FC2ブログ

オープンスタジアム開催

2013年09月29日(日)

カシマスタジアムでオープンスタジアムを開催しました。

オープンスタジアムに参加したメンバーである。
中央に陣取る八木と佐々木竜太のこれからの人生を祝いたい。
応援しておる。

大分戦レビュー

【J1:第27節 鹿島 vs 大分】レポート:後半になってようやく目が覚めた鹿島が3得点で逆転勝利!大分も残留に向けて首の皮一枚残す(13.09.29)
9月28日(土) 2013 J1リーグ戦 第27節
鹿島 3 - 1 大分 (15:34/カシマ/13,020人)
得点者:52' 森島康仁(大分)、55' 遠藤康(鹿島)、60' 遠藤康(鹿島)、87' ダヴィ(鹿島)

静かな前半だった。クロスのこぼれ球にジュニーニョが反応してシュートを放った場面や、遠藤康が右サイドからのカットインでゴールを狙った場面、そして大迫勇也が終了間際に狙ったミドルシュート。鹿島がつくったチャンスは数える程しか生まれなかった。
むしろ目立ったのは大分の方だっただろう。前節から先発を6人入れ替えた布陣は、「鹿島のウィークを突くために機動力のある選手を使いました」(田坂和昭監督)というものだった。特に、左サイドから木島悠やチェ・ジョンハンが仕掛けたが最後の精度が足りない。良い位置でボールを奪ってもクロスは中央の選手に合わず、決定的なチャンスには至らなかった。

0−0の前半は大分が思い描いていたもので、鹿島のそれとは違ったはずだ。悪かった部分を修正する必要もあるが、それで焦って攻めては相手の術中にはまる。ハーフタイム、トニーニョ・セレーゾ監督は急ぎすぎないことを選手に伝えたという。
「今日は、辛抱強く、忍耐強くやらないといけない試合だと選手に言って、後半に送り出しました」
しかし、先に点を奪ったのは大分。52分、最終ラインからビルドアップする山村和也の縦パスを為田大貴がカットすると、そのまま体を入れ替えて右サイド深くに侵入、慌てて鹿島守備陣が対応に走るが、中央の森島康仁がゴールに押し込み、うれしい先制点をもたらす。ゴールを決めた森島がベンチに向かって走ると、大きな歓喜の輪ができた。

ただ、この失点でようやく鹿島の目が覚める。
「失点するのは良くないことだけど、失点したことでスイッチが入った」(大迫勇也)
青木剛のロングパスを受けた大迫が、鋭いターンで一瞬のうちに高木和道を置き去りにする。大迫は前半にも同じようなプレーを試みたときに相手が対応できていなかったことを見越し、その機会をうかがっていた。「狙い通り」というプレーで完全に抜け出すと、ゴール前に走り込んだ遠藤康にパスを合わせ、3分後にすぐさま同点に追いつく。
さらにダヴィを投入して攻勢を強めると、60分にはすばやいリスタートから遠藤が抜け出し、左サイドから逆サイドのポスト際を射貫くコントロールシュートを放ち逆転に成功する。
さらに終了間際の87分には、相手ゴール前で大迫がロドリゴ・マンシャからボールを奪い、ダヴィがダメ押しとなる3点目で試合を決めた。

苦しみながら、後半に盛り返した逆転勝利。首位に勝点5差と迫り、逆転優勝も視界に捉えた。しかし、セレーゾ監督は謙虚な姿勢を貫く。
「6〜7クラブに優勝するチャンスがあるし、直接対決のところもあります。そこをしっかり制していかなければならず、その結果でたどり着ける場所が変わってくると思います」
経験豊かな監督は、この先に待つ勝負の山を見据えていた。

一方、甲府が勝てばJ2降格が決まっていた大分は、まだ可能性が残された。
「まだ首の皮一枚繋がっているんで、今日のようなゲーム、プラス、クオリティをあげて、なんとかセレッソ戦(10/5@大銀ド)に準備したいなと思います」
田坂和昭監督はそう言って、次の試合に向けて最大の努力を続けることを誓った。両チームとも最善を尽くす戦いは続く。

以上

2013.09.29 Reported by 田中滋


「失点でようやく鹿島の目が覚める」とそこに至るまでの静かな試合展開に否定的な田中氏のレポートである。
双方勝利の欲しかった試合に於いて、前に出るタイミングというものは難しいもの。
ここで焦る必要はないと言うのが鹿島の戦略だったのではなかろうか。
ちょうど、失点の時間帯と気持ちを前に置く切り替えが重なり、大量得点に繋がったように思える。
結果的に同点弾・3点目のアシストを記録した大迫の活躍が目立った。
そして、バチや前野に経験を積ませ、成長を促す采配も冴えておる。
育てながら勝つという難易度の高いミッションをこなすトニーニョ・セレーゾ監督のメッセージが伝わってきた。
その期待に応えたバチのループシュートがゴールインして欲しかった。
密かに出場機会を掴んでおるバチの成長が嬉しい試合であった。
将来の鹿島を担うであろう若きMFの活躍を期待していきたい。
楽しみである。

大分戦の躍動

先制許すも…鹿島は遠藤2ゴール&大迫2アシストなどで逆転勝利
13/9/28 22:14

[9.28 J1第27節 鹿島3-1大分 カシマ]

 J1は28日に第27節を行い、4位の鹿島アントラーズは18位の大分トリニータと対戦した。後半に先制点を許した鹿島はMF遠藤康の2ゴールで逆転。終了間際には途中出場のFWダヴィがゴールを決めて、3-1で勝利した。


逆転勝利をおさめた鹿島


2アシストで勝利に導いたFW大迫勇也


後半3分にはクロスバー直撃のヘディングシュートを放った


途中出場のFWダヴィは後半42分に得点を挙げ、ダメを押した


失点から3分後に同点ゴールを挙げたMF遠藤康


左足から放たれた強烈なシュートで逆転した


先制は許したがその後は得点を許さなかったGK曽ヶ端準


右サイドに入ったDF西大伍。攻撃センスの高いDF


強烈なミドルシュートを放ったDF青木剛。わずかにクロスバーの上に外れた


誕生日を勝利で飾ることができた


ミスから失点につながってしまったことを悔やむDF山村和也


後半3分にDF中田浩二のクロスからチャンスを演出したが、大迫のヘッドはクロスバー直撃


MF小笠原満男のクイックスタートから逆転ゴールにつながった


冷静なプレーで鹿島の攻撃をけん引したMF柴崎岳


後半32分のボレーは惜しくもゴール上へ外れた


7試合連続の先発出場となったMF土居聖真。2戦連発とはならなかった


左サイドからドリブルやパスでチャンスを作ったMFジュニーニョ


前半40分に角度のないところからシュートを放ったがGKにブロックされた


後半アディショナルタイムにPA内からMF梅鉢貴秀がループシュートを放ったがわずかに枠を外れた


後半41分に中田と交代で入ったDF前野貴徳


日本代表FW大迫が抜群の存在感で2アシスト
13/9/28 22:38

[9.28 J1第27節 鹿島3-1大分 カシマ]

 J1は28日に第27節を行い、4位の鹿島アントラーズは18位の大分トリニータと対戦した。後半に先制点を許した鹿島はMF遠藤康の2ゴールで逆転。終了間際には途中出場のFWダヴィがゴールを決めて、3-1で勝利した。



遠藤とダヴィのゴールをアシストしたFW大迫勇也


0-1で迎えた後半10分に青木のパスを受けた大迫が中央に折り返し、遠藤の同点弾をアシスト


さらに後半15分に遠藤のゴールで逆転した鹿島


高い位置からプレッシャーを掛け、ダヴィのゴールをアシストし、勝利に大きく貢献した


大分戦の熱闘を伝えるゲキサカである。
選手たちの躍動が伝わってくる。
そして、ヤスとダヴィのゴールをお膳立てし、MVP級の活躍をした大迫にスポットを当てておる。
やはり、今のチームは大迫あってこそ。
大迫を軸に聖真・ヤス・ジュニーニョ・ダヴィが襲いかかる攻撃陣が好調を維持し、勝利を掴み取った。
素晴らしい試合であった。

ヤスの逆転弾、ノミネート

J1リーグ戦第27節 ノミネートゴール決定のお知らせ
2013年9月28日(土)

 J1リーグ戦第27節のノミネートゴールが決定しましたのでお知らせいたします。

J1リーグ戦
大久保 嘉人(川崎F) 9月28日 対 名古屋戦 得点時間:33
遠藤 康(鹿島) 9月28日 対 大分戦 得点時間:60
佐藤 寿人(広島) 9月28日 対 鳥栖戦 得点時間:23


第27節のノミネートゴールに選出されたヤスの2点目である。
満男の素速いリスタートに反応し、左サイドから右のギリギリに決めたゴールは技術的にも素晴らしいものがあった。
この得点でチームは逆転勝利に導いたことは、優勝戦線に残る意味でも重要である。
ヤスの左足が賞賛されたことを誇りに思う。
これからも多くのゴールを決めて欲しい。
楽しみにしておる。

大分戦報道

鹿島の遠藤2発 大分に快勝/第27節
<J1:鹿島3−1大分>◇第27節◇28日◇カシマ

 鹿島がホームの強さを見せつけた。先制したのは大分。後半7分、ゴール前のパスカットから、FW森島康仁(26)が流し込んだ。

 だが直後の同10分、鹿島はFW大迫勇也(23)のPエリア内からのラストパスをMF遠藤康(25)が押し込み同点。さらに5分後の同15分にも遠藤がゴールを決め逆転した。試合終了間際の同42分には、ダビが復帰後2戦連発で勝負を決めた。
 [2013年9月28日18時59分]

【鹿島】遠藤弾、山村のミス帳消し/J1

2得点を挙げた鹿島MF遠藤は、ファンの声援に手を振って応える(撮影・たえ見朱実)

<J1:鹿島3−1大分>◇第27節◇28日◇カシマ

 鹿島が今季リーグ戦ホーム無敗の強さを見せつけた。前半0−0で迎えた後半7分、DF山村和也(23)がクリアカットされ、先制を許した。だが直後の同10分、同15分にMF遠藤康(25)がゴールを決め逆転。試合終了間際の同42分には、ダビが復帰後2戦連発弾で勝負を決めた。

 試合後、山村は「失点してすぐ点を取れたのが大きい。自分が一番助かった」と、ミスを帳消しにした遠藤に感謝した。
 [2013年9月28日21時34分]

鹿島大迫不満2アシスト「いらん」/J1
<J1:鹿島3−1大分>◇第27節◇28日◇カシマ

 鹿島FW大迫勇也(23)が2アシストで、勝利をたぐり寄せた。失点直後の後半10分にMF遠藤の同点ゴールを演出。後半途中からはトップ下に入り、同42分にFWダビの2戦連発弾をアシスト。セレーゾ監督も「トップ下でも素晴らしい機能を果たしてくれた」と称賛した。これで3戦無得点も、21日磐田戦から2戦3アシスト。だが「アシストはいらないからね」と、エースらしく得点にこだわる姿勢を示した。

 [2013年9月29日6時58分 紙面から]

2発の鹿島・遠藤、楽天V刺激「すごくうれしい」

後半、決勝ゴールを決めて喜ぶ鹿島・遠藤=カシマ

 J1第27節(28日、鹿島3−1大分、カシマ)25歳のMF遠藤が2ゴールで逆転勝ちに貢献。失点直後の後半10分にFW大迫のパスを押し込むと、その5分後に追加点を決め「素直にうれしい」と笑った。宮城県出身で、プロ野球の楽天がパ・リーグを制覇し「地元のチームが優勝してすごくうれしい」と刺激を受けた。首位と勝ち点5差。「みんな優勝したい気持ちが強い」。次は自分も、という強い思いがにじんだ。


前半、攻め込む鹿島・遠藤(中央)。左は小笠原=カシマ


後半、ヘディングで競り合う鹿島・大迫(奥)と大分・阪田=カシマ


(紙面から)

鹿島 3発逆転!最大10差から奇跡V予感5差!
J1第27節 鹿島3―1大分 (9月28日 カシマ)


<鹿島・大分>前半、ヘディングで強烈なシュートを放つ鹿島・大迫
Photo By スポニチ


 J1第27節は9試合が行われ、鹿島はホームで大分に3―1で競り勝った。後半7分に先制を許したが、MF遠藤康(25)の2得点などで逆転に成功。順位は4位のままだが、最大10まで開いていた首位との勝ち点を5にまで縮めた。首位の横浜は仙台と0―0で引き分け。2位広島は2連勝で首位に2差に迫った。3位浦和は湘南と2―2で引き分けたが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(55)の続投が判明した。

 歓喜に沸く本拠カシマスタジアムに、遠藤の気の抜けた声が響いた。試合終了直後のヒーローインタビュー。2得点を挙げたレフティーは「優勝しま〜す」と軽い調子で言ってのけた。締まりのない優勝宣言となったが、最大10まで開いていた首位・横浜との勝ち点差は5。09年以来となる4季ぶりのリーグ奪還が視界に入ってきた。

 鮮やかな逆転劇だった。後半7分に山村の不用意なパスミスから失点。先制を許したが、逆にこれでエンジンが掛かった。後半10分に遠藤が大迫のパスに左足を合わせて同点とすると、後半15分には遠藤が小笠原の素早いリスタートに反応して左足で逆転弾。後半42分にはダヴィが大迫のパスを右足で勝ち越し弾。今季ホームでは11勝2分けと不敗を継続。2点目の起点となったFK獲得を含め、全得点に絡んだ大迫は「前半は勝つ気があるのか、という内容。失点してスイッチが入った」と振り返った。

 状況は3連覇への第一歩をしるした07年に酷似している。6年前は野沢、内田ら中堅、若手がチームの軸に成長。終盤の9連勝で首位との最大勝ち点差11をひっくり返した。当時は25節の名古屋戦で0―3の完敗後、鈴木満強化部長が「残り全部勝てば優勝できる」とチームにハッパを掛けて大逆転Vを達成。今季は大迫、土居らが主軸に成長し、25節の甲府戦に0―3で完敗後には鈴木満常務取締役強化部長が同様の活を入れている。

 トニーニョ・セレーゾ監督は終盤にテクニカルエリアを大きく飛び出して指示を出し、第4の審判にベンチに連れ戻されるなど興奮。「見苦しい姿を見せてしまった」と謝罪した上で「まだ6、7チームに優勝の可能性がある。僕らは勝ち続けるしかない」と力を込めた。1戦必勝を期す残り7試合。タイトルに照準を合わせた最多16冠クラブに、6年前の再現の予感が漂ってきた。

 ▼07年の鹿島の逆転優勝VTR 開幕から5戦未勝利とスタートダッシュに失敗。18節終了時点では首位G大阪との勝ち点差が11にまで開いた。だが、夏の移籍市場で小笠原がセリエAメッシーナから復帰すると、息を吹き返した。26節から9連勝を記録。最終節で横浜FCに敗れた浦和を抜いて首位に立ちJリーグ史上最大の勝ち点差をひっくり返す大逆転Vを演じた。


<鹿島・大分>後半15分、逆転ゴールを決め笑顔を見せる鹿島・遠藤(右)
Photo By スポニチ


[ 2013年9月29日 06:00 ]

【鹿島】連勝で首位に5差!大迫、全3点ゴールに絡んだ
 ◆J1第27節 鹿島3―1大分(28日・カシマスタジアム) 得点はなくとも、チームを勝利に導くのがエースだ。鹿島FW大迫は2アシストを含む全得点に絡む活躍を見せ、2連勝の立役者となった。

 前半はチーム全体でミスが目立った。「試合の入り方が悪かった。自分自身にも腹が立った」。後半7分に先取点を許した後、「スイッチが入った」と抜群のキープ力と動き出しで相手を圧倒。それでも、来月の欧州遠征で日本代表入りを目指す男は「アシストはいらない。それよりも得点」とストライカーとしてのプライドを見せた。

 状況は、ラスト9戦全勝で逆転優勝した07年に似ている。06年に新人だったDF内田篤人ら若手を起用し、翌年に実を結んだ。今回も昨年からMF土居らが出番を増やし、今年は結果を残し始めている。甲府戦(14日)に敗れた後、鈴木満強化部長はトニーニョ・セレーゾ監督(58)に「残り9連勝すれば優勝できるぞ」と話したという。

 これで首位とは勝ち点差5。背番号9は「面白くなるよ」と不敵に笑った。逆転V再現へ残り7試合。いよいよ頂上が見えてきた。
(2013年9月29日06時02分 スポーツ報知)

遠藤2発 「鹿島は優勝します」
2013年9月29日 紙面から


鹿島−大分 後半、決勝ゴールを決めて喜ぶ鹿島・遠藤=カシマで

◇J1第27節 鹿島3−1大分
 控えめに臨んだはずのヒーローインタビューで「優勝します」と大見えを切った。1試合2発。窮地に発奮する、MF遠藤の左足に鹿島の強さがある。
 「優勝したい気持ちが強い。みんなで戦っている。練習から高い意識でやれている。それが(結果に)つながっている」
 1試合での複数得点は、2011年8月の福岡戦以来、実に2年1カ月ぶり。エースの大迫でも強力助っ人のダビでもなく、「脇役」が勝負を決めたのが大きい。
 試合開始からJ2降格目前の大分に攻め込まれた。ミスを重ね、攻撃はノッキングを繰り返した。「勝つ気があるのかはっきりしない展開。自分自身にも腹が立った」とは大迫の弁。後半7分、山村のパスミスから先制被弾。フラフラ、ヨロヨロ…。セレーゾ監督は鬼の形相だった。「慌てずに辛抱強くプレーしろ」。わずか3分後。ベンチからのシグナルに即応したのが、遠藤だった。
 後半10分。大迫がドリブルでゴール前へ侵入すると、ものすごい勢いで遠藤が走り込んでいた。「いいタイミングで球が来た」というラストパスを滑り込み、ねじ込んだ。同点。もう止まらない。5分後、遠藤は小笠原のFKを呼び込み、得意の左足で一直線にゴール右隅を射抜いた。逆転。DF安川に寄せられ、角度もコースもなかった。精緻な左足だけが成せる、遠藤の真骨頂だった。
 2007年シーズンは最大勝ち点11差をはねのけ逆転優勝した。今季も最大10差あった首位との勝ち差を縮め、足踏みの横浜Mにジワリ5差。「V争い? まだ(上位を)抜いてない。抜くまで勝ち続ける」と遠藤。リーグ残り7戦。鹿島ならば、奇跡をうたう距離ではないだろう。
  (松岡祐司)

連勝の鹿島、ホームでしぶとさ 大逆転V再現誓う
2013.9.28 20:44


前半、攻め込む鹿島・遠藤(中央)。左は小笠原=カシマ

 最下位の大分に苦しんだ鹿島が、今季無敗のホームでしぶとさをみせた。先制を許した直後の後半10分に追いつくと、5分後には小笠原の素早いリスタートから遠藤がこの日2点目を奪って逆転。終盤には途中出場したダビの追加点で突き放して2連勝を飾り、最大で10あった首位との勝ち点差を5まで縮めた。

 前半は不用意にボールを失う場面が多かった。だが山村のミスから先制されると「チーム全体にスイッチが入った」(大迫)。前線からの積極的なボール奪取で流れを引き戻し、矢継ぎ早の選手交代やシステム変更で対抗してきた大分を寄せつけなかった。

 敵地での連敗を「7」で止めた17位磐田との前節は、終盤に2失点。下位を相手に内容で終始圧倒できないのは気がかりだが、チームを勇気づけるデータもある。勝ち点11差をひっくり返して優勝した2007年は第25節の名古屋戦に0−3で敗れた後、怒濤の9連勝で頂点をつかんだ。

 今季も甲府との第25節に0−3で敗れてから連勝。この日31歳を迎えた青木は「自分たちは勝ち続けるしかない。結果的に逆転優勝に結びつけばいい」と、6年前の“再現”を誓った。(奥村信哉)


後半、決勝ゴールを決めて喜ぶ鹿島・遠藤=カシマ


後半、ヘディングで競り合う鹿島・大迫(奥)と大分・阪田=カシマ


後半、競り合う大分・崔正漢(右)と鹿島・ダビ=カシマ


J1・第27節 鹿島逆転勝ち 横浜M首位守る
J1第27節(28日・カシマスタジアムほか=9試合)鹿島は遠藤の2ゴールなどで最下位の大分に3-1で逆転勝ちを収め、2連勝を飾った。通算成績は14勝5分け8敗、勝ち点47で4位。

鹿島は0-0で迎えた後半7分に先制された。しかし10分に遠藤のシュートで同点とし、その5分後に再び遠藤がシュートを決めて逆転。42分には途中出場のダビがダメを押した。

首位の横浜Mは仙台と0-0で引き分けて勝ち点52とした。

鹿島 3-1 大分
仙台 0-0 横浜M
柏 1-1 新潟
清水 2-1 甲府
広島 2-0 鳥栖
湘南 2-2 浦和
C大阪 2-0 磐田
F東京 5-2 大宮
川崎 2-1 名古屋


特に紙面を割いたのはスポニチであった。
2007年の大逆転優勝に準え、奇蹟のVを予感と銘打っておる。
当時の鈴木満強化部長のコメントを載せ、野沢や篤人の成長が思い起こされる。
今季は大迫の大いなる成長とエースとしての自覚、聖真がブレイク、そしてなんといっても山村がポジション奪ったことが大きい。
ベテラン陣も小笠原主将、曽ケ端、中田コ、ジュニーニョが安定したプレイを魅せておる。
層の薄くなった中堅ではこの試合でもMVPの活躍をしたヤスが気を吐いておる。
チーム一丸となって逆転優勝を目指すのだ。
楽しみである。

大分戦コメント

2013Jリーグ ディビジョン1 第27節


鹿島アントラーズ:トニーニョ セレーゾ
・大分は厳しい順位にいるので、我々にとってはタフな試合になるだろうと思い、特に前半はその通りになった。大分は帰陣を早くしてコンパクトにして、我々の侵入を防ごうという献身、あるいは犠牲心を持ってプレーしていた。ただ、チャンスを多く作れたのは我々だが、自分たちの不注意から失点を招いてしまった。

・ビルドアップから中央でつないでいかないと再三言っているが、人間がやることだから時折スペースや空いている選手が見えてそういう風に出そうとする。そこからの失点だったが、その後チームが気持ちを盛り返してプレーした。最後まであきらめないで戦った姿勢を評価したい。今日の勝利は非常に重要だとは、選手たちも理解してプレーしたと思う。

・監督としては大迫の活躍を忘れることはできず、称えなければいけない。セカンドストライカーの役割をやったときに、非常に素晴らしいプレーを見せてくれた。修正する部分はあるが、ボール奪取やゲームの組み立てという部分で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。途中から入った選手が流れを変えていったことも良かったと思う。

・チームとしてやっていくところで修正する部分はある。残り5分、10分に、シンプルにクリアするボールで難しい選択をしてしまって、監督や観客の心臓を刺激させている。そこは修正する部分だと思う。

・選手たちはボールコントロールやマークの付き方など、細かい役割をやらないといけない。試合中にそれらを全部やることは人間がやる以上難しい部分はある。体力的な負担があって、判断や俊敏な動作ができなくなることは、指導者として理解しないといけない。それらを試合後にできなかったことを言うことはある。今日の3点目は大迫選手が相手からボール奪取し続けて得点になった。やはり最後の3分の1はつなげれば、つなごうという意識を持つこと。ただ、できなければ明確なプレーをしようとも言った。トゥーキックでもスネでもどこでも、一回外に出すことが大事。プレーを一回切ることをやらないといけない。その積み重ねをやり続けていくところであって、まだチームとして成長、発展中でやるべきことはまだある。ただ、我々指導者は極力ミスを減らす指導をしていく。サッカーはミスの少ないチームが試合を制すると思う。





【遠藤 康】
勝てた事は素直にうれしい。同点ゴールはサコが良いパスをくれたので、半分はサコのゴール。2点目はシュートコースが空いていたので、思いっきり打とうと思った。首位に近づいたが抜いたわけでもないし、まだ気を抜く事はできない。

【大迫 勇也】
前で使ってもらっているので、なるべく下がらないようにプレーをしていた。点を取るチャンスもあったので、決めないといけなかった。今日は試合の入り方が悪く、俺もチームも勝つ気があるのかと思うようなゲーム展開で、自分自身にも腹が立った。失点は良くないけど、それでスイッチが入って前に行けるようになったと思うので良かった。

【曽ヶ端 準】
前半はボールを回すテンポをはっきりさせれば良かったし、相手を揺さぶることも出来なかった。セットプレーが多く、高さもあったので集中して守った。残り試合も勝って、勝点を積み重ねていければ良い。

2013年09月28日(土)

本日行われたJ1第27節大分戦は、3-1で勝利しました。

【J1:第27節 鹿島 vs 大分】トニーニョセレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント(13.09.28)
9月28日(土) 2013 J1リーグ戦 第27節
鹿島 3 - 1 大分 (15:34/カシマ/13,020人)
得点者:52' 森島康仁(大分)、55' 遠藤康(鹿島)、60' 遠藤康(鹿島)、87' ダヴィ(鹿島)

●トニーニョセレーゾ監督(鹿島):

Q:前半30分くらいまで決定的なチャンスを作れませんでしたが、そこからどうやって我慢して後半に繋げていったのでしょうか?また、後半、だいぶピッチに向かって激しく声をかけられていたと思いますが、なにに対して、どのように仰っていたのでしょうか?

「相手が非常に速い帰陣をして、試合前の分析でも相手が後ろにかなりの人数をかけて守備をするということで、その帰陣の速さを彼らが示していました。そして、我々は逆に守から攻への切り替えが遅かった。特に中盤のゾーンでの切り替えの遅さが目立ってしまったところではないかと思います。そういった引いた相手に対して有効な手段というのは、しっかりボールを保持する、そして左右に大きく揺さぶる。揺さぶることで体力的な負担や消耗を強いることができ、どこかにスペースができます。その中で、特に前半に関しては、我々の方がチャンスを多くを作り出せるようになっていったと思います。ハーフタイムでは修正をかけました。細部にわたっていろいろな指示を出しました。ひとつはサイドチェンジをもっと多くする事と、もうひとつはボールスピードをもっと上げる事です。それをやることによって、自然にどこかに横のスライドのズレが出始めて、どこかが空くようになるし、間あいだで受けられればチャンスを生み出せるだろうということを選手に言いました。あとは、急ぎすぎないということを言いました。繋げられる技術を持っているので、そこは落ち着いて繋いでいけば、必ずチャンスはできるし、得点は自然に生まれる。今日は、辛抱強く、忍耐強くやらないといけない試合だと選手に言って、後半に送り出しました。

後半、そこに修正をかけたところで上手くいくようになりました。ビルドアップの時に、当然ながら、どの選手もミスはあり得るわけです。ただ僕は、中央へのパスは最善の注意を払って出さなければならないことも忠告していました。その中でミスがありましたが、チーム全体として良いリアクションを示せたと思います。最後まで諦めずに闘った姿勢や勇気も讃えないといけないところがあるし、それがしっかりできはじめて、土居選手が悪かったわけではなく、点を取りにいかないといけない、勝ちにいかないといけない、というのが我々が置かれた状況でしたし、それがサッカーのおもしろさでもあります。方や、厳しい人生の戦いをしている中で、こちらは優勝のチャンスをうかがう、といったストーリーがある中で闘わなければなりませんでした。1-1に追いついたところでダヴィ選手を入れて、流れを変えることを目指しました。そして、2-1、3-1というところまでいきました。ダヴィ選手が入ったところで、大迫選手がトップ下、セカンドストライカーの役目をやることになったんですけど、今日に関しては非常に役割や機能性をプレーで示したのではないかと思います。それは攻撃時だけでなく、守備時の役割や機能的なもの、あるいは積極的な姿勢を示してくれたのではないかと思います。監督としてもう一人、讃えたい選手が遠藤選手です。時折、90分できない、あるいはパワーダウンしてしまう、集中力や注意力が欠けてしまうところが見受けられたのですが、今日に関してはそういった部分が見えませんでした。そこがよかったし、持続できたところが良かったと思います。特に褒めたいところが、運動量です。90分間、同じ運動量を出し切ることができた、あるいはそういった集中力や意識を高めることが出来たのが、彼のひとつの進歩でもあるし、その進歩をまた次に生かせて欲しいというのが、僕の切実な希望です。それは彼に先ほど直接言いましたし、みなさんを通じて、彼への良いメッセージになれば、と思います。チームとして勝たなくてはいけない状況のなかでやっていたわけで、本当はサイドハーフを交代しようと思っていました。それはなぜかというと、相手も勝たなければいけない状況なので、相手のウイングバックの背後が、ボールを奪った時に使える状況になるので、そこでフレッシュなサイドハーフを入れて、そのスペースを使おうという狙いでいたんですけど、その予想通りにはいかなかったので、梅鉢選手や前野選手を入れなければいけない状況、いろいろな条件があって、彼らを入れる形になってしまいました。予想通りにいかないのもサッカーですので、それもやむを得ないのかな、と思います。

二つ目の質問ですけど、見ての通り、相手はパワーアップして、パワープレーという選択でカンドボールを狙う戦法をとっていました。そうすると、クリアボールというものは、明確なクリアや明確なボールが求められます。特に勝っている試合の残り5分か10分で、相手がそういう選択をし始めた時は、明確なプレーが求められるわけであって、ディフェンスラインが遠くにいますので、それをうまく伝えられなかったところで、まず謝罪をしなければいけないのが、皆さんにとっても、リーグにとっても、審判団にとっても、非常にやってはいけない行為をしてしまったところがあったことは、非常に申し訳ないと思っています。ただ、レフリングではなく、そういった自チームの姿勢に対する檄というか、指示を出したかったので、その必死さからあそこまで行ってしまったというところがあるので、非常に皆さんには申し訳なく、見苦しい光景になりましたけど、そういった意図がありました。ディフェンスの選手は明確なプレーをするべきだ、と僕は考えているので、選手はまた教訓としてやってくれればな、と思います」

Q:試合後のヒーローインタビューで、遠藤選手が「優勝します」と言っていましたが、残り7試合に向けて意気込みをお願いします。

「選手の発言というのは、試合が勝った後ということで、そうした発言をしてしまったところがあるかもしれませんが、当然ながら、それを目指してシーズンをスタートさせています。ただ、現状で言えば、まだ6〜7チームに優勝する可能性があるのではないかと思います。僕らは勝ち続けるしかないという条件の下で、そこにたどり着けるわけです。すぐ国立でFC東京戦があるし、厳しい、タフな試合になるのではないかと思います。相手に対する敬意、尊重というものは常に払わなければならないと僕は考えています。つまり、そこにたどり着くためには、7チームに対する敬意を持たなければならず、その上でしっかりとやるべきことをやらなければなりません。僕は指導者として、監督として、冷静に物事をとらえなければならないし、ベストな準備をして、ベストなプレーをして、ベストな結果を出し続けるということが、しなければならないことです。その準備を怠らずにしっかりとやっていかないといけないと思います。先ほどから言っている通り、6〜7クラブ優勝するチャンスがあるし、直接対決のところもあります。そこをしっかり制していかなければならず、その結果でたどり着ける場所が変わってくると思います」

以上

【J1:第27節 鹿島 vs 大分】試合終了後の各選手コメント(13.09.28)
●大迫勇也選手(鹿島):
「前半は、なかなかボールに触れなかった。1トップなので、あそこで下がってしまうとどうしようもなくなる。後半は下がってボールに触る回数が増えて、シュートを決めるチャンスもできた。
今日は入り方が悪かった。だらっと入ってしまった。チーム全体として、勝つ気があるのかハッキリしない入り方になってしまった。みんなに声をかけたけど、自分にも腹が立った。失点するのは良くないことだけど、失点したことでスイッチが入った。
あんまり僕が引いてしまうとうまくいかないと思っていたが、下がった方が良かった。後半位置を下げてボールに絡む回数を増やしたら、チームとしてのチャンスは増えた。そこは来週、みんなで話し合いたい。正直、アシストはいらない。得点を決めたかったから。ターンはイメージ通りだった」

●遠藤康選手(鹿島):
「1点目はサコ(大迫)から良いボールが来ただけでした。2点目はシュートコースが空いていたので、良いところで打てた。前半はいくつかチャンスをつくれていた。後半の立ち上がりは悪かったけれど、気持ちを落とさずに戦えば点は入ると思っていた」

Q:上位との差が詰まったが?
「まだ抜いていないので。気が抜けない状況が続く」

Q:試合後、山村選手からは声をかけられましたか?
「『助かりました』って。でもヤマはああいうミスをしたけれど、攻撃の時も守備のときも貢献してきた。これからも絶対にヤマの力は必要だと思う」

Q:優勝へのモチベーションは?
「みんな優勝したい気持ちは強い。今日、ベンチに入れなかった人も普段から意識を高くやれている。それが繋がっているんだと思う」

●土居聖真選手(鹿島):
「ずっとダヴィとサコくんだったけれど、自分が絡んでいけば相手にも合わせられる。高さでいったり、自分のように足下でいったり、監督の頭を悩ませることが、チームにとっても僕にとっても良いと思う。最初は裏を狙っていけと言われたんだけど、ハーフタイムに間で受けろと言われた。でも、相手のボランチがしっかり守備をしてきたので、なかなかうまく受けられなかった。そういうときはダヴィを入れてリズムを変えた方が良いと思う。バリエーションが増えて良いのかもしれない。ボランチも相手の2シャドーを見ていたので、なかなかサポートがなかった。一人でも打開できるようにならないといけない。そこができればレベルアップに繋がると思う」

●山村和也選手(鹿島):
「勝つことしか首位に近づいていかない。しっかり勝てるように準備したいです。
(逆転で勝てるようになった)
失点してすぐに得点して、修正じゃないですけど流れを戻すことができたと思います。勝っていくことでポジティブに考えていくことが出来る。負けると少なからずネガティブな部分が出てくるので、勝っていくことが大きいかなと思います」

●ダヴィ選手(鹿島):
「ここ2試合連続で後半から入るため、どうしても体が温まっていないので、試合に入るまで時間がかかるのですが、2試合連続で結果を残せて嬉しく思います。途中出場なのは自分としては関係ない。常に鹿島アントラーズで活躍したいと思ってプレーしています。
Q:大迫選手との距離が良かったように思いますが?
「距離感を近くできたのは監督の指示でもあったのでできたのかなと思います。お互いに意識していたので、今日のような結果になったと思います。大迫選手のパスでゴールを決めることができましたし、彼に対しても確かヘディングに繋がるパスを出すことができました。今後も、そういうプレーを増やしていきたいです」

●青木剛選手(鹿島):
「前半は奪ったボールをうまく繋げず、また奪われて大分の攻撃を受けてしまい、、流れが良くないと思っていました。後半はそれを受けて、勝ちにいかないといけないと思っていた。先に得点を奪われてしまいましたけれど、その気持ちをうまく出せて逆転まで持って行けたと思います。自分たちのやるべきことは勝ち続けること。やるべきことに集中して、その結果、逆転優勝に繋がったら良いと思います」

Q:07年に似ているところはあるか?
「諦めずにやっているのは変わりませんが、全部が全部比較しているわけじゃない。状況としては全部勝つしかないので、これからも続けていければ良いと思います」

[ J1:第27節 鹿島 vs 大分 ]

先制を許した鹿島は55分、遠藤康(写真)のゴールで同点に追いつくと、続く60分にも遠藤がゴールを決め逆転に成功。

[ J1:第27節 鹿島 vs 大分 ]

先制され苦しい展開となった鹿島だが、遠藤康(#25)が立て続けにゴールを決め逆転した。

写真は抱き合って喜ぶ遠藤とジュニーニョ。

[ J1:第27節 鹿島 vs 大分 ]WOWプレーヤーズアワード:遠藤康選手(鹿島)

本日の試合で決勝点をあげた遠藤康選手(鹿島)が、この試合のWOWプレーヤーズアワードに選ばれた。


山村を救った鹿島MF遠藤「『助かりました』って言ってました」
13/9/28 19:38

[9.28 J1第27節 鹿島3-1大分 カシマ]



 逆転でのJ1優勝を目指す鹿島アントラーズだが、28日の大分トリニータ戦では、なかなかエンジンがかからなかった。後半7分には、DF山村和也の縦パスがカットされて、速攻からFW森島康仁に先制点を決められてしまう。悪い流れを一掃したのが、MF遠藤康だった。

 失点から3分後、相手マークを振り切ったFW大迫勇也からのパスをゴール前でフリーになって受けると、しっかりとゴールに流し込んだ。さらに、その5分後には、MF小笠原満男の素早いリスタートに反応。一度、シュートするタイミングを失ったかのように見えたが、視線はしっかりとゴールを見ていた。左足から放たれたシュートは、ここしかないというコースを通って右サイドネットに決まった。

 流れを引き戻す1点目、そして高い技術を示した2点目だったが、本人は淡々と振り返る。「1点目はサコ(大迫)から良いボールが来ただけなので。走り込んだら良いタイミングでボールが来た。(2点目は)コースが空いていたので、良いところにシュートが打てました。前半からチャンスはつくれていたし、後半の立ち上がりはちょっと悪かったですが、気持ちを落とさずにやれば点は入るだろうという感じでした」と、表情を変えることなく述べた。

 この遠藤の活躍もあり、鹿島は3-1と逆転勝利。試合後には山村に「助かりました」と声を掛けられたという。23歳のCBを救った遠藤は、「ヤマ(山村)は、ああいうミスをしたけれど、今までは攻撃にかんしても守備にかんしても貢献してきたし、全然気持ちを落とす必要はない。これからもヤマの力は必要になってくるから、踏ん張ってほしい」と、気使った。

 この日、首位に立つ横浜FMはアウェーで仙台と引き分けた。残り7試合で鹿島は首位まで勝ち点差5に迫っている。次節以降、鹿島はF東京、浦和、川崎Fといった力のあるチームとの3連戦を控えている。試合後の場内インタビューでは、サポーターに「優勝しまーす!!」と宣言した背番号25は、4年ぶりのリーグ制覇に向けて、「まだ(首位を)抜いていないので。まだ気を抜けない状況が続くかなと思います」と、気を引き締め直した。

(取材・文 河合拓)

2試合連続ゴールにご機嫌の鹿島FWダヴィ「先発も途中出場も、関係ない!」
13/9/28 19:53

[9.28 J1第27節 鹿島3-1大分 カシマ]



 相手の裏にスペースがあるとき、この男は脅威となる。1-1で迎えた後半12分、ピッチに投入された鹿島アントラーズのFWダヴィは、後半42分に勝利を決定づける3点目を記録した。

 前節の磐田戦(3-2)に続き、途中出場からゴールを挙げたブラジル人ストライカーは、ご機嫌だった。途中出場からプレーすることについて、ダヴィは「ここ2試合、後半からの出場で体がまだ温まっていないから流れに乗るのまで時間がかかる」と、その難しさを口にする。だが「結果が出せているので満足しているし、先発での出場だろうが、途中からの出場でも関係ない。大事なのは監督に必要とされること」と、チームのために戦っていることを強調した。

 我の強い印象のあるブラジル人ストライカーの姿勢は、逆転優勝を目指す鹿島にとって、大きなプラス材料と言えそうだ。
(取材・文 河合拓)


山村に「助かりました」と声を掛けられたヤスである。
山村のとんでもないミスにより先制点を献上し、苦しい試合展開となった。
しかしながら、そのミスも山村のつなごうという意思の表れである。
弾き返すだけがCBの仕事ではないというところは山村を見ていると強く感じる。
その山村を攻守に貢献と、LIXIL賞、WOWプレーヤーズアワードのダブル・クラウンのヤスは述べる。
攻守にチームが一体化しておる証拠。
ベンチ外の選手も含めて優勝への意識は高い。
集中して一つ一つ戦っていこうではないか。
期待しておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク