FC2ブログ

クォン・スンテ、韓国代表選出

スンテ選手 韓国代表選出のお知らせ
2017年03月13日(月)

2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 vs中国代表(3/23)、vsシリア代表(3/28)に向けて、韓国代表メンバーが発表されました。

鹿島アントラーズからは、スンテ選手が選出されました。


韓国代表に選出されたクォン・スンテである。
韓国をロシアW杯に導くため尽力せよ。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ケルン・大迫、PK奪取

大迫 先制点起点もドロー…5戦勝ち星なく「難しい試合だった」
ブンデスリーガ第24節 ケルン2―2インゴシュタット ( 2017年3月11日 )

 ケルンのFW大迫はリーグ23試合連続先発で5試合連続フル出場を果たした。

 前半15分の先制点につながるPKを獲得したものの、試合を通してマークが厳しく「難しい試合だった」とタメ息。降格圏の相手と引き分け、5戦勝ち星がない。「(前節までの)2連敗で後ろの余裕がない分、攻撃陣に負担がかかっている。みんながシンプルに頭を切り替えれば、楽になると思う」と話した。
[ 2017年3月13日 05:30 ]


先発フル出場したケルンの大迫である。
大迫がPKを得、チームは先制するも、結果的にはドローに終えた。
これは悔しいところ。
大迫自身は、「2連敗で後ろの余裕がない分、攻撃陣に負担がかかっている。みんながシンプルに頭を切り替えれば、楽になると思う」と語る。
言葉の端々に責任感が感じられる。
チームを牽引し、次は勝利に導くのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

テネリフェ・岳、初ベンチ入り

テネリフェ柴崎が移籍後初のベンチ入り…デビューお預けも新たな一歩
17/3/13 06:25


テネリフェ移籍後初のベンチ入りを果たしたMF柴崎岳

[3.12 リーガ・エスパニョーラ2部第29節 ヘタフェ2-2テネリフェ]

 リーガ・エスパニョーラ2部第29節が12日に開催され、MF柴崎岳が所属するテネリフェがヘタフェのホームに乗り込み、2-2で引き分けた。柴崎は1月31日のテネリフェ加入後、初のベンチ入りを果たしたが出場機会は訪れなかった。

 試合が動いたのは前半20分だった。テネリフェDFイニャキ・サエンスがPA内でFWホルヘ・メリーナを倒してPKを献上すると、これをメリーナにきっちり沈められてヘタフェに先制を許してしまう。しかし0-1で迎えた後半13分、ロングパスで左サイドを抜け出したイニャキのグラウンダーのクロスをFWアントニー・ロサノが蹴り込んでテネリフェが同点に追い付く。

 後半41分にCKの流れからMFアレハンドロ・ファウリンにゴールを奪われて、再びヘタフェにリードを奪われたテネリフェだったが、同45分にCKをFWクリスト・ゴンサレスが押し込み、2-2のドローに持ち込んだ。

 コンディション不良に苦しめられ、加入発表後、約1か月にわたって離脱と別メニュー調整を強いられた柴崎。その後、全体練習に合流していたものの、ホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎のデビューを急ぐつもりはないと強調していた。しかし、中盤の選手に負傷者が出たこともあり、初のベンチ入りを果たして新たな一歩を踏み出した。

テネリフェ柴崎、初のメンバー入りもデビューはお預け…ベンチでは同僚と笑顔も

移籍後初のベンチ入りを果たした柴崎岳(左)[写真]=Getty Images

 テネリフェに所属するMF柴崎岳が12日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第29節のヘタフェ戦で、移籍後初のベンチ入りを果たしたが、出番はなくスペインデビューはお預けとなった。

 今冬に鹿島アントラーズからテネリフェに移籍した柴崎は、チーム合流後にコンディション不良などで練習不参加が続いていた。だが、先月下旬に個人トレーニングを再開し、今月にはチーム練習にも合流。そして今節、移籍後初のベンチ入りを果たし、試合前にはチームメイトと笑顔を見せていた。

 なお、前節終了時3位のテネリフェと同6位のヘタフェによる上位対決は、昇格争いの重要な一戦だけに両者が熱くなる激しい試合となった。アウェイのテネリフェは21分にPKを献上して先制を許したが、後半の58分にFWアントニー・ロサノのゴールで同点に追いつく。終盤の85分に右CKの流れから勝ち越しゴールを喫したものの、90分に左CKから途中出場のクリスト・ゴンサレスが劇的な同点ゴールを叩き込み、2-2の引き分けで終わった。テネリフェは2試合連続ドローとなったが、無敗記録を11試合に伸ばした。


移籍後初ベンチ入りしたテネリフェの岳である。
デビューこそお預けとなったが、指揮官の信頼を得つつあることが伝わってくる。
チームはアウェイにて劇的な同点弾でドロー、11試合無敗を誇っておるとのこと。
1部昇格に向け調子が良い様子。
ここで岳はアクセントを付ける役目となれるのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

熊本・佐藤昭大、劇的ゴール

【熊本 vs 山形】後半アディショナルタイムの同点弾は、GK佐藤のヘッド!
2017年3月12日(日)



後半アディショナルタイム、右CKのチャンスを作った熊本はGK佐藤昭大も相手ゴール前に上がり、攻撃参加。キッカー上里一将のニアサイドへのクロスを頭で詰めて、試合終了間際に同点弾をマークした。

熊本GK佐藤が劇的同点弾「夢中で飛び込んだ」
[2017年3月13日7時50分 紙面から]

<明治安田生命J2:熊本1-1山形>◇第3節◇12日◇えがおS

 ロアッソ熊本が1点を追う後半47分に起死回生の同点弾を決めたのは、30歳のGK佐藤だった。

 右CKから捨て身の攻撃参加で、185センチの佐藤がジャンプして頭で押し込んだ。GKとして初得点といい「夢中で飛び込んだだけ。プロになって1点は取りたいと冗談で思っていた。勝てれば一番良かったが、こういう引き分けもいい」。鹿島アントラーズなどでJ1通算24試合出場のベテランがチームを救った。

 ▼GKの得点 熊本GK佐藤が12日のモンテディオ山形戦で記録。Jリーグの公式戦では、山形の山岸範宏(現北九州)が14年11月30日のJ1昇格プレーオフ・ジュビロ磐田戦でマークして以来、史上8例目。

熊本GK・佐藤がヘッド弾「点を取りにいくために上がったので」 
 明治安田J2第3節最終日(12日、熊本1-1山形、えがおS)0-1の後半ロスタイム、CKのチャンスで熊本のGK佐藤が攻撃参加。「点を取りにいくために上がったので狙っていた」とヘディングで同点弾をぶち込んだ。「ゴールを決めることはこれだけ気持ちいいものなんだと、FWの気持ちが分かった」。GKによる得点は、Jリーグ開幕後の公式戦で8例目。元日本代表FW巻誠一郎(36)も「最後まで諦めない気持ちは、GKからいつも送ってくれるので、それが形になって良かった」と感謝した。

【熊本】佐藤がJ史上8人目のGK弾!山形はワースト3度目被弾
2017年3月12日19時9分 スポーツ報知

 ◆明治安田生命J2リーグ第3節 熊本1―1山形(12日・えがお健康スタジアム)

 後半ロスタイム2分だった。1点を追う熊本は右CKをゲット。MF上里の左足から繰り出されたボールはニアへ。相手DFを越えて、熊本の選手がゴールへヘディングを突き刺した。貴重な同点弾。決めたのは背番号30で、緑色のユニホームに身をつつんだGK佐藤だった。「ホームで絶対勝ちたいという気持ちだけで、カズくんがいいボールを蹴ってくれたんで、夢中で飛び込むだけでした」・両手を空に掲げ、バンザイのポーズ。ベンチの清川監督も激しいガッツポーズで同点弾を喜んだ。

 GKとしてはJリーグで史上8人目のゴール。J2のリーグ戦では4度目のGK弾となった。J2では過去に菅野孝憲(横浜C)、高木義成(東京V)、村山智彦(松本)がマークした。リーグ戦を除くと、2014年のJ1昇格プレーオフ準決勝で山岸範宏(山形)が磐田戦(ヤマハ)で決めたこともある。佐藤は「プロになってから1点は取りたいなと冗談半分で言ってたことが、今日かなって…」と話した。

 一方、山形がGKにゴールを決められるのは1999年のナビスコ杯、京都戦のGK松永成立、2013年のJ2、松本戦でGK村山智彦と過去に2度あり、J最多の3度目だ。横浜Cの50歳、FWカズの最年長ゴールの裏にも熊本でドラマが起こった。

 ◆JリーグでのGKのゴール
 ▽田北雄気(浦和) 1996年11月9日<Jリーグ>横浜F戦(駒場)
 ▽松永成立(京都) 1999年4月7日<ナビスコ杯1回戦>山形戦(山形県)
 ▽菅野孝憲(横浜C) 2004年7月10日<J2>鳥栖戦(三ツ沢)
 ▽高木義成(東京V) 2006年7月12日<J2>仙台戦(ユアスタ)
 ▽村山智彦(松本) 2013年11月10日<J2>山形戦(松本)
 ▽土井康平(盛岡) 2014年6月15日<J3>長野戦(佐久)
 ▽山岸範宏(山形) 2014年11月30日<J1昇格プレーオフ準決勝>磐田戦(ヤマハ)


劇的な同点弾を決めた熊本の佐藤昭大である。
まさにニュースである。
GKのゴールはJリーグ開幕後8例目とのこと。
素晴らしい。
さんまは歴史に名を刻んだ。
これからも偉業を成し遂げてくれよう。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク