FC2ブログ

Jリーグ第4節 京都サンガ戦


FW競争更に激化。

可愛い大迫

内田―大迫 鹿島新ホットライン猛特訓中
 新時代のホットライン完成を目指し、鹿島の新人FW大迫勇也(18)が志願のシュート練習を行った。4日の京都戦で公式戦3試合連続の先発出場となる大迫だが、全体練習終了後にDF内田が右から、MFパク・チュホが左から上げるクロスにヘディングで飛び込む練習を繰り返した。

 内田は「適当に上げてるだけ。普通ですよ」ととぼけたが、大迫は「(内田)篤人さんは精度が高いので、引き出すためにどう動くかが大事。(高校時代とは)タイミングが全然違う」と日本代表の右サイドバックのクロスに合わせるのに必死だった。

 DF岩政から直接指導を受けている大迫のヘディングは、内田も「可愛い」と表現するようにまだまだ迫力不足。だが「前よりはだいぶ良くなっている」と大迫は改良の手応えを感じている。若き2枚看板の初“コラボ”で、常勝軍団が連勝を狙う。

[ 2009年04月04日 ]

篤人に「可愛い」と評される大迫はまだまだひよっこである。
つい先日まで高校生であった新人選手である、当然であろう。
そうは言っても、れっきとした鹿島のレギュラーFWなことも事実である。
苦手とするヘディングも鍛え上げて得点を重ねてもらわねばならぬ。
まずはJリーグ初得点を記録して欲しい。
今日の京都戦がそうであることを願っておる。

イノパン、警戒中

鹿島DF伊野波が京都戦へ警戒強める
 鹿島は3日、茨城県鹿嶋市内のクラブハウスで4日の京都戦(カシマスタジアム)に向けた調整練習を実施した。京都戦先発が予想される選手たちは軽めのメニューを消化した後、居残りのシュート練習などを行い、早めに控室に引き上げた。DF伊野波雅彦は「京都は新しい選手が入ってきて、去年と違うサッカーをやっている。いろいろなバリエーションを持っているから気をつけたい」と話していた。
 [2009年4月3日18時44分]

相手を警戒するに越したことはない。
イノパンは正しい。
とはいえ、我等は自分たちのサッカーで勝負するのである。
己に克ちさえすれば、自ずから勝利は付いて来るであろう。
聖地で勝利するのだ。
それしか見えぬ。
敵は自分たちの奢りである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク