レアンドロに期待

午後練習


ミーティング後、紅白戦やシュート練習を行いました。


紅白戦に出場するレアンドロである。
大岩監督にみっちり戦術を仕込まれたレアンドロが、広島戦のキーマンであろう。
サイドを制圧し、ゴールを狙うのだ。
レアンドロの躍動を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

監督交代を断行した天敵・鹿島に挑む広島

監督交代を断行した天敵・鹿島に挑む広島。カギは“団結”
鹿島は5月30日、AFCチャンピオンズリーグラウンド16第2戦をホームで戦い、広州恒大に2-1で勝利するも、アウェイゴールの差で敗退が決まった。そして一夜明けた31日、指揮官の交代を決断。今季の成績を総合的に考慮した上で石井 正忠監督との契約を解除するとともに、後任には大岩 剛コーチが就任することが発表された。

一昨季はシーズン途中からチームを率いてJリーグYBCルヴァンカップを制し、昨季は明治安田J1、天皇杯を制覇した指揮官の解任は驚きをもって伝えられた。アジアを制してクラブワールドカップに出場するという大きな目標を失ってしまった王者・鹿島は、新たな指揮官の下で再スタートする決断を下した。

クラブ内外に小さくない動揺が走る中、限られた準備期間で新体制は初陣を迎える。だが、2003シーズンから鹿島でプレーして2010シーズン限りでユニフォームを脱いだあとも、コーチとして現場で戦ってきた大岩新監督は強い信念を持ってチームを導いていくに違いない。経験豊富な選手たちもクラブの決断をしっかりと受け止めて、目の前の試合に集中していることだろう。

一方の広島は、31日にルヴァンカップのグルーステージ最終節を戦い、試合終盤の宮吉 拓実の決勝点により横浜FMを破ってBグループ3位に入り、プレーオフステージ進出を決めた。リーグ戦では苦しい戦いが続いているが、経験の浅い若い選手を多く起用しながら戦ったルヴァンカップで次のステージに進めたことは、チーム全体に自信をもたらしている。カップ戦で挙げた一つの成果を良い形でリーグ戦につなげていきたいところだ。

また、横浜FM戦は得点力に悩んでいるチームに光明が差し込んだ試合でもあった。リーグ戦で2試合先発から外れていた工藤 壮人が先制点を挙げ、ケガから戻ってきたばかりの宮吉が今季初得点を挙げた。雌伏のときを過ごしている二人のストライカーが結果を出したことで、攻撃陣の競争力向上が期待される。リーグ前節・磐田戦を無失点で切り抜けて守備陣が安定感を取り戻してきている中、広島は勝点を奪取していく体制が徐々に整ってきている。

もっとも、広島にとって鹿島は“天敵”と言っていい相手。リーグ戦では2013年のJ1最終節に勝利を奪って以降3年間勝てておらず、鹿島に得点を許し続けてきた。2016年はアウェイで1-4の敗戦を喫し、ホームでは2-4で敗れている。今節も鹿島のアタッカー陣は自信を持って広島に挑んでくるだろうし、広島のディフェンス陣はどこか恐怖を感じながら対応することになってしまうだろう。

だからこそ、広島は団結して鹿島に挑んでいきたい。お互いを支え合いカバーし合って鹿島の攻撃をはね返していき、攻撃がうまくいかなくてもミスが起こっても我慢強く試合を進めていくことができれば、勝利への道を見つけることができるはずだ。

[ 文:寺田 弘幸 ]


「大岩新監督は強い信念を持ってチームを導いていくに違いない」と記すJリーグ公式の寺田氏である。
大岩剛のキャラクターは広島番記者に強い信念を持つ監督と映っておる様子。
その信念を戦術に投影し、広島に打ち勝ちたい。
その広島には2013年の最終節に敗れて以来負け無しである。
しかしながら、その試合は広島が逆転にて優勝を勝ち取った試合であり、非常に悔しい思いをしたことでも記憶に残る。
あんな思いは二度としたくない。
広島を破り、優勝戦線に残るのだ。
強い信念で勝利を掴む。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ジョルジーニョ、バイーアの監督に就任

Jorginho prega continuidade ao trabalho de Guto: "Não seria inteligente mudar”
Animado com clube, novo treinador do Bahia é apresentado na tarde desta quinta-feira: "O objetivo maior é dar continuidade ao trabalho que está sendo feito”

Por Ruan Melo, Salvador
01/06/2017 17h05 Atualizado há 2 horas


Jorginho é o novo treinador do Bahia (Foto: Felipe Oliveira / Divulgação / E.C. Bahia)

O Bahia agiu rápido e, dois dias depois do anúncio da saída de Guto Ferreira para o Internacional, confirmou o acerto com Jorginho para comandar o time até o final da temporada. A apresentação do treinador aconteceu na tarde desta quinta-feira, no Fazendão.
Ao lado do presidente do Bahia, Marcelo Sant’Ana, e do diretor de futebol, Diego Cerri, Jorginho mostrou empolgação com o novo clube e afirmou que planeja manter o trabalho que vinha sendo implementado por Guto Ferreira.
- O objetivo maior é dar continuidade ao trabalho que está sendo feito. Não seria inteligente da minha parte mudar alguma coisa. Os resultados foram bons, apesar das duas últimas derrotas. Acompanhei o jogo contra o Vasco. O Vasco foi melhor, mas o Bahia poderia ter virado. No jogo contra o Botafogo o Bahia teve as oportunidades. É importante conquistar pontos fora de casa para que a gente possa pensar em uma grande classificação. O objetivo é manter. Agora mesmo pedi ao Preto Casagrande para desenvolver o trabalho e eu estar observando. Alguns jogadores vão ser poupados, outros estão no departamento médico. Tenho minha forma de trabalhar e não tenha dúvida que ela vai aparecer. É uma equipe competitiva, veloz, jovem, mas eu estou com o pensamento muito positivo em relação a isso. Essa equipe pode ser uma surpresa para isso – disse o novo técnico do Bahia.
Jorginho estava sem trabalhar desde o fim da última temporada, quando deixou o Vasco. O treinador afirmou que chegou a receber três propostas de outras equipes, mas preferiu abraçar o projeto do Bahia.
- Surgiram algumas possibilidades sim. Tive três propostas de equipe de primeira divisão antes do Bahia. Conversando com minha comissão técnica decidimos que não era o projeto que queríamos, nem o momento. A gente estava observando tudo que estava acontecendo nos campeonatos regionais e esperando um momento como esse. É uma escolha maravilhosa que fiz. Tenho certeza que vou ser feliz aqui. Poderia em março ter assumido um trabalho. É uma realidade [a insegurança na profissão de treinador]. Queremos mudar essa realidade. Que tenha um respeito maior com um treinador caindo. Para que haja um respeito maior em relação a isso. É uma das grandes conquistas que a gente está tendo agora. O Bahia é uma realidade disso. O Guto saiu daqui porque houve uma outra situação. Já tem uma responsabilidade muito grande. A gente jogou contra, trabalhou contra, ele no Bahia e eu no Vasco. Tenho certeza que esse era o momento.
O presidente do Bahia destacou a carreira vitoriosa de Jorginho. Como auxiliar de Dunga na seleção brasileira, Jorginho foi campeão da Copa das Confederações e da Copa América. À frente do Kashima Antlers, do Japão, em 2012, ele ganhou a Copa Nabisco e a Copa Suruga. Em 2013, ele comandou a Ponte Preta e conseguiu avançar até a final da Copa Sul-Americana. Em 2016, ele conquistou o Campeonato Carioca de forma invicta com o Vasco, além do acesso à Série A.
Treinador falou em dar continudiade ao trabalho de Guto (Foto: Felipe Oliveira / Divulgação / E.C. Bahia) Treinador falou em dar continudiade ao trabalho de Guto (Foto: Felipe Oliveira / Divulgação / E.C. Bahia)


Treinador falou em dar continudiade ao trabalho de Guto (Foto: Felipe Oliveira / Divulgação / E.C. Bahia)

- Estamos apresentando formalmente o nosso novo técnico, Jorginho, que substitui Guto Ferreira, a quem desejamos sorte no Internacional. Estamos muito satisfeitos com nossa escolha para dar continuidade ao trabalho. Foi um atleta muito vencedor em clubes e na seleção brasileira. Começou como auxiliar na seleção brasileira, já assumiu vários clubes. A gente entende que está maduro suficiente para conduzir o Bahia em um bom Campeonato Brasileiro. Que o Bahia seja uma oportunidade grande na sua carreira para você mostrar todo o seu conhecimento. Que a gente consiga mostrar essa sinergia – disse Marcelo Sant’Ana.
Jorginho vai observar o treino desta quinta-feira e já estará à frente do grupo na partida da próxima segunda-feira, contra o Atlético-GO, na Arena Fonte Nova.

Confira outros trechos da entrevista coletiva de Jorginho:

Animação com novo trabalho

- Eu quero dizer que estou muito feliz de estar aqui. É a primeira equipe do Norte e Nordeste que estrou treinando. Me sinto muito seguro dessa escolha. Conversamos, e cheguei a esse acordo porque tenho certeza que vim para um clube com tradição maravilhosa, com torcida apaixonante. Tive o privilégio de jogar contra a equipe de 88 [campeã brasileira], liderada por Bobô. Me sinto muito feliz por esse momento. Decidi trabalhar em um grande clube. A seriedade que a diretoria tem encarado o trabalho... [Marcelo Sant’Ana] É o mais jovem presidente da Série A, mas com muita competência falada por profissionais. Estou muito feliz por esse momento, muito motivado em fazer história aqui. Quando cheguei, seu Aderbal [funcionário do Bahia], 80 anos de idade, disse que gostou da mala, que é grande. Isso é muito bom. Não vim com duas malas porque vou ficar no hotel primeiro. A minha esposa, com certeza, vai trazer mais coisas. Não estou de passagem. Vim para marcar história. Sei como é difícil o Campeonato Brasileiro. Sabemos o quanto é difícil, temos grandes adversários. Objetivo traçado é ter uma melhor colocação que a do Bahia em 2013, quando foi 12º colocado. A medida que a gente for alcançando nossos triunfos, vamos pensando em algo maior. Sou uma pessoa de muito diálogo. Às vezes as coisas ficam fechadas, mas sei como o trabalho de vocês é importante. Que a gente tenha um relacionamento de muito respeito. É isso que desejo e, principalmente, que o Bahia seja grande e que neste ano a gente tenha grandes conquistas, grandes triunfos. Entro de corpo, alma e coração.

Responsabilidade
- Responsabilidade é muito grande. O Bahia é um time de massa. Já treinei time de massa, já joguei, tirando o América-RJ. É uma responsabilidade muito grande. Por outro lado, fico feliz com a responsabilidade. Gosto de desafios. Venho de família pobre, perdi pai muito cedo. Fui trazido a uma responsabilidade muito cedo. Com 11 anos trabalhava, varria o meu prédio. Tinha que acordar cedo. Sempre fui pautado em cima de desafios e fico feliz por essa aceitação, por trabalho que venho desempenhando. Já fiz bons trabalhos, já fui campeão da Copa das Confederações, Copa América. O Preto Casagrande vai ser abraçado. Um dia ele vai ser o treinador do Bahia. Se depender de mim, tomara que um dia isso aconteça. “Bora Bahêa” mesmo. Estou feliz, motivado e, com certeza, a gente vai realizar um grande trabalho. A gente está entrando em um trabalho bem feito.

Preferência tática
- Tudo depende do material que nós temos na mão. Claro que tenho as minhas preferências. Gosto do 4-2-3-1, 4-1-4-1, o 4-2-4. Muitas vezes essa equipe joga no 4-2-4. Gosto muito de marcação alta, mas nem sempre é possível. Costumo dizer que temos de cinco a sete segundos para fazer essa marcação. Se não conseguir, tem que voltar correndo. Temos que treinar. Uma coisa de repetição para fazer com que esse time jogue por música.

Primeiro dia de trabalho
- Hoje vou estar observando mais. Conversei com Preto, e ele vai estar liderando o trabalho. Tivemos conversa com atletas. Vamos ter conversa com toda comissão técnica. A coisa foi meio corrida. E quanto a estreia, não tenha dúvida que nós temos dois jogos em casa, que são fundamentais para os nossos objetivos. Temos que planejar virada de turno com gordura. Vamos pegar uma equipe, não se enganem, apesar de mudanças, é campeã da Segunda Divisão, tem um treinador que foi meu auxiliar, me conhece muito bem. É uma equipe que tem muito potencial. É jogo difícil porque tendo mais uma derrota a gente sabe como é a pressão. A gente tem que entrar completamente concentrado.


バイーアの監督に就任したジョルジーニョである。
ジョルジーニョの新たな挑戦はブラジルの強豪となった。
4-2-3-1、4-1-4-1、4-2-4を好むという戦術をどのように当てはめてくるのであろうか。
勝利の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

テネリフェ・岳、最優秀選手選出

柴崎岳、リーガ2部第40節の最優秀選手に選出...得票率は45%に上る

MVPに選ばれた柴崎/Getty Images
(C)Getty Images


2017/06/01 21:51:02

柴崎はコルドバFWピオバッカリ、セビージャ・アトレティコFWグアルを退けて1位に輝いた。

テネリフェMF柴崎岳が、リーガエスパニョーラ2部第40節の最優秀選手に選出された。

テネリフェは第40節でアルコルコンと対戦。柴崎はチームの2点目を挙げ、3-1の勝利に大きく貢献していた。

リーガ公式サイトによるファン投票で、柴崎は45%の得票率を得て同節の最優秀選手に選ばれている。2位にはコルドバFWフェデリコ・ピオバッカリ(30%)、3位にはセビージャ・アトレティコFWマルコ・グアル(19%)がランクインした。

柴崎岳がスペイン移籍で驚いたこととは?「想像以上に…」
2017/06/01 21:12:56

出場権獲得に迫る1部へのプレーオフについては、自信をのぞかせている。

テネリフェMF柴崎岳は、今冬の移籍市場で初めての欧州移籍を果たした。その舞台となったリーガエスパニョーラ2部で、同選手が最も驚いたことに言及している。

移籍した当初こそ適応に苦しんだ柴崎だが、ここに来て定位置をつかみつつある。ホセ・ルイス・マルティ監督から5試合続けて先発で起用され、地元メディアからの評価もうなぎ上りとなっている。

現在が移籍後最高の状態かと聞かれた柴崎は、以下のように答えた。スペイン『マルカ』が伝えている。

「そうかもしれないですね。少しずつ良くなっています。自分のプレーもできるようになってきました。この数カ月でスペインのサッカーに慣れてきましたね。それはピッチ上で反映されています。ただ、自分はもっとできるとも思っていますよ」

トップ下かサイドハーフでの起用について、「どのポジションでも快適にプレーできます」と切り返した柴崎。マルティ監督に関しては「強い印象を受けたのは、スペインの監督の話す際の情熱ですね。何かを伝えたいとき、叫ぶように伝えますから」と語っている。

適応においては、チームメートのサポートが大きかったようだ。

「チームメートにはすごく助けてもらいました。彼らとの関係は非常に良いですよ。みんな、とても優しいです。誰が、というのはなくて、みんなです。テネリフェでの生活にも満足しています。島の景色を見たり、散歩したりするのが好きですね。それと、対戦相手のビデオを見て研究するのも好きですよ」

40試合消化時点で4位につけるテネリフェは、1部昇格プレーオフ権(6位以内)獲得に前進している。柴崎は1部昇格に自信をのぞかせた。

「一番強いのはテネリフェです。もちろん、他チームに敬意を払います。彼らを過小評価することはありません。ですが、僕たちはどのチームに対しても恐れを抱いていません」

テネリフェで充実した日々を過ごしているように見える柴崎だが、スペインサッカーで驚いたことはあったのだろうか。

「1試合のパス本数の多さですね。想像以上でした。それと、どちらかのチームがボールを保持している時のポゼッションの時間の長さにも驚きました」


リーガ2部40節の最優秀選手に選出されたテネリフェの岳である。
得票率は45%にも上り、活躍の度合いが感じられる。
チームにフィットした岳ならば、これは当然とも言える。
もっともっとやってくれよう。
そして、岳はリーガ2部の印象を語る。
「1試合のパス本数の多さですね。想像以上でした。それと、どちらかのチームがボールを保持している時のポゼッションの時間の長さにも驚きました」とのこと。
これは岳が望んだリーグとして驚きと共に充実感を得ているのではなかろうか。
岳の力でテネリフェを1部に昇格させよ。
更なる活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Jリーグ、2018年シーズン・2/17開幕へ

Jリーグ、来季2・17開幕へ!W杯イヤーで史上最も早く…
2017年6月2日6時0分 スポーツ報知

 W杯イヤーとなる2018年のJ1リーグが、史上最も早い2月17日に開幕する可能性が1日、高くなった。Jリーグ関係者が「来年はW杯もあって、今年よりも1週間早い開幕になると聞いている」と明かした。

 来季はロシアW杯本大会が6月14日から7月15日の予定で開催される。W杯出場国のトップリーグ(1部)は、W杯開催期間中の約1か月間にリーグ戦を実施できない。このためルヴァン杯、天皇杯、他の公式戦と並行し、全34節で合計306試合を消化するために、日程の前倒しを決断した。

 最近2年間は2月の第4土曜日に開幕し、16年は2月27日、今季は同25日からスタートした。来季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)もプレーオフが1月30日、本戦も2月12、13、14日に開幕節が行われ、J開幕も歩調を合わせる形になる。

 課題は降雪地域のホームゲーム開幕戦の時期。今季、札幌、新潟などは積雪などの影響を考慮して、3月第2週の第3節に設定した。スタジアムはもちろん、直前にホームタウンの練習場を使えるか、荒天による当日の交通機関への影響はないか―など問題は山積みで難航しそう。チームの始動やキャンプインも早まり、今季の公式戦最終戦となる天皇杯決勝(18年1月1日)進出チームは、オフが十分に確保できない懸念もある。

 今後、Jリーグ実行委員会などで議論され、秋頃をメドに決定の見込み。ロシアW杯イヤーは慌ただしいシーズンになりそうだ。


2018年シーズンの開幕日を2月17日を検討するJリーグである。
ACLも早期に開幕するため、日程の前倒しを決定したとのこと。
これは早い開幕である。
オフを長く取ることは難しくなるが、それも強いクラブに所属する選手の宿命である。
W杯イヤーの来季、サッカー漬けの毎日を過ごそうではないか。
覚悟である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

“大岩体制”本格始動

大岩鹿島が本格始動!初練習で早速紅白戦 前監督解任から一夜

就任後初の全体練習を指揮する大岩新監督
Photo By スポニチ


 “大岩体制”が本格始動した。鹿島は石井前監督解任から一夜明けた1日、敵地での広島戦(4日)に向けて大岩新監督の下で初の全体練習を行った。新指揮官は早速、紅白戦を実施し、右サイドバック(SB)の西を左SBや2列目の右へ入れるなど新しい試みを行った。

 MF永木は「前への意識が強くなるんじゃないかと感じた。縦パスや、味方を追い越していく動きが増えていくかも」と攻撃面での変化を口にした。新監督からは「ボールを持つ時間を短くして」などの具体的な指示が飛び、MF土居は「分かりやすいメッセージでやりたいサッカーを伝えようとしていると思った」と話した。

 リーグ戦は2連敗中。左脚のケガから復帰したMF遠藤は「石井さんはテレビできっと見ている。いい試合をして、成長した姿を見せたい。早く勝利を届けられたら剛さん(大岩監督)も安心する」と必勝を誓った。


大岩新監督就任後初の全体練習に臨んだ鹿島イレブン
Photo By スポニチ


[ 2017年6月2日 05:30 ]


大岩新監督初の全体練習を取材したスポニチである。
永木から「前への意識が強くなるんじゃないかと感じた。縦パスや、味方を追い越していく動きが増えていくかも」というコメントを引き出しておる。
縦に速いサッカーを目指すのであろうか。
大岩監督のやりたいことに関しては、聖真が「分かりやすいメッセージでやりたいサッカーを伝えようとしていると思った」と言うように理解されやすい様子。
これは、フロントが大岩監督に課した「具体性を持った指導やアプローチ」に合致する。
この短い時間にてチームを作り広島戦に挑む。
また、ヤスが負傷から復帰とのこと。
これは朗報。
聖真がFWに上がり層の薄くなった2列目にヤスが戻ることとなれば、戦力としてとても大きい。
広島戦ではベンチ入りは出来るであろうか。
楽しみである。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACLを振り返る

鹿島、ACL振り返る 敵地戦、克服できず
負傷者続出も痛手


鹿島-広州恒大 ACL敗退が決まり肩を落とす鹿島イレブン=カシマスタジアム、村田知宏撮影

悲願のアジア制覇を目指し、2大会ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に臨んだ鹿島。1次リーグは首位通過したが、過去に4度阻まれた決勝トーナメント初戦で、またしても涙をのんだ。

敗戦が決まった広州恒大(中国)戦後、解任された石井前監督は「アウェー戦はもっと経験を積み、タフに戦えないと勝ち抜けないとあらためて感じた」と、悔しさをにじませながら大会を総括した。

鹿島は今大会、ホームは4戦全勝しながら、敵地では1勝3敗と苦戦した。1次リーグはアウェーの負けをホームで取り返すことができたが、ホームアンドアウェー方式の決勝トーナメントではアウェー戦の失点が結果的に大きく響いた。

決勝トーナメント1回戦・広州恒大戦は、敵地での第1戦を0-1で落とした。ホームでの第2戦は2-1で勝利したが、アウェーゴールの差で無念の敗退が決まった。苦手の敵地戦をまたも克服できなかった。

Jリーグと並行して戦う過密日程の中、負傷者が出たのも痛かった。決勝トーナメントを前にした神戸戦で、主力のレオシルバと遠藤が負傷。2人は4日前、1次リーグ突破が決まった中でのムアントン(タイ)戦にも出場し、疲労が蓄積していた。鈴木強化部長が「出ずっぱりの選手を休ませてもよかった」とこぼすなど、連戦の中での選手起用の難しさをあらためて痛感させられた。

厳しい戦いの中、プロ3年目の鈴木が目覚ましい活躍を見せたのは収穫だった。初出場のACLで、「昨年のクラブW杯での経験が生きている」と未知の相手にもひるまず、エース金崎に並ぶチーム最多の4ゴールを挙げた。2年前、1次リーグ敗退の悔しさを味わった昌子や土居も成長ぶりを示すプレーを見せていただけに、早すぎる終幕が悔やまれる。

今季、最大の目標が消えたショックは大きい。さらに、敗退翌日には監督交代という激震が走った。大岩新監督は就任後「過去を振り返っている時間はない」と選手たちに気持ちの切り替えを求めた。再起を図るためにも、4日の広島戦は負けられない。昌子は「難しい試合になるが、それでも勝ち続けていかなければいけない」と捲土(けんど)重来を誓った。 (藤崎徹)


今季のACLの戦いを総括する茨城新聞の藤崎記者である。
「アウェイ戦はもっと経験を積み、タフに戦えないと勝ち抜けないとあらためて感じた」という石井前監督の言葉を借りて振り返る。
やはり、アウェイにて失点を喫したことが、グループステージを難しいものとしそして敗退となる原因と考えるのが正しいように感じさせられる。
また、負傷者が相次ぎ、ベストメンバーを組めなくなったことも、敗退への要因にあげられる。
鈴木満常務強化部長は、「出ずっぱりの選手を休ませてもよかった」と采配に口を挟むが、信頼してチームの軸となっている選手を変えるのは難しいところ。
特に、強化部に指揮官が補強を依頼しておきながらも、層が薄いままシーズンインしたCBは代えようがなかったように感じる。
アウェイの戦い、負傷者を減らす、このあたりはアジアを戦う上でのキーポイントとして肝に銘じておきたい。
来季、再びアジアに挑戦するためリーグにて頂点に立つ。
その為にもこの週末の広島戦は星を落とせぬ。
必ずや勝利を。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

残り全タイトルを獲得してこそ石井氏への報いとなる。前を向くしかない

【絆トーク】
鹿島・石井監督の解任劇に小笠原「石井さんのせいにするのはかっこ悪い」

 電撃人事だった。J1鹿島は5月31日、石井正忠監督(50)を成績不振を理由に解任し、大岩剛コーチ(44)を新監督に昇格させた。

 結果が全ての世界で、最大目標だったアジア制覇が消滅。仕方ない部分もあるが、選手たちも驚きを隠せない。日本代表DF昌子源(24)は「ショック。負けたのは俺ら。考えるべきところはある」と話した。

 温和な性格で誰からも慕われていた指揮官。解任の知らせを受けた主将MF小笠原満男(38)は「石井さんのせいにするのはかっこ悪い。俺らが変わっていくしかない」と全員に発破をかけた。残念な結果だが、残り全タイトルを獲得してこそ石井氏への報いとなる。前を向くしかない。 (サッカー担当・一色伸裕)


石井監督解任を受けて鹿島の選手を取材したサンスポの一色記者である。
選手らはショックを隠せない。
ここは、チームを結束させ、このメンバーで国内タイトルを総取りするのだ。
選手を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク