FC2ブログ

小笠原満男、シュート練習

2011年09月26日(月)

9時より浦和戦に先発したメンバー以外でシュート練習などを実施しました。浦和戦に先発したメンバーはオフとなっています。

左足でシュートを放つ満男である。
ここ二試合試合から離れることとなり、満男自信は悔しい思いをしてるであろう。
チームも良い試合をしながらも引き分けという結果が続いた。
ここに満男が加わっておれば異なる歴史を刻んだやも知れぬ。
満男は、その思いを練習に込めておろう。
なんといっても、実力・実績を兼ね備えた選手がベンチを暖めるのは、納得できるものではない。
とはいえ、誓志と青木のコンビネーションは非常によく、ここを崩すには勇気がいることも事実と言えよう。
しかしながら、満男もこのままで終わる選手ではない。
再び、満男がピッチに君臨し、鹿島に勝利を呼び込む日を楽しみにしておる。

鹿島アントラーズ創設20周年記念イベント・オープンスタジアム

鹿島20周年イベント興梠が嵐、土居AKB

AKB48の衣装で登場し、ファンから大喝采を浴びた鹿島MF土居(右)

 鹿島の創設20周年記念イベント「オープンスタジアム」が25日、カシマスタジアムで行われた。パフォーマンスショーではFW興梠慎三(25)、FW田代有三(29)、GK杉山哲(30)、MF遠藤康(23)がアイドルグループ嵐のモノマネを披露。約1000人のサポーターからアンコールを受け、興梠は「サッカー引退したら、これで食っていこうかな」。AKB48の衣装でコスプレコンテスト優勝を飾ったMF土居聖真(19)は「これでセンターの座を取れました」と投げキスで応えた。
 [2011年9月26日8時40分 紙面から]

鹿島・野沢ら、イベントで「少女時代」
2011.9.26 05:00

 鹿島のクラブ創設20周年記念イベント「オープンスタジアム」が行われ、ファン2500人が集まった。ステージイベントではMF野沢ら8選手が、韓国女性歌手グループ「少女時代」の踊りを披露し、FW興梠、田代らは嵐の「one love」を熱唱。あまりの完成度の高さに関係者からは、「ぜひ別の機会に大々的に披露したい」と再演を望む声が続出した。 (カシマ)
(紙面から)


鹿島20周年 ムキムキ“少女時代”来た〜!

少女時代ならぬ筋肉時代を結成しステージで踊る(左から)土居、當間、昌子、梅鉢、八木、野沢、小谷野
Photo By スポニチ


 鹿島がクラブ創設20周年イベントの一環として、カシマスタジアムを無料開放した。

 約2500人のサポーターを集め、選手参加型のさまざまな催し物を実施。野沢、小谷野らが韓国の女性歌手ユニット「少女時代」にヒントを得た「筋肉時代」を結成して爆笑ダンスを披露すれば、興梠、田代らはアイドルグループ「嵐」の「One Love」を熱唱した。舞台をプロデュースした中田は「満足していただけたと思う。第2回もやりたい」と再演を約束。住友金属OB―鹿島OBのエキシビションマッチでは鈴木満取締役強化部長とオリヴェイラ監督の大物マッチアップも実現した。


住友金属蹴球団OB・アントラーズOBの一戦で競り合うアントラーズOBの鹿島・オリヴェイラ監督(右)


ドラゴンボール・孫悟空の衣装を着て登場したOBの名良橋(手前)は観客の「かめはめ波打って」のリクエストにこたえる


「嵐」の「One Love」を熱唱する(前列左から)遠藤、興梠(後列左から)田代、杉山


[ 2011年9月26日 06:00 ]

引退後に歌手デビュー!? 興梠が嵐物まねで美声披露…鹿島
 鹿島の創立20周年イベントがカシマスタジアムで。毎年恒例のルーキーのコスプレ選手権のほか、MF野沢らが韓国の人気ユニット「少女時代」、FW興梠らが「嵐」の物まねを披露し、2500人の観衆を沸かせた。美声を披露した興梠は「引退したらこっち(歌手)の道も考えています」と締めくくった。

(2011年9月26日06時01分 スポーツ報知)

昨日のオープンスタジアムを報じる各紙である。
非常に楽しいイベントで大いに盛り上がった様が伝わってくる。
このようなイベントが定期的に催されると楽しみが増えるというもの。
今後も期待していきたい。。

水戸・隆行、果敢にシュート

[ J2:第29節 水戸 vs 岡山 ]

共に勝点3獲得のために熱い闘いを繰り広げたが、決め手を欠き1-1の引き分けで終了。勝点1を分け合う結果となった。
写真は果敢に得点を狙う鈴木隆行(水戸)。


シュートを放つ水戸の隆行である。
ゴールを狙う眼差しは、野獣がごとく輝いておる。
惜しくも水戸を勝利に導くことは叶わなかったが、隆行のプレイは錆び付いておらぬ。
水戸をそして茨城の復興をを引っ張っておるのだ。
これからも力強いプレイを楽しみにしておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク