FC2ブログ

全国高校サッカー選手権熊本県代表大津高校

▼[選手権]出場校紹介:大津(熊本)


第91回全国高校サッカー選手権

大津
(熊本)
メンバーリスト↓
2年ぶり15回目出場
■監督:
平岡和徳
■主将:
植田直通
■創部:
1972年
■部員数:
120名
■主なOB:
GK土肥洋一、FW巻誠一郎(ともに東京V)ら
■主な戦績:
8強(08年度)、全国高校総体出場15回、4強2回
■全国大会の目標:
全国制覇
<予選大会成績>
[決勝]
1○0(延長)ルーテル学院
[得]野田卓宏
[準決勝]
4○0熊本工
[得]荒木晃大2、野口航2
[準々決勝]
5○1必由館
[得]野口航2、土肥大輝、村上順哉、坂元大希
[4回戦]
8○1熊本二
[得]山本宗太朗、土肥大輝2、野田卓宏、葛谷将平、鍛治田隼2、坂元大希
[予選チームMVP]
DF植田直通(3年)
チームを優勝へと導いた守備の要。U-19日本代表の活動と重なりながらゲームを引っ張る。
ともに鹿島アントラーズ入り内定を決めているU-19日本代表CB植田直通主将とMF豊川雄太(ともに3年)を攻守の両輪にMF野田卓宏、左SB村上順哉、MF児玉卓也(すべて3年)らタレント揃う優勝候補だ。全国舞台での経験値の低さが響いた全国高校総体では初戦敗退を喫したが、プリンスリーグ九州1部で2連覇を達成し、プレミアリーグ参入戦ではプリンスリーグ四国王者の香川西に6-1で快勝して全国リーグ昇格も決めるなど実力は間違いなく全国トップクラスにある。MF野口航、MF山本宗太朗(ともに2年)ら下級生も実力者がズラリ。流れの悪い時間帯を上手く変えられずに苦しむ場面も見られるが、徹底して磨かれた個々のストロングポイントを活かして強引に自らのリズムにしてしまう力強さがある。植田とCB毛利栄佑(3年)を中心とした守備はPAでの守りが非常に強固。局面を一発で変える植田のキックやヘッド、豊川のFKなども武器に悲願の全国制覇を狙う。
<大津によるチームの特長>
「3年生中心のチームの中で1、2年生が良いアクセントを加えてまとまりを強めている。攻守においてバランスが取れており、攻撃では野田卓宏、豊川雄太を中心に中と外を短長織り交ぜながら、ゴールへと向かっていく。守備においては主将の植田直通を中心に全員で連動してボールを奪いに行く。」
<大津による予選突破の要因>
「昨年の選手権の県予選での敗戦、今年の総体全国での一回戦敗退の悔しさをバネにチームが一つになり、良い緊張感の中で戦っていけた事が優勝につながった。」
<全国大会へ向けて>
「今年のチームは『県内三冠・全国制覇』を目標にスタートしました。今回の選手権で三冠を達成し、もう一つの目標である全国制覇に向けて熊本県代表の自覚と誇りを持ち、120名の部員全員で1戦1戦大事に戦っていきたいと思います。」
<注目選手>
・MF豊川雄太(3年)
鹿島アントラーズ入団内定。大津のストライカー。アイディア豊富で貪欲にゴールを狙っていく。
・MF野田卓宏(3年)
今年の大津のゲームをコントロールする中心選手。アイデア多彩で、攻守において惜しみなく運動量を発揮する。
・MF野口航(2年)
2年生ながら県予選ではチームを救ってきた。独特のリズムとドリブルでサイドをえぐって、チャンスを数多く作り出す。
<基本フォーメーション>

     荒木

野口       土肥  
   豊川 野田

     児玉
村上       山下  
   植田 毛利

     小川
<登録メンバー>※メンバーは変更あり
番号 ポジ 氏名 学年 ※備考

1 GK 小川司 (3年)
2 DF 山下純平 (3年)※U-16日本代表候補、国体選抜
3 DF 金澤卓巳 (2年)※国体選抜
4 DF 毛利栄佑 (3年)
5 DF 植田直通 (3年)※U-19日本代表、国体選抜
6 MF 児玉卓也 (3年)
7 MF 村上順哉 (3年)※国体選抜
8 MF 野田卓宏 (3年)※国体選抜
9 FW 荒木晃大 (3年)
10 FW 豊川雄太 (3年)※国体選抜
11 MF 土肥大輝 (3年)※国体選抜
12 DF 福田佳寿 (3年)
13 DF 中満健太 (2年)
14 MF 山本宗太朗 (2年)※U-16日本代表候補、国体選抜
15 MF 上田充揮 (3年)
16 GK 井上智裕 (3年)※国体選抜
17 MF 野口航 (2年)※国体選抜
18 MF 濱本大河 (3年)
19 FW 鍛治田隼 (3年)
20 MF 大塚寛史 (3年)
21 GK 大堀雅史 (3年)
22 MF 満田有哉 (3年)
23 MF 葛谷将平 (1年)※国体選抜
24 FW 坂元大希 (1年)※U-16日本代表候補、国体選抜
25 MF 橋田夏希 (1年)

(協力 大津高校サッカー部)


全国高校サッカー選手権に出場する大津高校の紹介である。
植田くんが主将として締め、豊川くんがゴールを決める。
日本一を目指すのだ。
楽しみな大会である。

現監督・次期監督、引き継ぎ式

鹿島新旧監督が接触 異例の“引き継ぎ”

鹿島の来季監督として交渉のため来日したセレーゾ氏

 鹿島の来季監督として契約交渉のため来日したトニーニョ・セレーゾ氏(57)が、異例の“再任あいさつ”を行った。19日、茨城・鹿嶋市内のクラブハウスを訪れ交渉。午後の練習にも顔を出し、前回指揮を執った00年から6年間、一緒に戦ったメンバーらと再会し「元気にしてたか?」と旧交を温めた。退任が決まっているジョルジーニョ監督とも、選手の状態や評価の情報交換をするなど、クラブ史上初めて新旧監督による引き継ぎ作業を行った。

 ジョルジーニョ監督の計らいでもあった。セレーゾ氏の来日に「練習も見てほしい。直接話をすれば、鹿島のプラスになる」と次期監督を歓迎。新体制発足前の接触は、極めて異例だが選手からも「鹿島っぽいよね」と声が上がるなど、後腐れはない。またフィジカルコーチには、かつてのスタッフであるマリオ・アウグスト氏が浮上。天皇杯を戦う一方で、着実に準備は進んでいる。

 [2012年12月20日7時21分 紙面から]

鹿島、セレーゾ氏と交渉…来年1月にも正式契約
 鹿島は19日、来季の監督就任が決定的で来日しているトニーニョ・セレーゾ氏(57)と茨城・鹿嶋市のクラブハウスで交渉を行った。来年1月にも正式契約を結ぶ。

 セレーゾ氏はこの日、練習を見学。ジョルジーニョ監督(48)との話し合いの場ももたれ、異例の“引き継ぎ”が行われた。2人は旧知の仲で、クラブ幹部は「初めてのことだが、ジョルジーニョは解任ではないし関係も悪くない」と説明。また、セレーゾ氏が鹿島を指揮した2000年からフィジカルコーチを務めたマリオ・アウグスト氏(53)の入閣も決定的となった。
(紙面から)

セレーゾ氏緊急来日、鹿島 新旧監督が異例の“引き継ぎ式”

セレーゾ氏(左)は鹿島のジョルジーニョ監督と談笑する
Photo By スポニチ


 鹿島で現監督と次期監督による異例の“引き継ぎ”が行われた。来季監督就任が確実なトニーニョ・セレーゾ氏(57)が契約交渉のために18日夜に緊急来日。天皇杯準々決勝J2千葉戦(23日)に向けた19日のチーム練習を視察した。

 家族の事情で今季限りで退任するジョルジーニョ監督が「来季につながるアドバイスをしたい」と要望して実現した。練習後には2人で話し合いを持ち、現有戦力の特徴やチームの課題など意見を交換。ファミリーとしての一体感を重視するクラブ精神を象徴する会談に、鈴木満常務取締役強化部長は「さすがに現監督と次期監督が直接引き継ぎするのは初めてだよ」と笑った。

 また、来季は5冠を達成した00〜05年の第1次セレーゾ政権でも入閣したマリオ・フィジカルコーチ(53)を招へいすることも決定的となった。セレーゾ氏の愛称がマリオであるため、マリオ氏の愛称はルイージ。“スーパーマリオコンビ”で巻き返しを図る。

[ 2012年12月20日 06:00 ]

引き継ぎを行ったジョルジーニョ監督とトニーニョ・セレーゾ来季監督である。
これは素晴らしい。
現在の選手の特徴をいち早く伝えることが適えば、開幕ダッシュもあり得よう。
来季は、天皇杯の結果次第ではあるが、Xeroxスーパー杯もACLもある。
早期にチームを把握して勝利に導いて欲しい。
楽しみである。

大迫、攻撃の軸

2012年12月19日(水)

14時からの室内トレーニング後、グラウンド全体を使い、サイド攻撃やシュート練習など各ポジション別に強化トレーニングを行いました。

練習する大迫である。
大迫の1TOPがはまり11月以降無敗で突き進んでおる。
このシステムは大迫あってこそ。
ポスト、キープに強烈なシュートと多彩な攻撃の軸となっておる。
天皇杯準々決勝戦に於いても活躍してくれるであろう。
楽しみにしてスタジアムに向かいたい。

相馬、山形ヘッドコーチ就任

相馬直樹氏 モンテディオ山形ヘッドコーチ就任のお知らせ
2012年12月19日

相馬直樹氏が、弊協会が運営するモンテディオ山形のヘッドコーチへ就任することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

相馬直樹(そうまなおき)氏 Naoki SOMA

生年月日:
1971年7月19日(41歳)

身長体重:
175cm、72kg

出身地:
静岡県

選手経歴:
清水東高校→早稲田大学→鹿島アントラーズ→東京ヴェルディ1969→鹿島アントラーズ→川崎フロンターレ
※Jリーグ通算成績/J1 289試合10得点、J2 15試合0得点

指導歴:
2008年-2009年 川崎フロンターレU-18アシスタントコーチ
※2009年日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ
※2009年日本サッカー協会公認S級コーチライセンス取得
※2009年8月U-20日本代表スペイン遠征コーチ
2010年 FC町田ゼルビア監督(JFL/34試合19勝4引11敗)
2011年-2012年4月 川崎フロンターレ監督(Jリーグ/通算成績39試合15勝6引18敗)

※Jリーグ年度別成績
年度 チーム リーグ 試合 勝 引 敗 チーム最終成績
2011 川崎F J1 34 13 5 16 11位/18チーム
2012 川崎F J1 5 2 1 2 8位/18チーム

相馬直樹氏コメント
「この度、縁あってモンテディオ山形の一員となれることに、深い感謝、そして大きな喜びを感じています。奥野監督の下、選手、チームとともに私自身も成長し、大きな目標を達成出来るよう努力したいと思います。山形の皆さん、よろしくお願い致します。」


予てから報じられておった相馬の山形コーチ就任が成績発表された。
相馬のサッカー理論が山形の選手に与える影響は大きかろう。
今季のような失速はせぬのではなかろうか。
相馬コーチは山形のJ1昇格へ尽力してくれるであろう。
来季の山形の注目である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク