FC2ブログ

青森サッカー教室

プロの技ってすごい J1鹿島選手サッカー教室 むつ

子どもたちを指導する小笠原選手
 サッカーJリーグ1部(J1)の鹿島アントラーズの選手らを招いた少年サッカー教室が6日、青森県むつ市のしもきた克雪ドームで開かれ、青森県内の小学生約150人が小笠原満男選手(岩手・大船渡高出)ら一流のプロから技術を学んだ。

 むつ市教委の主催で今年が4回目。小笠原選手、本山雅志選手、青木剛選手、熊谷浩2コーチ(青森十和田市出身)という豪華な顔触れが、子どもたちを指導した。

 選手らは「リフティングをする時はボールをよく見て」「速いパスは足の内側全体で受け止めて」などとアドバイス。子どもたちと一緒にパスやドリブルの練習、ミニゲームをこなし、プロの技を披露した。

 むつFC所属の仲谷樹君(10)は「パスの速さに驚いた。練習してアントラーズの選手のようなプロになりたい」と話した。

2009年06月07日日曜日

青森にてサッカー教室である。
プロの技を生で見ることにより少年達は成長するであろう。
来たれ未来のJリーガーよ。

篤人、体調不良

体調不良で内田直前にリタイア…W杯アジア最終予選
 ◆W杯アジア最終予選第8節 ウズベキスタン0―1日本(6日、パフタコール・スタジアム) 日本代表に思わぬアクシデントが起こった。試合当日、右サイドバックの内田が体調不良により急きょベンチ外が決定。代役にDF駒野が起用された。試合前日、「W杯はヤナギさん(柳沢敦)や(小笠原)満男さんが出る大会だと思っていた。それに手が届きそうなところにいる」と意欲を燃やしていたが、無念のリタイアとなった。

 内田は試合会場にも姿を見せず、大事を取ってホテルで静養。10日のカタール戦への出場も不透明な状況となった。一方、岡田監督は今まで起用し続けてきたMF松井のベンチ外を決断。最終予選では出場停止となった昨年10月のウズベキスタン戦以外はすべてに出場しており、松井にとっても悔しい結果。指揮官は非情采配を振った。

(2009年6月7日06時01分 スポーツ報知)

無念なのは篤人本人である。
ともかく体調を整え鹿島に戻ってきて欲しい。
リーグ戦再開まで2週間を切り、のんびりはしていられないのである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク