鹿島はなぜ監督を変えたのか?

鹿島はなぜ監督を変えたのか?決断の裏には今季特有の事情が…
内田知宏
2017年06月03日


石井監督は人望があり、選手との信頼関係は崩壊していなかった。


解任された石井前監督(左)。右は大岩新監督。(C)SOCCER DIGEST

 鹿島はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)敗退決定から一夜明けた5月31日、石井正忠監督の解任と、大岩剛コーチの新監督就任を発表した。昨季はJリーグ、天皇杯の2冠を獲得し、クラブワールドカップではアジア勢として初の準優勝に導いた石井監督。今季は、リーグ戦暫定7位(1試合未消化)、ACLベスト16という結果でチームを去ることになった。

 同30日のACL・広州恒大戦後、石井監督は「自分から責任を取ることはあるか」という質問に「それはありません」と否定した。一方で「これから(フロントと話し合う)」と明かした。実際にフロントから呼び出されたのは、解任が通告される31日朝だったが、自身の立場に影響することは気づいていたようだ。

 また、選手からも「試合後、石井さんの表情が消えていた。(解任されることは)分かっていたと思う」、「敗退が決まって、クラブが何かしらの決断をしてもおかしくない。だから勝ちたかった」という声が漏れた。選手も同じように監督の危機を感じ取っていた。

 強化責任者を務める鈴木満常務は「(今後)勝つ可能性を高める決断」と説明し、解任の理由として、①戦力を使い切れていない ②指導方針のズレ ③練習内容 の3点を挙げた。同常務が解任を決断する基準は明確で「監督と選手の信頼関係が崩壊している」「サッカーの方向性を見失っている」状況に陥った時であり、数少ない過去の解任劇では実際にそうだった。

 同常務が説明するように、ピッチ上の問題はもちろんあった。2チーム分の戦力を抱えながら、過密日程の中で交代枠を残した采配は疑問が残った。それが怪我人続出を呼んだという分析も分からなくはない。ターンオーバーを諦める時期も早かったように映る。選手の自主性を重んじる指導方針は主力クラスを多く抱えるチームには合わなかった、という見方もできる。

 ただ、石井監督は人望があり、選手との信頼関係は崩壊していなかった。サッカーの方向性も持っていた。今までの基準通りであれば、解任に至らなかっただろうが、決断には今季特有の事情が少なからず絡んでくる。

鈴木常務は「石井とは24年もここで一緒に仕事をしてきた。苦しかった」


昨年に準優勝したクラブワールドカップへの出場が消えたために……。(C)SOCCER DIGEST

 前期の営業収入は、クラブワールドカップ準優勝の賞金獲得などでクラブ史上最高の55億8200万円。企業が前年を下回る予算を組むことはなく、今季はこの収入をベースに予算が組まれている。

 Jリーグからの分配金が増えたことや、Jリーグの優勝賞金が大幅に増額されたこともあり、クラブは2チーム分の戦力を抱え、シーズン前から積極的な投資をしてきた。

 この投資を回収するためには、リーグ優勝はもちろん、クラブワールドカップに出場することが必要になる。ACL敗退で、大きな柱と見込んでいたクラブワールドカップ出場が消えた今、ピッチ内の状況と合わせ、企業として決断した側面がある。

 同常務が「石井とは24年もここで一緒に仕事をしてきた。苦しかった」と話すように、簡単ではなかった。一方、この決断で「チームはもっと強くなる」という自信も持っている。

 これまでシーズン途中で監督を解任した時は、必ず何かしらのタイトルを取ってシーズンを終えている鹿島。残された大会をすべて取るための大きな決断を下した。

取材・文:内田知宏


石井監督解任についてサッカーダイジェストに寄稿した報知新聞の内田記者である。
「今までの基準通りであれば、解任に至らなかっただろう」と記す。
これまでのゼ・マリオ、トニーニョ・セレーゾの前例と今回は一線を画すことを伝えておる。
「投資を回収するために」「企業として決断した側面がある」と今回の解任理由を述べる。
鹿島がビジネスとしてこの決断があったことがわかる。
クラブは、一つ前に進んだと言えよう。
ある意味、ある一面を切り捨てた格好となった。
タイトルではなく、クラブのためには仕方ない部分もある。
非情もまた一つの形である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

持てる力をしっかりと出し切れば、勝利を呼び込めるはずだ

【J1展望】広島×鹿島|新体制となった常勝軍団を相手に、広島はどれだけミスなく戦えるか
サッカーダイジェスト編集部
2017年06月03日



故障者/広島=佐々木、茶島 鹿島=L・シルバ、町田
出場停止/広島=なし 鹿島=なし


J1リーグ第14節
サンフレッチェ広島 – 鹿島アントラーズ
6月4日(日)/14:00/エディオンスタジアム広島

サンフレッチェ広島
今季成績(13節終了時):16位 勝点10 2勝4分7敗 11得点・19失点

【最新チーム事情】
●ルヴァンカップでプレーオフステージに進出。
●工藤、宮吉がカップ戦でゴール。
●皆川はライバルFWふたりの活躍に危機感。
●右膝前十字靱帯断裂で離脱中の佐々木が久しぶりに練習場へ顔を出す。

【担当記者の視点】
 それにしてもミスが多い。前節・磐田戦では森﨑が「スイッチを入れたいが、入れればミスが起きる」と嘆き、ルヴァンカップの横浜戦では千葉が「クオリティをもっと上げないと、強い相手には通用しない」と危機感を口にしている。

 それほど厳しいとは思えないプレスでもパスはズレ、選択肢の少ない選手たちは相手に次のプレーを容易に予測されてしまう。この状態で、直近の公式戦3試合で2勝1分という結果は幸運と言える。また、ここまであまり見せることのなかった泥臭さや執念が形に現れてきたのもひとつの要因だろう。

 2013年の最終節で勝利して以来、鹿島には公式戦で1分7敗と分が悪い。しかも相手は監督交代という「劇薬」が施され、チーム全体が一致団結して勝利に向かってくることは火を見るよりも明らかだ。その鹿島の激しさに対抗できるだけの熱量をもって挑めるか。

 1度崩れてしまったチームを立て直すには時間がかかる。しかし、ゲームへの情熱と身体を張って守る土臭いプレーであれば、以前のようなクオリティを発揮できるはずだ。

鹿島――大岩新体制の初陣。敵地でも貪欲に勝点3を狙う。

鹿島アントラーズ
今季成績(13節終了時):7位 勝点21 7勝0分5敗 14得点・14失点

【最新チーム事情】
●石井監督を解任し、コーチから昇格した大岩新監督で挑む初のゲーム。
●西が体調不良で前日練習を欠席。出場は微妙か。
●足首を痛めていたエース金崎が先発復帰。

【担当記者の視点】
 ACL敗退が決まり、クラブは石井監督の解任を決断。大岩コーチを昇格させ、新たなスタートを切ることに。

 連覇を狙うリーグではすでに5敗を喫しており、これ以上の負けは許されない。選手たちも期する想いがあるはずで、良い流れを引き寄せるためにも、敵地でのゲームだが貪欲に勝点3を狙っていくだろう。

 新体制となっても、スタメンの顔ぶれに大きな変化はない。持てる力をしっかりと出し切れば、勝利を呼び込めるはずだ。


「西が体調不良で前日練習を欠席」と報じるサッカーダイジェストのプレビューである。
これは痛い報と言えよう。
大岩采配のキーマンとされる西が欠場となると、左SBや右ハーフに起用し、フレシキブルに対応する戦術が取れなくなる。
ここで大岩新監督どのような手を打ってくるのであろうか。
単にユキを右SBに起用するだけで、石井さん時代と変わらぬ布陣にて挑むのであろうか。
それとも秘策があるのか。
大岩監督としては、初采配にて勝利を掴み取ることが必須となろう。
重要な一戦である。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

永木に期待

広島戦前日練習


明日の広島戦に向け、セットプレーやレクリエーションゲームなどで最終調整しました。


広島戦に向けた前日練習の一コマである。
永木の勇姿が写る。
明日はチームの中心としてたの選手を引っ張る立場となる。
出足の早い潰しで、前への推進力となるのだ。
楽しみしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

的を射ない裏事情報

鹿島・石井監督解任が“電撃”でない裏事情 サポーターは批判「クラブ冷たい」
2017.06.02

 サッカーJ1鹿島・石井正忠監督(50)が5月31日に突然解任された。後任に元日本代表DF大岩剛コーチ(44)が昇格する。

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で敗退したとはいえ、昨季のJリーグ、天皇杯の優勝監督である。そしてクラブW杯では準優勝の快挙を成し遂げた。監督3季目を迎えて公式戦通算勝率は6割を超えている「勝てる監督」だった。

 しかし、これは決して電撃解任ではない。クラブ側は「もともとACLで優勝できなかったら『解任』という流れだった」(鹿島関係者)。

 鹿島は国内19冠という断トツの常勝軍団だが、アジアでのタイトルはこれまでひとつもない。国内では勝てるが、海外で勝てないことがクラブの大きな課題だった。

 さらに、クラブ側が問題にしたのは、リーグ戦7勝5敗の7位という成績。5敗は全てホームゲームだった。観客動員も昨季は第1ステージこそ平均2万285人とまずまずだったが、第2ステージは1万8054人にダウン。

 今季もホームでの第12節(5月14日対川崎)では0-3と完敗したこともあって、1万838人しか集まらず、1万人割れが現実味を帯びていた。2020年東京五輪後、新国立競技場(東京)を本拠地として使用する構想もあり、観客動員の維持は大命題だ。

 今回の解任は、鹿島フロントにも重い責任がある。一昨年、年俸1億円のセレーゾ監督を7月で解任し、監督経験のない石井監督をいきなり昇格させたことだ。

 昨年8月には、途中交代をさせたFW金崎が不満をあらわにしたことから、石井監督は心労を訴え休養。神経の細さを心配されていたが、何とかここまでやってきた。

 客を呼べる華やかさのある監督ではなかったかもしれないが、この解任劇についてサポーターは『クラブは冷たい』と支持していない。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

鹿島アントラーズ監督はなぜ、電撃解任されたのか? サッカー誌が書かない裏事情
 Jリーグに激震が走った。5月31日、昨年のクラブワールドカップでレアルマドリードを追い詰め、鹿島アントラーズを世界2位に導いた石井正忠監督が突然解任されたのだ。鹿島は、その前日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグで中国の金満クラブである広州恒大に2-1で勝利したものの、ファーストレグを0-1で落としていたため、アウエイゴールルールで敗退していた。
 試合内容自体は決して悪くなく、またリーグ戦でも優勝争いを狙える中位につけているため、石井監督が解任されるなど誰も予想していなかった。にもかかわらず、ACL敗退の翌日に、突然の解任。いったい何があったのだろうか? サッカーライターに話を聞いた。
「鹿島内での石井監督の求心力が低下していました。やはり、昨季、途中交代にブチ切れた金崎夢生と口論となり、心労による体調不良で一時的にチームを離れたことが原因でしょう。これにより、若手選手にナメられてしまった。そういった空気感をフロントも察知していた。石井監督は本当にいい人ですが、厳しさが足りなかった。ビッグクラブを目指すチーム向きの監督ではないのかもしれません」
 一方で、鹿島の懐事情もあるようだ。
「鹿島は今季、大型補強を行っています。都心のクラブのように、大型補強が観客動員に結び付けばいいのですが、鹿島という立地、交通の便などから観客動員が伸び悩んでいる。となると、ACLを制し、クラブワールドカップとの賞金を合わせた10億円、もしくはDAZNマネーで入るJリーグの優勝賞金20億円、どちらかは獲得しないと、来年の大幅戦力ダウンは否めません。しかし、ACLは敗退。残すはJリーグのみですから、フロントとしてコーチ陣や選手に発破をかける意味での解任もあると思います」(同)
 石井監督を解任することで、「Jリーグは絶対に優勝する」と示した鹿島。というよりも、今季、優勝しなければ、今のような一線級の選手を保有することが難しくなるのが実情のようだ。ビッグクラブを目指して大型補強を行った鹿島が、岐路に立たされている。
(文=TV Journal編集部)


石井監督解任について記す夕刊フジの久保氏と日刊サイゾーのTV Journal編集部である。
一般読者向けのメディアにて話題となるほどのこの事件は大きかった。
とはいえ、裏事情と銘打ちながらも、推測や取材の浅さから記事の内容は芳しくはない。
全く的を射ていないと言い切って良かろう。
これは、取り上げるべき記事ではなかったやもしれぬ。
がしかし、事実、石井監督更迭については、闇の深さがある。
それが表に出てくることはなかろう。
あえてこの闇をクラブが選んだ以上、鹿島は勝利とタイトルを必ずや成し遂げねばならぬ。
まずは広島戦。
集中して挑みたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ドタバタの中でどこまで準備し、冷静に戦況を見極められるか

【広島vs鹿島プレビュー】直近の公式戦3試合で2勝1分と負けなしの広島…石井正忠監督解任の鹿島は再出発を勝利で飾れるか

コーチを務めていた大岩剛氏が新監督に就任した鹿島。リーグ戦は現在2連敗中だ [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

■サンフレッチェ広島 ルヴァン杯で選手層の底上げに成功

【プラス材料】

 直近の公式戦3試合で2勝1分。5月31日の横浜FM戦では、残り5分を切ったところで飛び出した宮吉拓実のゴールによって、ルヴァン杯のプレーオフステージ進出を決めるなど、ようやく明るい日差しが指しつつある。特に宮吉の得点は、公式戦で今季初めて途中出場選手のゴールであったことも、チームの雰囲気を盛り上げている。

 リーグ戦で先発を外された千葉和彦や工藤壮人が結果を残し、フェリペ・シウバや森島司らのテクニシャンも戦えるところを示した。「俺を使え」と名乗りをあげた選手が続々と出現したことも、ルヴァン杯の成果だったと言える。

 また、直近の3試合で複数得点が2試合、完封が1試合、失点2と成果は上がっていることも間違いない。まだまだ降格圏の16位にいるとはいえ、今節に勝利し札幌が引き分け以下なら残留圏の15位に浮上する。

【マイナス材料】
 公式戦3試合負けなしとはいえ、内容は決して「広島らしさ満開」というわけにはいかない。森﨑和幸が「攻撃のスイッチを入れようとするとミスをする」とリーグ第13節の磐田戦後に嘆いたように、単純な失敗が多い。それはルヴァン杯組も同様で、決してプレスが強くかかっているわけではないのに、パスミスを続出して相手にボールを渡し、自らピンチを招いている。身体を張った守備で凌ぐことができているのは悪くはないが、そもそもミスがなければ相手に好機を与えはしないのだ。「いい守備からいい攻撃」は広島の方向性だが、せっかく力強い守備を見せても切り替えでミスを繰り返してはどうしようもない。

 鹿島には2013年の最終節で勝利した後、天皇杯も含む公式戦で1分6敗と圧倒的に分が悪く、内容的にも制されている。チームとしての試練はまだまだ続く。

文:紫熊倶楽部 中野和也

■鹿島アントラーズ 石井正忠監督を電撃解任、大岩剛新監督の下で巻き返しを図る

【プラス材料】

 ACL敗退を受け、クラブは31日に石井正忠監督を解任し、大岩剛コーチが新監督に就任すると発表した。成績を反映した措置ではあるが、チームの「ポテンシャルを引き出せていない」「具体的な指示を出せる監督」(幹部)という現況に即した人事だった。過去に監督をシーズン途中で解任したシーズンは必ずタイトルを獲得しており、今回も監督交代によって巻き返しを図る狙いがある。

 交代直後で先発メンバーは読みにくいが、足首の負傷で先発を外れていた金崎夢生が先発復帰する見込み。選手もこの人事を受け、気持ちを引き締め直している。広島戦で勝ち点3を奪って、代表ウィークによる中断に入りたいところだ。

【マイナス材料】
 世界的に見ても、監督交代直後は浮上するチームが多いというデータが残されている。サッカーがいかにメンタルスポーツであるかということを物語っているが、あくまでもデータ。広島戦での勝利を約束してくれるものではない。

 ACLの広州恒大戦から中4日で今節を迎える。大岩新監督に与えられた準備期間は、4日間だけ。石井前監督の戦術、メンバーを踏襲して戦うことになるだろう。大岩監督の色が出るのは中断明けの試合からになる。代行監督を1試合務めたことがあるが、監督の座に就くのは今回が初めて。ドタバタの中でどこまで準備し、冷静に戦況を見極められるか。新監督の采配に注目したい。

文:totoONE編集部


「足首の負傷で先発を外れていた金崎夢生が先発復帰する見込み」と記すサッカーキングのプレビューである。
エースが先発に戻ることでチームの士気も更に上がろう。
石井監督解任という大きな事件があった直後の試合はどのようなものになるのであろうか、大岩新監督はどのようなものにするのであろうか。
注目の一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク