FC2ブログ

Jリーグ 開幕戦 大宮アルディージャ戦


イノパンの半袖に大岩の魂を見た。

守備に自信あり

王座奪還へ鹿島出陣 きょう大宮戦

【写真説明】
開幕戦に向けて調整する小笠原(右)=クラブハウスグラウンド


鹿島の王座奪還に向けたシーズンがいよいよ幕を開ける。J1第1節最終日は6日、各地で2試合を行い、鹿島はカシマスタジアムで大宮と対戦する。キックオフは午後3時。鹿島はすでに公式戦2試合を戦っており、コンディションの厳しさはあるが、試合勘の面では優位。小笠原は「もうシーズンは始まっている。(分け隔てなく)一つの試合のために百パーセントで向かっていければいい」と肩の力を抜いて開幕を迎える。

ひざに不安を抱え、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)上海申花戦への遠征を見送った小笠原は「(身体は)大丈夫」と話す。試合はチェック済みで、公式戦2試合連続で流れからの失点はなく「守備は問題ない」と強調した。ただ、「ペナルティーエリア前から仕掛けるプレーなど、もっと大胆にいってもよかった」と攻撃には不満げ。出場した中田も同じで「仕掛けのところで勝負にいったり、シンプルにやること」と修正を課題に挙げた。

今季の大宮は戦力が充実し、侮れない。他クラブから有力選手を補強し、好連係で得点機をつくる李天秀、ラファエルが残った。青木は「2人はいい選手だし、去年も鍵になった。そこの注意を大切にする」と話し、中田も「前(の選手)は気を付けないと」と警戒した。リーグ初戦で勝ち点3を奪い、勢いをつけられるか。


大宮の前線を警戒する青木と中田コである。
とはいえ、鹿島の守備陣は好調であり、流れの中からの失点はない。
小笠原主将も「問題ないと」太鼓判である。
しかしながら、気を抜くことなく完封を目指して欲しい。
問題は攻撃陣にあるように思える。
中田コが挙げるように修正をして挑んで欲しいところ。
聖地での開幕戦に勝利を目指したい。
楽しみである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク