FC2ブログ

圧巻の中村充孝

2013年04月29日(月)

15時より城西大学と練習試合を行い、中村選手、本田選手、豊川選手、遠藤選手、そして土居選手の2ゴールで6-1と勝利しました。なお、この試合はトニーニョ セレーゾ監督がピッチ内で指示を送りながら進められた変則マッチとなっています。

銅像シュートを決めたヒゲくんでは無く、主役はアツであった。
聖真からのパスでアツが決めて同点、隆雅のクロスを聖真がスルーしヤスがゴール、豊川のシュートのこぼれ球を聖真、ヒゲくんのロングシュート、アツから伊東その伊東のクロスに聖真が得点、アツのシュートのこぼれ球に豊川で6-1で勝利。
中村充孝はチーム戦術を飲み込んだのでは無かろうか。
ここからどのように起用されるのか楽しみである。

練習試合 城西大学戦



中村充孝は攻撃の中心。

岳の成長を目の当たりに

進境著しい鹿島の柴崎岳。豪快ロング弾でザックに猛アピール
2013.04.29
小室 功●文 text by Komuro Isao 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki



今季、チーム内での存在感が一気に増した鹿島の柴崎岳。代表入りの期待が高まる。

 近い将来、日本サッカー界を牽引するであろう「プラチナ世代(※)」のひとり、柴崎岳が輝きを増している。青森県の強豪・青森山田高から鹿島アントラーズ入りして3年目。スタメン定着はもとより、今や「チームの顔」といっても差し支えないほどの働きぶりだ。
※2009年U−17W杯に出場した世代。宇佐美貴史(ホッフェンハイム)、宮市亮(ウィガン)、高木善朗(ユトレヒト)らがいる。

 トニーニョ・セレーゾ監督も、柴崎の成長には目を細めている。
「機動力があり、ダイナミックなプレイができるし、何より技術がしっかりしている。あの年齢にしては驚くほど冷静にボールをさばけるのが特徴だ。これまでに自分で撒(ま)いてきた(成長のための)種を、自分の力で刈り取っている段階。今後もそれを継続してほしいし、今まで以上のパフォーマンスを期待している」

 4月27日、Jリーグ第8節のアルビレックス新潟戦。鹿島は3−2で勝利して、4位に浮上した。この試合の突破口を開いたのも、柴崎だった。前半6分、ブレ球の強烈なロング弾を叩き込んで先制ゴールを奪った。

「ボールを受けてからシュートを打つまでのプロセスはイメージどおり。GKが前に出ているのはわかっていたので、思い切って狙った。ただ、何度も打てるようなシュートではないし、(ブレ球を)意識して蹴ったわけでもない。決まったのは、偶然という部分もある」

 およそ35mの距離から、目の覚めるような一発を決めておきながら、こんなふうに淡々と振り返っていたのが、何とも柴崎らしい。

 弱冠20歳ながら、その落ち着き払った立ち振る舞いから「まるでベテラン選手のようだ」と評される。ひと言でいえば、クール。試合の主導権を相手に握られ、苦しい時間帯がどんなに続こうと、たとえピンチに立たされようと、慌てず、騒がず、動揺した素振りを見せることはない。動揺してしまうときもあるだろうが、それを一切顔に出さないのだ。

だが、ポーカーフェイスに隠された、たぎる思いには並々ならぬものがある。昨年12月3日に行なわれたJリーグアウォーズでベストヤングプレーヤー賞を受賞した際、「この賞に値する選手はゼロ人。それは、自分も含めて」と言って、周囲を驚かせた。

 世界に目を向ければ、ミラン(イタリア)のエル・シャーラウィやレアル・マドリード(スペイン)のバラン、サントス(ブラジル)のネイマールなど、20歳前後の選手が世界のトップレベルで強烈な印象を残している。それに比べて、自分はそこまでの活躍を示せていない、というじくじたる思いから出た言葉だろう。

 柴崎の視線の先には、いつだって世界がある。
「彼らに、一歩でも近づくような選手にならなければいけない」とキッパリ。選手としての志の高さを垣間見せた瞬間でもあった。

 鹿島では攻撃的MFや右サイドバックでの起用も少なくないが、本職はボランチだ。「自分はスピードがあるわけでもないし、パワーがあるわけでもない。違うところで勝負しないといけない」と語るとおり、プレイヤーとしての基盤となっているのは、紛れもなくスキルとインテリジャンス、そして運動量に他ならない。

 試合中の柴崎を追って見ていると、「止めて、蹴る、そして走る」といった、いたってシンプルなプレイの連続であることに気づかされる。ただ、それが実に質が高いのだ。だからだろう、バルセロナ(スペイン)のシャビのプレイスタイルを引き合いに出されることが多い。

 堅実さが優先されるポジションゆえ、周囲に衝撃を与えるようなプレイ機会はそうめぐってこない。だが、昨年11月のナビスコカップ決勝で2得点を挙げ、大会連覇に貢献したことは記憶に新しい。文句なしのMVP獲得だった。

 もちろん、課題もある。中盤でボールを散らし、攻撃のリズムを作るだけではなく、ゴールに迫る回数をいかに増やせるか。得点なり、アシストなりに、どうかかわっていけるか。彼自身、意識しながら取り組んでいる。

 柴崎は、確かな成長曲線を描いている。こうなると「日本代表入り」を推す声が日増しに高まっていくのも自然だ。
「代表チームは、常に目標となる場所。選手である以上、もちろんワールドカップに出てみたい」と、本人も公言してはばからない。

 昨年2月、初招集されたものの、その後はお呼びがかかっていない。ザッケローニ監督のここまでのチーム作りからしても、ボランチの序列が劇的に変わるのは予想しにくいが、今季はここまでリーグ8戦フル出場、2得点と気を吐いている柴崎。一度くらいチャンスを与える材料は、十分過ぎるほどそろっているはずだ。


早速、土曜日の活躍で岳の記事を興すスポルティーバである。
新潟戦では観客の度肝を抜くロングシュートで大きくアピールしたが、岳の成長はこの日に始まったわけでは無い。
レギュラーに抜擢されて以来、日進月歩で進歩を続けておる。
スタジアムで岳のプレイを目の当たりにするたびに、岳が鹿島でプレイする日々はそう長くはないであろうと思い知らされる。
岳ほどの才能を極東の地に留めておくことは難しい。
いずれ巣立っていくことは明白である。
それまでに多くの歓喜を我らに与えて欲しい。
岳の躍動を拝みにまたスタジアムに通う。
楽しみである。

小笠原満男、グラウンド完成にコメント

「東北人魂の会」がサッカー教室 100人参加
 岩手県サッカー協会は「おおふなと・東北人魂キッズギャザ2013」を開催した。

 東日本大震災以降、運動機会が激減した大船渡市、陸前高田市を中心とする気仙地区の子供に体を動かす機会を与えることが狙い。会場は「東北人魂を持つJ選手の会」が建設した「大船渡・旧赤崎小仮設グラウンド」で、幼児、小学1、2年生50人、保護者50人の計100人が参加。鹿島、グルージャ盛岡のコーチ陣が指導に当たった。イベントに協力した東北人魂の発起人である小笠原は「多くの皆さんの力をお借りしてグラウンドの整備を続けたい」と語った。
[ 2013年4月29日 06:00 ]

鹿島・小笠原らが被災地に建設のグラウンドが完成
 鹿島のMF小笠原満男(34)らが発起人の「東北人魂を持つJ選手の会」が、東日本大震災で被害を受けた子どもたちのために岩手・大船渡市立赤崎小学校の跡地に建設したグラウンドが28日、グラウンド開きを迎えた。

 現地では地元の幼稚園児、小学1、2年生50人とその保護者50人の計100人を対象に、鹿島のクリニックコーチや東北社会人1部リーグのグルージャ盛岡の選手らが、スポーツ教室を開催。

 スケジュールの都合で出席できなかった小笠原は「同級生たちや地元の皆さんと力を合わせて、ここまで来ました。アントラーズとグルージャのプロコーチと選手たちと一緒にグラウンドで思いっきり体を動かしてもらえてうれしいです」とコメント。サイン入りのカードを贈った。

(2013年4月29日06時01分 スポーツ報知)

「東北人魂を持つJ選手の会」が建設したグラウンドが完成しコメントした小笠原満男である。
ピッチで思いっきり身体を動かす子供たちの様子に思いを馳せておる様子。
満男の尽力が形になり多くの者が喜んでおる。
満男の行動力には頭が下がる。
これからも、素晴らしい満男に注目である。

神戸・田代、二得点も引き分け

【J2:第11節 神戸 vs 岡山】試合終了後の各選手コメント(13.04.28)
4月28日(日) 2013 J2リーグ戦 第11節
神戸 3 - 3 岡山 (16:04/ノエスタ/14,249人)
得点者:7' 田代有三(神戸)、34' 杉浦恭平(神戸)、38' 田代有三(神戸)、84' 久木田紳吾(岡山)、85' 久木田紳吾(岡山)、90'+3 荒田智之(岡山)

●田代有三選手(神戸)
「本当にやっちゃいけない試合だったと思います。前半は自分らが思うサッカーもできたし、4点目を取れるチャンスも僕もあった。そこを取っていればまた違う結果になったとは思いますが、それにしても3−0から残り10分で3失点してしまうのは考えないといけない。
(Q:追いつかれた原因は?)去年からの、意思統一というか、今までそれで勝ててたから隠れていたんですけど、しっかり勝たないといけない試合で中途半端に攻めに行ってカウンターを食らった。ソウさん(相馬)がいなくなって残り10人になったから、サイドでキープしたり、ボールを動かして時間を使っていかないといけないですけど、去年もこうやって負けた試合もあったし、逆転された試合はこんな感じだった。まだ経験が足りないのかなと思います。
(Q:ショックは引きづりそうか?)みんなショックはショックだと思いますけど、ネガティブになっても仕方がない。まだ首位でいられるので、今日のことをしっかりみんなで考えて同じ失敗をしないように、切り替えて福岡戦、アウェイで勝つことだけ考えて切り替えてやりたいです。
(Q:前半のゲームをやれれば手応えはある?)前からプレスを掛けて、岡山が回すのはわかってたんで、パスの出どころを潰すというのはすごくできていた。点を取りたい時に良い時間帯で3点が取れたし、いいことはもっとよくして悪いことはもっと明確にして、みんなで話し合ってやらないといけない」


[ J2:第11節 神戸 vs 岡山 ]

2点をリードする神戸は38分、左サイド相馬崇人からのクロスをフリーになっていた田代有三(写真/#11)が狙いすましたボレーで合わせ、この日2点目を決めた。田代はこれが今季5ゴール目となった。

ドッピエッタを記録した神戸の田代である。
圧倒的な得点力を見せつけてくれる。
その田代は、この田代の得点を含み一時的には3-0としながらも、最終的に追いつかれてしまった試合展開を嘆いておる。
しかしながら、神戸は勝ち点1を積み上げJ2の首位をキープしておる。
この様子であれば、来季の対戦の可能性は高まってくる。
その際はこの田代の得点力を抑え、勝利を掴みたいところ。
その為にも、今季はもっともっとゴールを決めて欲しい。
楽しみにしておる。

水戸・隆行、美しいPKフォーム

【J2:第11節 水戸 vs 横浜FC】試合終了後の各選手コメント(13.04.28)
4月28日(日) 2013 J2リーグ戦 第11節
水戸 2 - 2 横浜FC (13:03/Ksスタ/6,175人)
得点者:15' 武岡優斗(横浜FC)、21' 野崎陽介(横浜FC)、80' 鈴木隆行(水戸)、84' 小澤司(水戸)

●鈴木隆行選手(水戸)
「立ち上がりで2点失点してしまって、集中力がなかったのかなという感じがしましたね。苦しい展開になってしまったのですが、試合全体の展開としては集中できていたと思います。ハーフタイムではまず1点取ろうと、気合いを入れ直して入っていきました。序盤からそれほど悪い感じではなかった。後半に入ってもそういう流れで進んでいたので、やれそうな雰囲気は感じていました。負けるより追いついたほうが気分がいいし、次につながるかなと。最低限の結果を手に入れることができてよかったです」


[ J2:第11節 水戸 vs 横浜FC ]

2点を追う展開となった水戸は80分、鈴木隆行(写真/#30)がペナルティエリア内で倒されPK獲得。これを自ら決めて1点差に詰め寄った。鈴木隆行はこれが今季4点目となった。

PKを蹴る水戸の隆行である。
今季4点目となる得点を決め、好調さが伝わってくる。
やはり隆行の左足は頼りになるというもの。
これからも良い報を我らの届けて欲しい。
楽しみにしておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク