FC2ブログ

大迫、ゴールを狙え

2010年09月09日(木)

本日のトレーニングは16時スタートとなりました。2日後に迫った仙台戦に向けて、コンディション調整を行っていきます。

ドリブルする大迫である。
ここからの巻き返しには大迫の力が重要となろう。
ポストに磨きがかかり成長著しい。
残り試合でもスタメンのチャンスが訪れるであろう。
強い気持ちでゴールを狙って欲しい。

川崎戦コメント・報道

Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦


鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ 監督
退場の直後に失点してしまっていることもあり、(小笠原の退場は)多少の影響はあったのかと思う。しかし内容的に川崎Fも素晴らしく、11対11の状況でも失点する可能性はあった。ただ、退場で自分たちの不利な状況に追い込んでしまったということはあると思う。(1-2というスコアになって)残念ながら数的不利な状況だったので、しっかり守ってカウンターからチャンスを見いだすというやり方を考えていた。相手が入ってくるのを待ってカウンターという狙いだったが、相手のほうが数的有利なので相手がやろうとしているやり方になって失点をしてしまった。

【大岩 剛】
1人少なくなってからは守ってカウンターを狙うというイメージだったが、相手が人数をかけてきて守りきれなった。10人になってからの意識統一がチームの中で全員が全員出来ていなかった。そういうところをしっかりとできればよかったと思う。

【中田 浩二】
10人になってからは割り切って守るのもよかったが、まだ時間もあったし前線がマルキ1人になってしまっていたので押し込まれる時間が増えてしまった。相手は前がかりにきていたし、ウチが後手後手になってしまった。

【本山 雅志】
残念です。自分が入った時にはああいう状況だったので失点をしたくなかった。セカンドボールを上手く拾って足元でプレーしたかった。しっかりパスを繋いで運動量を増やしたかった。

【青木 剛】
10人になった時点ではこちらが有利だったし、守りきるという意識はあったが最後まで耐えることが出来なかった。相手はサイドから攻撃を仕掛けていたし、浩二さんが入ったことで自分がサイドにずれてそこを押さえられればというイメージだった。

【船山 祐二】
自分は攻撃的なボランチだと思っているので、ああいう状態での試合への入り方が難しかった。リスクを負ってでも点を取りたかったし、その結果攻めにいって点をとられてしまった。


2010年09月08日(水)

本日行われたナビスコ杯準々決勝第2戦vs川崎Fは、1-3と負けを喫しました。また、この結果、3年連続となるナビスコ杯準々決勝敗退が決定しました。

【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 鹿島】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント(10.09.08)
9月8日(水) 2010 ヤマザキナビスコカップ
川崎F 3 - 1 鹿島 (19:00/等々力/9,406人)
得点者:32' 田坂祐介(川崎F)、33' 小笠原満男(鹿島)、79' 中村憲剛(川崎F)、88' ヴィトールジュニオール(川崎F)
----------


●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):
「みなさん、こんばんは」

Q:小笠原選手の退場をのぞけば、シナリオ通りに見えましたがいかがでしょうか?
「退場があったところから失点しましたから影響があったとは考えられますが、内容的にフロンターレさんも非常に素晴らしい内容をやっていましたし、彼らが得点してもおかしくはない状況であったので、11対11の中でもその可能性はあったのかなと思います。確かにその退場で自分たちを不利な状況に自分たちで追い込んでしまったというのはあるんじゃないかと思います」

Q:2−1の状況でひとり足りない中、どう戦うのか。1点を取りに行くのか、それとも失点を防ぐことを優先させるのか。その辺監督としていかがでしょうか?
「当然ながら数的不利な状況なので、そこからは守ってカウンターを狙うという状況を作りだす、編み出すしかない。急激にやり方を変える、たとえばリトリートすることを極端にやり過ぎるとやっぱり好ましくない。自分たちで罠を仕掛けて相手が入ってくるのを待って、そこを奪ってカウンターという形を考えていたんですが、当然ながら相手の方が数的優位なので、条件、状況を編み出すアドバンテージというものはあるわけで、残念ながら我々が狙っていた形よりも相手の方が、自分たちが思っている、あるいはやろうとする形に持っていくことができて得点することができたのではないかと思います」

Q:準々決勝で厳しい日程でやっていますが、ここで勝てば次に行けますが、負けてしまった状態で疲れてすぐにリーグ戦があります。この状況をどう考えますか?
「当然ながらロッカールームでは賑やかであるとは言えないわけで、それはもう敗戦したあとに選手たちが何をすべきだったのか、あるいは何を目的としてそれを達成することができなかった、ことに対する、失望感というのは彼らが一番感じているわけで、今回初めてではないので、そういった敗戦をするのは。勝負の世界は勝ったり負けたりすることがあるわけで、当然ながらリカバーするという部分に関しては負ければリカバーするという心理的な部分。あるいは精神的な部分で多少影響があるかもしれませんが、ただ、僕としては他のスタッフと共に彼らに新しいエネルギーを注入して、また新たな戦いにJリーグというものが目の前にあるわけですから、切り替えて努力をし続けたいと思っています。
ありがとうございます、お疲れ様です。またお会いしたいと思います」


以上

【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 鹿島】試合終了後の各選手コメント(10.09.08)
●本山雅志選手(鹿島):
「まずは守備からと。セカンドボールを拾えればと思っていた。頭に来てばかりで、足元に欲しかった。相手の人数が多くて、セカンドボールが拾えませんでした。しっかり0で行くこと。失点しないことが大事だった。でも取られたので、取りに行くしかなかった。しっかりつないで、もう少し運動量を増やさないと」

●大岩剛選手(鹿島):
「(一人減った後)あの流れから言えば、我慢するしかなった。そういう意識でやりたかったが、耐え切れなかった。みんな各々切り替えないといけないですね」


[ ヤマザキナビスコカップ:準々決勝 川崎F vs 鹿島 ]

先制された鹿島は直後の33分、野沢拓也のパスから小笠原満男(写真)が決めてすかさず同点に追い付く。

鹿島小笠原退場でリズム崩す/ナビスコ杯
<ナビスコ杯:川崎3−1鹿島>◇8日◇準々決勝第2戦◇等々力

 鹿島はMF小笠原の退場に泣き、2年連続で川崎Fに準々決勝で敗れた。前半32分に先制され、アウエーゴール差でリードを許したが、直後に小笠原の見事な右足ボレー弾で、再度リード。だが後半30分の小笠原の退場でリズムが崩れ、終盤に逆転を許した。試合終了後、小笠原はチームスタッフに慰められながら、無言でバスへ。DF大岩は「後半途中までは、こちらの流れだったのだが…」と肩を落とした。
 [2010年9月8日22時41分]

鹿島・小笠原、同点弾も退場/ナビスコ杯
2010.9.9 05:02
 ナビスコ杯準々決勝・第2戦(8日、川崎3−1鹿島、等々力)鹿島はまさかの逆転負け。試合前には日本代表から戻りベンチ入り予定だったDF岩政が、ウオームアップで右内転筋を痛めてベンチ外となるアクシデント。さらにザック監督が視察する中、同点ミドル弾で代表復帰をアピールしたMF小笠原が、2枚の警告で後半30分に退場に。その後に立て続けに2失点した。岩政は「迷惑をかけて申し訳ない」と厳しい表情を浮かべた。


敗れてがっくりの鹿島イレブン=8日、等々力(撮影・財満朝則)


前半、攻め上がる鹿島・興梠(中央)=8日、等々力(撮影・財満朝則)


前半、競り合う川崎・黒津勝(左)と鹿島・小笠原満男=8日、等々力(撮影・財満朝則)


前半、頭でボールを折り返す鹿島・小笠原満男(右)=8日、等々力(撮影・財満朝則)


前半、鹿島・小笠原満男がゴールを決めて歓喜=8日、等々力(撮影・財満朝則)


鹿島また鬼門で…小笠原退場、堅守が崩壊

<川崎F・鹿島>後半、2枚目のイエローカードで退場となる鹿島・小笠原
Photo By スポニチ


 【ナビスコ杯・鹿島1―3川崎F】鹿島は00年以降、10年間白星がない鬼門・等々力で散った。引き分け以上で準決勝進出が決まったが、1―1の後半30分にMF小笠原が2度目の警告を受けて退場すると後半34、43分と立て続けに失点して自慢の堅守が崩壊した。

 日本代表DF岩政が試合前に右内転筋を痛めてベンチから外れ、試合終盤に投入できなかったことも影響。3年連続で準々決勝敗退となり、岩政は「試合終盤に力になれなかったのは責任を感じている」と話した。
[ 2010年09月09日 ]

小笠原、痛恨退場で逆転負け…鹿島
 ◆ナビスコ・カップ準々決勝第2戦 川崎3─1鹿島(8日・等々力陸上競技場) 鹿島はMF小笠原の退場が響き、逆転負けを喫した。これでリーグ、天皇杯との国内3タイトル独占の夢は消滅。MF本山は「もう(リーグを)勝つっきゃないっしょ」と言葉に力を込めれば、DF大岩も「切り替えてやっていくしかない。それはみんな分かっている」と強調。ただ、DF岩政は右内転筋、FW興梠は左胸を負傷しており、9日に精密検査が必要か判断する。
(2010年9月9日06時01分 スポーツ報知)

サッカーナビスコ杯 鹿島4強逃す


【写真説明】
川崎-鹿島 準決勝進出を逃し肩を落とす鹿島の選手たち=等々力陸上競技場
J1鹿島は8日、Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ準々決勝第2戦を等々力陸上競技場で川崎と戦い、1-3(前半1-1)で敗れた。2戦合計3-4となり、3年連続して準々決勝で敗退となった。


第1戦を2-1で勝利している鹿島は、1点を先制された直後の前半33分、小笠原が豪快なボレーシュートを決めて同点に追い付いた。しかし、後半30分、小笠原がこの日2枚目のイエローカードで退場するとリズムが乱れ、その後は防戦一方になった。同34分に勝ち越されて2戦合計スコアで並び、43分に勝負を決める1点を許した。


リーグ戦に集中を語る本山である。
しかしながら、岩政と慎三が負傷との情報があり不安を募らせる。
ここは、試合の入り方が難しかったとは言うが、良い経験を積んだ船山に踏ん張って欲しい。
この危機を救うのは、チームの一体感である。
チームの方向性に誤りはない、戦う気持ちを高ぶらせることこそが肝要なのである。
気持ちを切り替えて、戦っていきたい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク