FC2ブログ

期待以上の成果を得てチームは日本に帰国する

[鹿島]タイキャンプが終了。結束力を促すなど期待以上の成果を得る


 9日、タイでトレーニングキャンプを実施していた鹿島が全日程を終了した。

 けが人や代表招集の関係でフィールド選手17人、GKを含めても19人という厳しい条件での遠征となったが、5日にタイ・ホンダFC、8日にチョンブリFCと親善試合を行い、それぞれ2-0、5-0で勝利。与えられた条件できっちり結果を残すことに成功した。

 当初は疲労の蓄積が心配されたが、日本とは異なる環境でのトレーニングは、チームをリフレッシュさせた。さらに、1週間ほどの共同生活は、少し薄れていた結束力の復活も促す。大きく体調を崩す選手や、新たにけがをする選手もおらず、期待以上の成果を得てチームは日本に帰国する。

(鹿島担当 田中滋)


タイキャンプについて記すBLOGLAの田中滋氏である。
練習試合の結果、疲労を乗り越え環境に適応したこと、それ以上に共同生活による結束が強調される
良い遠征が出来た様子。
水曜日からの再始動では、新生・鹿島として新たなる姿を見せてくれよう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

山形・石川、1日店長

山形の石川竜也、鈴木雄斗の父との意外な関係を語る


 山形の石川竜也、鈴木雄斗両選手が愛媛戦翌日の9日、オフィシャルショップ「スポーツプラザ21」の1日店長を務め、トークイベントやグッズの店頭販売などを行った。

 トークイベントでは、前日の愛媛戦の前に、鈴木がJリーグ出場100試合の表彰を受けたことが話題に。花束のプレゼンテーターは鈴木の両親が務めたが、父・康仁さんはJリーグでGKコーチを務めた経歴があるサッカー指導者。鈴木は「(現在山形の監督を務める)石﨑(信弘)監督がレイソルで監督をしていたときに、僕の父親がレイソルのGKコーチをしていて、それで石﨑監督(と父)とは知り合いなんです」と関係性を紹介した。

 すると、話し始めたのは石川。石川も鈴木の父と意外な関係があるという。

「18歳のときに(年代別)日本代表でお世話になりました。昨日、19年ぶりにばったり会ったんですけど、雄斗の父ちゃんだと思わなくて、『何してるんですか?』って聞いたら、雄斗のパパだった」とエピソードを披露。会場に集まったサポーターを笑わせた。

 このあとのお楽しみ抽選会では、さまざまなグッズが抽選でプレゼントされた。その中には“体験型景品”として「選手二人と仮装して写真撮影できる体験」もあり、鈴木はマントを着けた魔法使いに、普段はクールな石川もアフロヘアとなり、サポーターと写真に収まっていた。

(山形担当 佐藤円)


オフィシャルショップの1日店長を務めた山形の石川である。
鈴木選手の父との縁など面白エピソードを語った。
石川の活躍が待ち遠しい。
来季を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大橋・櫛引、室内トレーニング

タイ遠征7日目


チョンブリFC戦を一夜明け、室内トレとプールトレを行いました。


室内トレーニングを行う大橋と櫛引である。
タイキャンプもいよいよ打ち上げとなる。
負傷者が出ることなく終えたこと、練習試合では攻撃陣が結果を出したことなど、実り多い遠征であった。
明日帰国し、負傷明けの選手が合流して、FC東京戦を目指す。
どのような布陣になるのか今から楽しみと言えよう。
総力戦で残りリーグ戦3試合、そしてCSを戦う。
良い結果を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

浦和・興梠、ハットトリック

【浦和 vs FC東京】 興梠が冷静にPKを沈める
2016年10月9日(日)



浦和は2点リードの53分、駒井善成がPA内で倒されPKを獲得。
このPKを興梠慎三(写真)が冷静に決めてリードを3点に広げる。

【浦和 vs FC東京】 興梠がハットトリックを達成!
2016年10月9日(日)



興梠慎三(写真)はPKを決めて、見事ハットトリックを達成する!


ルヴァン杯準決勝にてハットトリックを達成した浦和の興梠である。
公式戦としてはプロ入り初とのこと。
喜びも大きかろう。
鹿島在籍時には簡単なシュートを外し、「惜しい」を連発しておったことを思い出す。
シュートチャンスは元々多いFWであった。
同時期に大迫という存在がいなければ、もっと良い環境にて活躍させることが出来たと思う。
それはそれとして、おめでとう。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

日本代表・植田直通、やれと言われればやるだけ

植田SB出場でも尽力「やれと言われればやるだけ」
[2016年10月9日7時47分 紙面から]

 W杯ロシア大会アジア最終予選B組、アウェー・オーストラリア戦に挑む日本代表が8日、メルボルン市内で初練習をした。

 リオ五輪代表の守備の要DF植田が、スクランブル発進に備えた。186センチの長身とスピードを生かしたセンターバックとして準備する一方、チームはサイドバック(SB)の長友と酒井宏が離脱。昨年1月のアジア杯オーストラリア大会は右SBで招集されており、今回も可能性はある。「やれと言われれば、やるだけ」と、どこで起用されてもチームに尽くす気だ。


SB出場の準備をする日本代表の植田である。
出場停止と離脱者が相次ぎ、SBが手薄となっておる。
ここは、本職のCBとしてではなくSBとして起用されることも考慮せざるを得ないところ。
植田は、どのような状況にも応えられる準備はしておる様子。
次の豪州戦、二人の離脱が出た現在、植田も永木もベンチ入りはしよう。
二人がピッチに立つことを期待してテレビの前で待つ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

親善試合 チョンブリFC戦

チョンブリFC戦


本日行われた親善試合 チョンブリFC戦は鈴木選手、土居選手、金崎選手、杉本選手、田中選手のゴールで5-0と勝利しました。

親善試合:vs タイ・チョンブリFC
2016年10月09日(日)

2016年10月8日(土) Chonburi Stadium

チョンブリFC 0 - 5 鹿島アントラーズ

得点:13分 鈴木、39分 土居、52分 金崎、71分 杉本、90分+3 田中

警告:80分 柴崎

<アントラーズメンバー>

先発:
GK
21 曽ケ端 準

DF
24 伊東 幸敏
14 ファン ソッコ
20 三竿 健斗(→ 79分 大橋 尚志)
16 山本 脩斗(→ 67分 平戸 太貴)

MF
20 柴崎 岳
40 小笠原 満男(→ 67分 久保田 和音)
34 鈴木 優磨 (→ 73分 田中 稔也)
11 ファブリシオ (→ 62分 杉本 太郎)

FW
金崎 夢生 (→ 62分 赤崎 秀平)
土居 聖真 (→ 72分 垣田 裕暉)

サブ:
GK
1 櫛引 政敏

DF
30 大橋 尚志
35 平戸 太貴

MF
26 久保田 和音
32 杉本 太郎
36 田中 稔也

FW
18 赤崎 秀平
37 垣田 裕暉









動画


タイ・チョンブリFCと親善試合を行った鹿島である。
岳のセットプレイに高いヘディングで優磨が先制、優磨が競り勝って夢生が縦に突破し、フリーの聖真にパスして2点、優磨のクロスに夢生のダイビングヘッド、素晴らしいサイドチェンジから太郎が抜け出してゴール、そして試合終了間際に稔也が決めた。
アジアのアウェイでの大勝は、気持ちの良いものと言えよう。
タイの地にて良い経験を積むことが出来た。
来季のACLが楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク