FC2ブログ

聖真と夢生、心合わせて

午前練習


サーキットトレーニングを行いました。


聖真と夢生である。
中断明けからはこの二人の2TOPに戻りそうである。
二列目の負傷離脱しておった選手が戻り、ファブリシオをフィットしてきた。
聖真はまたFWとして起用される見込みである。
夢生とのコンビネーションでゴールを積み重ね、勝利を呼び込むのだ。
強力な二人の活躍が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

仙台・野沢、今季も残り3戦。全力で頑張る

<ベガルタ>野沢3ヵ月半ぶり復帰

八戸戦で鋭いパスを送る野沢(左)

 J1仙台は15日、仙台市の紫山サッカー場で、日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸、仙台ユースとそれぞれ練習試合(40分ハーフ)を行い、八戸に2-0、仙台ユースには6-0で快勝した。
 八戸戦には、7月の第2ステージ第1節川崎戦で右太もも裏の肉離れを起こしたMF野沢が先発。約3カ月半ぶりの実戦で、切れのある動きを披露した。
 今季入団直前に右足首を骨折した高卒新人のMF椎橋は、2試合共にボランチで途中出場。初めての対外試合で元気な動きを見せた。
 渡辺監督は「負傷者が戻ってきたのはチームにとってプラス。内部の競争を活発にしながら、今季最後まで全力で戦う」と話した。

<「まだイメージ通りにいかない」>
 右脚の肉離れで戦列を離れていたMF野沢が、2トップの一角で実戦に復帰した。「3カ月以上もサッカーから離れていたので、まだまだイメージ通りにいかないところもあった」と自己評価は低いが、随所に存在感を示した。
 立ち上がりから持ち味の意表を突くパスを連発。攻撃の起点となった。前半38分には先制ゴールをお膳立て。「狙っていた」と左CKを渡部の頭に合わせ、ゴール前に詰めた奥埜の得点につなげた。
 渡辺監督は「まだ完全な状態ではないが、プレーの質は高い。徐々に試合勘が戻ってきている」と評価する。野沢は「今季も残り3戦。全力で頑張る」と、22日の次戦ホーム神戸戦への出場に意欲を見せた。


練習試合にて実戦復帰した仙台の野沢である。
3ヶ月半ぶりとのことで、野沢自身は「まだまだイメージ通りにいかないところもあった」と語る。
とはいえ、随所に存在感を示し、CKから得点を演出しておる。
残り3氏兄出場し、仙台を勝利に導くのだ。
良い報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ケルン・大迫、全得点に絡む

大迫、先制アシスト&PK獲得!!ケルンは開幕7戦無敗で2位浮上
16/10/16 01:39


先制点をアシストしたFW大迫勇也がFWアントニー・モデストに抱きつく

[10.15 ブンデスリーガ第7節 ケルン2-1インゴルシュタット]

 ブンデスリーガは15日、第7節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝った。大迫は2トップの一角で6試合連続の先発出場を果たし、後半30分までプレー。前半28分に先制点をアシストすると、同37分にはPKも獲得するなど、全2得点を演出する活躍を見せた。

 9月21日のシャルケ戦(3-1)、同25日のライプツィヒ戦(1-1)で2試合連続ゴールを記録し、代表復帰も期待される大迫がこの日も躍動した。前半28分、中盤に下がってボールを受けると、前線に浮き球のスルーパス。オフサイドラインぎりぎりで飛び出したFWアントニー・モデストが胸トラップから素早く反転し、左足でゴールネットに突き刺した。

 大迫の4試合ぶり今季2アシスト目で先制すると、追加点も背番号13のファインプレーから生まれた。前半37分、左サイドのスローインを受けた大迫がDFを背負いながら強引に反転し、PA内に進入。たまらずDFマルビン・マティプが後方から押し倒し、PKを獲得した。キッカーはモデスト。落ち着いてゴール左隅に決め、2-0とリードを広げた。

 後半45分にPKで1点を返されたケルンだが、2-1で逃げ切り、3試合ぶりの白星。開幕から4勝3分の無敗を守り、勝ち点を15に伸ばすと、ヘルタ・ベルリン、ドルトムントを抜いて順位も2位に浮上し、首位バイエルンを勝ち点2差で追っている。

ケルン大迫、7戦負けなしのチームに「うまい具合に回っている」…目標は「数字で結果を残すこと」

素晴らしいコンビを形成している大迫とモデスト/ Getty Images

2016/10/16 9:41:55

ケルンのFW大迫がインゴルシュタット戦に勝利した後、チームと自身の好調について語った。

ケルンは15日、ブンデスリーガ第7節でインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝利。先発出場したFW大迫勇也は1アシストで勝利に大きく貢献し、チームの好調を喜んだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

ケルンは前半に2点を先制し、試合終了間際に1点を返されたものの、内容的には快勝であった。大迫も「うまく前半の早い時間帯で2点取れたので、僕らの試合になったと思います」と試合を振り返っている。

また、FWアントニー・モデストへのアシストを「狙い通り」と語り、PK獲得のシーンでは「あそこで仕掛ければ何か起こるかなと思って。(相手が)2人来て、うまい具合に(PKの)判定になったので良かったです」と話している。

インゴルシュタット戦の勝利で、ケルンは開幕7戦負けなしの2位に浮上した。大迫は「チームは今、すごくうまい具合に回っている感覚があります。次は上位対決(ヘルタ戦)ですけど、アウェーで勝てればもっともっと上にいけると思うので頑張りたいです」と語った。

個人的な目標には「もっともっと得点とアシストという形で結果を出すことが今季の目標なので、満足せずに積み重ねていきたいと思います」と数字で結果を残すことを挙げている。


先発出場したケルンの大迫である。
浮き球のスルーパスにてアシスト、PK獲得と全2得点に絡んだとのこと。
このチームでのポジションはほぼ確立されたと言って良かろう。
驚異の才能を欧州にて開花させた。
これからも活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク