FC2ブログ

水戸戦プレビュー

【2011Jリーグプレシーズンマッチ 鹿島 vs 水戸】プレビュー:シーズン開幕前の重要なトレーニングマッチ。新チームのスタメンを飾るのは誰だ?(11.02.18)
今回で7回目を迎えるいばらきサッカーフェスティバル。昨年は雪の舞い散る寒いケーズデンキスタジアム水戸で行われたが、今年は茨城県立カシマサッカースタジアムでの開催となる。いまのところ過去6回はすべて鹿島が勝利しており、全6試合で水戸が奪った得点を見てもわずかに「1」という圧倒的な数字が残っている。J1とJ2、立場は違えどいばらきダービーであることは間違いなく、水戸としてはなんとしても一矢報いたい試合だろう。

水戸はこれまで横浜FC、筑波大学、横河武蔵野FCなどと練習試合を積み重ねてきた。結果についてはほぼ五分五分と言えるだろう。ただし、直近の明治大学との練習試合では1本目を0-0、2本目を1-1といずれも引き分けに終えたが思うような内容ではなかった。柱谷哲二を新監督に迎え、チームは新しく生まれ変わろうとしているだけに、過去6年とは違うところを見せたい。

とはいえ、今季の鹿島はタイトルを奪還すべく豪華なメンバーを補強した。札幌から完全移籍した西大伍こそ右内転筋を痛めて出遅れているが、カルロンやアレックス、本田拓也らを筆頭に、4人の新人選手たちも元気な姿を見せている。オリヴェイラ監督はこうした豪華なメンバーを前に「誰が試合を出来る状態なのか見極めている」と話す。

このプレシーズンマッチの翌週には、名古屋とタイトルを争うFUJI XEROX SUPER CUPが控えている。この試合までを一区切りとして、ベストな布陣を探るべくさまざまな組み合わせを試すことになるだろう。

ただ、選手たちはポジション争いのまっただ中だ。気を抜く様子もなく、ひとつの重要な試合として臨もうとしている。
「スーパー杯までちゃんと戦えるのはこの試合くらい。もし出られるなら結果を出したい」(本山雅志)
「水戸との試合からすぐに富士ゼロックス、ACL、リーグ戦と試合が続いていく。良い準備をしていきたい」(曽ヶ端準)
宮崎合宿を終え、すぐ翌日の試合になるため、選手たちの疲労はピークに達している。しかし、西以外に故障を抱えた選手もいないため、誰を先発させてくるのかオリヴェイラ監督も頭を悩ませていることだろう。
「基本は去年までのベースとなる。あとは新加入の選手たちが慣れれば変更する可能性もあるだろう。本当はもっと選手交代が出来て欲しかった。でも決まりがあるので、その中でしっかりやりたい」
固まりつつあるチームの進捗状況を知るには、監督、選手だけでなく、サポーターにとっても最適の試合であることは間違いない。


以上
2011.02.18 Reported by 田中滋


期待の西大伍は右内転筋を負傷しておるとのこと。
これは残念である。
しかしながら、最も無念なのは西本人である。
新天地で名を上げる機会を逸してしまった。
ここは治療に専念し、一刻も早くチームに合流して欲しい。
右SBは昨日のホンダロック戦で先発した新井場が濃厚と言えよう。
天皇杯優勝の実績があり、問題はない。
祖師的になるのは攻撃陣である。
FWの組み合わせは如何に、本山の出陣はあるのか。
楽しみな一戦をスタジアムで味わおうではないか。
今季の戦いの前哨戦を確認しに行こうと思う。

梅鉢のエール

2011年02月18日(金)


トレーニング最終日は、セットプレーと攻撃の練習を行いました。写真はキャンプの締めとして、エールをする梅鉢選。

≪基本情報≫
天候:曇時々晴 見学者:35人 気温:13℃ 報道陣:11人


締めのエールをする梅鉢である。
梅鉢はすっかりチームの顔となりつつある。
このまま順調に成長し、中心選手となって欲しい。
未来を託すエールである。

柴崎、小笠原主将と競演

鹿島新人MF柴崎が先輩小笠原と競演
 鹿島期待の大型新人MF柴崎岳(18)が17日、宮崎キャンプ最後の練習試合となるホンダロック戦に左サイドバックで出場。ボランチ小笠原とは対外試合で初めて同じピッチに立ち、指示を受けながら左サイドを駆け上がった。目標とする同じ北東北出身の大先輩に「これからいろんなことを話して、吸収していければ」と貪欲に話した。
 [2011年2月18日9時15分 紙面から]

ホンダロック戦に出場した柴崎である。
小笠原主将と同じピッチに立ったことで、多くのものが吸収できたであろう。
今後も機会ある毎に大いなる先輩から影響を受け、いずれ鹿島を背負ってたって欲しい。
柴崎の成長に期待しておる。

豆腐とチキン

鹿島伊野波の実家が連日豆腐差し入れ

鹿島に差し入れられた、DF伊野波の実家が製造する豆腐

 キャンプ中の鹿島に、宮崎市内にあるDF伊野波雅彦(25)の実家「伊野波豆腐店」から連日、湯葉豆腐と白子豆腐が届けられている。プロ野球ソフトバンク元監督の王貞治氏が好み、天皇陛下の行事にも食卓に出され、最近では受験生の親も買いに来るという縁起の良い豆腐。伊野波の伯父で、代表取締役の盛昭さん(61)は「雅彦ばかりに負けてられません」
 [2011年2月18日9時14分 紙面から]

興梠は鹿島宿舎に「シンゾウチキン」
 鹿島には「シンゾウチキン」も差し入れられている。DF伊野波雅彦(25)と同じ宮崎出身のFW興梠慎三(24)は昨年5月、自ら宮崎市内に「食彩スタジアム SHINZO」をオープン。両親が経営する店のローストチキンを販売しており、今キャンプでクラブ宿舎に取り寄せている。「プレーで宮崎に元気な姿を見せたい」と意気込む。

 [2011年2月18日9時14分 紙面から]

キャンプに届けられる鹿島所縁の食材である。
伊野波豆腐店の湯葉豆腐と白子豆腐は縁起も良く、イノパンの伯父さんもライバル意識剥き出しと言えよう。
そして、興梠から届いたのはシンゾウチキンである。
チキンに負けじと興梠もプレイに磨きを掛けることとなろう。
食材以上にイノパンと興梠の飛躍に期待したい。

小谷野の躍動

鹿島宮崎キャンプ ホンダロックと練習試合 大迫3発、小谷野起点

【写真説明】
〈練習試合〉ホンダロック-鹿島 後半、鹿島MF小谷野がドリブルで仕掛ける=宮崎県総合運動公園陸上競技場


宮崎市内で強化合宿中のJリーグ1部(J1)鹿島は17日、宮崎県総合運動公園陸上競技場で日本フットボールリーグ(JFL)ホンダロックと練習試合を行い、大迫勇也のハットトリックなどで7-0の大勝を収めた。

無得点で終わった前半からメンバーを全て入れ替えた後半、攻撃的中盤の左で出場した大迫の得点嗅覚がさえた。1点目は混戦からシュートを流し込み、続いてカルロンのパスに左足で合わせ2点目。終盤はゴール前に詰めてハットトリックの3点目を奪った。

先制点につながるPK獲得、ドリブルから遠藤康へのアシストを含め、全7点中5点に絡んだ。ただ、活躍にも「これからですね」と3年目の主力入りへ気を引き締めた。

大迫の動きを活性化させたのは、同じく攻撃的中盤の遠藤と小谷野顕治。ドリブルで仕掛けてスペースをつくったり、豊富な運動量から前線でボールを受けたりと、起点になった。「チームはパスが主体なのでアクセントを、と思った」と小谷野。ユースから昇格して5年目、リーグ戦はまだ8分間しか出場がないだけに「ドリブル(ボール)が足についていない」と自らに厳しかった。

運動量不足で攻撃の形がつくれなかった前半は単なる調整の問題だが、不安材料はワントップで出場のカルロン。2アシストだけで得点はなく、ポストプレー、裏への飛び出しがうまくいかなかった。「連係面が不足している」と認識、早期順応を目指す。


小谷野の躍動を報じる茨城新聞である。
5年目の勝負の年となり、運動量が上がりドリブルも効いておる。
同期のヤスが昨季ブレイクし、小谷野のモチベーションも高まっておろう。
今季は出場機会を増やし、大いなる戦力になって欲しいと願う。
得意のドリブルで相手を切り裂くのだ。
楽しみである。

大迫、大爆発

大迫3発!6ゴールに絡み抜群の存在感
◇練習試合 鹿島7―0ホンダロック (2月17日 宮崎県総合運動公園)


<鹿島・ホンダロック>前半22分にゴールを決めた大迫
Photo By スポニチ


 鹿島はJFLホンダロックと今季初の対外試合(前半50分、後半60分)を行い、FW大迫がハットトリックを達成するなど7得点中6得点に絡む活躍を見せた。左MFで後半から出場して22分にゴール前のこぼれ球を左足で押し込むと、30分からは2トップの一角に位置を変更。43分に左足、54分には右足でゴールを重ねた。

 PKを演出する突破、左足クロスでのアシスト、ゴールの起点となるパスも見せ「得点できたのは良かった」と手応え。応援に駆けつけた両親の前で存在感を示した。また、身長1メートル90の新ブラジル人FWカルロンが3アシストを記録。兄5人、姉2人を持つ8人兄弟の末っ子は「まだ状態は80%」と話した。
[ 2011年2月18日 06:00 ]

大迫、ハット含む6得点演出…鹿島
 ◆練習試合 鹿島7―0ホンダロック(17日、宮崎県総合運動公園陸上競技場=1本目50分、2本目60分) 鹿島FW大迫が新境地を開拓した。今季初の練習試合となったホンダロック(JFL)戦の2本目に左MFで出場。3得点を含む6得点に絡む活躍で7―0の圧勝に貢献した。昨季のリーグ戦は先発が9試合にとどまっただけに「今年は先発で多く出ることが目標」と、プロ3年目となる新シーズンに向けて意欲を見せた。

(2011年2月18日06時01分 スポーツ報知)

大迫の活躍がニュースになっておる。
3TOPの左として、2TOPの一角として、結果を残しておる。
どんな起用をされても大丈夫であろう。
大迫はスターへの階段を確実に登っておる。
今季の大迫に期待大である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク