FC2ブログ

Jリーグ 第25節 ヴァンフォーレ甲府戦



ダヴィの復帰。

小笠原満男、復興への尽力

小笠原「五輪やるなら復興させてから」

12年、宮古市での「東北人魂を持つJ選手の会」に出席した小笠原(前列左)

 鹿島MF小笠原満男(34)が、20年の東京五輪開催決定に“東北人”の目線で言及した。五輪開催を「うれしいことだし、うまくいってほしいとは思う」と前置きした上で、11年の東日本大震災から現在、そして7年後の思いを語った。

 「復興を始めてからもう2年半もたつのに、まだまだ進んでいないし、今は福島の汚染水問題もある。招致のときは『大丈夫』って言っていたけど、それで風評被害を受ける人だってたくさんいる。五輪をやるなら、完全に復興してから行って欲しい」

 岩手出身の小笠原は震災後「東北人魂を持つJ選手の会」を立ち上げ、復興支援に参加している。29日には鹿島主催で、被災したカシマスタジアムの復旧を記念した「オープンスタジアム」が開催され、震災復興のイベントも行われる。

 「うちには青森出身の岳(MF柴崎)、宮城出身のヤス(MF遠藤)もいる。福島にはJヴィレッジがあり合宿でお世話になった」と小笠原。3・11と切り離すことのできない鹿島で、率先して活動し続ける主将は、7年後の日本で復興と五輪が両立することを願っている。【桑原亮】
 [2013年9月14日7時16分 紙面から]


震災からの復興について口を開く小笠原満男である。
まだまだ、東北震災の傷跡は復興にはほど遠い様子が伝わってくる。
被災地から離れた地に住む者には情報も少なくなり、記憶が薄れつつある。
しかしながら、現地に飛べば現実に戻されるであろう。
東京五輪開催は素直に喜ぶが、それはそれとして、被災地への気持ちも忘れてはならぬ。
日本全国が幸せな時間を過ごせるよう、行政は尽力して欲しい。
切実な願いである。

エース・大迫に注目

鹿島大迫、アウェー6連敗のうっ憤晴らす
 鹿島FW大迫勇也(23)が、鬱憤(うっぷん)を晴らす1発で、アウェー6連敗中のチームに流れを呼び込む。13日はミニゲームで汗を流し、今日14日のアウェー甲府戦に備えた。初めて海外組と融合した日本代表戦は「もっと出たかった。もっと何も考えないでプレーできれば」と不完全燃焼に終わった。「まずはJリーグで結果を出すしかない」。帰ってきたエースが得点と勝利を誓った。
 [2013年9月14日6時53分 紙面から]

鹿島・大迫 リーグ戦5連発で代表定着必ず!
J1・第25節 甲府―鹿島 (9月14日 中銀スタ)

 鹿島のFW大迫がアウェーでの甲府戦で5試合連続得点を狙う。

 日本代表として6日のグアテマラ戦に先発、10日のガーナ戦には後半30分から出場。正確なポストプレーなど持ち味は発揮したが、無得点に終わった。代表定着には「点を取ることが一番の近道。過程も大事だけど、結果を出せば信頼されてパスも出てくると思う。圭佑さん(本田)のようにね」と分析。招集を見送られた8月14日のウルグアイ戦後のリーグ戦4試合で6得点を挙げて代表復帰を果たしただけに、10月の欧州遠征メンバー入りに向けて量産を誓った。
[ 2013年9月14日 06:00 ]

【鹿島】大迫5戦連発で“本田化”目指す
 鹿島の日本代表FW大迫が、ザック・ジャパン定着へ同MF本田を目指す。10月の欧州遠征(11日・対セルビア、15日・対ベラルーシ)での招集へ「点を取ることが一番近道。(本田)圭佑さんにはボールが集まって来る。あれぐらい信頼を得ないと」。14日の甲府戦ではリーグ戦5戦連発に期待がかかる。茨城・鹿嶋市内での紅白戦でもゴールを決めた好調男が、まずはアウェー7連敗を阻止する。

(2013年9月14日06時02分 スポーツ報知)

注目の集まる大迫である。
ここしばらく日本代表としてスポットが当たっておったが、今日の試合ではJリーグのスタートしての大迫が存在感を発揮するはず。
5戦連続弾を記録すれば、大きなニュースとなろう。
大迫の躍動にてアウェイの連敗を脱出するのだ。
楽しみにしてスタジアムへ向かう。
期待しておる。

J3、Jリーグ若手選抜チーム参加続報

J3 若手選抜特別チームは五輪代表候補を軸に
 J3に特別枠で参加するJ1、J2の若手選抜チームが、五輪代表候補を軸に編成する可能性が出てきた。

 関係者によると、日本協会から「リオデジャネイロ五輪を目指す選手で編成したい」との要望が出ており、来年度はU―21、15年度はU―22になる可能性もある。また、J3の外国人選手枠は外国籍選手が各2人の他、Jリーグがパートナーシップを結んでいる国の国籍の選手を各1人登録できるようにする。
[ 2013年9月14日 06:00 ]


J3に参加することが検討されておるJリーグ選抜チームの続報である。
リオデジャネイロ五輪メンバー候補で編成して欲しいとの要望がサッカー協会から出ておるとのこと。
7月にはU-23と報じられておったが、この要望により変更される可能性がある。
リオ五輪候補と言えば、昨日発表された東アジア競技大会メンバーが軸となっていく。
鹿島としては植田が招集されておる。
また、U-19日本代表の豊川もここに加えて良いのではなかろうか。
そして、U-17日本代表の杉本太郎くんもリオ五輪年代である。
このJリーグ選抜チームがどのように編成されるのかは今はわからぬ。
しかしながら、若い選手が躍動するのであれば、注目も集まろう。
J3にスポットが当たることは嬉しい。
是非とも成功して欲しいと思う。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク