FC2ブログ

京都戦プレビュー

【J1:第4節 鹿島 vs 京都】プレビュー:リフレッシュした鹿島に、ヤマザキナビスコカップ連敗スタートの京都が挑む!(09.04.03)
ヤマザキナビスコカップへの出場を免除されている鹿島アントラーズは2週間ぶりの試合。ホームに京都を迎える。先週は、3月の5連戦で疲れた体を癒し、今週から再びコンディションを上げる練習に取り組んだ。

ただ、選手のコンディションを敏感に感じ取ることに長けたオズワルド・オリヴェイラ監督は、今週に入ってもチームに集中力が欠けていると感じたようだ。水曜日の練習後に、敢えて全体ミーティングを敢行。再開するリーグ戦に向け気持ちを引き締めた。これには選手たちも「もっとしっかりやらないといけないと思いました」(青木剛)と感じ入ったようだ。

3月26日(木)、オリヴェイラ監督は、関東クラブユースサッカー連盟の指導者講習会の講師を務め、『U-15年代の育成について』というテーマで講義を行っている。そのなかで、監督が強調していたのは「練習と質の結果は日本が一番」ということだった。世界各国で監督やコーチの経験があるオリヴェイラ監督が、日本に来て驚いたことは、練習の密度の濃さと、その精度の高さだった。それなのに練習から集中力が感じられなければ雷を落としたくなることもうなずける。試合に敗れたあとでないことが不幸中の幸いだろう。

先発のメンバーは、前の試合と同じメンバーで行くことになりそうだ。復帰した小笠原満男がチームの中心として機能していることには誰も驚かないだろうが、左SBのパク・チュホと、FWの一角を担う大迫勇也の活躍は、すばらしいものがある。
パクの本来のポジションは左SBのもうひとつ前の位置だが、かなり慣れた模様。「ボランチよりは良いです」と、前所属の水戸ではチーム事情から任されていたボランチよりも手応えを感じているようだ。また水戸の木山隆之監督とはいまでも連絡を取っているらしく、現在3位と躍進していることを聞くと「気持ちいい」と答え、前の監督やチームメイトに負けない活躍をすることを約束してくれた。
また、大迫は、この2週間あまり、ずっとヘディングの特訓を行っている。全体練習後に奥野僚右コーチと紐で吊されたボールにタイミングを合わせてヘディングする練習や、サイドからのクロスに頭で合わせる練習を行っている。ヘディングを得意とする岩政大樹にコツを聞くなど、その姿勢は貪欲だ。「一つ言って変わったところがあるので、だいぶ変わると思います」と岩政も、その成長に期待を寄せていた。

鹿島ホームでの京都戦となれば、柳沢敦の登場に期待がかかるが、コンディション不良で試合への出場は難しい様子だ。代わりに出場するのは豊田陽平と、復帰が近いと噂されているパウリーニョと目される。彼らとコンビを組むのがディエゴ。鹿島の選手たちは、自由に動き回るディエゴをどうケアするのかが一番のポイントと言っていた。
また、守備については韓国代表に選出された李正秀がチームを離れていたヤマザキナビスコカップの2試合で5失点。改めてその存在の大きさを証明した。2日に来日した李だが、鹿島戦にも出場の予定。京都の加藤久監督も「(中村)俊輔だって、代表の試合のあとにセルティックの試合に出てるだろ」と、代表選手の自覚を促した。また、軽い守備からの失点も多かったため、今週のミーティングでは、足先だけでなく体でぶつかって守備をすることを徹底させた。

加藤監督は「鹿島相手にやり方で勝とうとしても無理」と話す。鹿島はこの試合の翌日、ACLのためシンガポールに旅立ち、火曜日に試合を行う予定だ。3連戦の緒戦に勝利をおさめ、勢いを持ってシンガポールに乗り込みたい。両チームが激しくぶつかり合う試合が期待される。

以上
2009.04.03 Reported by 田中滋



[ 鹿島:前日練習の模様 ]
春休みでたくさんのサポーターが訪れている鹿島練習グランド。練習前には小笠原満男選手も笑顔を見せていました。


ここ二試合左SBのレギュラーポジションを掴んでおるパク・チュホであるが、昨季の水戸ではボランチであった。
そして本来のポジションは左ウイングである。
チュホ本人はボランチよりは左SBの方が適正があるとのコメントを発しておる。
事実、レギュラーに抜擢されてから二試合連勝しておる。
次は左足のクロスからアシストを記録して欲しいところであろう。
また、今週の練習であるが、紅白戦で主力組が敗れるなど集中力を欠いておったとのことで、オリヴェイラ監督が緊急ミーティングを行っておる。
ここで気持ちを引き締め直して欲しいところである。
気持ちで負けておっては勝てる試合も勝てなくなってしまう。
日本を代表するクラブのレギュラーであることを誇りに思いプレイして欲しい。
全世界を背中に背負っておるのだ。

過密日程開始

サッカーJ1、あす再開
2009/04/03(金) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
底力試される鹿島
 Jリーグ1部(J1)は2週間ぶりに4日、再開する。鹿島は4、5月に公式戦13試合があり、強行日程が続く。小笠原のスタメン復帰や大型新人・大迫の活躍などチームに明るい兆しはあり、連戦疲れが予想される中、勝ち点を拾う底力が試される。
 興梠のロスタイム弾により土壇場で勝ち点3を手にした広島戦後、主将の小笠原は自ら切り出した。「選手を替えたことが一つのターニングポイントだった」。浦和との開幕戦こそ勝利を収めたが、続くアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とリーグ戦はミスも絡んで2連敗した。
 ホームでのACL第2戦、オズワルド・オリベイラ監督は予想外の選手起用に出た。興梠、新井場の主力2人をベンチからも外し、けが明けの小笠原、新加入の大迫、朴を先発に起用した。
 この抜てきは大成功。小笠原が中盤の底に構えることで攻守のリズムに変化が生まれ、さらにプロ初先発の大迫が1ゴール1アシストと結果を残した。刺激を受けた興梠は、次のリーグ戦で途中出場ながら決勝点を奪う意地を見せた。青木は「競争意識はかなり高いものがある」と語る。
 さらなる連戦となる4、5月は疲労を考えてスタメンを入れ替える「ターンオーバー制」を選択する可能性も高い。今以上の競争力に加え、したたかな戦い方も大切になる。鈴木満取締役強化部長は「(4、5月は)スケジュールもきついし、5月終わりの中断期間までをどう乗り切れるか」と話しており、チームの総合力が問われる。



【写真説明】
試合を重ねるたびに存在感を増すFW大迫


スタメンをいじり活性化したアントラーズとは小笠原主将の弁。
その結果、チーム内の競争意識が更に高まり、良い方向にチームが向かっておる。
サブ組では、ユダも復帰し、ヤスは好調である。
サブメンバーがいつ試合に出てきても何ら問題は無い。
「ターンオーバー制」とまでは行かぬとも、選手の入れ替えは多少考慮すべきやもしれぬ。
とはいえ、「勝っている時はチームをいじらない」の鉄則もある。
難しいところである。
紅白戦で主力組を完封したサブの実力を見せつける時は必ず来る。
常に準備しておくのだ。
明日からは、また再び過密日程である。
不慮のアクシデントが起こらぬとは限らぬ。
総力戦で戦うのである。

岩政ヘディング教室入門

大迫が入門“岩政先生のヘディング教室”
 鹿島のFW大迫がDF岩政からヘディングの個別指導を受けた。「今までやってないからだと思うけど、下手くそです」と岩政が話したように、大迫はヘッドが大の苦手。全体練習終了後に、投げたボールをヘディングするメニューなどを繰り返した。岩政は「あれだけの身長とポジショニングがあるから、コツをつかめば大分変わる。コンスタントに点を取れる」と大迫の進化を期待していた。
[ 2009年04月03日 ]

大迫にヘディングを伝授する岩政先生である。
これで大迫は更なるパワーアップをするであろう。
鹿島アントラーズは両サイドからの好クロスが期待出来るチームである。
ヘディングが強くなれば得点力も大幅に上がるであろう。
大迫は不動のエースへ向けて一歩一歩前進しておる。
我等が未来は大迫と共にあるのだ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク