岩政大樹が明かす世界トップレベルを本気にした瞬間

「お尻を蹴られて嬉しかった」岩政大樹が明かす世界トップレベルを本気にした瞬間

トークセッションでビッグクラブと対戦する重要性を語った

2017/06/15 18:27:13

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」開催の記者会見が15日に行われた。浦和OBの鈴木啓太氏、鹿島OBの岩政大樹氏が出席し、世界を体感できる機会の重要性を口にしている。

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」開催の記者会見が15日に行われた。浦和レッズOBの鈴木啓太氏、鹿島OBの岩政大樹氏が海外のビッグクラブと対戦できる重要性を口にした。

Jリーグワールドチャレンジ2017では浦和レッズが7月15日にドルトムントと、鹿島アントラーズが同22日にセビージャと対戦する。記者会見のトークセッションでは浦和、鹿島の両クラブOBが欧州のビッグクラブと手合わせできる喜びを口々に語った。

鈴木氏は「成長させてもらえる良い経験」と話しつつ、「ただのトレーニングマッチではなく、勝負にこだわる。自分の持っている物差しを広げてくれる」とシーズン中であるJクラブは勝ちに行く必要性があるとした。

また、岩政氏は自身の経験を交えつつ、このように語る。

「僕が入った頃は1年目にバルセロナとやって、2年目にマンチェスター・ユナイテッドとやってっていう時代でした。今になってどの選手がすごかったですか?って聞かれるんですけど、その時の2試合の印象が強くて…。そういう経験って選手のうちにそんなにたくさんできることじゃないですから、良い経験だったなと思います。やはりプロに入ってすぐにトップレベルを体感できたというのは、大きかったですね」

さらに、岩政氏はロナウジーニョやクリスティアーノ・ロナウドといった名前を出しながら、「当たりに行っても全然吹き飛ぶ感じがなかったですし、ちょっとこれはまともに当たっても無理だなと感じましたね」と当時を振り返った。

一方で、マンチェスター・ユナイテッド戦については「うちが2点取って、先行したので、そこから相手が本気になって。後半に(ルート)ファン・ニステルローイが出てきて、彼をガツガツ潰してたら、途中ボールがないところでお尻を蹴られて、すごい嬉しかったですね」と笑顔を見せながら、トップレベルを本気にできた喜びを語った。


欧州ビッグクラブとの対戦の思い出を語る岩政である。
岩政がルーキーイヤーの2004年にはバルセロナと対戦した。
その際は当時の大スター・ロナウジーニョが話題であったが、若きメッシも出場し、ゴールも奪われた。
悔しい思い出である。
2005年のマンチェスター・Uとの試合は本山の素晴らしいゴールにて先制し、マンUを本気にさせた。
岩政はファン・ニステルローイに蹴られたことを嬉しそうに語る。
この試合で蹴りと言えば、隆行に見舞ったアラン・スミスの真後ろからの蹴りは悪質であり、レッドでなかったことが悔しい。
まあ、岩政としては、この花試合の必要性を語る立場にあり、良い言葉を並べる。
しかしながら、マンU戦の思い出で「そこから相手が本気になって」と岩政が言うように、欧州クラブにとってはシーズン前の調整試合であることは事実であり、本気では来ない。
それを加味して楽しむことこそ肝要であろう。
お祭りとして良い経験にして欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

アツ、圧倒的テクニック

午前練習


ミーティング後、紅白戦を行いました。


紅白戦に出場したアツである。
ノンビブスということは、主力組と考えて良いのであろうか。
大岩新体制の前節にて先発し、1G!Aと結果を出したアツをサブに回す理由が見当たらないことも事実。
テクニックにて札幌守備陣を切り裂くのだ。
ホームにてゴールを決め、スタジアムに歓喜の渦を巻き起こせ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

セレッソ・山村、今シーズンしっかりと頑張りたい

[C大阪]リーグ戦3試合連続ゴール中の山村和也。待望される代表入りについては「セレッソでの活躍があってこそ」


 J1リーグ戦4連勝中のC大阪は、今節、ホームで清水を迎え撃つ。清水と言えば、昨季はJ2でJ1昇格を争ったライバルであり、昨季の対戦成績は1勝1敗の五分だった。

 ともにアウェイで挙げた勝利だが、2-0で勝利したJ2第7節で1得点1アシストの活躍を見せたのが、今季はトップ下にコンバートされて飛躍中の山村和也だ。逆転負けを喫したホームでのJ2第34節には出場していないが、「昨季はホームで清水に負けて、清水はそこからJ1昇格に向けていい流れを作った。今季は逆に自分たちが勝って、いまの良い流れを継続していきたい」と昨季の“リベンジ”に懸ける思いを話す。

 直近では、リーグ戦3試合連続ゴール中とチームの連勝に貢献している山村は、11日に行われた奈良クラブとの練習試合でも1得点1アシストと、その勢いはとどまるところを知らない。最近では、日本代表入りを推す声も日増しに高まっているが、そこに関しては、「目指す場所だけど」と前置きした上で、「セレッソでの活躍があってこそ。セレッソが上位にいけるように、今シーズンしっかりと頑張りたい」と冷静に話した。

 リーグ戦5連勝が懸かる今節。自身の4戦連発とともに、チームを勝利に導く活躍が期待される。
(C大阪担当 小田尚史)


セレッソの山村を取材したBLOGLAの小田氏である。
今週末の清水戦、代表入りについて語る。
清水とセレッソは共に昨季はJ2にて対戦した。
セレッソはアウェイで勝利するも、ホームでは敗れた。
その際山村は、ホームでは不出場に終えたもののアウェイでは1G1Aの活躍ををしMOMに選出されておる。
今季は、ポジションを上げており、更なる活躍が期待される。
また、この攻撃力を日本代表にと推す声も聞かれるようになってきた。
山村自身は、「目指す場所だけど」、「セレッソでの活躍があってこそ。セレッソが上位にいけるように、今シーズンしっかりと頑張りたい」と言う。
セレッソを上位に導くと共に、代表入りを成し遂げて欲しいところ。
大型トップ下は日本サッカーになかったピースである。
山村と大迫の共演など、歓喜以外の何物でも無い。
青きユニを纏う山村を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

再浮上に向けて戦力は充実してきたと言えるだろう

ケガ人続々復帰の鹿島。小野伸二擁する札幌相手に連勝を狙う
前節、2連敗から脱出した鹿島が4連敗中の札幌をホームに迎える。鹿島の前節は、石井 正忠監督の解任を受けて、急きょチームを引き継いだ大岩 剛監督の初陣。広島から前半のうちに3得点を奪い、気持ちよくリスタートを切ることに成功した。この2週間で、ケガ人の多くが復帰。広島遠征に帯同できなかったペドロ ジュニオール、先発を回避した金崎 夢生だけでなく、しばらく離脱していた遠藤 康もすでに練習に合流しており、さらには長期離脱もやむなしと見られていたレオ シルバさえもがチーム練習に戻ってきた。再浮上に向けて戦力は充実してきたと言えるだろう。

現在4連敗中の札幌は勝点12の15位。ここ5試合で勝点3しか稼げておらず、降格圏にいる16位・広島や17位・大宮とジリジリ差が詰まっているのはイヤなところだ。勝点を稼げていない最大の理由は得点力不足と言えるだろう。4連敗の中で奪った得点はわずかに『1』。しかし、前節の神戸戦で3分という早い時間にジュリーニョが奪ったその得点も、勝利には結び付けられなかった。

ただ、鹿島にケガ人が戻ってきたのと同じように、この中断期間で右足首を痛めていた小野 伸二が復帰。苦しいチーム状況を救うためにも、希代のファンタジスタの復帰は追い風となる。

小野といえば、2010年10月2日に県立カシマサッカースタジアムで決めたミドルシュートが忘れられない。ボーフムから清水に移籍し、Jリーグ復帰を果たしていた小野は11分、カウンターの場面を作ると右足を一閃。糸を引く弾丸シュートをゴール左隅に突き刺した。

鹿島と札幌のリーグ戦対戦成績は10試合で鹿島の8勝1分1敗。ホームでは5戦全勝と相手を圧倒する。しかし今季のリーグ戦において、鹿島はホームで2勝5敗と大きく負け越している。リーグ戦の成績は8勝5敗のため、敗れた試合は全てホームゲームという不名誉な記録が残っている。さらに、小野は県立カシマサッカースタジアムで3ゴールを決めた経験を持つ。相性のいいピッチでどういうパフォーマンスを見せるのか。

ワールドカップアジア最終予選があった関係で、鹿島からは昌子が日本代表、クォン スンテが韓国代表に参加していた。昌子は水曜日の深夜に帰国しており、コンディション次第で出場できそうだが、クォン スンテはこれからチームに戻ってくるため出場は難しい。代わりに小野と同じ“79年組”の一人である曽ヶ端 準が先発することになるだろう。

また、札幌の育成組織出身の西 大伍にとっては5年ぶりの古巣との対戦となる。

「長く見てくれているサポーターは僕のことも知っているはず。良い試合を見せたいと思います」。同時期に在籍していた選手はすっかり少なくなってしまったが、原点ともいえるチームとの久しぶりの対戦を楽しみにしていた。

それぞれの思いが、試合の中でどう反映されるのか注目したい。

[ 文:田中 滋 ]


「ケガ人の多くが復帰」と記すJリーグ公式の田中滋氏である。
前節はベンチ外であったPJや夢生に加え、長期離脱となっておったヤスも復帰し、レオ・シルバは練習に合流した。
戦力が整い、このホームでの札幌戦で良い勝利を届けてくれるのではなかろうか。
また、札幌アカデミー出身の西は、「長く見てくれているサポーターは僕のことも知っているはず。良い試合を見せたいと思います」と言う。
前回となる2012年のホームでの対戦ではフル出場し、7-0の大勝に貢献しておる。
再びこのような結果に導けるのかが注目となろう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

満男が語る、小野伸二の器

【黄金世代・秘話】小笠原満男が明かす、オノシンジの図抜けた「人間力」
川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
2017年06月15日


「あの時のシンジの姿勢がいまでも忘れられない」。


12年前の感動秘話。小笠原は、僚友・小野への感謝を忘れたことがないという。写真:佐野美樹

 当ウェブサイトで連載中の『黄金は色褪せない』。1999年のナイジェリア・ワールドユースでファイナリストとなった黄金世代が、アラフォーの年齢を迎えたいま、なにを想うのか。みずからの足跡を、どのように振り返るのか。一人ひとりを訪ね歩くインタビューシリーズだ。

 これまでに、小野伸二と遠藤保仁の波乱万丈記をお伝えした。6月16日金曜日にスタートする第3回では、小笠原満男のサッカー人生を紐解く。

 数多の金言とレアなエピソードを提供してくれた、鹿島アントラーズの闘将。ここではそのプロローグとして、とびきりの感動秘話を先出しでご紹介しよう。

 舞台は2005年。現在と同じく、ワールドカップ・アジア最終予選が佳境を迎えていた。敵地でのバーレーン戦を翌日に控えたジーコジャパン、首都マナーマでの名場面だ──。

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――

 恩師ジーコが監督に就任してから、小笠原満男は日本代表の中盤に欠かせない存在となっていく。ドイツ・ワールドカップまでの4年間、すべての試合や遠征に招集された。

 だがそれは、自問自答を続ける葛藤の日々でもあった。

「トルシエさんの頃に比べたら割と使ってもらえるようにはなった。でも、海外でやってる選手が帰ってくると出れない、いなければ出れるっていう構図。なんとか覆して自分のポジションを確立したいと思ってたけど、ヒデ(中田英寿)さん、(中村)俊輔さん、シンジ(小野伸二)、イナ(稲本潤一)の4人がいると、まあ出れなかったね。悔しさはあったよ」

 そんな中でも、ひとたびピッチに立てば、小笠原は印象深い働きを披露した。その最たるゲームが、2005年6月3日のドイツ・ワールドカップ最終予選、敵地でのバーレーン戦だ。圧巻のパフォーマンスを示し、鮮やかなミドルシュートを蹴り込んで1-0の快勝に貢献。3大会連続出場をグッと引き寄せる、貴重な3ポイント奪取だった。

 このバーレーン戦の前日、小笠原は生涯忘れることのない出来事に遭遇する。

「あの試合は、シンジが直前の練習で骨折して、俺に出番が回ってきただけ。急きょ出ることになったわけだけど、あの時のシンジの姿勢がいまでも忘れられない」

『頑張れよミツ、応援してるからな』って。


重要な敵地でのバーレーン戦で、躍動した小笠原。強力ミドルで決勝点を挙げ、奮迅の働きを見せた。(C)REUTERS/AFLO


前夜に足の甲を骨折し、大一番の出場が叶わなくなった小野。それでも気丈に振る舞い、翌日のチーム練習では笑顔を振りまいた。写真:滝川敏之


 日本でのキリンカップで散々なパフォーマンスに終始し、ジーコジャパンへの風当たりは日増しに強くなっていた。

 チーム内にも不穏な空気が立ち込め、中東入りしてからもムードが高まってこない。そこで危機を察した主将の宮本恒靖が呼びかけ、選手だけで話し合いの場を設ける。上も下も関係なく大いに意見をぶつけ合った。

 大事な2連戦(バーレーン戦と北朝鮮戦)を前に、チームはなんとか一枚岩となれた。いわゆる「アブダビの夜」だ。

 その翌日だった。バーレーンに移動した直後の練習で、小野が右足の甲を骨折してしまう。2日後のバーレーン戦はおろか、長期離脱を懸念されるほどの怪我だった。

 ミツオは、よく覚えているという。

「シンジ自身、出れなくなってそうとう悔しかったと思う。それだけ大事な試合だったからね。でもさ、怪我した後なのに心配させまいと、食事の時とかでも、みんなの前でニコニコしてて……。その直後、俺が代わりに出るような雰囲気になって、声をかけてくれた。『頑張れよミツ、応援してるからな』って。このひと、本当にすげぇなと思った。ずっとシンジが出てて俺が出れなくて、多少なりとも悔しいとか思ってた自分が恥ずかしくなった。バーレーン戦は、シンジに頑張ってくれって言われたから、頑張っただけだよ。シンジの代わりを果たしただけ。自分の感情を抑えて笑顔で振る舞って、代わりに出るヤツに頑張れって……。感じるものはすごくあったし、いまでも忘れられない」

 鬼気迫るプレーで中盤を牽引し、決勝点も挙げる奮迅の働き。ゴールを決めた後には、めずらしく雄叫びを上げた。

 友に捧げる、会心の一撃だった。

取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)


小笠原満男について取材したサッカーダイジェストの川原氏である。
黄金世代について追っておるシリーズである。
今回は、ドイツW杯予選の思い出を語る。
このバーレーン戦のゴールは今でもまぶたに焼き付いておる。
そしてその裏にあったエピソードが泣かせる。
小野と満男、黄金世代の友情は熱くきらめいておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

日本代表・昌子源、スペースカバーの範囲の広さ魅力的

【日本代表】連戦で証明した昌子源の価値。豪州戦でハイプレスをやるなら、このCBが必要だ
サッカーダイジェストWeb編集部
2017年06月15日

川島とのすり合わせは必要かもしれない。


シリア戦ではバタついたが、イラク戦では安定したプレーを見せた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

 ワールドカップ最終予選、イラク戦を1-1で引き分けた日本代表。残るは2試合。勝点1の差で首位の日本は、ホームのオーストラリア戦と、アウェーのサウジアラビア戦のどちらかに勝てば、本大会進出が決まる。

 落胆したイラク戦だが、一筋の光明がさした思いもある。それはセンターバックの昌子源だ。動きの硬いシリア戦を経験し、迎えたイラク戦は、昌子の能力が存分に発揮された。8番のFWモハメド・カッラルらは、長友佑都や吉田麻也の裏のスペースを狙って飛び出したが、ひとつずつオフサイドに仕留め、危なげなくカバーもできていた。長めのボールなら、昌子は難なく回収できる。このスペースカバーの範囲の広さは、やはり魅力的だ。

 長友や酒井宏樹はもちろん、今シーズンのプレミアリーグのスピードランキングで、周囲を驚かせるランク入りを果たした吉田も、明らかに以前より速くなっている。スピード派4バックの形成は、ハイプレス好きのハリルホジッチ戦術を下支えするだろう。

 ただし、このイラク戦は日本全体がコンパクトに待ち構えたこともあり、遠藤航と井手口陽介、今野泰幸が中盤に蓋をしてくれる時間が長かった。たとえば、72分の失点シーンのように、中盤を抜けられた時に、どんな対応ができるか。

 ドリブルで割ってきた10番のFWアラー・アブドゥルザフラに対し、昌子は飛び込んだ。FWアブドゥルザフラはボールを右に切り返し、昌子はそれに回転しながらついて行こうとしたが、足を滑らせ、前に抜けられてしまった。(結果的にはその後に相手もバランスを崩し、こぼれ球から事故が起きたのだが……)

 果たして利き足ではない左側にボールがあった相手に対し、そこまで前に飛び込む必要があったのか。利き足に切り返されるくらいなら、ファーサイドのシュートコースを切って、そのまま寄せたほうがいい。もっと優れたストライカー、テクニシャンなら、かわした後に利き足でシュートに行っただろう。

 吉田とはいろいろな戦術的なすり合わせをしたようだが、この辺りは川島とも、もっとすり合わせが必要ではないか。

オーストラリアは正直、そこまで強い相手とは思わない。

 昨年10月に行われたアウェーのオーストラリア戦は、日本が守備的な戦いを選んで、1-1の引き分けに自ら向かうような試合だったが、次のホームではそんなことはあり得ない。

 オーストラリアは、9番のFWユリッチは身体の使い方が上手く、ゴール前のずるさやシュートの上手さもある。23番のMFロギッチは、サウジアラビア戦でものすごいミドルシュートを決めた。あまり日本のゴールに近づけたくない選手たちだ。高い位置で勝負したい。

 勝点3を取って本大会行きを決めるために、ハイプレスをやるとしたら、やはり昌子のカバー範囲の広さが必要になる。

 オーストラリアは3-2でサウジアラビアに勝ったが、ディフェンスラインがあっさりと裏を突かれて失点しており、正直、そこまで強い相手とは思わない。スピードがないし、スペースも与えてくれる。4年前にワールドカップ出場を決めたのも、オーストラリア戦だった。何かと縁があるライバルとの決勝戦に勝ち、すっきりと本大会へ進みたいところだ。

取材・文:清水英斗(サッカーライター)


日本代表の昌子源について記すサッカーダイジェストの清水氏である。
「イラク戦は、昌子の能力が存分に発揮された」と評す。
サイドのスペースを埋め、また、オフサイドにかけた。
源の良さが見られたと言えよう。
清水氏も「スペースカバーの範囲の広さは、やはり魅力的だ」と記す。
今後もこのスピードと対人で名を馳せてくであろう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

植田、“負けていられないな”という思い

植田 リオ世代奮闘に刺激「自分もA代表に割り込んでいく」

ゲーム形式の練習でロングボールを蹴る鹿島DF植田
Photo By スポニチ


 リオ五輪世代の奮闘に刺激を受け、鹿島のDF植田がW杯最終予選出場への思いを強くした。

 右太腿痛の影響で選出されなかった今回のイラク戦では、五輪をともに戦ったMF井手口やMF遠藤が先発。「刺激を受けるし、悔しさもあるし、“負けていられないな”という思いにもさせてくれる」と心に火が付いた。まだ、国際Aマッチでの出場経験はないが、次回のオーストラリア戦に向け「次でW杯が決まるという大事な試合。そこに自分も割り込んでいきたい」と力を込めた。
[ 2017年6月15日 05:30 ]


同世代のW杯予選出場に刺激を受ける植田である。
今回の代表招集は負傷の影響にて選外となった。
この試合にて、共にリオデジャネイロ五輪を戦った仲間が出場することとなった。
植田としては大きな発憤材料であろう。
この試合は、植田であれば大きく蹴り出し失点を防げたであろうと思うと、余計に無念である。
8月の試合では、代表に復帰し、大きく活躍して欲しい。
その為には鹿島にて完封を積み重ねよ。
まずは札幌戦。
躍動が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク