FC2ブログ

ACL アデレード戦前日インタビュー

鹿島監督「アデレードが8強で最も強い」
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦が17日、各地で行われる。日本勢は鹿島が午後7時からホームでアデレード(オーストラリア)と対戦。浦和はアルカディシア(クウェート)G大阪はアルカラマ(シリア)と17日午後10時(日本時間18日午前4時)からそれぞれ敵地で顔を合わせる。

 鹿島は16日、茨城県鹿嶋市内で1時間の公式練習を行い、雨の中でボール回しなど基本を反復した。公式記者会見に臨んだオリベイラ監督は「アデレードは攻守の切り替えが速く、8強の中で最も強いと思う。地元の有利さを生かして戦いたい」と警戒。同席したFWの興梠は「鹿島らしいサッカーをして勝ちたい」と意気込んだ。

 既に現地入りした浦和とG大阪も同日夜、公式練習予定。

 [2008年9月16日20時10分]

鹿島、非公開練習 情報漏えいを警戒/ACL
2008.9.16 17:43

アデレード戦に向けた練習で、小笠原(左)らの動きを見る鹿島・オリベイラ監督=茨城県鹿嶋市【フォト】
 サッカーのアジア・クラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦は17日、各地で行われる。日本勢は鹿島が午後7時からホームでアデレード(オーストラリア)と対戦。浦和はアルカディシア(クウェート)G大阪はアルカラマ(シリア)と17日午後10時(日本時間18日午前4時)からそれぞれ敵地で顔を合わせる。

 鹿島は16日、茨城県鹿嶋市内で1時間の公式練習を行い、雨の中でボール回しなど基本を反復した。公式記者会見に臨んだオリベイラ監督は「アデレードは攻守の切り替えが速く、8強の中で最も強いと思う。地元の有利さを生かして戦いたい」と警戒。同席したFWの興梠は「鹿島らしいサッカーをして勝ちたい」と意気込んだ。

 既に現地入りした浦和とG大阪も同日夜、公式練習予定。

 カシマスタジアムで15日には非公開練習をした鹿島はこの日もフォーメーションやセットプレーに関するトレーニングを封印。再開されるアジアでの戦いを前に、情報漏えいを警戒した。

 1次リーグを無敗で通過したアデレードの試合ビデオをチェックした選手たちは、6試合を2失点でしのいだ堅守とまとまりのよさが印象に残った様子。DFの岩政は「非常にいいチーム。少しはもろさがあると思ったが、こちらの考えが甘かった」と気を引き締め直した。


鹿島 非公開練習で緊張感高める

アデレード戦に向けた練習で、競り合う鹿島の内田(左から2人目)と小笠原
Photo By 共同

 サッカーのアジア・クラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦は17日、各地で行われる。日本勢は鹿島が午後7時からホームでアデレード(オーストラリア)浦和はアルカディシア(クウェート)G大阪はアルカラマ(シリア)と17日午後10時(日本時間18日午前4時)から敵地で対戦する。鹿島は16日、茨城県鹿嶋市内で1時間の公式練習を行い、雨の中でボール回しなど基本を反復した。公式記者会見に臨んだオリベイラ監督は「アデレードは攻守の切り替えが速く、8強の中で最も強いと思う。地元の有利さを生かして戦いたい」と警戒。同席したFWの興梠は「鹿島らしいサッカーをして勝ちたい」と意気込んだ。既に現地入りした浦和とG大阪も同日夜、公式練習予定。

 17日のACLアデレード(オーストラリア)に向け、カシマスタジアムで15日には非公開練習をした鹿島はこの日もフォーメーションやセットプレーに関するトレーニングを封印。再開されるアジアでの戦いを前に、情報漏えいを警戒した。

 1次リーグを無敗で通過したアデレードの試合ビデオをチェックした選手たちは、6試合を2失点でしのいだ堅守とまとまりのよさが印象に残った様子。DFの岩政は「非常にいいチーム。少しはもろさがあると思ったが、こちらの考えが甘かった」と気を引き締め直した。

[ 2008年09月16日 18:07 ]

鹿島が1時間の公式練習…ACL準々決勝第1戦
 サッカーのアジア・クラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦は17日、各地で行われる。日本勢は鹿島が午後7時からホームでアデレード(オーストラリア)と対戦。浦和はアルカディシア(クウェート)、G大阪はアルカラマ(シリア)と17日午後10時(日本時間18日午前4時)から敵地で対戦する。

 鹿島は16日、茨城県鹿嶋市内で1時間の公式練習を行った。公式記者会見に臨んだオリベイラ監督は「アデレードは攻守の切り替えが速く、8強の中で最も強いと思う。地元の有利さを生かして戦いたい」と警戒。同席したFWの興梠は「鹿島らしいサッカーをして勝ちたい」と意気込んだ。

(2008年9月16日18時59分 スポーツ報知)

【AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs アデレード・U】オズワルド・オリヴェイラ監督・興梠慎三選手(鹿島)前日記者会見コメント [ J's GOAL ]
Q:まず、明日の試合に向けての意気込みを聞かせて下さい。
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「みなさん、こんにちは。まず、明日1本の試合ではなく、2戦終えた結果で次のラウンドに進めるかどうかが決まります。明日はまず、ホームで試合ができるのでそこを有利に働かせたいと思っております」
●興梠慎三選手(鹿島):
「こんにちは。明日は鹿島らしいサッカーをして、絶対に勝ちにいく。そしてホームなので、それは絶対に有利だと思うので、まずそこをしっかり勝って、次につなげていきたいなと思います」
Q:監督は日本の3チームの中で、鹿島アントラーズが一番厳しいチームと対戦すると仰いましたが、ビデオを観た上でのアデレードのストロングポイントを率直にうかがいたいと思います。
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「まず8チームの中で、一番攻守の切り替えが良いし、安定しているし、8チームの中では一番強いチームではないかという印象を持っています」Q:興梠選手への質問です。FWという立場で見て、相手チームの印象をお聞かせ下さい。
●興梠慎三選手(鹿島):
「自分のプレーをすればぜんぜん通用する相手かと思いますし、ひとりひとりの個人の能力は高いと思うんですけど、鹿島の選手も個人の能力はあると思うので、あとは気持ちで負けないように。そこがいちばん大事なのではないかと思います」
Q:言いづらいと思いますが相手のDFのスピードはどのように感じましたか?
「それはビデオじゃわからないので」
Q:怪我人はいるのですか?チームのコンディションはいかがですか?明日の試合に向けてどういう考えでいますか?
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「当然ながら100%の状態じゃない選手も数名います。ただ、代わりに出る選手が万全でいますので、誰が出ても遜色なくできると思います。アデレードに関しては良いチームで、攻守に安定した力を発揮できるチームだと思いますし、切り替えの早いチームだと思います。厳しい戦いになると思います。Jリーグのなかでもうちは良い形できていますし、ACLでも個の戦いがピッチの中であり、それを制していくことがいい形の試合運びができるようになるのだと思います。ただ、第2戦がアデレードで決まりますので、そこで最終的に次のラウンドに行けるか行けないのか勝負になると思います」
Q:いまACLとJリーグを戦っていますが、難しい取り組みですか?また、2つのタイトルを取ることは可能ですか?
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「まず、ACLとJリーグを併行して戦うのは非常に難しいことです。Jリーグはスピードが速く、90分間ずっとプレスをかけてきます。最後まで諦めない、最後まで戦うというのがJリーグです。その密度を考えると、試合でエネルギーを出し切った選手を、次の試合までに回復させるのが難しく、特にこの過密日程になってくるとベトナム、タイ、中国、オーストラリアといったところに移動し、すごく長旅だし、そうした部分での疲れや、違うスタイルのサッカースタイルや気候の中でやらなくてはいけない未知数の経験が待っています。よく言われがちなのはチームは11人という言いますが、うちの場合は30人前後のメンバーであって、全員がいつでも遜色なく力を発揮できることがすごく大事になってくるし、11人・18人ではなく全員で戦って行かなくては行けないと思います。プラスして、すばらしいスタッフも必要です。それは僕が狙いとしていることを理解し、各部署で消化して実行に移していくことが求められます。その代表例としては、選手のリカバーをすることが非常に重要であって、そのためにはスタッフの働きや選手の意識が重要になってきますし、過密日程も乗り越えられる壁だと思います。今はみんなで乗り越えていくという強い信念をもっています。
また、2つのタイトルを獲得するのは非常に難しいことだと思います。それを実現させるために強い気持ちでいます。そのためにみんなで頑張っていきたいと思います」

Q:アデレードは体格やたま際の強さを生かしてきます。それに選手がおびえて、本来の力を出せなくなる怖れはないでしょうか?(海外メディアより)
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「体格の強さはJリーグのなかでも体験していますし、それに対しておびえるような選手はいないと思います。確かにアデレードの平均身長を見るとかなり高い選手が揃っていますし、体格の強さもあるかもしれません。ただ、サッカーというのはピッチの上にボールを転がしてやるものであって、我々はそうした戦法で戦っていきたいと思います」
Q:興梠選手にうかがいます。国際大会では、自分の特徴であるスピードを生かしてやりやすそうにプレーしていると思いますが、Jリーグより自分の武器が生きるという感覚はありますか?
●興梠慎三選手(鹿島):

「Jリーグとくらべて海外でやると体格も違いますし、相手の体が大きいときにどうすればいいのかを考えてみると、一瞬のスピードとかが僕の持ち味なので、そういうのを考えてやってますね」
以上

[ AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs アデレード・U ]前日練習の様子

ストレッチをするマルキーニョス選手。ここまで4試合連続でゴール中とあって、明日の試合でもゴールが期待されます。

[ AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs アデレード・U ]前日練習の様子

田代、内田、笠井ら若手選手と鳥かごの練習を行っていた小笠原選手。抜け目なくボールを奪いとっていました。

[ AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs アデレード・U ]前日練習の様子

鳥かごで足下の感覚を確認した鹿島アントラーズ。岩政大樹選手ら、選手たちからは笑顔がこぼれていました。

アジア征圧へ向けて露出が増えておる。
このプレッシャーの中で勝利を得るのは気持ちがよいはず。
最高の舞台が整いつつある。
相手へのリスペクトは忘れず、我等は戦う。
そして最後に笑うのだ。
明日の夜は小笑いで過ごしたい。

新井場の強引な突破で勝利を導け

鹿島DF新井場、ホームで必勝誓う
 鹿島DF新井場徹(29)が初戦必勝を誓った。17日のACL準々決勝第1戦アデレード戦に向けて、16日、雨天の中で最終調整を行った。恒例のセットプレー練習も行わず、主力は軽めのメニューで切り上げた。第1戦がホーム、24日の第2戦はアウェーとなるが、新井場は「初戦は相手も引いてくる可能性はあるけど、引き分けでもいいと考えると2戦目が苦しくなる」と心に刻んでいた。
 [2008年9月16日13時49分]

新井場が申すように、ホームでの引き分けは敗退への黄信号である。
それはナビスコ杯準々決勝戦で痛いほど味わった。
ホーム故、12番目の選手と呼ばれるサポーターの力が以下に重要であるのかを見せつける試合なのである。
我等は勝利する。
強い気持ちで挑むのだ。
さすれば、より良い結果がついてこよう。
武力を背景とした圧力をかけて改革案を受け入れさせてしまおうではないか。
たとえ小松帯刀が、島津久光と大久保正助の強引なやり方に疑問を感じようとも。

ゆるキャラ・アデレード

鹿島のACL相手アデレードに緊張感なし
 鹿島の相手は、ゆるキャラ? 17日にACL準々決勝第1戦で鹿島と対戦するアデレードが15日、来日後初の調整を行った。だがアジア制覇をかけた大舞台前の緊張感はない。到着した前夜には「夜遊びスポット」に行くことを希望(実現せず)。全体練習後も、輪になってボール遊びに興じる始末だった。

 舞台裏ではトラブルも起きていた。MFサリーは4月にコートジボワールから国籍取得したが、それまでの在住は約2年。FIFAは国籍取得選手の国際試合出場に関する規定として、変更後5年連続の居住を求めている。原則なので例外もあるが、未確認のまま登録したチームは大慌てだった。クラブ関係者は「AFC(アジアサッカー連盟)に確認する。ダメだったら、すでにブラジル人選手が3人いて外国人枠がいっぱいだから、出場できない」と話す「ゆるさ」だ。

 [2008年9月16日7時35分 紙面から]

鹿島の隣町・神栖は夜遊びスポット満載である。
それが満喫できなかったとは、さぞかしアデレードの選手も残念であったであろう。
とはいえ、こういうチームは試合になると切り替えて大いなる驚異になるものである。
人間は常に緊張し続けることは不可能なのである。
気持ちを上手に切り替え、オンとオフを使い分けることによって100%のパフォーマンスを発揮できると言えよう。
気を抜いてはならぬ。
我等はホームのアドバンテージを生かし、最初の試合で勝負にけりを付けておきたいのである。

また、未登録で出場しようとしていたMFのサリーは一発屋よろしく、消え去る模様である。

田代、原点回帰

鹿島・田代が復活宣言…ACL決勝トーナメント17日開幕
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントは17日に開幕する。鹿島は15日、ホームのアデレード戦(オーストラリア)に備え、茨城県内で非公開練習。4か月間ゴールから遠ざかる元日本代表FW田代有三(26)が、原点回帰の「高さ」で真っ向勝負し、完全復活を遂げる決意を明かした。

 不振に悩むFW田代がアデレード戦での完全復活を宣言した。「この試合に照準を合わせてやってきた。相手は大きい選手ばかりだけど、やれる自信はある。自分が求められるときだと思う。力を発揮したい」。181センチの身長から70センチ超えの垂直跳びで繰り出すジャンプヘディングを取り戻す決意を示した。

 深刻なスランプに見舞われた。最後にゴールを決めたのはACL予選リーグのナムディン戦(5月21日)。以降約4か月にわたり、出場9戦続けて無得点だ。原因は、進化を求めるあまりに自分のスタイルを忘れ、プレーに迷いが生じたこと。アデレードは平均身長180センチを超える巨人軍団。「自分の良さ、高さで勝負したい」と原点である「高さ勝負」に挑むことを明かした。

 友人で、心臓に難病を抱える宇野純平さん(23)が米国で移植手術を受け、成功。8月末に帰国し、16日にも国内の病院を退院する予定だ。アデレード戦はテレビ観戦も可能な状況。「勇気をもらった」と話す田代が燃えないわけがない。ベンチスタートが濃厚だが、爆発の時を待つ。

(2008年9月16日06時01分 スポーツ報知)

誰もが復活を待つFW、田代有三の頼もしい宣言である。
原点回帰とのこと。
プレイスタイルに迷いを生じ、それから絶不調に陥っていった田代であった。
彼の良さは高さと言うよりも前線での激しい動きにあったように思えた。
しかし、昨季の終盤、連勝街道をひた走った際には高さを起点にしておったことは事実であった。
自陣からボールを素早く遠ざけることによって失点を避け、得点に近付いておったのである。
今季はそこが研究されたこともあり、更なる上のサッカーを実践しておる為に田代のタスクが少々変わったことも不調の要因と言えよう。
原点回帰をするのであれば、2007年仕様ではなく2006年後期仕様が好ましい。
とはいえ、アジア相手のノックアウトステージにおいては田代の高さは有効である。
ホームの試合ではサブだとしても、アウェイでは特に必要な戦力である。
期待させて貰おう。
鹿島の鳥人、そして得点力のある隆行、田代有三に。

アデレード・MFサリー出場か

鹿島大誤算…敵のキーマンが逆転出場へ
 ACL準々決勝第1戦、鹿島―アデレード(オーストラリア)戦を2日後に控えた15日、外国籍選手枠の問題でACLの登録メンバーから外れたはずのアデレードのMFサリーが、メンバー入りする可能性が出てきた。

 コートジボワール出身のサリーは、7月にオーストラリア市民権を獲得。クラブは当初、サリーを3人の外国籍選手枠から外して登録した。だが、アジア連盟(AFC)が当該国での5年間のプレーを義務づけた代表チームの帰化選手規約を準用して登録を認めなかったため、クラブ側はFIFAに提訴していた。16日にも裁定が下される予定だが、アデレード関係者は「彼はおそらくプレーできるだろう」と“逆転勝訴”に自信をのぞかせた。

 テクニックとスピードを兼ね備えるサリーは1ボランチを務める司令塔で、チームのキープレーヤー。出場できることになれば、鹿島にとっては脅威となる。ただ、鹿島の関係者は「認められたら(締め切られた)登録期限の意味がない。認められたら抗議する。当然、認められるとは思っていない」と徹底抗戦の構えを見せた

[ 2008年09月16日 ]

誰が出てきても返り討ちにするだけ。
我等は勝つ。
とはいえ、ルール違反は許してはならぬ。
登録期限を過ぎた未登録の選手がヌケヌケと出場してしまうようでは、世界へ続く大会の権威がガタ落ちである。
俺たち二人 傷だらけでも このまま おまえとバージンブルー♪
「第二のチェッカーズ」ことサリーと言えば1984年のヒットソングであろう。
キリンレモン2101のCMソングであった。
うら若き南野陽子が眩しい。

プレイに集中せよ

芝は関係ない!鹿島・小笠原、プレーに集中
2008.9.16 05:01
 鹿島は15日、完全非公開練習でアデレード戦に備えた。カシマスタジアムのデコボコの芝生の状態を知った敵将がこの日、「ガッカリした」と、土の見えるピッチにチクリ。しかし、迎え撃つJ王者は動じない。MF小笠原が前日14日に「条件は相手も一緒。それで勝ち負けは変わらない」と話したように、プレーに集中するつもりだ。

カシマスタジアムの芝が素晴らしいことは2002日韓W杯で全世界にアピールされておった。
しかし今季は芝の病気の為、かなり酷い状態となっておる。
残念ではあるが、不可抗力である。
ここでとやかく言ったところで好転することは無かろう。
悪いならば悪いなりに自分たちのものとし、ホームの力とするのだ。
その経験は絶対に将来の糧となろう。
どんな状況でも最後に勝つのだ、そのメンタリティを培う大いなるチャンスである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク