FC2ブログ

JEF戦コメント

鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
今日はパスを繋ぐ構成力やGKと1対1の場面の回数も我々の方が確実に多かったと思うし、2-0という結果を見ても分かるが、我々がリズムを持ってやれていたと思っている。連戦のなかで、さらにアウェイゲームで勝てたことは自信にもなるし、選手個人にとっても喜ばしいことだと思う。

【J1:第9節 千葉 vs 鹿島】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント(09.05.02)
5月2日(土) 2009 J1リーグ戦 第9節
千葉 0 - 2 鹿島 (16:03/フクアリ/17,009人)
得点者:15' 野沢拓也(鹿島)、50' 小笠原満男(鹿島)

●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):
「皆さん、こんにちは」
Q:今日はペースとしては千葉にかなり握られていたと思うが、それはある程度予想通りの展開だったのか?
「私はどうしてもベンチから(試合を)見るし、指揮官ということもあって感情的になってしまうので、正直言うと僕は同じ意見というか(質問した記者のような)見方をしていないです。

明らかにうちのほうがペースを握っていたと思いますし、パス交換という部分、つなぐ構成力という部分でもうちが上回ったと思います。また明らかにGKと1対1の状況というのも回数的には(うちが)多いわけであって、その分、やはり相手のGKに聞いてもらえば、今日は何本セービングしたのか聞いてもらえば、それだけ仕事が多かったという部分が分かるかと思います。

また、結果の2−0という部分を見れば、僕自身はうちのやり方通りに相手がやってくれたのではないかと見ているわけです。当然ながら(記者の)皆さんは上から(試合を)見ているので、多少その見方が感情という部分を含めて皆さんは流暢なので、違う部分があるかもしれませんが、僕自身は我々がリズムを持ってやったのではないかと思います」
Q:内田篤人選手をスタメンだけではなくベンチ入りのメンバーからも外した意味は?それから、(負傷欠場の)マルキーニョス選手を含めてメンバーを組み替えたなかで、アウェイゲームでしっかり勝ち切ったことに成長を感じているか?
「まず内田選手に関しては、どうしても疲労性からパフォーマンスに影響が出てきているわけであって、年明けから日本代表での試合もやっていますし、それもただ親善試合というわけではなくて緊迫した試合でもあるし、移動もあったりして、いろいろな意味での疲労もあります。

当然ながらマスコミの注目度も高いわけで、取材の依頼だったりいろいろな部分も含めて、彼には精神的な負担はあったかと思います。当然ながら結果を求められるわけであって、それはクラブ、代表とともに高いパフォーマンスをしなければいけない。

それがどうしても若い選手なので、一般的には若いから大丈夫だろうと思いがちだが、やはり選手である前に人間であって、そういった人間の生理的な部分が思わしくないという状況と僕は感じたので、今回一度彼を休ませることをせざるを得ないという、いや、しなければいけないというのもありました。

また当然ながらバックアップの選手が必要であって、その時に新井場選手が、本当に今日のように、あるいは練習から取り組む姿勢という部分で、右サイドバックもできるという力も持っているので、本当に選手がいてのそういった融通がきいて、いろいろな判断ができる。選手たちにも言ったが、やはりお互いの協力が必要であって、困難な状況を乗り越えていかなければいけないという部分で、本当に献身的にチームスピリットを持ってやってくれたのではないかと思います。

また、マルキーニョス選手だが、残念ながら怪我をしてしまって、今、24時間体制で治療をしていただいています。当然ながら火曜日にも重要な試合もあって、そういった意味で2人の選手を、まあ1人はやむを得ない怪我ですが、もう1人は生理的な状況が思わしくなかったので、そういった意味でちょうど本日検査をしていただいて、いろいろ調べたら異常はないと。多少慢性的な胃炎があるかもしれないが、ただそういう大きな問題には発展していないというところです。

今回FWというと、田代選手、佐々木選手、興梠選手、大迫選手と、その大迫選手は今年の加入ですが、大迫選手以外の3人は、一昨年、昨年とともに2トップを組んだり、試合で出場して、マルキーニョス選手がいない時にチームを助けたこともある。ですから、自分自身は不満はありませんし、当たり前のことが当たり前のようにされたことでした。ただし、アウェイでこの連戦の中の試合を勝てたということは、チームとしても非常に自信がつくし、また選手個人にとっても喜ばしいことではないかと感じています。ありがとうございます。お疲れさまです。またの機会にお会いしたいと思います」

以上

【J1:第9節 千葉 vs 鹿島】試合終了後の各選手コメント(09.05.02)
●野沢拓也選手(鹿島):
「得点の場面は)シュートを決めるだけだった。だから、空いているところを狙った。
千葉のプレスは激しかった。前からプレスにきているのを、自分たちも感じていた。だから、パスを回して、相手を疲れさせようとした。千葉はボールサイドに寄ってくるところがあるのが、試合が始まって選手自身でわかったので、サイドチェンジのパスを意識して使った。そういう意味では視野の広いサッカーができたと思う。
(興梠)慎三はスピードがあるし、大迫はボールが収まる。そういう2トップだったので、中盤としてはサポートしやすかった。(本山選手とのポジションチェンジは)一緒に長くプレーしているし、サイドを広く使う意味でも今日はワイドなサッカーができていたと思う」
●興梠慎三選手(鹿島):
「試合に出られない2人(内田選手とマルキーニョス選手)の分まで頑張ろうと思ったし、2人がいないとダメだと言われるのが一番嫌だった。
(今日の試合で2トップを組んだ)大迫は前線でキープできるので、やりやすかった。2人の課題である守備の部分ではもっと頑張っていかないといけない。
(ファウルを受けてPKを得た場面では)大迫が体を張ってボールをキープしてくれたので、自分がああいう形で仕掛けていけた。前節はダメだったので、今日はしっかりやろうとしたが、うちのチームはよかったと思う」



15分、鹿島に先制点をもたらしたのは野沢拓也(鹿島)。敵地でリードを奪って後半へ折り返した。


PKを蹴る小笠原満男(鹿島)。これを決めて50分、鹿島が2−0とリードを拡げる。そのまま試合は終了、鹿島は勝点を20と伸ばし、暫定首位に立って19時から試合を行う浦和にプレッシャーをかけた。


余裕の勝利とは思っていない指揮官である。
しかしながら、結果は快勝。
これも歴史の1頁である。

Jリーグ第9節 JEFユナイテッド市原・千葉戦


大迫、ゴールまでもう一歩。

篤人、ベンチ外

鹿島内田「特別休暇」2日千葉戦ベンチ外

鹿島DF内田がゴールデンウイークならぬ「特別休暇」でリフレッシュ
 鹿島の日本代表DF内田篤人(21)に、「ゴールデンウイーク特別休暇」が与えられる。2日の千葉戦(フクアリ)でベンチ外になることが1日、分かった。クラブ関係者が明かしたもので、今季クラブと代表で19試合出場している「日本一忙しいJリーガー」は、5日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原戦や日本代表戦など今後の過密日程を見据え、つかの間の休息を手にする。

 試合中の脳振とう、嘔吐(おうと)に加え、左脇腹打撲、右太もも裏違和感…。今季、すでに数々の激戦を経てお疲れモードの内田に世間さながらの「特別休暇」が与えられた。クラブ関係者が「内田は千葉戦のメンバーから外れた。ベンチにも入らない」と完全休養を明言した。

 内田はこの日、軽い調整練習に参加。右サイドからクロスを上げる普段の役割を、代わって出場が濃厚なDF新井場に任せて中央でシュートを打つことに終始した。「明日? どうかな。監督に聞いてよ。体調? 元気だよ」と話したが、オリベイラ監督から休養の意図は説明されているという。

 鈴木満強化部長が「W杯最終予選が終わるまで頑張ってほしい」と鉄人指令を出し、オリベイラ監督も過密日程を選手の入れ替えで乗り切る方針を示しながら「内田は代えのきかない選手」と断言したほど内田の貢献度は高い。だが、今回はACL水原戦から6月のW杯最終予選3試合まで過密日程を強いられる内田の体調を最優先した形だ。

 鹿島にとっては「英断」だ。内田が06年に入団後、故障や体調不良、代表活動以外でベンチを外れることは初めて。先発以外の時に鹿島は27試合8勝4分け15敗、勝率2割9分6厘と大苦戦しているほど、内田は必要不可欠な右サイドバックといえる。その内田を外すことは選手層への絶対的な自信の裏付けでもある。

 「(今季は)昨季より試合が多いよね。でも大丈夫だよ。みんなきついからね」と気丈に話していた内田にとって、世間のように「14連休」とまではいかないものの、千葉戦の休養は貴重な小休止になるはず。現在ACLのG組2位で1位突破のためにも必勝が求められる水原戦で、リフレッシュした姿で勝利に貢献するはずだ。【菅家大輔】
 [2009年5月2日8時25分 紙面から]


お疲れウッチー“完全休養”でベンチ外

シュート練習を行う鹿島DF内田篤人(手前)だが、2日の千葉戦はベンチ外が決定
Photo By スポニチ

 鹿島の日本代表DF内田に完全休養が与えられた。2日にアウェーで千葉と対戦するが、不動の右サイドバックがベンチ入りメンバーからも外れた。「先発落ち?どうかな。(オリヴェイラ)監督に聞いてよ」と内田は笑顔でかわしたが、クラブ首脳は「ベンチにも入らない」と明かした。今季は鹿島と日本代表の公式戦全18試合に先発出場。「試合が多いね。まあ大丈夫だけど。過密日程?みんなきついからね」と強がったが、4月22日のACLのSAF戦では試合中におう吐するなど慢性的な疲労に悩まされていた。新人から先発に定着している内田が、休養が目的でリーグ戦のベンチに入らないのは初めてとなる。
[ 2009年05月02日 ]

新潟の内田潤が休養かと思いきや、篤人がベンチ外とのこと。
代表絡み以外でウッチー表記は避けて欲しいところである。
そのあたりニッカンはきちんとしておる。
それはさておき、遂に篤人を休ませる英断をするオリヴェイラ監督に拍手を送りたい。
ここ数試合の篤人のパフォーマンスは褒められるものでは無かった。
手を打つのが遅かったくらいである。
しかしながら、替えの効かぬ選手であることも事実である。
昨季のアウェイ・JEF戦も篤人が不在で新井場が右SBに入ったことを思い出す。
今季はそのリベンジを果たしたい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク