FC2ブログ

上海戦試合前コメント

【AFCチャンピオンズリーグ 上海 vs 鹿島】オズワルド・オリヴェイラ監督、岩政大樹選手(鹿島)試合前日の公式会見コメント(09.05.18)
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「皆さん、こんにちは。まず、上海の皆さんにお礼を申し上げたいと思います。また、ホテルのマネージャーにもお礼を申し上げたいと思いますし、ホテルでのレセプションなどいろいろ気をつかって頂いてありがとうございます。
今回、上海申花戦を迎えるに当たって、ひとつはACLの突破を目指してやってきましたのでそれが確定したことを嬉しく思います。もうひとつ、上海での試合というのは、1位突破すれば次のラウンド16でホームで戦えるアドバンテージを得られるので、それを得て帰れたらと思います」

●岩政大樹選手(鹿島):
「監督が仰ったように、1位突破できるように良い試合をすることが大事ですけど、それ以上にもうひとつの試合の結果がどういうスコアになるかに関係なく、自分たちの試合をしっかりすることが大事だと思います。僕たちはプロである以上、しっかりした試合を明日もすることが大事だと思います」
Q:3年前に一度上海で大会に参加していると思います。3年前の上海申花とどんな変化があるかコメントをお願いします。
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「残念ながら3年前は自分が指揮をとってなかったのでなんとも言えないのですが、確かに鹿島が上海で試合をしたことは知っています。ただ、サッカーというのは時代が早く流れていくようなもので、また再びこの2チームが同じ上海で会う巡り合わせがありました。ただし、一番大事なのは、指揮官としてはACLをしっかり戦っていくことです。上海についての情報は、ACLのグループステージの戦い方とと中国スーパーリーグの戦い方になります。そうした情報をしっかり使いながら戦いたいと思います」
Q:上海申花は、日本で一度対戦していると思いますが、そのときとどのように変わったと思いますか?
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):

「明日の試合も、厳しい試合になると思っています。特にこのグループのなかではアントラーズ、水原、上海というのが同じレベルだと思いますし、この3チームでグループステージの2つの枠を戦うことになったと思います。実際の試合を見てもらえれば、高いレベルの試合をしていると思います。細かい部分の集中力の違いで試合が決まってしまうと思います。ですので、明日の試合もタフな、厳しい試合になると予想しております」
以上


地下鉄網が発達している上海。虹口スタジアムへは、タクシーよりも地下鉄の方が時間の計算がしやすそうです。


地下鉄8号線を利用して虹口スタジアムに行く場合は、1番出口を出てすぐです


先週末のJリーグで約7ヶ月ぶりに公式戦出場を果たした中田浩二選手。今回の遠征にも帯同し元気な姿を見せています。


虹口スタジアムに到着したチームバス。最後に降りたのはオリヴェイラ監督でした。ご覧の通り、Tシャツ一枚でも暑いくらいの日差しです


試合会場に到着したオリヴェイラ監督はサポーターと挨拶を交わし、サインにも気軽に応じていました。


試合会場となる虹口スタジアム。ピッチが近く、芝の状態も最高のすばらしいスタジアムです。ただ、声が結構響くので、明日の試合では上海申花サポーターの声援が大きいとまったくのアウェイの雰囲気になってしまいそうです。

練習開始前のリラックスした選手たち。後ろを向いているのは立派な臀部が目印の田代有三選手です。


明るい表情を見せる内田篤人選手。「1位で抜けたいよね」とグループリーグ首位突破に向けて意気込んでいました。


3年前の大会とは上海国際サッカートーナメント2006のことである。
このときはアトレチコ・マドリードマンチェスター・シティと対戦しておる。
このときは篤人と誓志を欠く布陣で善戦したと言えよう。
Aマドリードには先制しマンCには勝利しておる。
ゲンの良いこのスタジアムで勝ち点を得て還ってきたい。
3年前の中後のようなことはないように願いたい。
母の遺言虚しく、足利兄弟の溝は深まってゆく。

イノパン帯同

インフル対策万全!鹿島、マスクで出発
 19日にアウェーでACLの上海申花戦に臨む鹿島が、新型インフルエンザ対策をして中国・上海に出発した。右内転筋痛で16日の柏戦を欠場したDF伊野波を含む選手19人とスタッフ全員が成田空港内、機内でもマスクを着用。全員分のタミフルも持参した。日本代表DF内田は「新型インフルエンザ、大丈夫かな。日本でも出たんでしょ。マスク?しようがないよね」と心配していた。また24日には、新型インフルエンザの感染者が確認された大阪・吹田市内にある万博記念競技場でG大阪戦が行われる。クラブ関係者は「G大阪とJリーグの対応が週明けにあるだろうから、それを見てから対応するしかない」とだけ話していた。
[ 2009年05月18日 ]

イノパンが帯同ということで一つ安心した。
このイノパンに野沢を加えたメンバーが上海でプレイすることとなろう。
兼続は阿呆すぎて涙目である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク