FC2ブログ

U-20日本代表・植田、東アジア競技大会へ

リオ五輪への決意、植田「この世代で世界に出て借りを返す」
13/9/30 18:47



 代表での借りは代表で返す。中国・天津で10月6日に開幕する第6回東アジア競技大会に出場するU-20日本代表のDF植田直通(鹿島)は昨秋のAFC U-19選手権について「ものすごく悔しかった」と振り返る。チームはベスト8敗退に終わり、3大会連続でU-20W杯出場を逃し、自身も控えに甘んじた。「あの経験があるから、次は絶対に負けられない」。植田の言う「次」とは、2016年のリオデジャネイロ五輪。「この世代で世界に出て、借りを返さないといけない。オリンピックには絶対に出ないといけない」と力を込めた。

 大津高から今季入団した鹿島ではまだリーグ戦で出番がなく、ナビスコ杯2試合、天皇杯1試合の出場にとどまっている。それでも「試合には出れていないけど、毎日がプラスにしかなっていない」と力説。「練習からA代表に入っている大迫(勇也)くんとかを相手にしているし、一番いい経験ができている。大迫くん相手にしっかりやっていけば自分も上に行けると思うし、一つひとつしっかりやっていきたい」と前向きに取り組んでいる。

 東アジア競技大会では北朝鮮、韓国、香港、中国と対戦する。「自分をどんどんアピールしていきたいし、A代表のサッカーを目指して今日の練習もやっている。(アジアで)日本がNo.1だというのを証明したい」。今大会の先にリオ五輪がある。「オリンピックに出ている山村(和也)さんに話を聞いても、オリンピックはすごくいい大会だと聞く。注目もされるし、世界に行くチャンスにもなる」。リオ五輪への第一歩。U-20代表にとっての“初陣”を優勝で飾るつもりだ。


(取材・文 西山紘平)

高いモチベーションで東アジア競技大会に挑むU-20日本代表の植田である。
昨年のAFC U-19選手権UAE2012では、ベンチを温めることとなった上、チームは惨敗した。
自らの力を発揮できなかった無念に悔しさをにじませたものである。
今回はピッチに立ち、東アジアの強豪たちの攻撃を弾き返すのだ。
植田の力を持ってすれば、この大会の頂点を目指すことも夢ではあるまい。
リオデジャネイロ五輪日本代表への一歩として、良い結果を持ち帰って欲しい。
楽しみにしておる。

サッカーマガジン 大分戦寸評

2013.9.28 J1第27節 鹿島×大分 寸評・採点・布陣
2013-09-30

鹿島 3 ― 1 大分
■カシマ■13,020人■晴■22.4℃■主審:今村義(5.0)
■得点(アシスト)
(鹿)55分:遠藤(大迫)、60分:遠藤、87分:ダヴィ(大迫)
(大)52分:森島(為田)

MATCH REPORT
前半は出足の早い大分の守備に苦しみ、ミスが目立った鹿島。52分には山村のパスミスから先制を許す。しかし3分後に大迫の突破から遠藤が決めて追いつくと、60分にクイックFKから再び遠藤、87分には大迫のボール奪取からダヴィが決めて逆転で連勝を飾った。

Most Valuable Player
鹿島 大迫 勇也 遠藤とMVPを迷うが、3得点に絡む攻撃面だけでなく、相手のCKをはね返すなど守備でも大貢献

鹿島
GK 21 曽ヶ端 準 6.0 完封はならなかったが、クロス対応や最終ライン裏のケアは安定
DF 22 西 大伍 5.5 効果的な攻撃参加もあったが、裏を狙う木島を捕まえきれなかった
DF 5 青木 剛 6.0 木島の受け渡しには苦戦も縦パスに厳しく寄せ、1点目の起点にも
DF 4 山村 和也 5.0 攻守とも質の高いプレー見せていたが、痛恨のパスミスで先制許す
DF OUT 86分 6 中田 浩二 6.5 終盤は足が止まるも、47分のクロスなど随所で気の利いたプレー
DF IN 86分 17 前野 貴徳 - 出場時間が短く、評価材料に乏しいため採点なし
MF 40 小笠原 満男 6.5 素早いFKで1アシスト。守備でも厳しく体寄せ、こぼれ球を拾う
MF 20 柴崎 岳 5.5 パスの呼吸合わず、らしくないミス目立つ。77分に決定機を逃す
MF 25 遠藤 康 7.0 右から中央へうまく走り込み、2得点。守備でも90分間走り続けた
MF OUT 57分 28 土居 聖真 5.5 精力的に動き回っていたが、相手を背負った状態ではボールを失う
MF IN 79分 27 梅鉢 貴秀 - 出場時間が短く、評価材料に乏しいため採点なし
MF OUT 79分 8 ジュニーニョ 6.0 ボールロストも何度かあったが、77分に正確なクロスで決定機演出
FW 9 大迫 勇也 7.0 鋭い突破と柔らかいポストプレー、激しいボール奪取で全得点に絡む
FW IN 57分 11 ダヴィ 6.5 うまくサイドに流れて起点となり、大迫とのコンビでダメ押しゴール
監督 トニーニョ・セレーゾ 6.5 前半の低調な出来を後半に修正。ダヴィ投入で逆転を引き寄せる

大分
GK 21 丹野 研太 5.5 3失点は難しいシュートだったが、単純なキックミスが目立った
DF 3 阪田 章裕 5.5 くさびのパスには厳しく寄せたが、高木の背後をケアしきれず
DF 18 高木 和道 5.0 大迫にあっさりと突破を許す場面が目立ち、カバーリングも遅れた
DF 23 安川 有 5.0 中に入る遠藤を捕まえきれず。奪った後の雑なフィードも多かった
MF OUT 66分 27 松原 健 5.5 ジュニーニョには粘り強く対応していたが、攻撃面で見せ場少ない
MF IN 66分 49 梶山 陽平 6.0 決定機はつくれなかったが、寄せられても失わないキープはさすが
MF 28 為田 大貴 5.5 山村のボールを奪い先制アシスト。しかし、守備で大迫をつぶせず
MF 30 ロドリゴ・マンシャ 5.0 寄せは早いが、取った後のパス精度低い。大迫に奪われ失点に絡む
MF 10 チェ・ジョンハン 5.5 激しい守備見せたが、攻撃ではボールを引き出せず消える時間長い
MF OUT 74分 6 土岐田 洸平 5.5 ボールを受ける動きに工夫は見られたが、受けてからの精度が低い
MF IN 74分 7 木村 祐志 5.5 後方に下がってビルドアップを助けたが、守備ではカバーが遅れる
MF OUT 57分 24 木島 悠 6.0 うまく西の背後に走り込んでチャンスをつくるも、判断が遅れた
MF IN 57分 29 松本 昌也 6.0 キレのあるドリブルは光ったが、周囲とうまく連動できなかった
FW 20 森島 康仁 6.0 力強いポストプレー、1ゴールはあったが、なかなか前を向けず
監督 田坂 和昭 5.5 先制するまではプランどおりの展開も、守備の強度を90分間保てず

Most Disappointing Player
大分 高木 和道 1失点目だけでなく、前半から大迫のドリブルに翻弄される場面目立ち、1対1で後手に回った




サッカーマガジン誌による大分戦の寸評である。
MVPは二試合連続の大迫となった。
ヤスと迷ったとあるが、守備の黄権も含めて大迫に栄誉を与えたとのこと。
大迫がそれだけの活躍をしたことは、試合を観た者は理解しておる。
納得の評価と言えよう。
その大迫に継ぐのは2得点のヤスである。
大迫と同等の評価と言ってよかろう。
今季は序盤こそベンチを温めたが、夏場にレギュラーポジションを奪うと、攻撃の起爆剤として活躍しておる。
今、最も旬な選手やも知れぬ。
そして、ダヴィ、満男、中田コと実力者が高評点に名を連ねた。
ダヴィは途中出場でゴール、満男は素早いリスタートでアシスト、中田コは安定した守備に加え良いクロスがあった。
攻守に良いプレイが観られ、観客にとっては楽しい逆転勝利だったのではなかろうか。
連勝街道を走り、最後には笑ってシーズンを終えたいところ。
選手の踏ん張りに期待である。

オープンスタジアムとあまちゃん

【鹿島】ファン交流で若手が全力ダンス

ステージ上で少女時代のTAXIを踊る八木コーチ(中央)と若手選手(撮影・桑原亮)

 鹿島が29日、「2013オープンスタジアム」を開催した。ホームのカシマスタジアムを開放し、選手たちも出席してファンと交流。

 テレビの人気番組をまねたトークイベントや、若手選手がダンスパフォーマンスを披露するなど、集まった5000人のファンを楽しませた。また、「東北人魂を持つJ選手の会」の協力で、東北のグルメグランプリを開催。選手たちも店頭に立ち、大盛況に終わった。選手会長を務めるMF遠藤康(25)は「毎年みんなでやっている。ファン1人1人のために準備してきたので、喜んでもらえてよかった」と振り返った。
 [2013年9月29日19時5分]

カシマOPスタジアム、AKB仮装や定番の“曽ケ端いじり”

鹿島が「オープンスタジアム」を開催。ジュニーニョ(左)とダヴィがマスコットの「しかお」と記念撮影する
Photo By スポニチ


 カシマスタジアムに約5000人のファンを集めて「オープンスタジアム」を開催した。東日本大震災で被災し、約3カ月間公式戦開催不能状態に陥ったスタジアムの復旧を記念して11年9月に第1回を実施。3回目の今回は東北出身選手を中心に設立されたボランティア団体「東北人魂」がオークションで集めた資金を使い、東北から名店を招待してグルメグランプリを開催するなど復興支援を兼ねたイベントとなった。

 昌子ら若手はAKB48に扮したダンスパフォーマンスを披露。小笠原はおなじみの“曽ケ端いじり”で会場を盛り上げ「復興に向けて頑張っている人たちに来ていただいて、有意義な時間を過ごせた」と語った。


AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を披露した鹿島の(左から)豊川、昌子、引退を発表した八木直生さん、伊東、宮内
Photo By スポニチ


鹿島がオープンスタジアムを開催。小笠原は大船渡「KAIZAN」のさんま海鮮焼きブースに登場
Photo By スポニチ


[ 2013年9月30日 06:00 ]

【鹿島】じぇじぇ!小笠原「終わって残念」あまちゃんロス
 鹿島のMF小笠原満男(34)が29日、東日本大震災からの復興を目指す東北地方の相次ぐ活性化を喜んだ。28日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。地元・岩手が舞台なだけに「全部見た」という。国民的人気ドラマが終了しただけに、世間では“あまロス”を訴える人が続出しているが、主将も「終わって残念」とどこか寂しげ。それでも「岩手を知ってもらったし、(仙台の)楽天も優勝した」と笑顔も見せた。

 この日は、震災で被災したカシマスタジアム(茨城・鹿嶋市)の復旧を記念するスタジアム開放イベントが、同地で行われ、5021人のサポーターが集まった。今年で3回目となり、選手たちの催し物のほか、「東北人魂を持つJ選手の会」とコラボした「グルメグランプリ」を開催。「(被災地は)まだまだ風評被害なども多い。先に進むきっかけになれれば」と継続的な支援を誓った。
(2013年9月30日06時01分 スポーツ報知)

鹿島がオープンスタジアムで佐々木と八木の引退セレモニーを開催

オープンスタジアムで八木直生氏と佐々木竜太氏の引退セレモニーが行われた [写真]=高本亜紀

 茨城県立カシマサッカースタジアムにおいて、29日、鹿島アントラーズ主催によるスタジアム一般開放イベント『オープンスタジアム』が開催された。

 本イベントは、2011年3月11日に発生した東日本大震災により被災し、主要プロ競技の本拠地施設の中で唯一、3カ月にわたっての公式戦開催不可能状態に陥った同スタジアムの復旧を記念して、同年より開催されているもの。

 朝9時のオープンから、ピッチではクリニックやキックオフターゲットがスタート。13時15分からは名良橋晃氏、長谷川祥之氏、大岩剛氏による「OBトークショー」が、14時からは「選手会 presents プレーヤーズオンステージ」が披露されるなど、来場した5,021人のファン・サポーターは普段とは違うスタジアムの雰囲気を大いに楽しんでいた。

 イベント終盤には、昨年までチームに所属した佐々木竜太氏、今年8月に選手から育成組織コーチへの転向を発表した八木直生氏、両名の引退セレモニーが開かれた。

 佐々木氏は「地元・鹿嶋の選手ということもあって、みなさんから常に温かい目で見てもらっていたこと、ひしひしと感じていました。7年間、プロとして支えられたことを、アントラーズに関わる全ての人に感謝しています。サッカーではサポーターのみなさんに恩返しはできませんでしたが、今後何かしらのかたちでできるように頑張りたいと思います」と力強く挨拶。八木氏は「試合に出ていないし、怪我ばかり。恩返しができないまま引退になってしまって、正直悔しいし、後悔も大きいです。けれど、これからはアントラーズのスタッフとして頑張ります。みなさんには温かく見守っていただきたい」と時折、声を詰まらせながら語った。

文・写真=高本亜紀

鹿島がオープンスタジアムでグルメGPを開催…東北人魂の小笠原、柴崎らが参加

グルメグランプリには東北人魂の小笠原満男らが推薦者として参加 [写真]=高本亜紀

 茨城県立カシマサッカースタジアムにおいて、29日、鹿島アントラーズ主催によるスタジアム一般開放イベント『オープンスタジアム』が開催された。

 本イベントは、2011年3月11日に発生した東日本大震災により被災し、主要プロ競技の本拠地施設の中で唯一3カ月にわたっての公式戦開催不可能状態に陥った同スタジアムの復旧を記念して、同年より開催されているもの。

 朝9時のオープンから、ピッチではクリニックやキックオフターゲットがスタート。13時15分からは名良橋晃、長谷川祥之、大岩剛による「OBトークショー」が、14時からは「選手会 presents プレーヤーズオンステージ」が披露されるなど、来場した5021人のファン・サポーターは普段とは違うスタジアムの雰囲気を大いに楽しんでいた。

 3回目となる今年は、朝11時より「東北人魂を持つJ選手の会(略称:東北人魂)」に参加する小笠原満男らの協力を得て、東側太平洋岸5県によるグルメナンバー1を決定する『EAST COAST グルメグランプリ in KASHIMA』が行われた。同クラブの選手が参加した同会主催のネットチャリティーオークションの売上金を、運営資金として活用。MF小笠原満男、MF中田浩二、MF遠藤康、MF柴崎岳、クラブマスコットらが推薦者となり、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県から全8店舗が参加。朝から選手が推薦店舗に現れ、接客やサイン会に勤しんだ。

 続々と完売店が表れる中、来場者の投票により1位に選ばれたのは、青森県八戸市の「菊の里」。推薦人を務めた柴崎は「嬉しいです」と、顔をほころばせた。

 なお、2位は3位及び選手会が選ぶ特別賞は岩手県の「大船渡KAIZAN」が、福島県・Jヴィレッジのシェフを務めていた西芳照さんが広野市で経営するレストラン「アルパインローズ」が選ばれた。

文・写真=高本亜紀


オープンスタジアムを報じる各紙である。
多くのイベントが催され盛況だった様子が伝わってくる。
そんな中で報知は満男がNHK朝ドラのあまちゃんを視聴しておったことを報じておる。
ということは、8月31日の放送ではユイちゃんの状況をヤキモキし、その週末を過ごしたのであろうか。
その気持ちを抑え込みホームの柏戦を戦ったと思うと感慨深い。
そして、あきとユイが走りきったように、鹿島も手をつないで走り、笑顔でシーズンを終えたい。
最後のジャンプである。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク