FC2ブログ

岳、日本代表招集の可能性

鹿島・柴崎はブラジルW杯の「秘密兵器」
2012年11月26日 11時22分



 J1鹿島の若武者・柴崎岳(20)に日本代表入りの待望論が出ている。

 プロ入り2年目の柴崎は視野の広さと高い技術力が持ち味。延長戦の末、清水を下したナビスコ杯決勝で2得点の活躍でMVPを獲得。鹿島のジョルジーニョ監督(48)も「あれだけの選手にはなかなか出会えない」と絶賛するほどだ。今年2月には日本代表入りを果たしたが、欧州組が一人も参加しない中での選出で、その後は声が掛からない。

 現在の日本代表はW杯アジア最終予選中のため、アルベルト・ザッケローニ監督(59)がメンバーを固定しており「即代表」とはいかないのが実情だ。

 ただ、代表スタッフによれば「W杯出場を決めた後、監督は本大会に向けた戦力を育てる合宿を予定。そこに柴崎が入るのは間違いない」。来春以降にチャンスが与えられるという。

 日本サッカー協会の原博実技術委員長(54)も「そういう話もあるだろうね」と認めた。周囲からはMF遠藤保仁(32=G大阪)の後継者とも言われる柴崎が、ブラジルW杯本番で日本の秘密兵器となるか。


岳に日本代表待望論が出ておるとの東スポによる妄想記事である。
個人名も明かせぬ代表スタッフなる人物によるコメントで、W杯予選突破後の合宿に招集とあるが、来年の夏にはコンフェデレーションズ杯が予定されており、そこに出場する選手のための合宿は行われても、新戦力を試す機会は難しい。
また、現在の日本代表監督はほぼメンバーを固めており、結果も残しておるため、ここで実績の少ない選手に託すようなことはなかろう。
とはいえ、岳のプレイを毎試合目の当りにする度に、彼ほどの逸材が日本代表におらぬのは不思議に思ってしまう。
この妄想記事は妄想として流すにせよ、岳を日本代表の要に据えることに異論を持つものは少ないであろう。
日の丸を背負い、日本に勝利をもたらす柴崎岳の勇姿を拝める日はそう遠くないはずである。
楽しみにしていたい。

秋田、町田ゼルビア監督就任

秋田豊氏 監督就任のお知らせ
平素はFC町田ゼルビアに格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
この度、トップチームの監督に秋田豊氏が就任することが決まりましたので、お知らせ致します。

秋田監督は27日(火)の練習より指揮を執ります。

これまで指揮を執っていた楠瀬直木監督代行兼アカデミーダイレクターは本日26日(月)より、強化部長兼アカデミーダイレクターに就任します。

皆様、今後ともFC町田ゼルビアへのご愛顧をよろしくお願い申しあげます。

以下、プロフィール

●秋田豊
(アキタ ユタカ)
■生年月日
1970年8月6日(42歳)
■出身地
愛知県
■学歴
愛知高校→愛知学院大学
■資格
日本サッカー協会公認S級コーチライセンス
■選手歴
1993年−2003年:鹿島アントラーズ
2004年−2006年:名古屋グランパスエイト
2007年:京都サンガF.C.
J1通算391試合23得点/J2通算14試合0得点
■日本代表での主な実績
1996年:アジアカップ 日本代表
1998年:FIFAワールドカップフランス大会 日本代表
2002年:FIFAワールドカップ日韓共催大会 日本代表
日本代表国際Aマッチ 通算44試合4得点

■指導歴
2008年−2010年7月:京都サンガF.C.トップチームコーチ
2010年7月−2010年12月 京都サンガF.C.監督
2012年1月−2012年11月 東京ヴェルディ トップチームコーチ

以上


今朝、報じられた通り、町田ゼルビアの監督に秋田豊が就任した。
明日よりチームを指揮し、天皇杯制覇を目指す。
これは強敵と言えよう。
是非とも戦いたい相手である。
我らも4回戦、準々決勝に勝利し、準決勝で相見えたいと願う。
秋田との対戦を目指すため、今季は残り5戦全勝を目指そうではないか。
気合を入れ直したい。

船山、契約満了にて山形を退団

船山祐二選手契約満了のお知らせ
モンテディオ山形では、船山祐二選手に対し契約満了に伴い来季の契約を更新しないことを通知いたしましたのでお知らせいたします。

船山祐二(ふなやまゆうじ)選手 Yuji FUNAYAMA

生年月日:
1985年1月19日(27歳)

身長体重:
176cm、72kg

出身地:
千葉県

ポジション:
MF

前所属:
鹿島アントラーズ

出場記録:

シーズン 所属クラブ 所属リーグ リーグ カップ 天皇杯
出場 得点 出場 得点 出場 得点
2007 鹿島アントラーズ J1 8 1 2 0 0 0
2008 鹿島アントラーズ J1 2 0 0 0 0 0
2009 セレッソ大阪 J2 15 5 - - 1 0
2010 鹿島アントラーズ J1 0 0 1 0 1 0
2011 モンテディオ山形 J1 19 0 1 0 2 0
2012 モンテディオ山形 J2 27 2 - - 0 0
J1リーグ戦29試合1得点
J2リーグ戦42試合7得点
カップ戦4試合0得点
天皇杯4試合0得点


契約満了にて山形を退団する船山である。
2011年に山形の監督に請われる形で移籍していった。
一時はレギュラーを掴むも、今期は負傷もありベンチ外も味わっておった模様。
船山の実力はこの程度で終わる選手ではない。
まだ若く、これからの選手といって良かろう。
新たな天地を探し、活躍の場を移すのだ。
船山の去就に注目しておる。

ヤス、妻を娶る

鹿島遠藤が結婚 同郷宮城出身2歳年上
 鹿島MF遠藤康(24)が25日、結婚したことが分かった。お相手は遠藤と同じ宮城県出身で、2歳年上の一般女性。知人の紹介で知り合い交際を続けていたが「家族として一緒に頑張っていきたい」と決断した。自身の背番号と同じ日で、2人の記念日でもある25日を選び、婚姻届を提出。挙式、披露宴などは未定という。

 遠藤は今季リーグ戦1試合を残して31試合に出場し、6得点を決めている。いずれも自身最多で、今季は鹿島の主力に定着した飛躍の年となった。シーズンを通してサポートしてくれた彼女を、生涯の伴侶にすることを決めた。前日の名古屋戦でも先発でプレーし、J1残留を決めた翌日にめでたく結ばれた。

 [2012年11月26日6時53分 紙面から]

ヤスが結婚とのこと。
これは喜ばしい。
また、姉さん女房というのも更に良い報である。
昔から年上の女房は金のわらじを履いてでも探せとは言ったものである。
ヤスの活躍を陰から支えてくれるであろう。
身を固めたヤスの更なる躍進を楽しみにしたい。

秋田、町田監督就任前倒しへ

町田“異例人事”秋田新監督を2カ月前倒し就任へ!

町田の監督に就任する東京Vでコーチを務める元日本代表DF秋田豊氏
Photo By スポニチ


 来季JFLへの降格が決まっているJ2町田が、“異例”の監督人事を行うことが分かった。関係者によると、来季の監督に就任することが決定した元日本代表DF秋田豊氏(42)が、近日中にも現職であるJ2東京Vのコーチを辞任。2カ月前倒しで12月から町田の指揮官に就任し、12月15日の天皇杯4回戦・G大阪戦(万博)で初陣を飾る見通しとなった。

 町田が来季を待たずして秋田体制を発動させる。今季チームを率いたアルディレス監督はJFL降格の責任を取って既に退任。現在は下部組織を統括していた楠瀬氏が暫定でチームを率いている。だが、関係者によると、来季監督に就任する秋田氏が近日中にも東京Vとの契約を解除。12月から前倒しで就任することが決定したという。

 J2はリーグ戦の全日程が終了。クラブがリーグ戦終了後に監督を交代する場合、J2に限らず、新シーズンを待つのが通常だ。今回は異例なケースとなるが、町田は天皇杯で2、3回戦を突破。12月15日に行われる4回戦に駒を進めており、異例の人事は町田の天皇杯に懸ける思いと、秋田氏の新天地に懸ける強い意気込みが表れた形だ。

 対戦相手は日本代表の遠藤、今野らを擁するG大阪。JFLからの再出発を期す町田にとって絶好のテストの場となる。G大阪は残留争いに巻き込まれており、12月1日のJ1最終節の結果いかんではモチベーションも変わってくるだけに、町田にとって大きなチャンスが生まれる可能性もある。

 秋田氏は10年に途中解任された加藤久氏の後任として京都で監督デビュー。チームの指揮を執るのはそれ以来となる。熱血漢で知られ、今季初めにコーチに就任した東京Vでも秋田塾を開講。若手らの居残り練習を行ったほか、時には日テレのなでしこジャパンDF岩清水の練習相手にもなった。町田は25日、J1横浜と練習試合を行い、2―3で敗れたものの、前半は2―0で相手を圧倒。順調な調整を見せており、これに秋田氏の熱血指導が加われば、4回戦突破も夢ではない。

[ 2012年11月26日 06:00 ]

11月18日に町田の監督就任が報じられた秋田であるが、前倒しで今季の天皇杯の指揮を採るとのこと。
これは楽しみである。
お互いに勝ち上がれば準決勝にて対戦となる。
是非とも秋田の率いる町田と戦いたい。
その為にも12月15日の4回戦・ジュビロ戦に勝利せねばならぬ。
今季、聖地最終戦に集結し、チームを鼓舞したい。
楽しみである。

サッカーマガジン 名古屋戦寸評

2012.11.24 J1第33節 名古屋×鹿島 寸評・採点・布陣
2012-11-25

名古屋 1 ― 2 鹿島
■豊田ス■23,892人■晴■14.5℃■主審:廣瀬(5.5)
■得点(アシスト)
(名)25分:増川(田口=FK)
(鹿)7分:ドゥトラ、35分:ドゥトラ(大迫)
MATCH REPORT
7分、ダニエルのミスを突いたドゥトラが右足で決めて鹿島が先制。25分にCKから増川にヘッドで押し込まれて同点とされるが、すぐさまドゥトラが2点目を決めて突き放す。後半も一進一退が続くが、最後までスコアは動かず。勝利した鹿島はJ1残留を決めた。
Most Valuable Player
鹿島 ドゥトラ 2得点だけでなく、推進力を生かした突破で何度も名古屋守備陣に脅威を与える存在となっていた
名古屋
GK 1 楢? 正剛 5.5 悔やまれる2失点。味方のミスをカバーすることができなかった
DF 32 田中 隼磨 6.0 後半はより高い位置まで侵入したものの、好クロスは上げられず
DF 22 ダニエル 4.5 今季何度も繰り返している技術ミスが、またしても失点に直結した
DF 5 増川 隆洋 6.0 貴重な同点弾も、勝利には結びつかず。後半は大迫に手を焼いた
DF OUT 22分 38 三都主 5.5 前半途中で負傷してしまい、試合早々に交代を余儀なくされた
DF IN 22分 23 石櫃 洋祐 6.0 急遽の出場となったが、積極的な仕掛けで左サイドを活性化させた
MF 28 田口 泰士 6.0 ボランチとして安定感あるプレーを披露。ボールさばきもよかった
MF 20 ダニルソン 5.5 ボール奪取回数がいつもより少なく。パスミスなど集中も欠いた
MF OUT 46分 10 小川 佳純 5.0 依然ミスが多く、不安定なプレーが続いたため前半のみで交代した
FW IN 46分 18 永井 謙佑 5.5 ほとんど見せ場をつくれず、スピードを生かす場面も少なかった
MF 11 玉田 圭司 5.5 ドリブルでミスが多く、せっかくのチャンスも生かすことができず
MF OUT 46分 8 藤本 淳吾 5.5 ここ数試合の中ではまずまずの動きを見せていたが、前半で交代
MF IN 46分 25 金崎 夢生 5.5 2度のゴール前での決定機をいずれも生かせず。冷静さに欠いた
FW 4 闘莉王 6.0 好プレーを披露し続けたが、得点につなげることができなかった
監督 ストイコビッチ 5.5 後半頭からの“2枚代え”は少々感情的采配にも映ってしまった
鹿島
GK 21 曽ヶ端 準 6.0 キックが乱れたところ以外は、常に安定したプレーを見せていた
DF 22 西 大伍 6.0 攻撃参加の際、いち早く高い位置を取り、チームメイトを助けた
DF 3 岩政 大樹 6.5 闘莉王とのエアバトルを要所で勝利。しっかり敵を封殺していた
DF 15 青木 剛 5.5 シュートブロックでは良さを見せたが、クロスへの対応は拙かった
DF 7 新井場 徹 6.0 ベテランらしい攻守で落ち着いたプレーを披露。自サイドを締めた
MF 20 柴崎 岳 6.5 随所でセンス溢れるプレー。細かい球さばきも繊細かつ精度も高い
MF OUT 76分 16 本田 拓也 6.5 バランスの取れたプレーで、小笠原不在をしっかり埋めていた
MF IN 76分 14 増田 誓志 - 出場時間が短く、評価材料に乏しいため採点なし
MF 25 遠藤 康 6.0 右サイドからカットインする動きで、何度かチャンスを演出した
MF OUT 82分 11 ドゥトラ 7.0 ゴール前に素早く詰め、2得点。彼のゴールがチームを残留に導く
MF IN 82分 33 レナト - 出場時間が短く、評価材料に乏しいため採点なし
MF OUT 90+3分 8 ジュニーニョ 6.0 動きは悪くなかったが、チャンスをことごとく外してしまった
DF IN 90+3分 23 昌子 源 - 出場時間が短く、評価材料に乏しいため採点なし
FW 9 大迫 勇也 6.5 ゴールこそなかったが、最前線で好プレーを連発。攻撃を支えた
監督 ジョルジーニョ 6.5 小笠原、興梠不在のピンチを乗り切り、ようやくJ1残留を確定
Most Disappointing Player
名古屋 ダニエル ミスが失点につながったのは、初めてではない。チームの勝ち点をも減らしてしまう、致命的失態




快勝という結果で総じて評価が高い。
この試合は点差以上に鹿島の出来が良く、もっと大差が付いてもおかしくなかった試合であった。
その中で、2得点のドゥトラは最高評点とMVPを得ておる。
これは誰もが納得であろう。
そのドゥトラとの好連携を魅せた大迫も、攻守に効いておったヒゲくんも、闘莉王に仕事させなかった岩政も高い評点である。
そして、センスを見せつけた岳はチームの中心選手として躍動した。
岳に関しては観る者を魅了する偉大なる選手として成長していく様が見て取れる。
どこまで昇っていくのか楽しみと言えよう。
また、その采配を行ったジョルジーニョも当然の高評価を得た。
ここに来て、現実的な采配を魅せており、手腕が発揮されたと言って良かろう。
チームが一丸となって掴んだ勝利とJ1残留を素直に喜びたい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク