FC2ブログ

暑さとの戦いに勝利せよ

鹿島、シンガポールの暑さ対策はなし…
 鹿島が暑さ対策より自然体を貫く。ホーム開催の4日のリーグ京都戦後、茨城県鹿嶋市より平均気温で15度近く高いシンガポールに移動し、7日のACLシンガポールAF戦に臨む。会場のジャランベサル競技場は04年3月末にジーコ監督が率いる日本代表がW杯1次予選でシンガポールと対戦し、暑さによる体力消耗で大苦戦の末に2−1で辛勝した場所。当時は事前にサウナで汗腺を開かせるなど対策を取ったが、鹿島は石井フィジカルコーチが3月31日、「時間もないし、短期間では順応は難しいので特別な対策はできないと思う」と話した。
 [2009年4月1日7時14分 紙面から]

中二日の過密日程とあっては、身体を順応させて挑むよりも、直接試合に入った方が良いとの判断である。
ブラジルやアルゼンチンが南米予選の高地対策で使う手法である。
身体を順応させるよりも、戦術的に対応した方が合理的であろう。
我等のサッカーを貫いて暑さを吹き飛ばして欲しい。
自分たちのサッカーに自信があるからこそ出来ることである。
我等は勝利を求めてアジアへ赴くのである。

人工芝対策

人工芝グラウンド対策万全…鹿島
 鹿島が1日の練習を鹿嶋市内の人工芝グラウンドで行うことが31日、決まった。ACLアームド・フォーシズ戦(7日)が行われるシンガポール・ジャランベサルスタジアムのピッチが人工芝のため。MF小笠原は「(天然芝と)大差ない。芝とかボールとかうんぬんより、大事なのは勝つんだという気持ち」と強調。FW大迫も「高校時代にやったことがある」と自信を見せた。
(2009年4月1日06時01分 スポーツ報知)

今年もアジアの戦いに人工芝が絡んできた。
更に中二日の過密日程である。
これを逆境と呼ばずして何を逆境と呼ぼうか。
とはいえ、小笠原主将は「気持ち」と言い放ち意に介さぬ。
問題は無かろう。
そして、昨年のACLでも問題なく大勝しておる。
新加入の大迫も学生時代に経験済みと太鼓判である。
この逆境を軽くいなして、勝利を掴みたい。
我等の名をアジアに轟かすのである。

ユダ、ベンチ入りか

中田 4・4京都戦でベンチ入りも
 昨年10月に右ひざの手術を受けて長期離脱していた鹿島のMF中田浩二(29)が、早ければ4月4日の京都戦(カシマ)でベンチ入りすることになった。当初は今季開幕前に合流の予定だったが、復帰が大幅にずれ込んでいた。先週から試合形式の練習も解禁され、チームドクターからも戦列復帰にGOサインが出されたとあって、中田は「リバウンドも痛みもないし、問題ない。あとは監督の判断。いい準備をしたい」とにこやかに話した。

 チームは4月にリーグ戦5試合、ACL2試合の計7試合とハードスケジュールが組まれている。MFとDFをカバーする中田の復帰は、リーグ3連覇とアジア制覇を狙うチームにとっては心強い。中田も「みんな疲れてくると思うからチームの力になれたら」と早期復帰に意欲的だった。

[ 2009年04月01日 ]

ユダが還ってくる。
これで更に選手層が厚くなった。
CB、左SB、ボランチのバックアップとしてのスタートとなるが、いずれレギュラーを脅かす存在になるであろう。
それだけの実力は持っておるはずである。
そうでなければ、先に怪我の癒えた船山や後藤を差し置いてのベンチ入りは無いはずである。
ただし、守備陣は試合途中での交代は難しいもの。
ユダが出場するチャンスはそう簡単に巡ってくるものでも無かろう。
本人が申すようにアジアとの並行スケジュールで疲労が見られるポジションに起用されるのではないかと思われる。
いずれにせよ、彼の帰参が大いなる力となったと見せる日が近付いたと言える。
我等を納得させるプレイを魅せて欲しい。
鹿島のランパードとして。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク