FC2ブログ

キャプテンマーク、柴崎岳

高円宮杯GL最終節。土壇場で輝くホンモノは?
グループD 9月18日11時〜 駒場
ジェフ千葉U-18 vs 青森山田


MF 10 柴崎 岳(青森山田/3年)
その底力を示せるか

第1戦の静岡学園戦は逆転負け。第2戦の立正大淞南戦は2-2のドロー。混戦の予想されたグループDだが、静岡学園が2連勝で抜け出した一方、もう一つの本命だった青森山田は出遅れている。その青森山田の腕章を巻いているのが、この柴崎岳。すでに鹿島への入団が内定しているゲームメーカーは、高度な技術と戦術眼を備えた大会屈指の名手だが、今大会はまだ真価を見せていない。追い込まれた状況での“底力”に期待したい。


JEFユースと戦う岳くん率いる青森山田である。
高円宮杯では不調ではあるが、地力は持っておる。
キャプテンマークを巻く岳くんが本領を発揮すれば、巻き返しもあろう。
高校時代にタイトルを残すのも良い思い出となる。
勝者のメンタリティを培うためにも、底力を魅せて欲しい。
岳くんに期待である。

大宮戦前日練習の様子

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

円陣を組み練習の狙いを説明するオリヴェイラ監督。大宮戦前日と言うこともあり熱が入ります。

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

ストレッチをする八木直生選手。ランニングだけだったリハビリから、ボールを蹴るところまで回復してきました。身長が197cmは膝立ちでも大きく見えます。

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

鋭い目つきでゴールを狙う大迫勇也選手。練習試合では納得いくプレーができなかったこともあり、「がんばらないといけない」と話していました。

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

鹿島のなかでも立派な"ふくらはぎ"を持つある選手(右)。スリムな本山雅志選手(左)のふくらはぎと比較してみると太さの違いは一目瞭然ですね。

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

"ふくらはぎ"の持ち主は遠藤康選手。このところ出場機会が減っていますが好調をキープしているだけに、活躍を期待したいところです。

[ 鹿島:試合前日練習の様子 ]

じっと練習を見つめるオリヴェイラ監督。静かな背中がうちに秘めた闘志を感じさせます。


監督の熱弁、八木の練習復帰、眼光鋭い大迫、太もものヤス、そしてオリヴェイラ監督の背中である。

オリヴェイラ監督は練習の状況を正確に見、選手の状態を的確に把握しておる。
選手たちに語る言葉も説得力がある。
明日の大宮戦へ向け、力のこもった言葉で戦術を浸透させたことであろう。

6月24日に負傷した八木であるが、練習に合流した様子。
遠目に見ても大きさが際だつ。
この巨躯を活かさぬ法はない。
当面のライバルの川俣との争いに勝利すれば、出場機会もやって来よう。
まずは身体を作れ、そして新化するのだ。

大迫は一日も早くレギュラーポジションを奪い取るのだ。
それだけの才能を持つ逸材である。
その証拠に毎試合、進化を感じ取れる。
ポストに、切り返しに、シュート。
どれをとっても高いレベルで成長しておる。
大迫の勇姿をピッチで拝みたい。

好調のヤスである。
太物がトレードマークとなっておるが、プレイは昨季まで在籍しておったダニーロそのもの。
悠然とキープし、ペースを変えて相手ゴールに襲いかかる。
時にはミドル、時にはドリブル、そして得意のスルーパスである。
高度に極まった攻撃的MFと言って良かろう。
スタメンまで後もう一歩である。

その選手たちをまとめ上げる指揮官の背中は語る。
明日の結果は一つである。
と。

大宮戦プレビュー

【J1:第23節 鹿島 vs 大宮】プレビュー:強力2トップを備えた大宮を迎え撃つ鹿島。勝点3を積み重ね、ライバルへのプレッシャーを目論む(10.09.17)
眠っていた王者がようやく目を覚ました。前節、仙台に1-0の勝利で久々の凱歌をあげると同時に、首位追撃の態勢を整えた。ただし、内容ではまだまだ。相手ゴールに26本ものシュートを浴びせかけるも1得点のみだった。涼しくなったことでベースとなる運動量も復活しただけに、今節の大宮戦では内容の伴った結果を見せたい。それは、チーム内の気運を高めるだけでなく、他チームからしても鹿島が8月の足踏みから脱したことを印象づけ、ライバルたちへのプレッシャーに姿を変える。

「みんな経験もあるし、上位にプレッシャーをかけるのもうまい。そういう戦い方はわかっている」
このところ、最終ラインに留まらず2〜3人分の役割をこなしている印象さえ与えている伊野波雅彦は、勝ち続けていくしかない状況を逆に楽しんでいた。

伊野波がこの対戦に心を躍らせる理由がもう一つある。大宮には、ラファエルという希有な才能を持つFWがいるからだ。
「ラファエルはうまい。でも、そういう選手を抑えていかないと評価されない。外国人選手を抑えてなんぼ」
海外志向が強く今夏もロシアからのオファーを受けていた伊野波だけに、能力の高い外国人選手との対戦は、自分の価値を高める絶好のチャンスだ。特に、今年はACLの舞台では高さと強さを特長とするイ ジョンスにポジションを譲っていた。それだけに、自分でも外国人選手を抑えられるところを見せたいという欲求は強い。

先発の座に戻った中田浩二も同じように語る。
「ラファエルと李天秀の関係も良いみたいだし、ラファエルがボールをおさめたところでうまくはたいている。でも、ラファエルを抑えられれば攻撃の形はできないと思う」

大宮は前節、清水を3-0で下し波に乗る。ラファエルと李天秀の2トップは試合を重ねるごとにコンビネーションを磨き、二人だけでもゴールに迫れる危険な香りを漂わせ始めた。であれば、この試合のポイントは、起点となるラファエルをどのように封じるかだろう。昨年、大宮と対戦したときは、ラファエルの高いキープ力に四苦八苦。ボールをおさめられると、次々と飛び出してくる2列目の選手を捕まえきれず、3失点を喫してしまった。あの日の二の舞とならないためにも、守備陣だけに任せるのではなく、攻撃で良い終わり方をするなど、全員が与えられた役割をこなすことが必要となる。

どちらのチームも前節に久々の勝利をあげ、それを今後に繋げていきたいという思惑は同じ。ただし、試合会場はNACK5スタジアムではなく、カシマスタジアムだ。
「ホームでやる以上、相手はそんなに自由にやれないはず」
岩政大樹は、カシマスタジアムが持つ特別な力を信じていた。明日のキックオフは午後3時。予想気温は23度。反撃の条件は揃ったはずだ。


以上
2010.09.17 Reported by 田中滋


大宮の強力FWを警戒する守備陣である。
確かに助っ人二人を並べた2TOPは驚異である。
しかしながら、この程度の攻撃力を跳ね返せずに優勝の文字は語れまい。
我等が目指すのは前人未踏の四連覇である。
どのような攻撃も弾き返す強固な守備を構築していかねばならぬ。
昨季はアウェイでしてやられたが、今季は聖地の戦いである。
鹿島の神の力を借りてでも、勝利を掴み取るのだ。
聖地へ集い、声を高らげ、勝利の瞬間を共に味わいたい。
気合いを入れ直そうではないか。

オリヴェイラ監督、熱視線

2010年09月17日(金)

明日に迫ったホーム大宮戦に向けて、セットプレーの確認などで最終調整を行いました。

練習を凝視するオリヴェイラ監督である。
次節の相手が下位に沈む大宮とはいえ、気を緩めるわけには行かぬ。
弱点を見極め、襲いかかる必要が有る。
そして、自分たちも弱みを見せるわけには行かぬのだ。
ここから先はトーナメントと同様の戦いが続く。
集中して勝ち点を積み上げていきたい。
それをもっとも理解しておるのがオリヴェイラ監督なのである。
監督の眼鏡に適い、勝利をもたらせる選手がピッチに送り出される。
監督が信頼する選手を応援したい。
我等に歓喜をもたらせる選手を。

岩政、2022W杯招致

[ 岩政選手が応援団員に!今週はビッグスワンでも応援団カードを発行 ]

2022年ワールドカップを日本に!
招致ブースをカシマスタジアムで出展したご縁で、鹿島アントラーズ・岩政大樹選手が応援団カードを作成してくれました。
オリジナルメッセージは、「日本でもう1度ワールドカップを!」

今週19日(日)には、J1リーグ「新潟vs京都」戦が行われるビッグスワンのEゲート前広場に招致ブースを出展。11:00から15:00まで招致応援団カードを発行します。
ぜひお立ち寄りを!

今後の応援団カード発行スケジュールはこちらからご覧ください。


2010年9月16日(木):提供:2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会

2022W杯招致応援団に入団した岩政である。
2002年の承知では苦汁を舐めた日本である。
ここは単独開催をし、世界へ威信を示したいところ。
我等も微力ながら力を貸したい。
日本という奇跡の国を世界に紹介するチャンスである。
日本の歴史と共にある鹿島神宮・香取神宮の力添えを得、今度こそ願いを叶えたい。

カシマスタジアム、最新兵器導入

鹿島データ解析システム導入し逆転V加速
 鹿島のロッカールームが高度情報解析室に変ぼうする。10月のリーグ戦から、ソニービジネスソリューション社によるリアルタイムプレー解析システムを、本拠地カシマスタジアムに導入する予定であることが16日、分かった。関係者によると、クラブ自前のデータ収集装置が試合会場に設置されるのは、国内初という。

 このシステムは、3台の俯瞰(ふかん)カメラの映像を、撮影後すぐに自動解析。そのため試合前半戦の両チームのプレー解析データをもとに、ハーフタイムのミーティングを行うことも可能になる。実際にクラブもそうした運用を視野に、ロッカー室にデータ端末を設置する準備を進めている。

 精密なデータ解析を好むオリベイラ監督も、システムのプロトタイプを目にして「すぐに使いたい」と絶賛。MF中田も「相手のプレーの傾向も分かるのはいいかもしれない。試合の後半戦に向けて、チームの方針を修正しやすくなると思う」と話した。

 ファンへ向けたサービスにも援用される。10月には無線LANでの携帯ゲーム機へのプレー映像配信も、会場の一部で開始予定。クラブはこの映像に選手の走行距離や最大瞬間走行スピードなどのデータを添えることも検討している。解析用の映像自体も、テレビなどでの2次利用が可能だ。

 鹿島はリーグ3連覇が始まった07年には、逆転で6勝していた。だがその後は08年2回、09年1回、今年も1回しか逆転勝利していない。解析データによりハーフタイムに的確な修正ができれば、苦手の試合展開をものにできる可能性も高まる。新たな武器を手に、鹿島が逆転Vへ加速する。
 [2010年9月17日8時47分 紙面から]

鹿島 レアルら御用達のV新兵器を導入
 逆転優勝を狙う鹿島が新兵器を導入する。ソニービジネスソリューション社と契約し、試合中にリアルタイムでデータが送られてくる分析システムを導入することになった。レアル・マドリードなど欧州の強豪クラブが他社の同様のシステムを導入しているが、日本のクラブでは初となる。

 このシステムは、従来の分析ビデオではカバーしきれなかったピッチ全面の映像を3台のカメラで撮影。選手の走行距離やボールタッチ数、相手のシステムなどを瞬時に解析。前半のデータをハーフタイムに見ることが可能となる。10月24日の横浜戦から運用開始予定で、システムをチェックしたオリヴェイラ監督も「一刻も早く使いたい」と絶賛しているという。

 鹿島は今季から試合中継の制作事業も担当しており、分析システムのデータをテレビ中継にも活用する。無線LANを通じて、試合中に携帯ゲーム機「PSP」などでリプレーなどの映像が見られるようになる。

 総費用は約5000万円。07年のオリヴェイラ監督就任後、11月以降は12戦全勝と終盤戦で圧倒的な強さを誇る鹿島に心強い味方が加わった。
[ 2010年09月17日 ]

解析カメラで逆転V4丸見え!J初スタンドに3台設置!…鹿島
 鹿島がカシマスタジアムに解析カメラを設置し、映像による解析システムを導入することが16日、分かった。ソニービジネスソリューションと契約を交わし、10月中に運用開始予定している。クラブが解析カメラをスタジアムに設置するのは初めて。最大のメリットは試合中にデータを見た上で、ハーフタイムの指示、相手への対応策へ反映できる点。現在、首位名古屋と勝ち点差7の3位。逆転でのリーグ4連覇へ向け、力強いカメラが味方につく。

 鹿島で事業、運営の責任者を務める鈴木秀樹取締役によれば、ソニービジネスソリューションと契約を結び、シーズンが佳境に入る10月中の解析システム導入を予定しているという。Jクラブがホームスタジアムに解析システムを導入するのは初めての試み。総工費は5000万円(推定)かかるが、逆転でのリーグ4連覇、その先の勝利へ投資は惜しまない。

 メーンスタンド中央の高い位置に解析用として、3台のカメラを設置。映像を基に選手の走った距離、プレー位置、パスの本数、同成功率などを解析システムを通してデータ化する。クラブが所有することで、ハーフタイムの指示に使用できるのが最大のメリットで、前半に手を焼いた相手を丸裸にし、後半のピッチへ向かうことができる。

 オズワルド・オリヴェイラ監督も、就任した2007年には相手を分析するスカウティング担当を新設するなど、データや分析を参考にするタイプ。このシステムの説明を受けた際には「一刻も早く使いたい」と鼻息を荒くしたという。MF遠藤も「自分の足りないところが数字となって分かる。分かれば成長できるし、選手にとっても良いこと」と導入を歓迎した。

 同時期には解析カメラ以外にも、鹿島が自主制作する試合中継のため、定点カメラ増設などを増設する予定。無線LANを使って、試合映像を携帯ゲーム機「PSP」に配信するシステムも開始する。総工費はそれをすべて含んだ額。カシマスタジアムが「ハイテクスタジアム」として生まれ変わり、4連覇を後押しする。

 ◆解析システム(S) 海外では解析Sを導入しているクラブが主流だ。イングランドプレミアリーグでは、リバプールなど。スペインはRマドリード、ビジャレアル、バレンシア、エスパニョールなど、少なくとも11クラブが導入。フランスでは同国協会を始め、マルセイユ、サンテティエンヌなど少なくとも5クラブ。ドイツ・ブンデスリーガはレバークーゼン、フライブルクなどがシステムを活用している。

(2010年9月17日06時03分 スポーツ報知)

カシマスタジアムに最新機器が導入されるとのこと。
ソニービジネスソリューション社によるリアルタイムプレー解析システムで相手を丸裸にし、前半で苦戦しようとも、後半に手を打つことが可能となる。
それだけでなく、自分たちの未熟なプレイを分析し、更なる成長を促すことも可能である。
ハイテク機器で更なる新化を遂げ、勝利を積み重ねたい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク