FC2ブログ

ユダ、紅白戦出場

J1鹿島 ACLで人工芝対策
2009/04/02(木) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
■青木「バウンドに注意」
 Jリーグ1部(J1)鹿島は1日、7日に敵地で行うアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)・シンガポール軍(シンガポール)戦対策として、住金総合グラウンドの人工芝で練習した。
 試合会場のジャランバサルスタジアムが人工芝のためで、ボールもACL公式球を使用した。天候に恵まれなかったこともあり、練習は約1時間30分という短めの内容。青木は「ボールのバウンドの仕方が多少違うので、注意したい」と話した。
 練習の最後は今週末に控える京都とのリーグ戦を想定して紅白戦。ただ、全体的に動きが緩慢で、主力組がサブ組に0−1で敗退。練習後、オズワルド・オリベイラ監督が異例のミーティングを開いた。精彩を欠いた選手らに対して厳しく叱(しっ)責(せき)したようで、伊野波は「ACLを頭に入れつつも、まずは京都戦へイメージを膨らませて集中することが大事」と気を引き締めていた。

【写真説明】
紅白戦で競り合う本山(右)と遠藤=住金総合グラウンド


■中田、紅白戦に出場 対人プレー難なくこなす
 MF中田浩二が1日、右ひざの軟骨手術後、初めて紅白戦に参加。「状態は悪くないし、後は監督の判断を待ちたい」と復帰へ強い意欲を示した。
 長いリハビリも区切りがつき、先週から全体練習でフルメニューを消化。久しぶりの対人プレーも難なくこなしており、この日はボランチに入って精力的にボールをさばいた。
 4、5月は公式戦13試合を戦う強行日程となり、出場に見通しが立つようだとチームに与える影響はこの上なく大きい。「できるだけ早くベンチ入りができればいいけど、自分としてはもっとコンディションを上げたい」。背番号6の完全復活へのカウントダウンは始まっている。


【写真説明】
けがから復帰後、初の紅白戦で汗を流す中田(手前、奥は大迫)=住金総合グラウンド


ユダが紅白戦に出場である。
本人はもっとコンディションを高めたいと申すが、ユダの入ったサブ組が主力を抑え勝利しておる。
サブと主力の逆転現象が起こっておる様子。
ユダだけでなく、興梠や新井場、大岩、ヤスのおるサブ組は他のクラブであれば主軸となっているメンバーである。
主力組を圧倒しても疑問は湧かぬ。
クラブ内の競争が高まれば、自然とチームは強くなっていくというもの。
切磋琢磨して、更なる高みへ昇華するのだ。
我等はチーム内外を問わず勝利を追求して行くのである。

篤人、ポスター撮影

鹿島内田がメークしてポスター撮影

常陽銀行のポスター撮影の前にメークをする内田
 日本代表DF内田篤人(21=鹿島)が1日の練習後、カシマスタジアムでイメージキャラクターを務める常陽銀行のポスター撮影に臨んだ。直前にはメークを施され、髪形のセットの際には自らの希望を伝えるなど、こだわりを見せた。ユニホーム姿になり室内外で約1時間20分、約4000カットを撮影。同行のイメージキャラクターは3年目に入るだけに、慣れた様子で「みんな親切なので楽しかった」と笑みを浮かべていた。
 [2009年4月2日7時57分 紙面から]

2009年 4月 1日(水)

午後には、内田選手がイメージキャラクターを務める常陽銀行のスチール撮影がスタジアムで行われました。今年で3回目となった撮影は、終始和やかな雰囲気の中行われ、スタッフと談笑するシーンも見られました。

大忙しの篤人である。
アシンメトリーの髪型は今季の篤人の象徴であり、こだわりも頷ける。
篤人の営業活動で更なるファンが広がれば鹿島にとってもプラスである。
また、サッカー以外のことをすることで、篤人自身も気分転換になるのでは無かろうか。
気分を切り替え、鹿島の篤人として更に羽ばたいて欲しい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク