FC2ブログ

望月くん、神田くん、U-17日本代表選出

U−17日本代表候補トレーニングキャンプ(5/11〜15)メンバー
日本代表
スタッフ
監督
池内 豊  IKEUCHI Yutaka
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ
山橋 貴史  YAMAHASHI Takashi
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ
柳楽 雅幸  NAGIRA Masayuki
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
総務
加藤 賢二  KATO Kenji
【(財)日本サッカー協会 代表チーム部】

選 手
GK
嘉味田 隼  KAMITA Jun 1992.01.17 183? 80kg  ヴィッセル神戸ユース
松澤 香輝  MATSUZAWA Koki 1992.04.03 182? 75kg  流通経済大学付属柏高校
渡辺 泰広  WATANABE Yasuhiro 1992.10.04 180? 70kg  アルビレックス新潟ユース

DF
藤原 賢土  FUJIHARA Kento 1992.01.29 181? 67kg  藤枝明誠高校
内田 達也  UCHIDA Tatsuya 1992.02.08 177? 70kg  ガンバ大阪ユース

望月 理人  MOCHIZUKI Masato 1992.02.19 177? 68kg  鹿島アントラーズユース
岸   光  KISHI Hikaru 1992.06.23 181? 65kg  名古屋グランパスU-18
廣木 雄磨  HIROKI Yuma 1992.07.23 167? 63kg  FC東京U-18
夛田 凌輔  TADA Ryosuke 1992.08.07 168? 62kg  セレッソ大阪U-18
秋山 貴嗣  AKIYAMA Takashi 1992.10.07 178? 67kg  ヴィッセル神戸ユース

MF
神田 圭介  KANDA Keisuke 1992.01.29 163? 57kg  鹿島アントラーズユース
宮崎 泰右  MIYAZAKI Taisuke 1992.05.05 167? 62kg  大宮アルディージャユース
鮫島 晃太  SAMESHIMA Kota 1992.06.24 178? 68kg  鹿児島城西高校
小川 慶治朗  OGAWA Keijiro 1992.07.14 168? 62kg  ヴィッセル神戸ユース
小島 秀仁  KOJIMA Shuto 1992.07.30 178? 65kg  前橋育英高校
高木 善朗  TAKAGI Yoshiaki 1992.12.09 167? 63kg  東京ヴェルディユース
堀米 勇輝  HORIGOME Yuki 1992.12.13 168? 62kg  ヴァンフォーレ甲府ユース
高野 光司  TAKANO Koji 1992.12.23 173? 60kg  東京ヴェルディユース

FW
宇佐美 貴史  USAMI Takashi 1992.05.06 178? 68kg  ガンバ大阪
宮吉 拓実   MIYAYOSHI Takumi 1992.08.07 170? 63kg  京都サンガF.C.
杉本 健勇  SUGIMOTO Kenyu 1992.11.18 187? 76kg  セレッソ大阪U-18
宮市 亮  MIYAICHI Ryo 1992.12.14 180? 66kg  中京大学附属中京高校
小野 裕二  ONO Yuji 1992.12.22 169? 58kg  横浜F・マリノスユース

※U−17日本代表チーム:FIFA U−17ワールドカップ ナイジェリア2009(10/24-11/15)に出場するチーム。


望月くんと神田くんがU-17日本代表に選出された。
ここで気になるのは、ここまでFWで招集されていた神田くんがMF登録となっておることである。
3年生になりポジションが変わったということであろうか。
今季の昇格はかなり青信号の神田くんである。
攻撃的MFで勝負していくと考えられる。
FWも激戦区であるが、攻撃的MFも同様である。
強いメンタリティを養って欲しい。

勝利の鍵を握るのは

鹿島青木が2日千葉戦こぼれ球に注意
 23日間で7試合を消化する過密日程の最中の鹿島は1日、茨城県鹿嶋市内でアウェーの千葉戦(2日、フクアリ)に向けた調整練習を実施した。主力組はサイドからクロスを上げてのシュート練習などを中心とした軽いメニューを消化。MF青木剛は「(千葉は)FW巻さんがポストになり競ったこぼれ球を1・5列目の選手が狙うことが多いので、セカンドボールをケアしないといけない」と話していた。
 [2009年5月1日20時39分]

青木がこぼれ球を拾えば、勝利が近付くであろう。
この試合も青木がキーを握る。
青木の活躍で明日は笑いたい。

大迫・興梠2TOP

鹿島・マルキーニョス、別メニュー調整
2009.5.1 05:01
 29日の神戸戦(ホーム)勝利で首位を奪回した鹿島だが、前半途中に右内転筋負傷で交代したFWマルキーニョスは30日、別メニュー調整。チーム関係者は「(患部の)内出血は小さかった」と話すが、2日の次節・千葉戦(アウェー)出場は依然微妙な状況だ。途中出場したFW興梠も試合後、古傷の左ひざについて「ジャンプできない」と漏らしていただけに、自慢の攻撃陣に不安浮上?(鹿嶋)

大迫&興梠が初合体!マルキの穴埋める

2日の千葉戦で初めてコンビを組むことが決定的となった興梠慎三(左)と大迫勇也
Photo By スポニチ

 鹿島の次世代2トップが初めて先発でコンビを組むことになった。鹿島は2日にアウェーで千葉と対戦する。FWマルキーニョス(33)の欠場が濃厚で、FW大迫勇也(18)とFW興梠慎三(22)が先発出場することが決定的となった。常勝軍団の将来を担う和製2トップが、エース不在の首位・鹿島を救う。

 巧みなポストプレーと圧倒的なスピード。鹿島の誇る2人の若きストライカーが、ついに先発2トップを組むことになった。興梠との“初合体”が決定的となった大迫は「(興梠)慎三さんは速いんで、凄い合わせやすい。やりやすいところはあると思う。意識しすぎず、自分の持ち味を出したい」と“新野人”のスピードを最大限生かすプレーを早くもイメージしていた。興梠も「大迫の周りを動き回る。2人で連係したい」と話した。

 エースの負傷が思いのほか、重かった。29日の神戸戦で右内転筋を痛めたマルキーニョスが、30日に右内転筋の軽い肉離れと診断された。試合後は「大丈夫」と答えていたマルキーニョスだが、この日は「千葉戦?分からない」とトーンダウン。山崎勇次強化担当課長も「5日の(ACLの)水原戦も大事だから、(千葉戦には)出ないと思う」と説明。マルキーニョスの欠場が濃厚になったことで、昨年8月9日の千葉戦以来となる和製2トップが結成されることになった。

 大迫にとっては発奮材料がある。千葉戦には両親が鹿児島から上京して観戦予定。「関係ないです」と大迫は話したが、プロになってからは初めてとなる両親の前でのプレーで燃えないわけがない。MF小笠原も「楽しみな部分がある」と期待する興梠とのコンビで、リーグ2点目を狙う。

[ 2009年05月01日 ]

昨日には出場微妙と報道されたマルキーニョスであるが、思っていたよりも症状が重く、JEF戦は欠場の模様。
代役は神戸戦と同様に興梠慎三が任されるとのこと。
大迫も興梠も歓迎し、お互いの長所を出し合って結果を出してくれると思われる。
とはいえ、興梠も「ジャンプできない」と漏らしており不安が募る。
しかしながら、我等には先日練習に合流した田代有三がおる。
田代の復帰でFWのポジション争いは激化の一途なのである。
今回は今季の実績で興梠に白羽の矢が立ったが、田代も十分な実力の持ち主である。
そして控えるよよ。
昨季はホームのJEF戦で、田代、マルキーニョス、よよ、興梠と登録FW全てが得点するという快挙を成し遂げた鹿島アントラーズである。
邪悪なるアウェイの地とはいえ、勝利に燃える若きFW陣はゴールを決めてくれるであろう。
期待して、フクアリへ向かいたい。
後醍醐天皇は新田義貞へ尊氏追討の命を出した。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク