FC2ブログ

岡山・豊川、食育活動

岡山:大人気の豊川雄太選手
2016年10月24日(月)



岡山市立富町小学校での食育活動、「ファジアーノ岡山×小学校給食」でのひとコマ。廊下を歩いて教室に向かう最中から名前を呼ばれていた豊川雄太選手。5年1組の教室に入ると大歓声に迎えられました。「これどうやって食べるの?」と積極的に話をしていました。生徒たちも、「実物、最高です!」と目を輝かせていました。


岡山市立富町小学校にて食育活動を行う岡山の豊川である。
大人気となった豊川は積極的に小学生とコミュニケーションを計った様子。
楽しげな姿が伝わってくる。
豊川のキャラクターは重要と言えよう。
これからも明るく和やかに。
そして、活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

シャルケ・篤人、俺ももうだいぶやれるかな

シャルケ内田、復帰へ向け好感触「監督が『行け』って言ったら行く」

復帰が近づいている内田篤人(写真は昨年2月) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が23日に行われ、内田篤人が所属するシャルケは武藤嘉紀のマインツに3-0で快勝した。試合後、内田がチーム状況や自身のコンディションについてコメントを残している。

 昨年6月に手術した右ひざの負傷からの復帰を目指している内田は、今月4日に受けたMRI検査で大きな改善が見られたとクラブから発表されており、年内の復帰に期待がかかっている。快勝を収めたホームゲームを観戦した内田が、回復状況についてコメントした。

 マインツ戦の勝利で、シャルケは公式戦5試合負け無しとなった。好調を維持するチーム状況について内田は「人は揃っているんで、あとは慣れればとは思いましたけどね。試合数が多いんでちょっといじりながらやってるかな、監督は。人をだいぶ取ったんで、人がいないってことはないね、あんまり」と、新戦力を含め選手層が厚くなっていることについて、ポジティブな見解を示した。

 怪我の回復については「俺ももうだいぶやれるかな。『チームと全部やらせてくれ』って言ってるんですけど、やっぱヨーロッパリーグが入ってくるとチーム練習が軽くなっちゃう。その軽い練習を俺が一緒に参加してもって感じだから。できるけど、別で上げてるって感じ」と、コンディションを上げるため、チームの軽い練習とは別メニューでのトレーニングを実施していることを明かしている。

 実戦復帰に関しては「事故的なことがあるからね、サッカーは。自分のタイミングじゃないタイミングで動いたりとか、滑ったり、相手が乗っかってきたりとかもあるんで。そうなったらぶっちゃけ手術したしないは関係なく怪我しちゃうからね。今のところは自分の頭の動きの中では戻ってきてるから、あとはそういう事故とか、思った以上の負荷に耐えられるかという」と、慎重に復帰への道を歩んでいることを明らかにした。その一方で「俺はもう監督が『行け』って言ったら行くけどね」と、意欲を示している。

 今シーズンから指揮を執っているマルクス・ヴァインツィアル監督との関係については「クロスとか練習やって良いプレーしてれば、このあいだは『ひざ良くなってきたな』って声かけてくれたし、ウインクされました(笑)」と良好な関係をアピール。また、11月にロシア・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表についても「いやぁ、俺は11月狙ってるけどね、代表(笑)。それまでに(シャルケで)試合に出なきゃダメだから。逆算して、いつチーム練習に復帰して、ベンチ入ってって考えてたけどね。どう考えても間に合わなかった」と、冗談交じりに返答。その上で、「でもそう考えるほうがさ、だいぶ変わってくるからね、自分の中で」とモチベーションを上げるために代表復帰を1つの目標としていたことを明かした。

 シャルケは今シーズン、ブンデスリーガで開幕から5連敗を喫するなど不安なスタートを切った。しかしUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第2節で南野拓実が所属するザルツブルクに3-1で勝利すると、そこからリーグ戦でも3試合負け無しと立て直してきている。内田の復帰も近づいており、浮上を狙うシャルケに目が離せない。


回復状況についてコメントしたシャルケの篤人である。
「俺ももうだいぶやれるかな。『チームと全部やらせてくれ』って言ってるんですけど、やっぱヨーロッパリーグが入ってくるとチーム練習が軽くなっちゃう。その軽い練習を俺が一緒に参加してもって感じだから。できるけど、別で上げてるって感じ」と語る。
いつでも行けるといった感触が伝わる。
日本代表に於いても、「いやぁ、俺は11月狙ってるけどね、代表(笑)」と冗談交じりに言う。
復帰は間近と考えて良かろう。
楽しみに待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

セレッソ・山村、起死回生の同点弾

【C大阪 vs 山形】山村が起死回生の同点弾
2016年10月23日(日)



1点ビハインドで後半アディショナルタイムを迎え、窮地に追い込まれたC大阪は、交代出場の山村和也が起死回生の一撃をねじ込み、土壇場で2-2の同点とした。


ゴールを決めたセレッソの山村である。
敗戦濃厚のアディショナルタイムに起死回生の同点弾を蹴り込んだ。
素晴らしい。
山村の攻撃力が光る。
山村は鹿島ではDF登録であった為か、守備的なイメージが強くある。
しかしながら、中盤の底から走力を活かして上がっていく攻撃にこそ彼の大きな特徴である。
それを理解せず、ベンチに置くのでセレッソは苦戦を強いられるのではなかろうか。
ここからリーグ終盤、山村の活躍にてセレッソをJ1昇格に導いて欲しい。
良い報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

源、ガンバから魔の手

G大阪、鹿島昌子を獲得へ「代表レベルのCB必要」
[2016年10月24日4時59分]


昌子源(写真は2016年9月)

 G大阪が来季の新戦力として鹿島の元日本代表DF昌子源(23)の獲得を検討していることが23日、分かった。

 クラブ関係者が「代表レベルのセンターバック(CB)が必要」と明言。昌子は中学時代にG大阪の下部組織で育ち、FW宇佐美(アウクスブルク)やMF大森と同学年のため「ガンバに愛着があるようだ」とも明かした。

 ◆昌子源(しょうじ・げん)1992年(平4)12月11日、兵庫県生まれ。神戸フレスカU12からG大阪ジュニアユース入り。高校は鳥取・米子北に進学し、11年に鹿島に入団した。J1通算105試合6得点。国際Aマッチ2試合無得点。182センチ、74キロ。

G大阪が鹿島DF昌子獲得へ 下部組織で宇佐美同期
[2016年10月24日7時55分 紙面から]


G大阪が獲得を検討している鹿島DF昌子

 G大阪が来季の新戦力として鹿島の元日本代表DF昌子源(23)の獲得を検討していることが23日、分かった。クラブ関係者が「代表レベルのセンターバック(CB)が必要」と明言。昌子は中学時代にG大阪の下部組織で育ち、FW宇佐美(アウクスブルク)やMF大森と同学年のため「ガンバに愛着があるようだ」とも明かした。

 G大阪は来季の補強ポイントとしてFWとCBを挙げていた。既に川崎Fの日本代表FW小林の獲得に動いており、CBは横浜のDFファビオの獲得が濃厚。一方でDF金に横浜が興味を持っていることも判明。流出する可能性が浮上し、さらなるCBの即戦力が必要となった。

 今後は契約条件を提示して話し合いを進めていく。昌子は鹿島と複数年契約を結んでいるが、G大阪側は移籍金を払ってでも獲得を目指す見込みだ。G大阪は、今季既にルヴァン杯(旧ナビスコ杯)とリーグ優勝を2年連続で逃し、ACLも1次リーグで敗退した。残るタイトルは3連覇の懸かる天皇杯のみとなった。2年前に国内3冠を達成した栄冠をもう1度つかむためにも、長谷川体制5年目の来季は攻守で再建していく。

 ◆昌子源(しょうじ・げん)1992年(平4)12月11日、兵庫県生まれ。神戸フレスカU12からG大阪ジュニアユース入り。高校は鳥取・米子北に進学、11年に鹿島入団。J1通算105試合6得点。国際Aマッチ2試合無得点。182センチ、74キロ。


源の獲得を狙うガンバである。
これは大きなニュースと言えよう。
確かに源はガンバのジュニアユース出身であり、共感もあろう。
しかしながら、源の才能に目を付け育て上げたのは鹿島であり、尊敬する大岩コーチもおる。
簡単に移籍とさせるわけにはいかぬ。
来季はアジアもあり、リーグ戦の賞金も大きく跳ね上がる。
戦力を整え、強いチームを作って行くには源の力が必要となる。
源が正しい決断をしてくれることを強く望む。
続報を待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク