FC2ブログ

活躍の大迫とヤス

2010年 2月 13日(土)

本日行われたプレシーズンマッチ水戸戦は、大迫選手と遠藤選手のゴールで2-0と勝利しました。

2010 プレシーズンマッチ
いばらきサッカーフェスティバル2010
vs水戸ホーリーホック

鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
(Q:宮崎キャンプを終えたばかりだが、選手たちのコンディションは?)
いろんな条件の中での試合ではあったが、この試合はこれからチームを作り上げていく段階での一環の試合と位置づけていたがよく出来ていたと思う。前半、水戸は非常にいいサッカーをしていた。選手たちには、キャンプの疲れが多少見えていたが、その中でもよくやっていたと思う。
(Q:10日後にはACLが控えているが?)
今やるべきことは、月曜日に合流する代表選手たちと挨拶をすること。まだ一度もチーム全体で練習をしたことがないので、まずは全員が顔を合わせることが大事。新加入選手もいるのでお互いを知り、意識を高めていくことが大事となってくるだろう。
(Q:今日ゴールをあげた大迫について)
背番号が変わっただけで特に意識はしていないし、彼も同じような気持ちを持っていると思う。彼は昨年もゴールを決めている。成長過程の途中の選手であってまだまだ成長していくべき選手。その成長をうまくサポートできるように指導していきたい。

最後にこの場で取り上げておきたい選手がいます。それは遠藤選手のことなのですが、彼は3年間頑張ってきているなかで今日の試合で(試合に出場する)チャンスを掴んで結果を出すことが出来た。それもハーフウェーラインから利き足の左ではなく、右足でシュートを決めたということは、結果を出したことを含めて今後、彼にとってもさらに自信を深めていくことになるだろうと信じています。


鹿島勝利、大迫が先制弾/プレシーズン
<プレシーズンマッチ:鹿島2−0水戸>◇13日◇ケーズデンキスタジアム
 鹿島が水戸を苦戦の末に2−0で下した。日本代表3人を欠き、さらに宮崎合宿終了翌日の一戦だったため、序盤から疲労で足が止まり、前半は水戸にペースを握られた。小雪も舞い、厳しい冷え込みの中、後半から出場したFW大迫勇也(19)が後半34分に相手DFからボールを奪うと卓越した個人技で持ち込み、先制点をゲット。先発フル出場のMF遠藤康(21)が後半ロスタイムにダメ押し点を奪った。11日の練習試合ホンダロック戦に続く得点をマークした大迫は「前半は流れが悪かったので、自分が入ってリズムを変えたかった。これから始まる公式戦で結果を出したい」と話していた。

 [2010年2月13日20時20分]

鹿島遠藤、逆足の右で63メートル弾
 鹿島MF遠藤康(21)が63メートル弾で定位置争いに名乗りを上げた。鹿島は13日、ケーズデンキスタジアムで水戸とプレシーズンマッチを行い、2−0で勝利。先発フル出場した遠藤は1−0で迎えた後半ロスタイムに超ロングシュートを決めてダメ押し点を奪った。

 小雪舞うピッチで想定外の一撃だ。相手CKがクリアされ、遠藤がこぼれ球を拾う。水戸GK本間がCKで攻め上がっており、無人となった63メートル先のゴールが見えた。利き足とは逆の右足を振り抜き「奇跡。右足だけど、蹴っちゃえって感じだった」というシュートが枠内に転がり込んだ。

 プレシーズンマッチのため公式戦ではなく、過去のJ公式戦でGK3人(うち2人はFK)が決めた距離にも及ばないが、流れの中では異例のロングシュート。宮崎合宿直後でチーム全体の動きは重かったが、遠藤が最後に存在感を示した。

 今季はMF本山の長期離脱が決まり、新外国人MFフェリペガブリエルらと定位置を争う。昨季リーグ戦出場はわずか2試合だが、左足の技術は定評が高いだけに「もっと存在感を見せていかないといけない」と息巻いた。
【菅家大輔】
 [2010年2月14日8時13分 紙面から]


大迫2戦連発!定位置獲りへ猛アピール
 鹿島のFW大迫がJ2水戸とのプレシーズンマッチで対外試合2試合連続ゴールを決めて定位置奪取をアピールした。

 後半開始から出場すると、34分に個人技でペナルティーエリア内に突入して右足でゴール。11日のホンダロックとの練習試合に続くゴールを決め「前半は流れが悪かったので、自分が入って変えようと思っていた。今年は結果を出していきたい」と主力の興梠、マルキーニョスを脅かす活躍を誓っていた。

[ 2010年02月14日 ]

遠藤右足63メートル弾!2列目に名乗り…鹿島
 鹿島は13日、ケーズデンキスタジアム水戸でJ2水戸とプレシーズンマッチを行い、2―0で勝利。MF遠藤康(21)が約63メートルの超ロングシュートを決め、2列目のポジション争いに名乗り。後半ロスタイム、相手GK本間がCKで上がっていたため、無人となったゴールに、右足で蹴り込んだ。「(利き足ではない)右足だったので戸惑ったけど、打てと思って打った。奇跡」と笑み。
(2010年2月14日06時01分 スポーツ報知)

いばらきサッカーフェス 鹿島貫禄6戦全勝
2010/02/14(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
 今年で6度目を迎えたJリーグ2部(J2)水戸と1部(J1)鹿島とのプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2010」(茨城新聞社など後援)は13日、ケーズデンキスタジアム水戸で行い、鹿島が2−0で快勝し、同フェスティバルの対戦成績を6戦全勝とした。
 鹿島は後半にボールを支配し、主導権を握った。34分、FW大迫がドリブルでゴール前に切り込み先制。終了間際には、相手GKの攻撃参加で無防備になった水戸のゴールへ、MF遠藤がロングシュートを流し込んだ。
 水戸は前半に中盤でパスをつなぎ、好機をつくったが、後半は相手の技量に圧倒されて防戦に終わった。

▽プレシーズンマッチ
鹿島 2−0 水戸
0−0
2−0
▽得点者【鹿】大迫(後半34分)遠藤(同44分)

【水戸】4・3・3 GK本間 保崎 作田 大和田 森 中村 村田 大橋 遠藤 白谷 小池
【鹿島】4・4・2 GK曽ケ端 当間 伊野波 大岩 新井場 青木 中田 野沢 遠藤 興梠 マルキ

13 6 21 9
G C F S
K K K H
5 11 17 14
▽交代【鹿】大迫(マルキーニョス)佐々木(興梠)船山(中田)小谷野(野沢)宮崎(新井場)鈴木(伊野波)【水】片山(小池)大塚(白谷)加藤(大和田)島田(大塚)
▽警告【水】保崎
▽退場【水】中村
▽観衆 8518人



【写真説明】
水戸-鹿島 後半34分、先制ゴールを決める鹿島・大迫=ケーズデンキスタジアム水戸


茨城ダービー鹿島快勝
大迫・遠藤がゴール

ボールを追う鹿島・興梠慎三選手(右)と水戸・作田裕次選手
 3月のサッカーJリーグの開幕を前に、J1鹿島アントラーズとJ2水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2010」が13日、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で行われ、鹿島がFW大迫勇也、MF遠藤康両選手のゴールで2―0で勝利した。粉雪が舞う中、白熱した試合展開に駆けつけた8518人のサポーターらでスタンドは沸き上がった。

 鹿島はMF小笠原満男、本山雅志両選手など主力が不在だったが、リーグ3連覇の貫禄で終始試合を優位に運んだ。後半34分に大迫選手が相手のミスに乗じて先制、ロスタイムには遠藤選手がハーフウエーライン付近からロングシュートを決めてダメ押しした。

 水戸は、新加入選手5人が先発に名を連ねた。FW遠藤敬佑選手の切れ味鋭いドリブルや、新加入の司令塔・大橋正博選手の巧みなゲームメークでゴールに迫ったが、鹿島の固い守備を前に最後までゴールが遠かった。

 試合後の記者会見で、鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督は「水戸は良いサッカーをしていた。鹿島の選手は疲れがある中で良いゲームをしてくれた」と振り返り、水戸の木山隆之監督は「発展途上の新しいチームだが、タフにやれた部分もあるしチャンスもいくつか作れた」と手応えを口にした。

(2010年2月14日 読売新聞)

先制点の大迫と90分間フル出場のヤスである。
大迫はJ2レベルでは止めることが難しいことがよく分かった。
今季はマルキーニョスと興梠を脅かす存在と言えよう。
そして、オリヴェイラ監督絶賛のヤスである。
試合終了間際の63メートル弾は圧巻であった。
それは90分間起用し続けたオリヴェイラ監督の信頼が育んだものと言って良かろう。
今年ブレイク必至である。
注目の選手である。

篤人のガムの味

内田、悩みはガムの味「次はスースー」
2010.2.14 05:00
 日本代表合宿(13日、千葉県内)試合中の嘔吐感に悩むDF内田は、抑制効果のあるガムの味に試行錯誤。「グレープとチェリーは試した。次はスースーする味がいいかな」と真剣な表情で話した。韓国戦は鹿島の同僚だったDF朴昊柱(磐田)とマッチアップする。「出てきたら負けたくない。レベルの高い紅白戦をやってきたから」と闘志を燃やした。

内田 果物系の次は“スースー系”テスト
 日本代表DF内田が、14日の東アジア選手権・韓国戦ではミント系ガムをテストする。昨季から原因不明のおう吐感に悩まされてきたが、6日の中国戦から試合中にガムをかむようになって不思議と症状が治まった。中国、香港戦は「グレープとチェリー、果物系のガムは試したんで、今度はスースー系にしようかと。ガムをかんでからは試合中も(吐き気が)クククッと来る症状がない。今後はどの種類のガムが一番いいかを探していく」と話していた。
[ 2010年02月14日 ]

ガムの味を模索する篤人である。
吐き気に関してはガムで完治と言って良さそうである。
鹿島での活躍に期待が持てる。
今日は怪我の無いようにお願いしたい。

イ・ジョンス、鹿島合流

中国戦の悪夢を払拭!韓国も気合十分…東アジア選手権14日・日本と対戦
 ◆東アジア選手権 日本−韓国(14日・国立競技場) 韓国代表は13日、都内の西が丘サッカー場で約1時間半の最終調整を行った。10日に格下の中国に0―3と完敗し、日本に敗れれば許丁茂監督(55)の解任もうわさされているチームは、最初の15分のアップ以外は非公開とライバルとの決戦に向け準備は入念。香港戦、中国戦に先発したDF李正秀(29)が負傷で鹿島に戻ったが、指揮官は「とにかく明日は(組める)ベストメンバーで臨む」。GK李雲在も「中国戦の悪い記憶は消して、重要な試合に挑みたい。14日は韓国の旧正月に当たるので勝利を国民にプレゼントしたい」と意気込んだ。
[2010/2/14-06:01 スポーツ報知]

イ・ジョンスが鹿島に合流とのこと。
負傷は心配ではあるが、少しでも早く合流出来たことは喜ばしい。
一日も早く戦術を体得し、勝利に貢献して欲しい。
我等がDFラインはアジアの壁となるのだ。
今季は楽しみである。

満男のアピール

“30歳の新人”アピールできなければ次はないと覚悟

東アジア選手権の韓国戦に向けて調整する小笠原(右)。奥は遠藤
Photo By 共同

 自称「30歳の新人」。岡田ジャパンに初めて呼ばれた小笠原(鹿島)は合宿中から「いつ日本代表に呼ばれなくなるか分からない」と危機感を口にしていた。今回の長期間の代表活動でアピールできなければ、次はないと覚悟している。

 ただ、約3年半ぶりの代表でのプレーにはもどかしさが漂う。ベネズエラ戦こそ惜しいミドルシュートを放って目立つ場面もあったものの、その後は低調なチームに埋没している。香港戦は後半途中に後退。「必要とされるくらいの存在感を出さないと」と悔やんだ。

 2006年のW杯ドイツ大会で漂っていた、近寄りがたい雰囲気。実力は申し分ないが、チームの和を大切にする岡田監督は代表招集をちゅうちょしてきた。しかし、そんな想像は杞憂だった。

 イタリア挑戦で出番に恵まれない選手の気持ちを知り、鹿島で主将を務めた今の小笠原は謙虚だ。「新人なので学ぶべきこと、教わるべきことが多い」。食事では毎日のように席を変えて、いろんな選手に積極的に話し掛けてきた。

 「W杯への思いはずっと自分の中にあった」。W杯メンバー入りへの最終テストの気持ちで韓国戦に臨む。

[ 2010年02月13日 15:21 ]

能力の高さは十分にアピールしたと思う。
問題はそこにはないこともアピールされたのでは無かろうか。

代表選手の状況

[ 東アジアサッカー選手権 SAMURAI BLUE vs 韓国代表 ]前日練習の様子

小笠原満男選手(左)と内田篤人選手の鹿島勢が並んでランニング。年明けからの長かった日本代表での活動も、ひとまず明日を残す飲のみとなった。

[ 東アジアサッカー選手権 SAMURAI BLUE vs 韓国代表 ]前日練習の様子

内田篤人選手(鹿島)は「出てくるのかはわかりませんが、紅白戦でもやっていましたし、U-20の時からやってきていたので、出てきたら頑張りたいです」と、昨季までのチームメイトであるパク・チュホ選手(韓国代表)との対戦を楽しみにしていた。


東アジア選手権も残すところ1試合である。
怪我無く帰って来て欲しい。

水戸戦コメント

【いばらきサッカーフェスティバル2010 水戸 vs 鹿島】オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント(10.02.13)
2月13日(土) いばらきサッカーフェスティバル2010
水戸 0 - 2 鹿島 (14:06/Ksスタ/8,518人)
得点者:79' 大迫勇也(鹿島)、89' 遠藤康(鹿島)

●オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島):

「本当にいろんな条件がある中での試合でした。我々にとってはチームを作っている段階での練習として位置付けていました。そういった意味では非常によくできたと思います。特に前半に関しては、非常に水戸がいいサッカーをやっていたんじゃないかなと思います。ただ、鹿島の選手にとっては昨日までのキャンプの疲れがある中での試合でした。そこで非常にいい形ができた部分があったんじゃないかなと思います」

Q:10日後にACL、そしてJリーグ開幕と続きます。今後のチーム作りのプランは?
「当然ながらチーム全員で練習をしたことがないので、とにかく合わせるだけで変わる。新加入の選手と今いる選手が顔を合わせるということが非常に重要なことであって、練習すれば連係という部分を高められますし、それが大事になってくると思います」

Q:大迫勇也選手のゴールが決勝点になりましたが、大迫選手の評価は?
「背番号が変わっただけで何か変わったかは意識してないです。そう考えてないと思います。今日も点を取りましたし、去年も点を取りました。成長過程の選手であって、少しずつ成長してくれればなと思います」


以上

【いばらきサッカーフェスティバル2010 水戸 vs 鹿島】試合終了後の各選手コメント(10.02.13)
●青木剛選手(鹿島):
「今日の試合でゴールを決めた大迫や遠藤が活躍するとチームにとって刺激になる。若手だけではなくベテランも含めて、チームのためにプレーするという同じ目標に向かってやっていくのが大事だと思う。(新加入のブラジル人2選手について)どうしても最初からうまくいくわけじゃないので試合を重ねながら徐々にプレーを合わせていきたい。(ACLについて)何度も挑戦して悔しい思いをしてきた。鹿島として唯一獲得していないタイトルなので、重要な目標だし、特に第一線は大切だと思う。まだ10日間あるので、チームに貢献できるようにしっかり準備して臨みたい」

●新井場徹選手(鹿島):
「決して褒められた内容ではないけれど、たくさんの選手が出場した総力戦として結果が出たのは良かった。前半はチームとしてまだまだコンディションが良くない状態だったが、試合を通じて徐々に上向いてきたとと思う。(ACLについて)チームとしてのコンセプトは変わらないから、個人のコンディションをもっと上げていかなければいけない。ホームなので引き分けも許されない試合だと思う。しっかりと勝ち点3を取って、ゼロックス、Jリーグ開幕戦に臨みたい。(新加入のブラジル人2選手について)確かに多少はコンビネーションに難しさはある。だけど、技術が高い選手だからすぐに修正できるし、監督もブラジル人なのでスムーズに取り組めている。一緒に準備をして試合ができれば大丈夫だと思う」

●船山祐二選手(鹿島):
「僕が出たときは0-0の状態だったし、正直チームのリズムもよくなかった。もっとボール回しのスピードを上げて、相手の穴を見つけたいと思っていた。結果としてそれが点に結びついたと思うのでよかった。個人としては、一歩目が遅れてしまう場面もあったので、もっと自分自身のコンディションを上げていきたい」

●大迫勇也選手(鹿島):
「(9番という背番号について)最初は驚きましたが、Jリーグでも自分のプレーをして、結果を出し続けるだけです」

●佐々木竜太選手(鹿島):
「後半から出場するときに監督からは積極的にプレーするようにと言われた。自分もゴールに向かっていきたいと思っていたが、なかなか思ったようにうまくプレーできなかった。次はもっとゴールにつながるプレーをしたい」


[ いばらきサッカーフェスティバル2010 水戸 vs 鹿島 ]

後半の2得点で勝利した鹿島の選手たちが、雪のなかで最後まで応援してくれたサポーターに挨拶。

真冬の試合は無しだと改めて考えさせられる試合であった。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク