FC2ブログ

サントス、一番の問題は負けたこと

【鹿島】CS前哨戦で露呈した“常勝軍団”の課題に、「一番の問題は…」とレジェンドが助言
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2016年10月29日


金崎が、昌子が、遠藤が、ファブリシオがチャンスを迎えるも…。


アグレッシブな姿勢で攻撃を牽引した金崎(33番)だったが、GKとの1対1を決められず。他の選手も決定機をモノにできず、鹿島は川崎とのCS前哨戦で惜敗を喫した。(C)SOCCER DIGEST

 10月29日の川崎との一戦に、かつてのチームメイトであるサントスが駆けつけた。試合後、鹿島のレジェンドに古巣の戦いぶりについて印象を聞いてみると……。

「一番の問題は、負けたこと。ただ、アントラーズはたくさんのチャンスを作った。前半も後半も、最初にビッグチャンスをもらったのはアントラーズだった。そこを決められなかったのは大きな課題。サッカーにおいて、ゴールチャンスが訪れたら、絶対に入れてほしい。絶対にね」

 この試合、たしかに鹿島は数多くの決定機を演出したが、決め切れなかった。ファブリシオや昌子の一撃はバーに嫌われ、金崎はGKとの1対1でストップされ、遠藤の渾身のシュートもネットを揺らせなかった。

 失点は一瞬の隙を突かれたもので、間違いなく内容では川崎を上回っていた。それでも、試合には勝てなかった。鹿島は0-1と完封負けを喫した。

“常勝軍団”が陥った決定力不足という問題。これを解決しない限り、チャンピオンシップを勝ち抜くことはできないだろう。

 ただ、逆に言えば、やるべきことは明確だ。どれだけゴールを決め切る力を高められるか。ホームで迎える11月3日の神戸との最終節では、相手をねじ伏せるような圧勝を収めて、チャンピオンシップに弾みをつけたい。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


サントスに取材を敢行したサッカーダイジェストの広島氏である。
「一番の問題は、負けたこと。ただ、アントラーズはたくさんのチャンスを作った。前半も後半も、最初にビッグチャンスをもらったのはアントラーズだった。そこを決められなかったのは大きな課題。サッカーにおいて、ゴールチャンスが訪れたら、絶対に入れてほしい。絶対にね」と語った。
チャンスの数ならば鹿島の勝利であった。
しかしながら、そうはならぬのがサッカーという球技である。
決定力、この数字では表しきれないこの「力」を鍛え上げ、CSに挑もうではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

東福岡高校・小田逸稀くん、即戦力候補の「俊英ルーキー10選」

来季Jリーグ入り内定!即戦力候補の「俊英ルーキー10選」
サッカーダイジェスト編集部
2016年10月29日


身体能力抜群のタビナスは期待値大!

 来季からいきなり即戦力として活躍しそうな選手はいるのか? ここまで決まったJ1リーグの加入内定者のなかでも注目度の高い10選手を セレクトした。

【川崎入団内定】
タビナス・ジェファーソン (桐光学園高/DF)
1998年8月7日/182センチ・77キロ/東京都
三拍子揃った期待値大の左SB
高さ、強さ、速さと三拍子揃った期待値大の左SBは、複数のオファーの中から川崎行きを決断。父はガーナ人、母はフィリピン人だが、20歳で帰化申請が可能になる。東京五輪の秘密兵器だ


【磐田入団内定】
藤川虎太朗 (東福岡高/MF)
1998年7月24日/171センチ・69キロ/福岡県
センス溢れる攻撃の申し子
得点感覚に優れる攻撃的MF。ボールを扱う技術が高く、左右両足とも強烈なシュートを打つことができる。運動量も多く、FW、サイド、さらにボランチまで対応可能なマルチロールだ。


【広島入団内定】
松本泰志 (昌平高/MF)
1998年8月22日/178センチ・66キロ/埼玉県
上質な技術を備えたアタッカー
今夏のインターハイで優秀選手に輝く活躍を見せ、昌平高初のJリーガーとなった。あらゆるポジションを経験して培った技術は一級品。左サイドからのカットイン、シュートが得意だ。

【川崎入団内定】
知念 慶 (愛知学院大/FW)
1995年3月17日/177センチ・71キロ/沖縄県
強さ&速さを誇る万能型FW
全国的には無名も、名古屋ら複数クラブが獲得に動いた事実から能力の高さが窺える。強さと速さを誇る万能型のFWで、川崎では谷口らに続く〝イケメン選手〞として人気を博しそうだ。


【鳥栖昇格内定】
田川亨介 (鳥栖U-18/FW)
1999年2月11日/181センチ・70キロ/長崎県
〝三種の神器〞を持つ逸材
空中戦の強さ、50メートル6秒台の快足、鋭い左足のシュートと〝3つの神器〞を持つ点取り屋だ。トップ昇格が内定しても「これからが本当のスタート」と平常心を保つメンタルも、素晴らしい。

新潟入りする原は、U-19アジア選手権で活躍中。

【新潟入団内定】
原 輝綺 (市立船橋高/DF)
1998年7月30日/178センチ・63キロ/埼玉県
質実剛健なCB
確かな技術と優れた判断力を有するCBで、クレバーなプレーが売り。U-19アジア選手権ではボランチとして中盤を引き締め、初戦のイエメン戦ではインターセプトからゴールを奪った。


【G大阪入団内定】
高 宇洋 (市立船橋高/FW)
1998年4月20日/172センチ・67キロ/神奈川県
汚れ仕事も厭わないストライカー
切り替えがスムーズかつ素早く、前線で起点を作り、前を向けば鋭いシュートでゴールを陥れる。広島の佐藤や浦和の武藤を彷彿させる、汚れ仕事も厭わないストライカーだ。


【湘南入団内定】
杉岡大暉 (市立船橋高/DF)
1998年9月8日/180センチ・74キロ/東京都
起点にもなる近代的なCB
空中戦に滅法強く、CBとしてチームに安定感をもたらす。攻撃ではボール奪取からの飛び出しや、左足の精緻なフィードで起点となる。15年にU-17代表、16年にはU-19代表を経験した。


【G大阪昇格内定】
食野亮太郎 (G大阪ユース/MF)
1998年6月18日/171センチ・68キロ/大阪府
両足を使いこなす〝メッシーノ〞
パスとドルブルで攻撃に独特のリズムを生み、左右両足で強烈なシュートを放つ浪速の〝メッシーノ〞。G大阪ユースの10番を背負ってきた逸材は、新時代を担うべき司令塔候補と言える。


【鹿島入団内定】
小田逸稀 (東福岡高/DF)
1998年7月16日/173センチ・68キロ/佐賀県
デュエルに定評の左SB
2年時には全国2冠を経験した高校年代屈指のSB。空中戦や球際の強さなど 〝デュエル〞に定評があり、局面の打開力も持ち味だ。鹿島の左SBは手薄なだけに、即戦力として期待できるか。


来季の即戦力ルーキー10選を挙げるサッカーダイジェストである。
東福岡高校の小田逸稀くんが選出されておる。
デュエルに定評と評され、身体能力の高さが伝わってくる。
手薄な左SBとして、早期に出場機会が訪れるのではなかろうか。
新たなる翼として羽ばたいて欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Jリーグ 2ndステージ 第16節 川崎フロンターレ戦

怒濤の攻撃。

石井監督、手の内は隠さない

鹿島石井監督、初代王者貢献サントス氏に勝利贈る
[2016年10月29日7時32分 紙面から]

 鹿島が今日29日の川崎F戦でレジェンドに勝利を贈る。

 92~95年に在籍し、93年の第1ステージ初代王者に貢献した元ブラジル代表MFのサントス氏(55)が駆けつける。当時、ボランチで組んでいた石井監督は「シンプルだけど勝つ鹿島のスタイルを続けて、と言ってもらった」。MF柴崎、FW土居をともに右足痛で欠く、チャンピオンシップの前哨戦だが、同監督は「手の内は隠さない。真っ向勝負」と意気込んだ。


サントスより言葉を賜った石井監督である。
「シンプルだけど勝つ鹿島のスタイルを続けて」とのこと。
勝利に直結するプレイを選手にさせるのだ。
小賢しい知恵は要らぬ。
そして、CSに向けて手の内を隠すようなマネはせず、真っ向勝負で勝利を掴み取ろう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

西、そろそろ目立ちたい

【今節の顔】DF 西大伍 「神出鬼没」に攻撃参加
前線へ“神出鬼没”に顔を出し、多彩な攻撃を生み出す右サイドバック。右膝の負傷で戦列を離れていたが、前節は約2カ月ぶりにベンチ入り。「(試合に)出たいという気持ちが増した」と、リーグ戦6試合ぶりの先発に意欲を燃やす。

出番がなく終わった前節は「見ていてつまらなかった」ときっぱり。不調のチーム対し、厳しい言葉を投げ掛け、発憤を促す。自身も今季は1ゴール1アシストと、目に見える結果を出せていない。「そろそろ目立ちたい」と、注目度の高い終盤戦で本領を発揮する。


今節の顔として報じられる西である。
久しぶりの先発起用に応えてくれよう。
西の攻撃力で川崎守備陣をを崩しきるのだ。
そして勝利を捧げよ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

永木、今でも凄く尊敬している

鹿島・永木 “古巣”との一戦で憲剛を意識
 鹿島の日本代表MF永木が“古巣”との一戦に燃えていた。

 川崎FのU―15、U―18出身。特に意識しているのが「ユースの時、トップ(チーム)にいてよく見ていた」というMF中村だ。同じボランチだったこともあり、「まねしたり、試合会場にもよく見に行っていた」。プロになってからも交流は続き「今でも凄く尊敬している」という。チームは2連敗中だが、勝利に貢献してチャンピオンシップへつなげる。
[ 2016年10月29日 05:30 ]


川崎の下部組織にて育まれた永木である。
当時、トップの中村憲剛のことはよく観察しておったとのこと。
今日は、そのお株を奪うスルーパスを出し、鹿島に勝利をもたらすのだ。
永木の躍動を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

流れが変わる時とは、こういう時でもある

【鹿島vs川崎プレビュー】CSで対戦濃厚な両者が激突 主軸の代役が勝負の分かれ目に


■鹿島アントラーズ 柴崎欠場のボランチは小笠原の出場が濃厚

 中断明けとなった前節のFC東京戦では1-2で敗戦。試合はスコア以上の差があった。中断期間にはタイ遠征で強化を図るなど、チームも手応えを得ていた中での敗戦に、選手も大きなショックを受けていた。その中で迎えるホーム川崎戦。2ndステージも残り2試合となり、鹿島としてはチャンピオンシップに向けて状態を上げていくためにも勝ち点3を手にしたいところだ。

 川崎戦ではメンバー変更が行われる見込み。柴崎岳が右足を痛めて離脱し、欠場する可能性が高い。代わりに小笠原満男が先発復帰する。石井正忠監督は柴崎の欠場でファーストチョイスの11人を選べなくなったかもしれないが、必ずしもマイナスなことばかりではない。今のチーム状態を見た時、百戦錬磨のベテランが入ることでチームが生き返る可能性がある。後半から、もしくは先制されてから目を覚ますことが多く、トップギアでスタートできない試合も多いが、その中で攻守にスイッチを入れる小笠原は、良い変化をもたらすだろう。試合に出られないことを嫌う男が、先発復帰戦で魂のこもったプレーを見せることは想像に難くない。

 さらに負傷明けの遠藤康、中村充孝も復帰2戦目で、ともにコンディションを上げてきている。土居聖真が練習中に負傷するなど、アクシデントに見舞われた鹿島。チーム状態も決して良いとは言えず、不安要素があるのも事実だ。ただ、流れが変わる時とは、こういう時でもある。(totoONE編集部)

■川崎フロンターレ 守備陣のパフォーマンスが白星獲得の大きなポイントに

 鹿島とはチャンピオンシップで対戦する可能性が高く、その意味では前哨戦とも言える一戦となりそうだ。「勝って嫌なイメージを与えておきたい」と話す選手はいるものの、そのことを過度に意識する雰囲気は感じられない。これまで同様、あくまでリーグ戦の1試合として戦うスタンスだ。

 チーム事情に目をやると、今節もGKチョン・ソンリョンは欠場が濃厚。さらに今週の練習で大島僚太が左足を痛めており、今節の出場を見合わせる決断を下している。中盤は、前節に途中交代でのミドル弾で勝利に貢献した森谷賢太郎がトップ下に入り、中村憲剛がボランチでプレーする形でのスタートと見られている。前節は沈黙した大久保嘉人と小林悠の2トップの爆発とともに、中村による卓越したゲームコントロール、そして「ゴールに近い位置なので、結果が求められると思っている」と話す森谷の決定力で、攻撃陣の活性化を期待したいところだ。

 守備面では8試合ぶりとなる無失点勝利を飾ったのは好材料。劣勢を強いられることとなった入り方の悪さは反省点だが、我慢の展開でも失点しなかったことに守備陣は手応えを口にする。2トップが流動的に仕掛けてくる鹿島攻撃陣にも、どれだけ冷静に対処できるか。守備陣の真価が問われる。

 2ndステージ優勝は現実には難しくなったとはいえ、勝ち点1差の状況で追いかける年間1位の座を譲れない気持ちは強い。「勝ち点を取らないと始まらない。浦和がどうとかじゃないので」と中村。1stステージでは残り2節で順位をひっくり返された。今回は残り2連勝で朗報を待つ。(いしかわごう)


「今のチーム状態を見た時、百戦錬磨のベテランが入ることでチームが生き返る」と記すサッカーキングのプレビューである。
満男がピッチに立つということはそれだけの影響力がある。
頼れるベテランの力で、チーム状況を一転させるのだ。
決定的なパスを出し、川崎を粉砕しようではないか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク