夢生、あの2人とサッカー選手として同じチームで関われていることは幸せ

鹿島金崎「奇跡」レジェンドの偉業に捧ぐゴール意欲
[2017年4月4日20時45分]


別メニューでランニング調整する鹿島FW金崎(撮影・鎌田直秀)


仲間に指示を出す鹿島MF小笠原(撮影・鎌田直秀)


 足首痛で離脱中の鹿島アントラーズFW金崎夢生(28)が4日、8日のセレッソ大阪戦(カシマ)出場へ意欲を示した。

 慢性的な痛みがあり、1日の大宮アルディージャ戦(NACK)を欠場。この日、茨城・鹿嶋市内で行われた練習もチームとは別メニュー。ランニングやスタッフとのパス交換など軽めの調整に終始した。

 だが、鹿島のエースとして、どうしても出場してゴールを決めたい一戦でもある。98年入団の同期コンビMF小笠原満男、GK曽ケ端準が出場を果たせば、そろって過去6人しかいないJ1通算500試合出場の偉業を達成する。「おじいちゃんたちが、いつまでも活躍しちゃうと、(年が)下の選手が出られないんだよねえ」と愛情たっぷりに敬意。「でも、すごい。俺には絶対に無理。ありえないし、しかも2人同時なんて奇跡。あの2人とサッカー選手として同じチームで関われていることは幸せ」。自身は戦列復帰に向けて、懸命なリハビリや処置を継続しており「試合に(出たい)ね。足はその日、その日だから分からないなあ」と日々変化する痛みに悩ましい表情を浮かべたものの、ゴールを挙げて勝利で2人を祝うことを諦めてはいない。【鎌田直秀】


夢生について取材したニッカンスポーツの鎌田氏である。
オフ明けの今日の練習も慢性的な痛みが続き別メニューにて調整とのこと。
これは不安が募る。
とはいえ、夢生自身は出場意欲に燃えており、予想される満男と曽ケ端の500試合出場に花を添えたい様子。
「おじいちゃんたちが、いつまでも活躍しちゃうと、(年が)下の選手が出られないんだよねえ」とは最高の褒め言葉であろう。
是非とも両ベテランと共に先発に名を連ね、ゴールで祝って欲しいところ。
しかしながら、負傷箇所の状況は「試合に(出たい)ね。足はその日、その日だから分からないなあ」と明言できないところが苦しい。
最善を尽くし、回復を待つしかなかろう。
夢生の復活を心待ちにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

金森、23歳の誓い

鹿島FW金森23歳の誓い「いつかチャンスが来る」
[2017年4月4日20時26分]


パスを受ける鹿島FW金森。後方は石井監督(撮影・鎌田直秀)


練習後にファンにサインする鹿島GK曽ケ端(左から2人目)の後ろを笑顔で通るMF小笠原(中央)(撮影・鎌田直秀)


 J1鹿島アントラーズFW金森健志が23歳の誓いを立てた。

 4日、誕生日を迎え「新たなスタートとして気持ちを引き締めて頑張りたい。毎日がアピールの場。石井監督に使いたいと思わせていきたい。いつかチャンスが来ると信じて、点をとれる良い準備をしたい」。

 “博多のネイマール”の愛称でリオデジャネイロ五輪代表候補としても活躍し、福岡から新加入した。今季公式戦の出場機会はまだで、前節1日の大宮戦(NACK)では高卒ルーキーFW安部裕葵(ひろき、18)に鹿島デビューで先を越されたが「焦りはない。負けていられないという気持ちになりました」と刺激を受けている。

 先週の紅白戦ではDF昌子源(24)、植田直通(22)の日本代表センターバックら主力組から得点するなど、結果も出しつつある。この日の練習でも、巧みなトラップから豪快にゴールを決めると、石井正忠監督(50)から「タケシ、いいよ。お前の良いところ出たよ」と絶賛される場面もあった。その後はFW鈴木優磨(20)ら若手メンバーと連日の居残りでシュート練習を積み重ねた。練習後にはサポーターから多くの誕生日プレゼントをもらい、笑顔も見せた。

 次節8日のセレッソ大阪戦(カシマ)では、MF小笠原満男(37)、GK曽ケ端準(37)が出場すれば、過去6人しかいないJ1通算500試合出場を達成する。金森にとっても、選手として人間として尊敬する先輩だ。「今まではテレビだったり、対戦相手としてしか見たことがなかったが、一緒にやってみて、人柄もいいし、プレーでもサッカー以外でも自分たちのお手本になる。自分も500試合くらい出られるような選手になりたい。2人から盗んでいきたいと思います」。まずは鹿島のユニホームで一緒にピッチに立つことが、最初の目標となる。【鎌田直秀】


誕生日を迎えた金森を取材したニッカンスポーツ鎌田氏である。
23歳の誓いを引き出した。
「新たなスタートとして気持ちを引き締めて頑張りたい。毎日がアピールの場。石井監督に使いたいと思わせていきたい。いつかチャンスが来ると信じて、点をとれる良い準備をしたい」と言う。
FWの金森に期待されるのはゴールであろう。
思い起こせば、昨季の福岡時代に対戦した川崎相手に2得点し、川崎を首位から引きずり下ろした。
そのおかげもあって、鹿島が1stステージを制覇し、CSに出場することとなったのである。
結果的に金森のゴールがありリーグ制覇を成し遂げることが出来たのである。
その得点力を、今度は直接鹿島にて発揮して欲しいところ。
練習では良い結果を出してるとのこと、次は公式戦であろう。
23歳となった金森のゴールを楽しみしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

HappyBirthday 金森

午前練習


ファンクショナルトレーニングやフィジカルトレーニング、シュート練習を行いました。


シュート練習を行う金森である。
インサイドにて丁寧に蹴る。
今季、福岡より移籍してきた金森であるが未だ公式戦出場機会が無い。
本人にしては、悔しい部分、足りてない部分など、様々な思いがあろう。
それを乗り越えて活躍の場を自分で切り開くのだ。
今日の誕生日で一つ齢を重ねた、そして一つプレイも成長しておる。
活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

テネリフェ・岳、良いやつばかり

柴崎に聞く 仲間は「良いやつばかり。いい関係を築けている」
柴崎岳インタビュー


柴崎はテネリフェのチームメイトについて語る
Photo By スポニチ


 【柴崎一問一答】

 ――左MFで意識したことは。

 「サイドに張るより中央でプレーした方が僕の特長が生きるかもしれないですけど、中の選手との距離感を良くしたり、近い距離でプレーした方が良いと思った。そこまでポジションにこだわってはいなかった」

 ――期待も大きい中で、テネリフェで続けていくことに疑問を持ったことはあるか。

 「日本から来てくれる人もいるし盛り上がりに関してはどうかは分からないけど、なるべく自分が良いプレーをして良いニュースを地元の人や日本にいるファンに届けたいと思っている」

 ――チームメートとの連係について。

 「いい関係を築けていると思うし、良いやつばかり。そういったコミュニケーションはプレー面に反映されると思うので、練習中から僕のことも分かってもらう必要があるし、僕が彼らのことを分かる必要があると思う。時間がたつにつれ、練習をすることで試合のプレー、連係部分が向上していくと思う」
[ 2017年4月4日 09:45 ]


インタビューに応じたテネリフェの岳である。
スペインでの試合について語る。
良い環境にてプレイできておる様子が伝わってくる。
出場機会を増やし、大きく活躍して欲しい。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク