FC2ブログ

テネリフェ・岳、公式戦デビュー

ついにデビューした柴崎、テネリフェ番記者は好感触「近い内にレギュラーになるのでは」

冬の移籍市場でテネリフェに加わった柴崎

2017/03/20 9:36:11

『ラジオ・マルカ』のラモン・エルナンデス記者は柴崎のプレーを気に入ったようだ。

19日のリーガエスパニョーラ2部第30節レウス戦(0−1)でテネリフェの公式戦デビューを果たしたMF柴崎岳だが、現地記者はそのプレーに好感触を得たようだ。

柴崎はこのレウス戦の74分から途中出場し、中盤でパス回しの中心となった。この試合を実況していたスペイン『ラジオ・マルカ』のラモン・エルナンデス記者は、同選手のプレーに大きな可能性を感じたという。

エルナンデス記者はまず、「ガクはピッチに入った際に喝采を受け、ボールに触れる度に称賛されていたよ」とテネリフェ本拠地エリオドロの様子を描写。そして柴崎のプレーについては、次のように述べた。

「ガクのことを評価するのは、もちろんまだ早計だ。しかし彼のプレーが気に入ったと言わなければ、それは嘘になる。その理由はわずかな出場機会ながら、パス回しにおいて見事な判断力を示していたからだ。積極的にプレーに絡もうとしていたし、チームメートも信頼していたようだった。」

エルナンデス記者はまた「ガクはまさにチームが必要としていた選手だった。あのポジションでは、彼のようなタイプがほしかったんだよ」とも発言。さらに日本人MFが、今後レギュラーの座を勝ち取れるとの見解も示している。

「私の意見を言わせてもらえばレギュラーになる日は遠くなく、むしろ限りなく近いのではないだろうか。今日のようなプレーを常に見せられるなら、スタメンを張れると思う」

残り12節となったリーガ2部で、テネリフェは1部昇格プレーオフ圏内の4位に位置。柴崎はテネリフェの昇格に貢献する存在となるのだろうか。


遂に公式戦デビューしたテネリフェの岳である。
現地ラジオの実況担当ラモン・エルナンデス記者は、「ガクはピッチに入った際に喝采を受け、ボールに触れる度に称賛されていたよ」、「ガクはまさにチームが必要としていた選手だった。あのポジションでは、彼のようなタイプがほしかったんだよ」と言う。
とても賞賛されておる。
更にエルナンデス記者は、「私の意見を言わせてもらえばレギュラーになる日は遠くなく、むしろ限りなく近いのではないだろうか。今日のようなプレイを常に見せられるなら、スタメンを張れると思う」とレギュラーへの期待を寄せる。
これは楽しみと言えよう。
テネリフェを悲願の1部昇格に導くため躍動するのだ。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

山形・本田拓也、ピンチになっても防げたのはサポーターのおかげだと思う

【山形】本田主将、ホーム開幕で今季初無失点も「勝ちたかったので悔しい」
2017年3月19日21時40分 スポーツ報知


攻守に精力的なプレーを見せた山形・本田主将

 ◆明治安田生命Jリーグ J2第4節 山形0―0讃岐(19日・NDソフトスタジアム山形)

 モンテディオ山形主将の元日本代表MF本田拓也(31)が、2試合ぶりに復帰。前節12日のアウェー・熊本戦(1△1)はコンディション不良で欠場したが、この日は90分間フル出場し、攻守に精力的なプレーを見せた。

 今季初の無失点も、引き分けでホーム開幕戦を勝利で飾れず「勝ちたかったので悔しい。サポーターの皆さんのためにも勝ちたかった」と笑顔はなかった。9828人が詰めかけたスタンドの山形サポーターには「ピンチになっても(失点を)防げたのはサポーターのおかげだと思う」と、後押しに感謝した。

 次戦26日のホーム・福岡戦に向けては「もっと相手コートの高い位置で、セカンドボールを拾って2次、3次攻撃を仕掛けていきたい」と、チームとして得点を目指していくことに意欲を見せた。


先発に復帰したした山形の本田拓也である。
試合結果をサポーターに謝罪する。
やはりホームでは勝利をサポに届けたいもの。
ただ、サポーターの声援にて完封を達成することが出来たと感謝もする。
次節もホームでの戦いとなる。
そこで勝利を掴み観客と喜びを分かち合って欲しい。
良い報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

湘南・ジネイ、決勝弾

【愛媛 vs 湘南】ジネイが決勝点!
2017年3月19日(日)



お互い好機を演出するも決めきれない中迎えた68分、開幕戦以来の出場となったジネイが安東輝のグラウンダーのクロスに上手く合わせ、ついに湘南が先制!これが決勝点となり無失点勝利。開幕4戦負けなしとした。

無敗対決を制したのは湘南!! FWジネイ弾で愛媛下して首位浮上
17/3/19 17:02

[3.19 J2第4節 愛媛0-1湘南 ニンスタ]

 J2リーグは19日に第4節2日目を開催し、ニンジニアスタジアムでは1勝2分の愛媛FCと2勝1分の湘南ベルマーレが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半23分にFWジネイの得点で先制した湘南がそのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。敗れた愛媛は今季初黒星を喫した。

 前半26分にシュートチャンスを迎えたのはアウェーの湘南だった。しかし、右サイドのMF奈良輪雄太が送ったクロスからFWジネイが叩き付けたヘディングシュートは、わずかにゴール左に外してしまう。同31分には愛媛がフィニッシュまで持ち込むも、MF藤田息吹のパスからPA内に進入したMF小池純輝のシュートは枠を捉え切れなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、立ち上がりに湘南がゴールに迫る場面を作り出す。だが、同3分にゴール前のこぼれ球に反応した奈良輪が放ったミドルシュートはGKパク・ソンスに阻まれ、同7分にはMF秋野央樹のスルーパスからPA内に進入したMF山田直輝が至近距離からシュートを放つも、好反応を見せたパク・ソンスに弾き出されてしまった。

 後半20分には愛媛が好機を迎える。中盤でボールを奪ったMF白井康介が前線まで運んでスルーパスを通すと、MF有田光希が右足で合わせてゴールを脅かしたが、GK秋元陽太に左手1本でストップされて先制点を奪うには至らなかった。

 両守護神の好セーブもあり、スコアが動かないまま試合は進むが、後半23分に右サイドからMF安東輝が送ったグラウンダーのクロスをニアサイドに走り込んだジネイがワンタッチで押し込み、湘南が先制に成功した。その後は愛媛が反撃に出るが同28分のFW西田剛のシュートは相手選手に当たってコースが変わったものの秋元に右手1本で阻まれるなど、同点ゴールは生まれず。逃げ切った湘南が1-0の完封勝利を収め、今季無敗を継続して首位に浮上した。


決勝点となる先制弾を決めた湘南のジネイである。
低いクロスに足で決めた。
シュート数もチーム最多となっておる。
いよいよ本領を発揮してきた模様。
チームに勝利をもたらす助っ人の存在は大きい。
この試合結果にて湘南はJ2首位に浮上した。
来季はJ1復帰が見え隠れする。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

松本山雅・高崎、ドッペルパック

【松本 vs 千葉】 大活躍のエース・高崎!
2017年3月19日(日)



46分と55分にゴールをあげて、勝利に貢献した高崎寛之(写真)

宮阪→高崎のホットライン炸裂!! 隼磨もゴールの松本、ホーム開幕戦で千葉撃破
17/3/19 16:04

[3.19 J2第4節 松本3-1千葉 松本]

 J2リーグは19日に第4節2日目を開催し、松本平広域公園総合球技場では松本山雅FCとジェフユナイテッド千葉が対戦。前半24分に先制に成功した松本は、後半1分と同10分にセットプレーから追加点を奪うと、千葉の反撃を1点に抑えて3-1の勝利を収めた。一方の千葉は今季初黒星を喫した。

 この試合がホーム開幕戦となる松本が前半10分にゴールを脅かす。スローインに対して走り込んだMFセルジ―ニョがワンタッチで落とすと、パスを受けたMF工藤浩平が右足シュートを放ったが、ボールはわずかにゴール左に外れた。しかし同24分、松本が先制に成功する。左サイドからMF石原崇兆がクロスを送ると、ゴール前にフリーで走り込んだDF田中隼磨がトラップから冷静に左足シュートでネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1-0と松本がリードしたまま後半を迎えると、同1分に松本が追加点を奪取。MF宮阪政樹が蹴り出したCKに対してニアサイドに走り込んだFW高崎寛之がヘディングで叩き込み、リードを2点差に広げた。勢いに乗った松本はさらに同10分、右サイドでFKを得ると宮阪がゴール前に供給したボールを再び高崎がヘッドで突き刺し、スコアは3-0となった。

 3点のビハインドを背負った千葉は後半16分にDF西野貴治に代えてFW清武功暉、さらに同26分にはFW船山貴之に代えて新潟から移籍してきたばかりのFW指宿洋史をピッチへと送り込んだ。すると直後の同27分、PA外でボールを受けた指宿のシュートは前方を走る清武に当たってしまったが、こぼれ球を清武が左足で蹴り込んで千葉が1点を返した。

 その後、松本に追加点こそ生まれなかったものの、集中した守備で千葉の攻撃をはね返して3-1のまま逃げ切り、ホーム開幕戦を白星で飾った。


2得点で勝利に貢献した松本山雅の高崎である。
まさにエース。
頼れるセンターFWとして君臨しておる。
松本山雅をJ1に昇格させるためゴールを積み重ねるのだ。
来季の対戦を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク