FC2ブログ

大分戦レビュー

【J1:第6節 大分 vs 鹿島】レポート:したたかな伝統芸で鹿島勝利。大分は先制するも6戦未勝利、長いトンネルは続く(13.04.14)
4月13日(土) 2013 J1リーグ戦 第6節
大分 2 - 3 鹿島 (14:04/大銀ド/10,571人)
得点者:25' 高松大樹(大分)、36' 柴崎岳(鹿島)、57' 野沢拓也(鹿島)、68' 森島康仁(大分)、90' 大迫勇也(鹿島)

開幕から勝ち星に見放されている田坂和昭監督は、大きくメンバーを入れ替えた。今季初めて高松大樹と森島康仁をトップに並べ、3月に加入したロドリゴ・マンシャと宮沢正史を縦の関係に据え、最終ラインには今季初先発の深谷友基を置いた。「鹿島に勝つためのメンバー」(田坂監督)は見事に期待に応えたが、結果を出すことはできなかった。

序盤からホーム大分は攻守で積極的に仕掛け、前半だけで放ったシュートは7本。狙いとするサイド攻撃とシンプルに相手の裏を狙う横と縦の攻撃を組み合わせる。その起点となったのが、ゲームメイクを任された宮沢正史だった。テンポ良く長短のパスを操り、リズムを生んだ。先制点は25分、この日ポジションをひとつ前に上げたマンシャからのパスを、右サイドに流れた森島が受けるとファーサイドに逃げる高松の動きに合わせクロスを入れる。後ろにステップを踏んだ高松は、絶妙のトラップでボールを沈め、角度のないところから難易度の高いシュートを難なく決めた。最高の形で先手を奪ったが、今季の大分は先制してもアドバンテージを生かせずにいる。

アウェイ連戦が続く鹿島は疲労が色濃く、「立ち上がり10分から15分は試合に入り切れない選手が何名かいた」とトニーニョセレーゾ監督が振り返ったように、体が重かった。ただ、チーム状態が悪ければ個で打開してしまうのが常勝軍団と呼ばれる所以だ。「失点はすべてリスタート絡み。十分警戒していたが、鹿島のしたたかさにやられた」と田坂監督。36分の柴崎岳、57分の野沢拓也の相手の一瞬の隙を見逃さない老練さと決定力は、もはや鹿島の伝統芸だ。「打った○○を誉めるべき」と常套句になりつつあるこの言葉がぴたりと合うゴール。
さらに戦列から離れていた大迫勇也が、これまた最近の常套句「○○はもっている」ぶりを発揮する。72分にピッチに立つと相手DFを手玉にとり、90分に決勝ゴールを決め、あっさり勝点3を持ち帰った。

試合後に記者会見場に訪れた田坂監督は、開口一番「率直に悔しい」と悔しさを滲ませた。確かに今季ベストゲームといえる内容であった。「流れの中からの失点もなかった。球際でも負けなかったし、意図する攻撃ができた」。入れ替えたメンバーが活躍し、采配は的中した。高松、森島の両エースが得点を共演し、力ある相手に逆転を許したが、同点に追いつく粘りもみせた。だが勝利はスルリと抜け落ちる。目指すサッカーは明確だし、浸透している。出口は見えているのだが、長いトンネルから抜け出せずにいる。

以上

2013.04.14 Reported by 柚野真也


鹿島があっさり勝ち点3を持ち帰ったと語る大分目線のレポートである。
大分としては、対鹿島の戦略を練り、先制し、追いつき、勝ち点を得ることの目的遂行目前であったことは事実であろう。
大分の田坂監督が悔しがるのも当然である。
しかしながら、鹿島から考えれば、あっさりでも、したたかでもなく薄氷を踏む想いでの勝利であった。
スカウティングで大分の戦術を丸裸にし、対策を練っておっても、アウェイの連戦が続く過密日程では対応しきれなんだ。
そこを修正したトニーニョ・セレーゾ監督の采配を讃えるところであろう。
この勝利にて鹿島は5位に順位を上げた。
調子を維持し、更なる上を目指そうでは無いか。
楽しみにしておる。

シャルケ・篤人、フル出場もドローに終える

内田はフル出場で引き分け/ブンデス

レーバークーゼン戦の前半、先発出場し競り合う内田(共同)

<ブンデスリーガ:シャルケ2−2レーバークーゼン>◇13日◇ゲルゼンキルヘン

 内田篤人のシャルケは、ホームで細貝萌のレーバークーゼンと対戦し、2−2で引き分けた。内田は右サイドバックでフル出場し、細貝は後半38分からMFでプレーした。

 [2013年4月14日10時1分]

2点差追いついたシャルケの内田篤人「立ち上がりのまずさは愛嬌」

今シーズンのリーグ戦では19試合に出場し、1ゴールを挙げている内田 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第29節が13日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは、ホームで日本代表MF細貝萌の所属するレヴァークーゼンと対戦。2−2のドローに終わった。

 フル出場した内田は試合後、以下のように引き分けを振り返った。ブンデスリーガの公式HPが伝えている。

 2点のビハインドから追いついた展開について、「失点した形は良くなかったですね。セットプレー絡みでしたけど。その後はうまく追いつけて、1点取ってからはスタジアムの雰囲気もすごく良かったので、それで1点、2点は取れたかな、と思いますね」とコメント。「先に点を取られては、ダメだったね」と語る一方で、立ち上がりのまずさを問われた際は、「そこらへんは愛嬌で」と煙に巻いた。

 自身の出来に関しては、「もう少し、コンビネーションが出てくればいいけれど。どうしても自分で行かなければいけない時が多かった」と語った。レヴァークーゼン戦では、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンが欠場したが、「人が違うだけで、誰がいい、悪いとかではなく、特徴を生かしあえれば、ひとつ、ふたつオプションが増えてくると思う」と言及し、「ファルファンの守り方は、結構『あ・うん』なので。僕らは、言葉で喋らないんで、雰囲気。その分、(ファルファンが欠場したから)今日は気を遣った。ポジショニングはかなり、気を遣って。だから、そんなに崩れなかったと思う」と続けた。

 また、4位のシャルケにとっては、チャンピオンズリーグの本戦出場権を争う3位との直接対決だったが、ドローには「勝たなければならなかったとは思うけど、最悪、この結果で」とコメント。「ここから大事ですね。今日の勝ち点1が今後でどう大事になってくるのか、意味がなかったのか、となってくると思う」と、終盤戦に向けて気を引き締めていた。

 シャルケは勝ち点46の4位で、3位のレヴァークーゼンとは同4差、5位のフライブルクとは同1差となっている。


フル出場もドローに終えたシャルケの篤人である。
これは無念。
篤人は悔しい思いをしておろう。
とはいえ、すぐに次の試合はやってくる。
シーズン終盤、残り試合に集中して欲しい。
良い報を待っておる。

筑波大学・赤?くん、流経大戦出場

J内定コンビ擁する筑波大と復権狙う流通経済大の“茨城ダービー”はドロー:関東1部
13/4/14 09:23

[4.13 関東大学リーグ1部第2節 筑波大1-1流通経済大 味フィ西]

 JR東日本カップ第87回関東大学サッカーリーグ戦1部は13日、第2節1日目の4試合を行い、筑波大と流通経済大との一戦は1-1で引き分けた。

 ともに茨城県に所在する強豪同士、大学サッカーの“茨城ダービー”は勝ち点1を分け合った。前半主導権を握ったのは開幕前に全日本大学選抜MF上村岬(4年=磐田ユース)のジュビロ磐田内定が発表されたのに続き、前日12日に全日本大学選抜FW赤崎秀平(4年=佐賀東高)の鹿島アントラーズ内定も発表された筑波大。上村が「(流経大が)ショートカウンターで攻めてくるのは分かっていた。なるべく低い位置でボールを取られないようにしようというのを意識して、あとは立ち上がりどんどん裏を狙って、相手をひっくり返してボクらのペースをつくっていこうという話だった」という筑波大は、トップ下に入ったMF中野嘉大(3年=佐賀東高)がSB背後のスペースへ飛び出し、そこからの連係と個の突破力でゴールへ迫っていく。

 開始2分には左スローインから赤崎がターンしながらの右足シュート。14分には上村の右クロスから赤崎が右足ボレーを放ち、17分には右サイドから細かくボールを動かし、最後は赤崎の落としたボールを上村がポスト直撃の左足シュートへ持ち込んだ。中盤で存在感を放つ全日本大学選抜の大型ボランチMF谷口彰悟主将(4年=大津高)や上村を軸に攻める筑波大は21分にも上村、中野、SB片岡爽(3年=神戸U-18)の連係で右サイドを打開。32分には右サイドから切れ込んだ赤崎がFW曽山慶太(4年=アミーゴス鹿児島U-18)とのワンツーから左足シュートへ持ち込むなどゴールへ迫っていく。

 一方、主力のMF椎名伸志(4年=青森山田高)が左膝の負傷のために長期離脱中で、司令塔のMF中山雄登(4年=広島ユース)も先発を外れた流経大は守備のバランスを取りながらショートカウンターを狙い、チャンスもつくった。12分には左サイドでボールを奪ったMF中美慶哉(4年=前橋育英高)が右サイドへ展開。そしてSB田向泰輝(4年=水戸短大附高)のアーリークロスからFW田上大地(2年=流通経済大柏高)がダイビングヘッドでゴールを襲うなど対向する。そして後半も、9分に右オープンスペースを突いたMF富田湧也(3年=流通経済大柏高)の折り返しから10番MF黒田拓真(4年=東大阪大柏原高)がDFのギャップを突く絶妙なラストパス。これに反応した中美が右足を振りぬく。シュートはDFにブロックされたが、ともに突破力のある中美とMF中村慶太(2年=流通経済大柏高)のドリブルが効果を発揮するなど、PAまでボールを運ぶ回数を増やしていた。

 試合が動いたのは後半21分だ。筑波大は同12分に右FWへ1年生FW吉川修平(柏U-18)を投入し、右FWの上村をボランチに下げていたが、この2人がゴールをもたらす。中央から左中間の上村へボールをつなぐと、「ディフェンスの身体の向きと吉川の入り方を見て、前へ落として上げた方がいいかなと思った」という上村が右サイドの大外からゴール前へ飛び込んで来た吉川へ絶妙なループパス。これを吉川が頭で押し込んで先制点を奪った。交代出場の1年生FWの大仕事。筑波大が待望の1点を奪った。

 だが、終盤は相手のパスをインターセプトした流経大がサイド攻撃から立て続けに決定機をつくる。28分には田向の右クロスから中村が右足ボレー。これはGK神舎宏(4年=広島皆実高)の好守に阻まれたものの、32分には交代出場のFW石井雄輔(4年=流通経済大柏高)のラストパスに同じく交代出場のMF土屋智義(4年=千葉明徳高)が走り込み、35分にも田向のラストパスから石井が決定的なヘディングシュートを放った。相手を押し込んだ流経大は40分、ついに同点に追いつく。1分前に投入されたばかりのMF森保圭悟(2年=広島ユース)の左CKからCB川崎裕大(3年=成立学園高)が渾身の同点ヘッド。中野雄二監督が「森保はFKがめちゃくちゃ上手い。終盤はCKなり、FKがあると思ったので、そこは意図通りだった」という森保投入だったが、サンフレッチェ広島・森保一監督を父に持つMFと、最終ラインで奮闘していたCBのコンビで同点弾をもたらし、引き分けへ持ち込んだ。

 流経大の中野監督は「筑波さんは強い。ウチからすると永遠のライバルなので、1-1になっただけでも良かったと思います。欲を言えば逆転したかったのはありますけれど、きょうの内容からすれば、1-1は無難な結果だった。今年は過去になく4年生(の人間性)が素晴らしいんですよ。(応援する姿勢など)勝たせてあげたい学年。(主力にけが人がいるなど)楽な試合はないですけど、こういう試合を粘り強くやっていけばチャンスはどこかにある」。関東リーグ1部や総理大臣杯タイトル奪取の経験を持つ選手たちはすべて卒業しており、チームはどこか自信に欠けている部分がある。ただ前線の田上、中美、中村のトリオや黒田、大型SB湯澤聖人(2年=流通経済大柏高)ら選手層は厚い。引き分けに持ち込んだ試合を全国復帰、タイトル奪取への自信にしたいところだ。

 一方、筑波大は赤崎、上村、谷口が最終学年を迎えた期待の世代だが、10番MF玉城峻吾(4年=三菱養和SCユース)、全日本大学選抜DF車屋紳太郎(3年=大津高)がともにケガで不在の中、開幕2試合で勝ち点1。各選手がレベルの高さを見せてはいるが、パスの微妙なズレ、弱さでボールを失うなどが相手を攻め倒すようなサッカーには至っていない。赤崎も「(きょうは)ボールを持っているというよりも持たされている感じが多くて。バイタル(エリア)に入っていくシーンを増やしていかないと筑波らしさが出てこないし、単調な試合で終わってしまったなという感じがしています。(内容が良くないことは)やっている自分たちが一番良く分かっている。全然納得の行くパフォーマンスじゃないし、みんな頑張っているんですけど、それがうまい方向に働いていない。もどかしい感じがみんなしていると思います」と首を振る。内容の向上とともにまずは初勝利が必要。自分たちのサッカーを突き詰めながら、首位戦線へ浮上していく。

(取材・文 吉田太郎)


流通経済大学との試合に先発出場した筑波大の赤?くんである。
果敢にシュートを放ったが赤?くん自身は無得点に終えたとのこと。
試合は1-1の引き分けに終えておる。
赤?くんの大学最後の戦いを楽しんで欲しい。

大分戦報道

鹿島が大分下し2連勝/第6節
<J1:大分2−3鹿島>◇第6節◇13日◇大銀ド

 大分が先制した。前半25分、FW森島康仁(25)のクロスからFW高松大樹(31)が決めた。だが鹿島も反撃。同36分、MF柴崎岳(20)が同点ゴールを奪った。

 後半も鹿島ペース。同12分、MF野沢拓也(31)がFKを直接決めて逆転した。だが大分も粘る。同23分、FW森島の同点ヘッドで振り出しに戻った。勝ち越しは地力のある鹿島だった。後半途中、MF本山雅志(33)に替わって出場したFW大迫勇也(22)がFKからのこぼれ球をけり込んだ。鹿島はリーグ2連勝、大分は3連敗となった。
 [2013年4月13日16時47分]

【鹿島】大迫決勝弾!公式戦4連勝/J1

大分対鹿島 決勝ゴールを決めイレブンに笑顔で駆け寄る鹿島大迫、後方はダビ(撮影・今浪浩三)

<J1:大分2−3鹿島>◇第6節◇13日◇大銀ド

 鹿島はFW大迫勇也(22)の決勝弾で大分を下し、公式戦4連勝と波に乗ってきた。後半45分、FKからのこぼれ球を左足で押し込み、試合を決めた。右足かかとの裂傷から復帰後3試合目でのゴール。「いいところで決められてよかった」と笑顔を浮かべた。
 [2013年4月13日18時35分]

鹿島公式戦4連勝エース大迫決めた/J1
<J1:大分2−3鹿島>◇第6節◇13日◇大銀ド

 鹿島はエースが試合を決めた。2−2の後半45分。FKのこぼれ球を途中出場のFW大迫勇也(22)が左足を鋭く振り抜き、決着をつけた。「同点の場面で使ってもらって、勝ちに行く状況でゴールを決められてよかった」。3月23日のナビスコ杯(対東京)で右足かかとを裂傷。復帰後の公式戦3試合目で今季3点目を挙げ、チームを公式戦4連勝に導いた。

 離脱中、悲愴(ひそう)感はなかった。トレーニングを回避したある日、MF遠藤から「サボったら罰金だぞ」と冗談を投げかけられると「足、やっちゃったんで今回だけは見逃してください」と笑顔で返した。負傷前は公式戦4戦3発。結果が出ていることが支えだ。「コンディションを上げていけば、もっと取れる」。“試運転”でもゴールを奪えることは証明した。完全復活すれば、怖いものはない。【湯浅知彦】
 [2013年4月14日7時34分 紙面から]


鹿島 大迫&柴崎がチーム救う“競弾”で勝利
J1第6節 鹿島3−2大分 (4月13日 大銀ド)


試合後サポーターの声援に応える、決勝ゴールを決めた鹿島・大迫
Photo By 共同


 鹿島は終了間際に大迫が決勝弾を決めた。2―2の後半ロスタイム、遠藤のFKのこぼれ球に反応して左足を振り抜いた。

 右アキレス腱付近の裂傷から復帰したばかりで、ベンチスタート。後半27分からの途中出場で今季3点目を記録し「抑えて打つことを心掛けた」と振り返った。前半36分にはJ1通算50試合目の出場となった柴崎が右足ミドルで今季初得点。先発には30歳代8人が名を連ね、平均年齢は30・36歳。関係者が人気映画オーシャンズイレブンをもじり「おじさんズイレブン」と表現したメンバーで大分に苦しめられたが、期待の若手が“共演”してチームを救った。


<大分・鹿島>試合終了間際、決勝ゴールを決める鹿島・大迫(中央)
Photo By 共同

[ 2013年4月14日 06:00 ]

【鹿島】大迫、ロスタイムV弾で公式戦4連勝!
 ◆J1第6節 大分2─3鹿島(13日・大分銀行ドーム) 7試合が行われ、大宮は退場者を出しながらも後半40分にFWズラタン(29)の決勝ゴールでC大阪を2―1で撃破し、暫定2位に浮上。昨年9月からリーグ戦17戦連続負けなしで、09年の鹿島と並ぶJ1タイ記録となった。首位の横浜MはMF中村俊輔(34)のCKから2得点を挙げて川崎を2―1で破り、現行制度となった05年以降では初の開幕6連勝。鹿島は後半ロスタイムにFW大迫勇也(22)が決勝ゴールを決め、3―2で大分を破った。

 鹿島は、途中出場のエースFW大迫が後半終了間際に決勝弾を決め、公式戦4連勝を飾った。先月23日のナビスコ杯F東京戦で右足裂傷を負い、離脱。公式戦復帰3試合目でしっかり仕事を成し遂げた。MF遠藤のFKのこぼれ球に「思いっきりたたいた」と左足で蹴り込んだ。抜糸は済んでいるが、患部を保護するためテーピングで固め、プロテクターをつける中、「もっとコンディションが上がればもっと点が取れる」と自信を見せた。

 この日の先発平均年齢はクラブ史上最年長の30・36歳。最年長35歳のFWジュニーニョをはじめ、30歳代8人全員が名を連ねた。チーム関係者は「オッサンズイレブンだよ」と笑ったが、22歳の大迫は「いい刺激を受けている。負けられない? もちろん」と力に変えた。先制を許した後の同点弾を決めたのもJ1通算50試合出場の節目となった20歳のMF柴崎。ベテランと若手が融合し、名門が連勝街道を走り始めた。
(2013年4月14日06時03分 スポーツ報知)

鹿島粘って連勝 J1・第6節第1日
大宮、17戦負けなしJ1第6節第1日(13日・大分銀行ドームほか=7試合)鹿島は大迫の決勝ゴールで大分を3-2で下して2連勝。今季通算成績は3勝2分け1敗、勝ち点11の5位。

鹿島は1点を追う前半36分に柴崎の今季初ゴールで同点とした。後半12分には野沢が直接FKを決め、23分に追い付かれたが試合終了間際に途中出場の大迫が決勝ゴールを奪って勝ち越した。

大宮はズラタンの決勝点でC大阪を2-1で下した。昨年9月からの連続試合負けなしを「17」とし、2009年に鹿島がつくったJ1記録に並んだ。3連勝で勝ち点を14に伸ばした。首位の横浜Mは川崎に2-1で競り勝ち、開幕6連勝。


大迫一色の各紙である。
それほど、試合終了間際の決勝弾は劇的であった。
若きエースの活躍は嬉しいもの。
そんな中で、平均年齢30.36歳、30大が8人の先発メンバーをスポニチは「おじさんズイレブン」、報知は「オッサンズイレブン」と報じておる。
この起用は経験もさることながら、大分の戦術に対応するためであったと思われる。
大分攻撃陣の高さに対して中田コ、中田コ起用で左サイドのスピード不足を補うためにジュニーニョ、バイタルを有効に使うために本山と非常にわかりやすい。
結果的に失点を喫し、不満は残ったが意図は伝わって来た。
今後も相手を研究しつくし、弱点を攻めて勝ち点を積み重ねていきたい。
楽しみにしておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク