FC2ブログ

ACL 準々決勝第2戦 アデレード戦

本山は本当に偉大な選手だ。

因縁のスタジアムで勝利せよ

ACL24日 準々決勝第2戦
2008/09/24(水) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦は24日、各地で4試合が行われる。初戦のホーム戦を1−1で引き分けた鹿島は、豪州・アデレードのハインドマーシュ・スタジアムでアデレード・ユナイテッドと対戦する。キックオフは午後7時30分(日本時間午後7時)。勝利か2得点以上での引き分けが準決勝進出の条件になり、厳しい状況にあるが、逆境をはね返す底力に期待したい。

 公式記者会見でオズワルド・オリベイラ監督は「アデレードにアドバンテージがあるし、プレッシャーになっているのは事実。しかし、それに対処するやり方は分かっている」と語った。小笠原の離脱に関しても、「常に自分たちのプレースタイルでやる。小笠原抜きのゲームも経験、いいゲームをしている」と仕上がりに自信を見せた。中田は「オガサ(小笠原)がケガをしたことは残念だが、みんなが『オガサのために』と団結している。勝って次に進む意欲は十二分にある」と意気込んだ。
 チームはこの日、試合会場のハインドマーシュ・スタジアムで公式練習。同スタジアムはシドニー五輪で日本が米国にPK戦で敗れ、日本サッカー界にとっては因縁の場所。選手らは芝の感触を確かめるように約1時間、体を動かした。曽ケ端は「ゴール前の芝がボコボコしている以外はいい」、オリベイラ監督も「祝福したいくらい素晴らしい」と話し、グラウンドコンディションは良好。素早くつなぐサッカーが見られそうだ。
 第1戦はアデレードの体格を生かした当たり、高さに苦戦したが、青木は「パワーはあるけど、球際で負けないようにしたい」、増田は「相手より厳しくいく。戦術より勝ちたいという気持ちだと思う」とそれぞれ表情を引き締めた。けがで離脱していた本山も復帰予定で「コンディションは良くなっている。あとはやるだけ」と気合を入れた。


【写真説明】
アデレードのヴィドマー監督と握手する鹿島・オリヴェイラ監督(右から2人目)。右端は中田、左端はドッド=ハインドマーシュスタジアム


シドニー五輪の米国戦から早八年の歳月が流れた。
あの試合を思い起こすと、ユダは予選リーグブラジル戦での負傷でピッチに立てず、本山は切り札として投入が望まれたが楢崎の負傷が怪しく送り出されることはなく試合を終えた。
その米国戦では、FWの柳沢敦がDFと競り合うたびにDFが倒れ、それをFWのファールにされリズムを崩した。
今回は屈強な豪州人である。
そんなことは無かろう。
その因縁の地にユダも本山も立つ。
二人の活躍無くしては、処理はあり得ぬ。
二人だけでなく、曽ヶ端準も青木剛も増田誓志もである。
コンディションは良好、グラウンドも良好、残るは気持ちで負けないことだけである。
この試合だけでなく、今後も続いて行く今季を占う大一番である。

スローガン「アデレードに勝ってジーコと対戦する」

ジーコと戦いたい!4強へ燃える鹿島
 ACLベスト4が懸かる大一番を翌日に控え、鹿島の士気がさらに高まった。選手、監督、そしてアドバイザーとして鹿島の礎を築いたジーコ氏がクルフチ(ウズベキスタン)の監督に就任。勝てば準決勝で対戦する可能性があるだけに、鈴木満強化部長は「ジーコと対戦することをモチベーションにして戦え」とイレブンにハッパをかけた。

 その言葉に選手も奮い立った。GK曽ケ端は「まずは目の前の試合が重要」としながらも「(クルフチと対戦となれば)違和感はお互いに感じると思う。それが逆に面白い。やりがいがある」と闘志をむき出しにした。左ひざの故障で今季絶望となった大黒柱のMF小笠原を欠く苦しい戦いとなるが、チームはジーコ魂を胸に勝利をもぎとり、ジーコ氏への挑戦権を得るつもりだ。
(アデレード・垣内一之)
[ 2008年09月24日 ]

鹿島、ジーコに“挑戦状”…ACL準々決勝第2戦
 ◆ACL準々決勝 ▽第2戦 アデレード―鹿島(24日、ハインドマーシュ・スタジアム) アジア・クラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、各地でホーム&アウェー方式の準々決勝第2戦を行う。日本勢は2連覇を目指す浦和がアルカディシア(クウェート)、G大阪はアルカラマ(シリア)といずれもホームで対戦。鹿島は敵地でアデレード(オーストラリア)と戦う。

 鹿島は23日、アデレード戦に備え、当地で公式練習を行った。チームは同戦のスローガンを「アデレードに勝ってジーコと対戦する」に決定。準決勝進出には「2得点以上の引き分けか勝利」と厳しいが、準決勝でジーコ監督が率いるクルブチとの対戦を目指し、必勝を期した。

 鈴木満強化部長は「ジーコと対戦することをモチベーションにしろ、と言った」と説明。クルブチはアウェーで行われた準々決勝第1戦を2―2引き分け、ホーム第2戦(24日)を迎える。鹿島が準決勝に進めば、“育ての親”ジーコ監督との対戦が現実味を帯びる。FW田代は「この状況で僕らが負けたらいけない」と誓った。

 クラブハウスのロッカールームには今でも「ジーコの基本精神」が張られており、その1つに「苦難に屈するな」とある。MF小笠原が長期離脱し、DF新井場も欠場。軸を失ったチームだが、アウェー勝利を目指さねばならない。「絶対に勝つ」とMF本山。ジーコ魂でアデレードを撃破し、ジーコ挑戦権をものにする。

(2008年9月24日06時02分 スポーツ報知)

鹿島背水の敵地 曽ケ端「面白い」
2008/09/24(水) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
 鹿島がACL準決勝で対戦する可能性のあるクルブチ(ウズベキスタン)の監督に、元日本代表監督で鹿島の礎を築いたジーコが就任したことに、曽ケ端は「面白いんじゃないですか。アジアの大会で対戦できるし、これがモチベーションになる」と意欲を見せた。ただ「目の前の試合に勝たないとジーコにはたどり着けない」と口元を引き締めた。中田も「次のことを考えるより、明日の試合を勝たなきゃいけない」と集中していた。


昨日の監督・選手コメントではジーコとの対戦などを考えず試合に集中するとのことでモチベーションへは影響を与えないとあったが、これら報道では真逆となっておる。
鈴木満強化部長が掘り返した模様。
空気を読めと言いたい。
しかしながら、選手達は意に介さずアデレード戦の勝利に集中するとのこと。
まずは目の前の試合に勝利し、そして清水戦である。
一つ一つ勝利した先にジーコとの対戦があるのだ。
今日は勝つ。
9月最初の勝利を田代が運んでくると信じたい。

---
追記
鹿島4強へVSジーコ・クルブチが原動力
 「VSジーコ」が鹿島の4強進出の原動力になる。24日のACL準々決勝第2戦アデレード戦を前日に控えた23日に飛び込んできた、ACL準決勝で対戦の可能性があるクルブチの監督にジーコ氏就任のニュースは、闘志を高めるのに十分なものだった。同氏をよく知る世代のGK曽ケ端は「モチベーションになる。しかも真剣勝負」。かかわり合いの少ない世代のDF岩政も「これは対戦する運命」と4強入りを使命と受け止めた。

 第1戦は1点のアウェーゴールを許すドローに終わり、MF小笠原も離脱と状況は厳しい。オリベイラ監督はこの日の練習後に5分間、円陣を組ませた。MF本山は「いつも通りにやれと言われた。ジーコに教わったことも基本を大事にするということ。やれればいいなと思うし、まずは勝たないと」と初心に帰った。鹿島もクルブチも勝てば、運命的な戦いが待っている。
(アデレード=広重竜太郎)
 [2008年9月24日9時25分 紙面から]

ニッカンだけは鈴木満強化部長のコメントを報じず、選手の自発的モチベーションかのように報じておる。
これがメディアの力なのだ。
恐ろしいと言えよう。

非公開練習徹底

鹿島オリベイラ監督ACLで戦術隠し徹底
 鹿島のオリベイラ監督が徹底的に戦術を隠した。24日のACL準々決勝第2戦アデレード戦を控えたチームは敵地で23日、練習を行った。恒例のセットプレー練習は2カ所に分け、先発が予想されるDF岩政、大岩も別々の場所で行うなど、相手側からは読みにくいように工夫した。指揮官は会見では「スタメン? 決まっていない。(負傷欠場の小笠原に代わる)キャプテンすら決まっていないよ」と煙幕を張った。
 [2008年9月23日20時10分]

敵地での試合に細心の注意を払って挑む模様。
つまらぬ情報漏れから手の内を見抜かれてはたまらない。
ここでの勝利はここまでの積み重ねを強固にする意味で本当に重要である。
気持ちだけでなく戦術でも上へ行き勝利したい。
天璋院の気持ちは和宮へは届かない。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク