とチームにハッパをかけていた。だが、後半22分にFWマルキーニョスのゴールで先制しながら、同27分にCKから失点。ここ最近はセットプレーからの失点が多かっただけに、DF内田は「しようがないと言えばしようがないけど、そこも含めてやっていかないと」。それでも、17日にはアデレード(オーストラリア)とのACL準々決勝を控えるだけに、MF青木は「勝ちを目指していたから残念だけど、切り替えるしかない」と前を向いた。
[ 2008年09月14日 ]

鹿島、乱闘寸前の気迫も痛恨ドロー…J1第24節
 ◆J1第24節第1日 鹿島1―1川崎(13日・カシマ) 気迫のぶつかり合いが乱闘寸前の事態をもたらした。前半39分。ファウルを取られた経緯の説明を求め、MF小笠原が主審に近寄った。そこに忍び寄ったのは、川崎FWジュニーニョだ。背後から前に出ると、力士顔負けの張り手をあごに見舞う。小笠原が卒倒した瞬間、両チーム入り乱れてのもみ合いに発展し、試合が約3分間中断した。

 2位鹿島、5位川崎の上位対決。DF内田が「これだけ激しい試合は久々。やっていても充実していた」と振り返るように、一進一退の展開が続いた。球際の攻防が激しく、前半だけで3枚の警告が飛び交った。だが、負けられない気迫は、ボールではなく暴力に向かってしまった。

 村上主審が見逃したため、警告などの処分はなし。その判定ももみ合いの呼び水となった。外国人選手の歴代2位となるFWマルキーニョスの通算80得点目で先制したが、追いつかれてドローに終わった鹿島。DF中田は「勝たなければいけない試合だった」首位奪取どころか名古屋との差が広がり、唇をかむしかなかった。

(2008年9月14日06時01分 スポーツ報知)

鹿島、痛恨ドロー 得失点差で2位
2008/09/14(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
名古屋4連勝で勝ち点45 浦和もドロー
 Jリーグ1部(J1)第24節第1日(13日・カシマスタジアムほか=7試合)鹿島は川崎に追い付かれて1−1で引き分け、得失点差で2位を守った。名古屋は小川のゴールでG大阪を1−0で下して4連勝をマークし、勝ち点45で単独首位を守った。
 浦和は大分と無得点で引き分けた。鹿島を含む3チームが勝ち点42で並び、得失点差で浦和が3位、大分が4位。川崎は同41で5位と上位に順位の変動はなかった。

J1第24節第1日 鹿島 1−1 川崎 
【評】鹿島、川崎が譲らず引き分けた。主導権を握る鹿島は後半22分、左からの速いクロスをマルキーニョスが決めて先制。反撃に転じた川崎は27分にCKを谷口が頭で押し込み同点としたが、その後の決定機はGK曽ケ端の好守に阻まれた。

■勝利に見合う内容
 鹿島・オリベイラ監督 結果は残念だったが、90分全体を通してみれば、鹿島が勝利に見合うだけの内容を示していた。

▽カシマ(観衆22,292人)
鹿島 1 0−0 1−1 1 川崎 
12勝6敗6分け(42)    12勝7敗5分け(41)

▽得点経過 鹿 川
後22分【鹿】1−0 マルキ
後27分【川】1−1 谷 口

14 SH 12
5 CK 4
20 FK 17
0 PK 0


【写真説明】
鹿島−川崎 後半22分、鹿島・マルキーニョスが先制ゴール決める=鹿島スタジアム


鹿島 難敵川崎に結果残せず
2008/09/14(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
 「川崎は強いチームだし、難しい試合になるのは分かっていたが、引き分けは残念」。先制点を挙げたFWマルキーニョスが振り返ったように、試合終了の瞬間に下を向く選手が何人もいた。その姿は、敗戦したかのような錯覚さえ覚えた。
 リーグ戦の得点が1位鹿島と2位川崎の上位対決は、予想を裏切らない激しい展開となった。川崎は3トップが前線に張り付き、ヴィトール・ジュニオールを軸に攻撃を展開。これに対し、鹿島もブラジル人トリオを中心に、素早いパス回しから幾度もゴール前へ迫った。当然、激しい当たりも増え、前半38分すぎには小競り合いから一触即発の場面もあり、拮抗(きっこう)した戦いが繰り広げられた。
 スコアボードが動いたのは後半22分。ダニーロからゴール正面でパスを受けたマルキーニョスが、DF2人を右へかわしシュート。得点ランクトップの右足で、鹿島が待望の先制点を挙げた。だが、5分後にセットプレーから谷口に決められ、追い付かれてしまった。「先制して終われば良かったが」と青木が話せば、「ジュニーニョにスピードでぶっちぎられて、取られたらしょうがないと思えるが…。防がないといけなかった」と岩政。
 ただ、勝てなかったが、内容は悪くはない。「やっていて楽しかった」と話した選手がいたように、川崎の強力FW陣に、流れの中では失点せず、最後まで運動量も落とさずに質の高いプレーは見せた。「勝ち点1が良かったか悪かったかはこれから次第」と岩政。ACLも入り、過密日程を強いられる今後に、鹿島の底力が試される。


曽ケ端 獅子奮迅の活躍
2008/09/14(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
 鹿島の守護神、曽ケ端準が獅子奮迅の活躍を見せ、チームに勝ち点1をもたらした。同点で迎えた後半42分、味方のミスからカウンターをくらい、ジュニーニョにフリーでボールを持たれるピンチを迎えたが、ニアサイドにきたボールを右手1本で止めた。「体が流れがちな場面だが、いいポジションで、いい反応ができた」と涼しげに話した。
 試合は引き分けに終わってしまい「残念」とつぶやいたが、流れの中では好セーブを連発。
 後半15分にはゴールキックから得点のチャンスをつくる場面もあり、「こういうことを続けていくことが大事。最終的に優勝できるポジションにいけるようにしたい」と気持ちを切り替えていた。


【写真説明】
川崎に追い付かれて引き分け、厳しい表情のGK曽ケ端(21)ら鹿島イレブン=カシマ


各紙特徴が出た。
ニッカンのアルシンド越えは髪を引き合いに出し失笑を誘う。
サンスポの芝の病気のことも気にしている人も多いだけに報道の必要はあったやも知れぬ。
しかしながら、ここで特筆すべきは報知であろう。
報知だけが小笠原主将が殴り倒されたシーンを報じている。
川崎の汚いプレイを象徴し、村上主審の未熟さが良く現れたところである。
アジアを戦う上で気をつけるべきところと改めて気を引き締めたい。
良い練習となったと川崎と村上主審に皮肉を込めてお礼を言おうではないか。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク