FC2ブログ

テコンドー仕込みのディフェンス

[オーレ!オレ、オレ、俺]鹿島・DF パク・チュホ(22)

ボールを追う鹿島・パク・チュホ
 ◆J1第11節 鹿島2―1清水(10日・カシマスタジアム) その体には闘気が宿っている。清水戦。パク・チュホは悪質なファウルを受けるたび、相手の選手と胸と胸をつき合わせ、抗議に出る。「何事も負けるのは嫌だから」。そう言ってボールを巡る体のぶつかり合いでも、大柄な選手を押し返す。176センチと決して恵まれた体ではないが、対等に渡り合う。

 子供の頃から、韓国の伝統格闘技であるテコンドーに打ち込んだ。「物心ついたときには、テコンドー教室にいた。父が始めさせたみたい」。左足の前蹴りを得意技とし、ソウル市では名の知れた存在だった。小学生の大会でも好成績を収め、ロンドン五輪代表候補という声も上がったほど、嘱望された。

 「でも、嫌で嫌で仕方なかった。友達はみんなサッカーをやっていたし、楽しそうだなと思っていた」。厳格な父親に隠れて、サッカーボールを蹴る日々。中学進学を機に思い切って、サッカーへの転身を願い出て、承諾されたときには「やっとサッカーができる」と心底、喜んだ。

 昨年、崇実大在学中に「朴智星(京都―マンチェスターU)を目指す」と決意し、J2水戸へ入団。年俸240万円(推定)ながら通用するところを見せ、今季は鹿島初の韓国人選手としてプレーしている。テコンドーは「サッカーに役立つ部分はない」というが「守備には自信ある」という通り、格闘技仕込みの闘争心と、体の強さで主力に定着した。

 インテルのFWイブラヒモビッチもテコンドーから転身して、成功を収めている。「欧州でもプレーできるような選手になりたいな」。滑らかな日本語も、来日前に自主学習で身につけたという努力家。サッカー歴はまだ10年。“第二のイブラヒモビッチ”を目指し、まずは鹿島で奮闘を続ける。

 ◆パク・チュホ 1987年1月16日、韓国ソウル市生まれ。22歳。昨年、崇実大を休学し、J2水戸に入団。ボランチとして結果を残し、今季から鹿島初の韓国人選手として、主力に定着。07年のU―20カナダW杯では、同韓国代表主将として出場。左足の精度の高いボールと対人に強い守備が特長。J1通算8試合0得点。176センチ、71キロ。左利き。

(2009年5月11日06時01分 スポーツ報知)

ACL上海戦でスタメンに抜擢されてからフル出場が続くパク・チュホである。
そして、チュホが定着して以降無敗である。
この事実は曲げられぬ。
全ての点で新井場に優っておるというわけではあるまい。
この好調は、新井場を右に回せる采配が可能になった点が大きいと思われる。
そのパク・チュホは欧州志向が強いとのこと。
永く我等と共にある選手ではないということである。
旅立つ時が来た日には快く送り出したい。
その為にも鹿島の歴史に名を刻み込んで欲しい。
多くのタイトルに貢献して。

清水戦報道

鹿島「魔の23日間」5勝2分け突破/J1

後半5分、チーム2点目のゴールを決めガッツポーズで喜ぶ鹿島本山
<J1:鹿島2−1清水>◇第11節◇10日◇カシマ
 鹿島が「魔の23日間」を不敗で乗り切り、首位に浮上した。FWマルキーニョス(33)の1得点1アシストの活躍などで、清水を2−1で下し、1試合多く消化している浦和を得失点差で上回った。過密日程となる黄金週間を含む23日間7試合を、昨季は1勝3分け3敗と大苦戦したが、今季オリベイラ監督(58)の柔軟采配で5勝2分けで乗り切った。

 気温27・1度の夏日、強烈な日差しが照りつける中でも、鹿島は止まらなかった。粘り強く勝ちきって首位奪回。DF内田は「勝って当然と思われてるし、おれらもそう思っている。勝ち続けるのが鹿島だから」と王者のプライドを言葉にした。

 役者が躍動した。前半4分、内田の右からのクロスをFW興梠が頭で折り返すと、中央で待ち構えたマルキーニョスが冷静に先制点をゲット。後半5分にはMF野沢のクロスをマルキーニョスが頭で落とし、MF本山が「GKが倒れたのが見えた」と言う鮮やかなループ弾で勝負を決めた。

 オリベイラ監督の柔軟采配で、7試合を消化する「魔の23日間」を好成績で乗り切った。同時期に1勝3分け3敗と苦戦した昨季は、固定したメンバーで戦い抜いた。試合後48時間は休養に充て、中2日の試合ではセットプレーの確認もせず軽い調整で挑むことが多かった。

 だが今季はチーム状態に合わせて練習量を増減した。本山が足の張りを訴えると全体の疲労を考慮して主力組を練習から上がらせた。選手交代も柔軟だった。2日の千葉戦で内田をベンチ外にして休養を与え、この日も「選手の回復、大事を取ることを考えざるを得ない」(同監督)と、右足内転筋に違和感があったDF伊野波を途中交代させた。GK曽ケ端は「昨季を経験して今季は調整法が変わった。回復の仕方とかを(監督が)考えてくれる」と振り返った。

 指揮官がイレブンを奮い立たせた言葉がある。「(24日の)G大阪戦まで連勝でいこう」。残り3試合。内田は「ぼくたちも、そう思っている」と言い切った。柔軟采配とそれに応える選手たち。暑さも疲労も乗り越えて鹿島の快進撃は続いていく。【菅家大輔】
 [2009年5月11日8時20分 紙面から]



勝利を収め、サポーターと喜び合う鹿島イレブン=カシマ(撮影・財満朝則)


鹿島−清水 後半5分、清水GK西部(下)をかわし、2点目のゴールを決める鹿島・本山=カシマ


鹿島−清水 後半5分、2点目を決め、(右から)興梠、マルキーニョスと喜ぶ鹿島・本山=カシマ


後半、シュートを放つ鹿島・マルキーニョス(中央) =カシマ(撮影・財満朝則)


選手に指示を出す鹿島のオズワルド・オリベイラ監督=カシマ(撮影・財満朝則)


鹿島、本山の完全復活ゴールで首位奪回!
2009.5.11 05:03

ゴールを決めた本山は、サポーターに向けて右人さし指を高々と突き上げた(撮影・財満朝則)
 J1第11節最終日(10日、鹿島2−1清水、カシマ)鹿島は、昨年12月に先天性水腎症で手術を受けた元日本代表MF本山雅志(29)が後半5分、勝利を決定付けるゴールを決め、清水を2−1で下して、3連勝。1試合消化が少ないながら勝ち点23で浦和と並び、得失点差で首位に返り咲いた。

 復活の手応えを確かなものとし、本山の笑顔が輝いた。1−0の後半5分。MF野沢からのボールをゴール右で受けたFWマルキーニョスが、逆サイドの本山にヘディング。突進する相手GKをひらりとかわし、本山は右足アウトサイドで今季2点目を決めた。

 「イメージはあった。GKが倒れてるのも見えたし。ほぼ、ごっつあんゴールだけど(落ち着いて周囲が)見えている」

 試合開始時の気温は27度を超え、湿度も62%。味方に疲れも見え始めた時間の貴重な追加点だった。今年一番の暑さの中で「バテました。最初から体が重かった」という本山だが、相手の厳しいチャージを受けながら、チームの首位奪取に貢献。「モトヤマ!!」の大コールに送られて、後半33分にベンチへ退いた。

 東福岡高時代から全国区の注目を集め、J入り後は日本代表としても活躍した本山だが、昨季開幕早々、体調に異変を感じた。診察を受けると、腎臓に水がたまる「先天性水腎症」との診断。腎不全も引き起こす恐れもある病気だ。夏場なのに水分摂取を制限され、引退も覚悟しながら公表を避けてプレーを続けた。

 昨年末に手術。全盛時に比べ体調は「まだまだ半分ぐらい」と冷静に自分を見つめるが、「水も飲める。もう大丈夫です」。その言葉を証明するこの日の活躍だった。

 チームも、アジアCLとリーグ戦が重なり週2試合の過密日程が続く、先月18日から23日間の“地獄の7連戦”を、5勝2分けで乗り切った。1試合消化が少ない中での首位浮上。「この暑さの中、いいサッカーができたと思う」と笑う本山の復調とともに、鹿島がJの主役に返り咲いた。(丸山汎)



猛然と攻め込み、清水GK西部と交錯する興梠(手前)。鹿島は気迫を前面に戦った

12戦不敗!過密日程でも崩れぬ鹿島の強さ

<鹿島・清水>前半4分、先制ゴールを決める鹿島FWマルキーニョス
Photo By スポニチ

 鹿島はJ1第11節の10日、ホームで清水と対戦し、2―1で快勝した。前半4分にFWマルキーニョス(33)が先制ゴールを決めると、後半5分にはMF本山雅志(29)が追加点を挙げて試合を決めた。リーグ戦3連勝で、公式戦は12試合無敗とし、消化試合数が1試合少ない状態で再び首位に立った。

 鹿島の強さばかりが際立った。3月18日のACLの上海申花戦から公式戦10勝2分けで12戦無敗。2位の浦和より消化試合数が1試合少ない状況で、再び常勝軍団が首位に立った。「強いですね。やってる僕もそう思いますよ」と曽ケ端が言えば、興梠も「負ける気がしないですね」と自信満々の笑顔を見せた。

 いつも通りの安定した試合運びだった。前半4分、内田の右クロスを興梠が豪快なヘディングで折り返すと、マルキーニョスが左足で先制ゴールを決めた。後半5分にはマルキーニョスのアシストから本山が右足で流し込んだ。相手がまだ集中しきれていない前後半の開始早々にきっちり2得点を決めたように「選手全員が勝負どころを熟知している」(本山)のが鹿島の強さだ。

 コンディション調整も完ぺきだった。昨季は先発を固定し、試合後48時間はチームとして練習しないことを徹底したが、4月13日からの7試合は4分け3敗と結果が出なかった。今季は内田に完全休養を与えるなどローテーションを組み、練習メニューも臨機応変にアレンジ。「本山が(筋肉の)張りを訴えたら、レギュラー組全員が練習を上がった」(曽ケ端)こともあった。昨季の反省を生かした調整で、4月18日の横浜戦から23日間で7試合の過密日程を5勝2分けで乗り切った。

 5月でJリーグは中断するが、オリヴェイラ監督からは「中断するまで全勝するぞ」と連勝指令が出ている。「中断まで連勝?僕たちはできる力を持っている。勝って当然と思われているし、オレらもそう思っている。勝ち続けるのが鹿島」と内田は言い放った。乗ってきた王者をもう誰も止めることはできない。

[ 2009年05月11日 ]

本山奪首弾!病と共に闘った「嫁に感謝」…鹿島返り咲き

後半5分、マルキーニョスのスルーパスを受け跳び上がってシュートを決めた鹿島・本山(GK西部)
 ◆J1第11節 鹿島2―1清水(10日・カシマスタジアム) 鹿島が清水を下し、3連勝を飾った。前半4分、FWマルキーニョス(33)が先制点を挙げると、後半5分にはMF本山雅志(29)が加点。守っても清水の反撃を1点に抑えた。勝ち点を23に伸ばし、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に参戦している影響で他クラブより1試合少ないながら、首位に再浮上。リーグ3連覇へ、盤石の強さを見せた。アジア王者のG大阪はFWレアンドロ(24)が公式戦9戦連発となるゴールを決めるなど、4得点の大勝で3位に浮上した。

 絵に描いたような得点だった。後半5分。左サイドからのクロスをFWマルキーニョスがヘディングで落とす。そこに走り込んだのはMF本山だ。「こっちに来るイメージがあった」。最終ラインを抜け、相手GKと交錯する寸前、右足アウトサイドでゴールへ。首位浮上を決める決勝弾。3人がイメージを共有したゴールに「きれいだった」と自画自賛した。

 試合後「実家(福岡)でテレビを見ている母親にも感謝したいけど、嫁に感謝したい」と明かした。昨年12月25日、先天性水腎症で手術を受けた。尿が排出できないため、水分摂取を制限されるというサッカー選手として致命的な病気だった。昨年のクリスマスも病院で過ごし、正月も絶対安静。年に1度の長期オフを家庭に還元できない日々が続いた。

 タイトルから4年間遠ざかった07年開幕前には「気合が足りない。頭を丸めなさい」と闘魂を注入し、体のキレが悪いと見るや「ウオーキングに行こう」と背中を押してくれる梨沙夫人。今季から練習後に30分〜1時間のストレッチに取り組むが、帰宅時間が遅くなるなど「我慢してもらっている」という夫人に、母の日ゴールをささげた。

 チームは1試合少ないにもかかわらず首位に浮上した。昨季は疲労からリーグ戦7試合連続未勝利(4分け3敗)と低迷したこの時期に、今季はACLを含め公式戦7試合5勝2分けと不敗。オリヴェイラ監督は先発ローテーションを組むほか、主力に疲れがあると判断すれば、すぐに練習を切り上げるなど疲労をためない工夫を施し、7連戦を乗り切った。

 DF内田は「勝って当然と思われているし、俺らもそう思っている。勝ち続けるのが鹿島だからね」と胸を張り、FW興梠は「負ける気がしない」とさえ言う。「気を緩めればダメ。ただ、それさえしなければ、やれると思う」と本山。第一のヤマ場を乗り切った鹿島が、混戦を抜け出していく。

(2009年5月11日06時03分 スポーツ報知)

マルキーニョス1得点1アシスト…鹿島
 ◆J1第11節 鹿島2―1清水(10日・カシマスタジアム) 鹿島のFWマルキーニョスが1得点1アシストで勝利に貢献した。昨季は序盤からゴールを重ねて得点王を獲得したが、今季はこの試合前まで8戦3得点と後れを取っていた。プレー内容は向上しており「今日は我慢の試合だと分かっていた。それができたから今日の勝利がある」と首位浮上を喜んだ。
(2009年5月11日06時01分 スポーツ報知)

本山夫人の内助の功についてコメントしたいのは山々である。
しかしながら、ここは各紙触れておらぬ西部の一発レッド相当のプレイであろう。
サンスポの写真で清水のGK西部はPA外で興梠の足を刈っていることがよくわかる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク