FC2ブログ

鹿島――遠藤、土居に今季初ゴールは生まれるか

【J1展望】大宮×鹿島|大宮は連敗ストップへ。昨季リーグ王者をホームに迎える
サッカーダイジェスト編集部
2017年03月31日


大宮――中央の守備網が勝点獲得の鍵に。


故障者/大宮=沼田、マテウス 鹿島=金崎
出場停止/大宮=なし 鹿島=なし


J1リーグ・第5節
大宮アルディージャ – 鹿島アントラーズ
4月1日(土)/19:00/NACK

大宮アルディージャ
今季成績(4節終了時):18位 勝点0 0勝0分4敗 1得点・7失点

【最新チーム事情】
●菊地が体調不良から完全復帰。
●マテウスがトレーニングから離脱。江坂も出場が微妙な状況に。
●プロ2年目の黒川がプロ初出場の可能性も。

【担当記者の視点】
 開幕4連敗で迎える昨季リーグ王者・鹿島との一戦。正念場を迎え、チームは代表ウィークのトレーニングで守備に重点を置いて準備をしてきた。攻撃の機能性をある程度犠牲にしても、結果を求めたシフトで臨むことになるだろう。

 ポイントは今季初先発となりそうな金澤慎を含めた中央の守備ユニットと、タスクがシンプルになった大前元紀とドラガン・ムルジャの2トップ。中央に堅牢な守備網を築いて劣勢をはね返し、前線が結果を残すことができれば、今季初勝利は一気に近付くはずだ。

鹿島――遠藤、土居に今季初ゴールは生まれるか。

J1リーグ・第5節
大宮アルディージャ – 鹿島アントラーズ
4月1日(土)/19:00/NACK

鹿島アントラーズ
今季成績(4節終了時):3位 勝点9 3勝0分1敗 5得点・3失点

【最新チーム事情】
●金崎が左足の負傷で出場微妙。
●日本代表に帯同していた昌子、植田がチームに合流。昌子は「(実績を)積み上げて日本代表に戻りたい」と意欲を見せている。
●西が負傷から先発復帰。右サイドの攻撃力アップに期待がかかる。

【担当記者の視点】
 大宮は現在、4連敗中とはいえ、鹿島にとっては昨季のリーグ戦で1分1敗と勝てなかった相手。相性は決して良くないだけに、油断しないで挑みたい。

 不動のエース金崎の出場が見込めないなか、2戦連続でコンビを組むことになる鈴木&P・ジュニオールの連係と、先発復帰する西の攻撃参加でどこまで脅威を与えられるか。

 ここまでは無得点だが、献身的な働きでチームを支えている遠藤、土居の両サイドアタッカーの奮起にも期待したい。


「金崎が左足の負傷で出場微妙」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
前節に続いてスタメン予想に夢生の名前はない。
これは不安にさせられる。
昨季は一度も勝つことが出来なかった大宮相手にエース抜きにて挑むこととなりそうである。
ここは、優磨とPJのコンビネーションに期待したいところ。
連携にて大宮守備陣を崩し、ゴールに結びつけたい。
また二列目として熟成されてきたヤスと聖真の躍動にも注目である。
昨季は奪えなかったNACK5スタジアムでのゴールを期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ヴェルディ・中後、花粉症対策

[東京V]中後雅喜、迫る復帰試合に向けて鼻も足もコンディションは「良」


 この季節、花粉症の選手にとっては非常につらそうに映る。「クシュン! ムズムズ…」。取材中、何度もハナをすする選手がいる。いくら薬を服用しても、効果が出にくい人はいるというからかわいそうだ。

 ただ、東京Vの中後雅喜はしたり顔だった。「いつも、この時期はキツいんですけど、今年は結構大丈夫ですね」。聞くと、「1月から薬を飲んで準備していた」という。花粉には早めの薬物飲用が肝心らしく、そんな事前の対策が効いてムズムズ鼻とはおさらば状態だそう。

 なお、近くを通り過ぎた井林章も「ああ、今年はなんだかいい感じですね」。今年の東日本は例年の0.8倍から1.1倍という花粉飛散量らしいが、予防していたキャプテンと第2キャプテンは快適のご様子。

 特に中後は迫る復帰試合に向けて、鼻も足もコンディションが良さそうだ。

(東京V担当 田中直希)


負傷からの復帰が迫るヴェルディの中後である。
今季は花粉症の季節に備え1月から薬を飲んで準備しておったとのこと。
それほど今季に賭ける気持ちが強い。
今季のヴェルディは新監督を迎え好調を維持しておる。
ここに中後が戻れば盤石となろう。
是非ともJ1昇格を成し遂げて欲しいところ。
中後の活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

聖真、オレにボールを寄こせ、寄こせって思う

【鹿島】「パスさえくれば、ブス!っとね」。土居聖真、最後のひと刺しまであと一歩
原田大輔
2017年03月31日


「オレにボールを寄こせ、寄こせって思う」


FWでのプレーやタイトル獲得など、経験値を挙げた昨季を経て、土居は「心技体すべてにおいて、確実にレベルが上がっている」と確かな自信を口にする。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

 今でも記憶を辿るたびに、思わず頬が緩んでしまう。

 あれは、チャンピオンシップの決勝第1戦の試合後だったから、2016年11月29日のことだ。ミックスゾーンに現われた土居聖真は、筆者を見つけるやいなや、こう言って歩み寄ってきた。

「AAAが足りないかも~。もっと、たくさん曲を聞けば、もっと活躍できるかも」

 第2戦があるとはいえ、0-1で浦和に敗れた試合直後のことである。いつもの土居ならば、敗戦後はうつむきがちに頭を下げ、反省の弁ばかりを口にするだけに、緊迫した面持ちで待ち構えていたこちらのほうが拍子抜けしてしまった。

『AAA』は土居が好きなアーティストだが、その曲を聴き、さらにエネルギーをもらいたいと話す。「まだ試合は半分が終わっただけだから」と言わんばかりの表情からは、決勝第2戦への自信を感じるとともに、精神的に逞しくなったなと、妙に頷いてしまった。

 かつてはミックスゾーンで話し込めば、「相手を威圧するくらいの気持ちで戦っています」「巧い選手ではなく怖い選手になりたい」と、気持ちの部分を訴えることの多かった彼だが、今やメンタル面について口にすることはほとんどなくなった。

「以前は試合でミスが続いたら、もうパスを受けたくないと思ってしまうような時もありましたけど、今はたとえミスをしたとしても、オレにボールを寄こせ、寄こせって思う。結局、サッカーってミスが起きるスポーツですからね」

 その後の鹿島の躍進は、今さら説明する必要はないだろう。そして土居に感じた頼もしさは、J1王者として迎える今シーズンも変わらない。

 3-2で浦和に勝利したゼロックススーパーカップの試合後には「試合に勝利することが、このチームの絶対条件」と話し、1-0で勝利を掴んだJ1第3節の横浜戦後は「まずは失点しないことが大事。そのうえで先制点が重要だと思った」と語るなど、自信があるからこそ、自分についてではなく、チームを意識したコメントが増えている。

 そうしたなか、昨季は2トップとサイドハーフを兼務していた土居は、今季は左のサイドハーフを主戦場に奮闘を続けている。


聖真について記すサッカーダイジェストの原田氏である。
聖真の精神面での成長が伝わってくる。
昨季のCS、CWCを経て選手は大きく成長した。
その中でも聖真は特に変わったのではなかろうか。
単なるAAAファンではない。
強引なプレイも厭わず、ゴールに結びつけるのだ。
前節・清水戦では、縦に突っかけ得点に繋げた。
左ハーフでの存在感が強まっておる。
聖真の活躍で勝利を掴み取りたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

レオ・シルバ、笑顔の秘密

鹿島MFレオ・シルバは、なぜいつも笑ってプレーしているのか?


2017/03/30 23:30
Written by 編集部S
Image by Gettyimages


「Jリーグ最強ボランチ」とも評されるブラジル人MFレオ・シルバ。

チャンピオンチームである鹿島に加入した今季も傑出したパフォーマンスを続けており、その存在感は流石の一言だ。今季の鹿島を見て、柴崎岳の不在を主張する人は誰もいない。

そんなレオ・シルバといえば、いつも笑ってプレーする姿が印象的だ。

鹿島アントラーズ 公式
@atlrs_official

皆さん、おはようございます!代表、勝ってよかったですね!選手たちは今日も10時より練習スタート。こんな素敵な笑顔のレオさんも皆さんのことをお待ちしております!#antlers #kashima


ボランチという激しいデュエルを求められるポジションでありながらレオシルバは常に飄々としており、試合中に笑顔を見せることも少なくない。

レオ・シルバはなぜいつもにこやかなのだろうか。鹿島が行ったインタビュー企画の中で、以下のようにコメントした。

―いつも笑顔が絶えませんが?

レオ・シルバ「ブラジルの友達にも『緊迫する試合中にあれは良くない』と言われますが、自然体でいる中で笑顔が出ていて決して真剣にやっていない訳ではありません。

自分は幸せな人だと思っています。プロになれたし、日本に来ることもできました。新潟、そして今度はアントラーズに加入しました。

自分の目標としている夢を実現できていますし、また素晴らしい家族がいて、子供たちにも恵まれ素晴らしい奥さんがいて、こんなに幸せなことはないと思います。

だから自然に笑顔が出ます。スタジアムに足を運んでくれるサポーターの中には遠くから来てくれる人もいます。

当然、試合に勝つことによって笑顔を与えることができるんですけれど、出来ない時もあるかもしれませんが、一瞬でも喜びを感じてもらえればと思います」

―笑いの多い人生と刺激の多い人生はどちらを選びますか?

レオ・シルバ「非常に難しい質問ですね(笑)

どういう観点で幸せを見るのか、刺激を見るのかで変わってくるのですが、家庭的な部分で考えたら幸せな部分をとります。

なぜかと言えばこのような緊迫した世界にいるので、不安があったり時には怒りや悲しみがあるのですが、家に帰った時には妻や子供が嫌な気持ちを和らげてくれます。

そういう意味で、家庭の幸せを人生の幸せとして僕は捉えて、そのような考えを持っています」

―ファンクラブの皆さまへ

レオ・シルバ「会員が多くなるために口コミで広めてください(笑)

そして仲間を増やしてスタジアムに来て、このサイトを通じて少しでも皆さんと身近になれればと思います」




レオ・シルバのインタビューを紹介するQoly誌である。
笑顔の秘密、そしてレオ・シルバの内面が垣間見られる。
我らも共に笑顔でいたい。
その為にも勝利を積み重ね、タイトルを狙おうではないか。
活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク