FC2ブログ

大分戦コメント

2013Jリーグ ディビジョン1 第6節


鹿島アントラーズ:トニーニョ セレーゾ
・得点を見れば、非常に素晴らしい試合だった。入りが悪く、試合に入るのに15分かかったが、その部分も含めて試合が荒くなり始めていたので、もう少しレフェリーがコントロールできたのではないかと思う。その後は選手の疲労などが出てきて、サッカーらしい部分が出るようになったので、面白さのある試合だったのではないかと思う。選手たちには相手はホームでは手強いし、今置かれている順位が彼らを死ぬ物狂いで戦う精神を持ってピッチに入ってくるわけだから、それを上回るものをしっかりと出していかないといけないという話をした。その中でこれだけの点を取れたのは良かったのではないかと思う。

・現代サッカーではMFに運動量が非常に多く求められるので、日本のサッカーのスピーディーな展開を考えれば、攻めだけでなく守備もしなくてはいけないという状況になる。その中で、どうしても中盤の選手は、後ろ向きでボールを受けていたり、サイドに張っている状況だったら、だんだん疲労がたまってボールを蹴るのを嫌がっているかなという部分があるので、そういう意味で自然に選手を交代せざるを得ない。選手たちにはその状態になるまでは戦って欲しいと求めている。彼らも一生懸命やっている部分があるので、本当に称えたいし、ウチは色んな選手がいてローテーションもできるし、試合中も交代枠が3つあるので、その交代枠で良い活用ができればいいという思いで毎回やっている。

・相手は2点を取ったが、それも相手の武器。ヘディングの強い選手が2人も中にいて、彼らが良いポジション取りをしている。またクロスをしっかり上げているというところで、我々が分析し注意した上で失点しているというところでは、反省する部分もあると思う。





【大迫 勇也】
前の2試合は勝っている状態で入って今日は引き分けで入ったので、勝ちにいく状況だった。シュートも打てたし、コンディションもを上げていけば、もっと点を獲れると思う。

【前野 貴徳】
アントラーズで初めて1つ高いポジションでプレーした。相手の守備のところで前から行けという指示だった。(起用について)まだまだアピールをしないといけない。

【遠藤 康】
(FKは)ダヴィと大樹さんを狙って蹴った。ゴールの枠から外さないように心掛けて蹴った。連戦が終わったけど、まだ終わりじゃない。横浜FMも勝ったので、こっちも勝ち続けるしかない。

2013年04月13日(土)

本日行われたJ1第6節大分戦は3-2で勝利しました。

【J1:第6節 大分 vs 鹿島】トニーニョセレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント(13.04.13)
4月13日(土) 2013 J1リーグ戦 第6節
大分 2 - 3 鹿島 (14:04/大銀ド/10,571人)
得点者:25' 高松大樹(大分)、36' 柴崎岳(鹿島)、57' 野沢拓也(鹿島)、68' 森島康仁(大分)、90' 大迫勇也(鹿島)

●トニーニョセレーゾ監督(鹿島):

「相手の順位を考えれば、強い気持ちを持って戦うと思っていたので、難しい試合になると予想していた。立ち上がり10分から15分は試合に入り切れない選手が何名かいた。分析のなかでクロスとポストプレーを組み合わせて、セカンドを拾うのは分かっていた。ターゲットマンが2人いたことで、さらに明確になった。クロスを上げさせない作業をしなければいけなかったが、注意が足りなかった。特に後半は疲労もあり、それが判断に響いた。試合は得点を数えれば分かるとおり、見る側にとっては楽しかったと思う。両チームともスペクタルなサッカーを見せられた。そのなかで勝つことができたのは嬉しい」

以上

【J1:第6節 大分 vs 鹿島】試合終了後の各選手コメント(13.04.13)
●岩政大樹選手(鹿島):
「相手がサイドから攻撃してくることはスカウティングでも分かっていた。それなのに2失点は多い。まだまだ足りないことが多いということ。2試合続けてのアウェイだったので疲労はあった。特に立ち上がりは体が重かった。ここまで内容の良い試合が多かっただけに、引き分け以上の結果を想定していた。結果が出てよかった」

●柴崎岳選手(鹿島):
「得点は狙い通り。コンパクトに足を振れた。相手は切り返しが速く、2トップの選手を捕まえることを優先事項だった。相手の中盤にパスを捌かれ、リズムを作られたが、(受け手の)マークができていたので問題はなかった。ただ、2失点したのはまずい」

[ J1:第6節 大分 vs 鹿島 ]

先制を許した鹿島は36分に柴崎岳のゴールで追い付くと、57分には野沢拓也のゴールで逆転に成功する。

[ J1:第6節 大分 vs 鹿島 ]

2-2で迎えた90分、決着をつけたのは途中出場の大迫勇也(鹿島)。遠藤康のFKのこぼれ球を押し込み値千金の決勝点をあげた。
試合は鹿島が大分との接戦を制して、公式戦4連勝となった。
写真は決勝点をあげた大迫勇也を祝福する鹿島の選手たち。

[ J1:第6節 大分 vs 鹿島 ]WOWプレーヤーズアワード:大迫勇也選手(鹿島)

本日の試合で決勝点をあげた大迫勇也選手(鹿島)が、この試合のWOWプレーヤーズアワードに選ばれた。


途中出場FW大迫の一撃で鹿島が2連勝! 大分は9戦未勝利に
13/4/13 16:31

[4.13 J1第6節 大分2-3鹿島 大銀ド]

 J1は13日に第6節1日目を行い、大分トリニータはホームで鹿島アントラーズと対戦した。今季リーグ戦未勝利(2分3敗)の大分は、前半25分にFW高松大樹が先制点を挙げる。しかし、同36分には鹿島もMF柴崎岳の今季初ゴールで同点に追いついた。後半の開始直後には、鹿島がMF野沢拓也のゴールで逆転に成功する。だが、同23分には大分もFW森島康仁のゴールで試合を振り出しに戻した。このまま試合終了かと思われた後半45分、鹿島は途中出場のFW大迫勇也がゴールを決めて3-2で勝利。決勝点を挙げたヒーローは「まだまだ課題はたくさんある。(次の試合まで)また1週間空くので良い準備をしたい」と、気持ちを引き締めた。

 試合を動かしたのは、ホームの大分だった。前半25分に右サイドに流れた森島からの折り返しをファーサイドで受けた高松がトラップでDFをかわすと、左足でシュートを決めて、1-0とリードする。しかし、公式戦3連勝中の鹿島も譲らない。前半36分に柴崎がピッチ中央の左寄りの位置でボールを受けると、右に運ぶように見せて、ニアサイドにミドルシュートを突き刺し、試合を振り出しに戻した。このまま1-1で前半を折り返す。

 後半12分には、PAすぐ外でFWジュニーニョがDF深谷友基に倒されて、鹿島がFKを得る。これを野沢が右足でシュート。今季、神戸から復帰した背番号35のゴールが決まり、鹿島が逆転に成功した。しかし、大分も譲らない。後半23分に敵陣でボールを奪うと、左右に幅広くボールを動かす。左サイドから安川有がゴール前にクロスを入れると、これを森島が打点の高いヘッドで合わせる。ボールは左サイドネットに決まり、大分が2-2の同点に追い付いた。

 その後も大分が優勢に試合を進めたが、得点を挙げることはでいなかった。逆に鹿島は一瞬の隙を逃さない。後半ロスタイム、途中出場のMF遠藤康がFKをゴール前に入れると、こぼれ球に同じく途中出場の大迫が鋭く反応した。「こぼれ球を狙っていたので、本当にこぼれてきて良かった」と話す大迫が右足で放ったシュートが、GK丹野研太の股間を抜けてゴールに決まる。これが決勝点となり、鹿島が3-2で勝利。公式戦の連勝を4として、勝ち点を11に伸ばしている。

 リーグ戦では3節の広島戦(0-0)以降、スタメンから離れている大迫は「ケガをしている中でチームが勝っているのは、複雑な気分でした。こうして勝ちにつなげられるゴールを挙げることができて良かった」と、笑顔を見せた。

 一方、公式戦9試合未勝利となった大分の田坂和昭監督は「したたかにやられたなと思います。ほぼリスタート絡みでしたし、そこが鹿島の強さであるのでしょうけど、非常に悔しい試合だったと思います。内容も良く、やられそうな場面もほとんどなかった。ただ、まだ(大分は)自信を持っていない。選手が最後のところで踏ん張り切るとか、最後のところでやめないっていうところが、まだまだ足りないところだなと感じました」と唇を噛んだ。


レフェリングについて苦言を呈するトニーニョ・セレーゾ監督である。
確かに少々疑問に思う部分が散見された。
このような公式の場で指摘されるようなことはないようにして欲しいところ。
それはさておき、監督も岩政も、そして岳も言うように、スカウティングしたところで失点していては、苦戦もやむ無しというところ。
修正を重ね、チームを熟成させて欲しい。
期待しておる。

Jリーグ 第6節 大分トリニータ戦

アウェイにてシーソーゲームを制する勝負強さ。

赤?くん、ゴール前での冷静さ・判断力・高い技術の三拍子

【鹿島】筑波大・赤崎の新加入決定

先月6日、鹿島の練習に参加した筑波大・赤崎(左は本田)

 鹿島は12日、来季の新加入選手として、筑波大4年の元U―18日本代表で全日本大学選抜FW赤崎秀平(21)が内定したと発表した。赤崎は10年、昨季と関東大学1部リーグ得点王を獲得。ゴール前での冷静さ、判断力、高い技術を併せ持ち、大学NO1との呼び声が高いFWで、先月にはクラブの練習にも参加。「刺激は大学では得られないもの」と好印象を口にしていた。

 浦和、清水なども獲得に動いていたが、争奪戦を制し、近年では09年加入のFW大迫(鹿児島城西高)、11年加入のMF柴崎(青森山田高)、12年加入のDF山村(流通経済大)、13年加入のDF植田(熊本・大津高)らに続く大物新人の獲得となった。「タイトルを取りたい」と熱望する期待のストライカーが、J最多の国内16冠を誇る名門でプロ人生をスタートさせる。
(2013年4月13日06時01分 スポーツ報知)

大学No.1ストライカー、筑波大FW赤崎の来季鹿島入団が内定
13/4/12 15:49



 鹿島アントラーズは12日、筑波大FW赤崎秀平の来季入団内定を発表した。

 赤崎は鹿児島県出身の21歳。佐賀東高時代にも全国高校選手権で活躍するなど注目を集めていた。筑波大に進学後も順調に成長を遂げ、昨季は関東大学リーグ1部で17得点を挙げて得点王を獲得した。鹿島も赤崎に早くから注目。争奪戦を制して入団内定を勝ち取った。

 また鹿島は下部組織からGK小泉勇人の来季トップチーム昇格も併せて発表している。

●FW赤崎秀平
(あかさき・しゅうへい)
■生年月日
1991年9月1日(21歳)
■身長/体重
174cm/70kg
■利き足

■経歴
佐賀東高-筑波大
■代表歴等
2009年:U-18日本代表
2010年~2013年:全日本大学選抜(ユニバーシアード代表)
2010年、2012年:関東大学サッカーリーグ得点王
2010年、2011年:関東大学サッカーリーグベストイレブン

●GK小泉 勇人
(こいずみ・ゆうと)
■生年月日
1995年9月14日
■身長/体重
190cm、83kg
■利き足

■経歴
鹿島ジュニアユース-鹿島ユース


昨日、公式発表された赤?くんの内定がニュースになっておる。
先月の練習参加では、青木・岩政のレギュラーCBに対して自分のプレイが通じるところを実感したと語っており、プロへの自信を深めておった。
とはいえ、まだまだともコメントしておるところからも成長ののりしろを感じておる様子。
残り少なくなった大学生活で成長をし、来年は大いなるゴールをカシマスタジアムにて重ねて欲しい。
期待の逸材である。

浦和・興梠、練習試合で気を吐く

浦和・興梠、紅白戦で6発!移籍後初得点へ気合
 浦和のFW興梠が12日、ピッチ半分を使った紅白戦で6得点と気を吐いた。ここまで1トップで公式戦8試合に出場(先発7)しているが、鹿島から移籍後初ゴールが遠い。同じく今季新加入したMF関口、DF那須、DF森脇に先を越され、「周りもオレに決めてほしいと言っている。最初の1点が入れば、ある程度は取れると思う」。3年ぶりの首位浮上を目指す14日の湘南戦(埼玉)できっかけをつかむ。(大原)
(紙面から)


紅白戦にて6得点の浦和の興梠である。
練習ではゴールを量産する様は鹿島時代と変わらぬ模様。
このあたりは選手の個性であるので、そう易々と変わるところではなかろう。
逆に得点を求めぬスタイルとして呼ばれており、浦和としては公式戦にて無得点でもなんの問題ないのではなかろうか。
去年の開幕当初からのルール無視のオファーを出してまで獲った選手である。
ゴールをせずとも重用してくれるであろう。
とはいえ、ゴールに最も近いポジションに陣取っておる選手であり、いずれ得点を記録するであろう。
それがニュースになるのかどうか楽しみにしたい。

自分たちのリズムに持ち込め

神奈川と静岡でダービーマッチ。今後につながる重要な一戦
第6節が4月13日(土)、14日(日)に開催される。横浜FM vs 川崎F、清水 vs 磐田というダービーマッチは、今節のハイライトともいえる試合。一方、好調のさいたま勢は首位の横浜FMとの勝点差を詰めることができるか、今シーズンのリーグ戦初勝利を目指すチームの戦いぶりは。今節も見どころ十分の熱戦が目白押しだ。

初勝利が欲しい大分が、大分銀行ドームに迎えるのは鹿島。まずは球際の勝負をしっかりと制し、ペースをつかむことが重要だろう。鹿島は早めの失点を避けることができれば、自分たちのリズムに持ち込むことができそうだ。


早めの失点さえ避ければ自分たちのリズムに持ち込めると述べるJリーグ公式のプレビューである。
何とも雑な意見と言えよう。
今季の鹿島は先制点を一つも許しておらぬ。
逆に先制点を奪いながらも、後半に失速する試合を演じてきた。
それを防げば、容易に勝ち点を積み重ねられるであろう。
どのようなケースで早めの得点を失うのかを知りたいところ。
とはいえ、それほど、この試合を鉄板と観ておるのであろう。
そんなことはあり得ぬ。
サッカーに絶対は無く、どのような結果もありうるのだ。
気持ちを引き締め、強い気持ちで大分と戦いたい。
勝利を目指して、一分の隙を見せてはならぬ。
強い鹿島をアウェイの地で魅せて欲しい。
楽しみにしておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク