Jリーグ 第15節 北海道コンサドーレ札幌戦



アツの輝き。

石井さん、リーガ2部PO決勝を解説

前・鹿島監督石井正忠氏が語るリーガ2部昇格プレーオフ展望と柴崎岳への期待
6/17(土) 13:31配信
footballista


リーガエスパニョーラ2部 決勝第2レグを解説する前鹿島監督の石井正忠氏

ジダン監督率いるレアル・マドリーが5シーズンぶり33回目の優勝を飾った今季のリーガエスパニョーラ。1部の戦いは幕を閉じたが、2部は現在、最終局面を迎えている。柴崎岳選手が所属するテネリフェは、2部4位で昇格プレーオフ準決勝に進出。2部5位カディスと現地15日(木)に第1レグを戦い、アウェイで0-1と敗れた。8試合連続先発出場を果たした柴崎選手も存在感を発揮できず。テネリフェにとって現地18日(日)のD第2レグが、シーズンのすべてを懸けた一戦となる。この大一番を前に、2017年5月まで鹿島アントラーズ監督を務め、FIFAクラブワールドカップ(FCWC)2016決勝でレアル・マドリーを延長戦まで追い詰めた石井正忠氏が、自身初の解説を務める昇格プレーオフの展望・柴崎選手への期待を語る。


FCWCで感じた世界との差と手ごたえ


――昨年12月のFCWCでは決勝に進出して、レアル・マドリーと激闘を繰り広げました。ご自身にとって、どんな経験になりましたか?

「いろいろなタイプのチームと対戦し、選手の成長も感じる濃い1カ月になりました。レアル戦に関しては、力の差があるのはわかっていたので、しっかり自分たちのスタイルで戦おうという意気込みで臨みました。日本チームの代表として、引いて守る形ではなく、決勝まで来たのだから、自分たちの戦い方を出す気持ちで挑みましたね」


――やはり、世界との差は感じましたか?

「テレビで見ても感じていましたが、『世界のトップ選手とはこんなに差があるんだ』と、同じピッチではより感じました。それでも試合前に、守備は崩せるチャンスがあると分析担当と話していましたし、実際戦ってみて点を獲れるイメージはあったので、柴崎選手が良く決めてくれたという感じです」


――鹿島が2点を獲った後は勝利の可能性も感じましたし、相手の雰囲気も変わりました。

「内容を見ても、自分たちがボールを保持する時間があったので、勝てるだろうと感じていました。レアルもゆっくり試合に入りましたけど、途中から向こうのプレーが変わったし、会場の雰囲気が変わったのも感じました。クリスティアーノ・ロナウドについては、やはり世界一流の選手はこういう舞台で決める能力・技術があるのだと、あらためて思いましたね」


――あの戦いが日本サッカーに残したものをどう感じていますか?

「サッカーだけではなく、日本のスポーツ界全体に影響を及ぼすような戦いを、鹿島はしたと思っています。結果的に負けましたが、世界的クラブに対して日本のサッカーチームが対等以上に戦えたのは、日本のスポーツに大きく影響するような、そんな価値のある戦いだったと思っています」

柴崎選手の印象は「負けず嫌い」


5月のクラブ月間最優秀選手に選出されるなど、今やチームに不可欠な存在として昇格プレーオフを戦う柴崎岳(Photo: Getty Images)

――テネリフェに移籍した柴崎選手ですが、初めて会った時はどんな印象でしたか?

「彼が高校2年の時にキャンプで初めて見ましたが、技術的な素晴らしさと、隣の選手と同じメニューをやっても回数を多くやったりする負けん気の強さを感じました。彼は本当に向上心をもって、課題を見つけて日々の練習をこなしていたので、細かい指導はほとんど必要ありませんでした」


――2部移籍に関してはどんな形で相談を受けましたか?

「移籍が決まった時に電話で報告を受けました。彼はまじめで向上心を持っているので、必ず成功すると思い、こちらからは『応援する』ということしか言ってないですね。人間的にもしっかりしているので、成功するだろうとしか思っていないです」


――実際にテネリフェのチームではすでに中心選手になっていますが、柴崎選手のここまでのプレーを見てどうですか?

「すでにチームの中心だと思っていますし、柴崎選手らしいプレーを出してくれていると思います。プレーオフ準決勝の第1レグでもいろいろなポジションでプレーしていましたが、それが彼の特徴。今のテネリフェは彼がいないと試合にならないんじゃないかと思うぐらい、中心選手になっていますよね」


――柴崎選手の凄さ、世界でも通用する武器はどこか教えてください。

「まず、基本技術がしっかりしています。そして、2歩、3歩先を読んだプレーがイメージできていますね。戦術理解も深く周りを活かすプレーもできるから、ピッチを俯瞰して見ることのできるプレーヤーだと思います。ぜひ昇格して1部でプレーしてほしいですね」


――プレーオフ準決勝第2レグに向けて、どんなプレーを期待するか教えてください。

「第1レグでは彼自身にボールが集まってきませんでしたし、そこから先の攻撃ができなかった。だから前線がタメを作って、柴崎選手がサポートしていく形になると試合はかなり変わると思います。ですので、周りの選手にもう少しがんばってほしいですね」


――彼に最適なポジションは? また日本代表においてどんなプレーを期待しますか?

「昨年はボランチから前に出ていくプレーが合っていると感じましたが、日本代表などではトップ下も彼の活きるポジションだと思っています。絶対に日本代表の力になってくれるはずですし、我慢して自分らしいプレーができれば必ずまた代表にも呼ばれると思います」



リーガは「球際の強さや1試合にかける思いの強さ」が違う



――リーガエスパニョーラの印象を教えてください。

「レアルはこんなチーム、バルサはこんなスタイル、地域によっても特色があるチームが多いですよね。個人の能力は日本に比べて高いし、球際の強さや1試合に懸ける思いの強さはかなり違うなと思います」


――以前、バルセロナを理想的なチームと表現されていましたが、その理由を教えてください。

「トップチームから下部組織まで同じスタイルでやっているのはクラブの理想的な形ですよね。個人の質も私は最高峰だと思っていますし、判断も早い。クライフが作った美しく勝つという理想的なサッカーを極めたチームだと思います」


――Jリーグ発足から25年が経ちました。日本サッカーの成長をどう感じていますか?

「25年、長いようであっという間であったと私は思います。Jリーグがここまで成長できたのは、日本だからこそ。拮抗していてレベルの高いリーグを作れたのは、協会・クラブを含めて努力した結果だと思っています。もちろんまだまだ、世界とは基本的なサッカーの質が違う。ボールを蹴る・止める・状況判断とそのスピード、その差は大きいと思います。普段からJリーグのチームが世界の強豪と戦える機会を増やし、Jリーガーがレベルの高いプレーをリーグで続けるのが、世界に追いつくために大事だと思っています」


――最後に、プレーオフ決勝にゲスト解説として挑む意気込みを教えてください。

「プレーオフ準決勝を見てあらためて、1試合に対する両チームの意気込み、熱さを感じました。個人的には両チームの監督がどんな采配をするのか見たいと思っていますし、柴崎選手が所属するテネリフェが勝ち進んで1部に上がってくれることを期待して、臨みたいと思います」


決勝進出を懸けたリーガ2部プレーオフ準決勝第2レグ「テネリフェ vs カディス」は、6月19日(月)午前5:30からWOWOWライブで放送される。


リーガ2部PO決勝のゲストに招聘された石井正忠である。
フリーとなり解説という新たな仕事に挑戦する。
それにあたり、CWC決勝戦で当たったR・マドリーのこと、スペイン2部に移籍した岳のことなどについて語っておる。
石井さんの考えが伝わってきて嬉しい。
岳の活躍にて、テネリフェにはPO準決勝を逆転にて勝ち上がってきて欲しい。
岳のプレイを解説する石井さんを望んでおる。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

西大伍、どんどんやりたい

DF西大伍 古巣相手に気合は十分
ジュニアユースから10年間在籍した古巣・札幌と5年ぶりに対戦。かつての仲間、応援してくれていたサポーターに対し「いい試合を見せたい」と気合を入れて臨む。

主戦場は右サイドバックだが、前節の広島戦は守勢に回った後半、右の攻撃的MFで途中出場。攻守のバランスを整え、逃げ切りに貢献した。いつもと違った位置での起用にも「(監督が)使ってくれればどんどんやりたい」と意欲的だ。チームは監督が交代し、再出発を計る大事な時期。高い戦術眼と技術を駆使し、鹿島を支えていく。


今節の顔として報じられる西である。
今日の札幌戦では、本来のポジションである右SBでの起用が濃厚。
慣れ親しんだポジションにて躍動してくれよう。
とはいえ、前節ではMFとして途中出場しており、試合展開によってはユキを入れて前に上げる采配もあるやもしれぬ。
どのようなポジションでも意欲的に、そしてそつなくこなしてしなうのが西の魅力の一つと言えよう。
それもこれも、西の持つ技術と戦術眼がなせるもの。
その基礎は札幌が育ててくれた。
札幌在籍時はインサイドのMFであったはず。
札幌への恩返しも含めて、今日の注目の選手である。
この札幌戦ではどのようなプレイを魅せてくれるであろうか。
楽しみである。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

源、強行ではない

昌子 札幌戦先発へ!代表戦帰りも「強行ではなく想定内」
明治安田生命J1第15節 鹿島―札幌 ( 2017年6月17日 カシマ )


<鹿島練習>MF小笠原(左)とゴール前で競り合うDF昌子
Photo By スポニチ


 鹿島の日本代表DF昌子が札幌戦に先発する可能性が高まった。

 W杯最終予選イラク戦が行われたイランから14日深夜に帰国したばかり。この日は帰国後初めて参加した全体練習で主力組に入り「強行ではない。想定内。コンディション的に重いとかはあんまりない」と話した。「次(代表に)俺が呼ばれるかどうかは鹿島での活躍次第」と、切り替えて鹿島での戦いに集中する構えだ。チームはホームで2連敗中。大岩新監督の下でのホーム初白星を狙う。
[ 2017年6月17日 05:30 ]


昌子について取材したスポニチである。
「強行ではない。想定内。コンディション的に重いとかはあんまりない」、「次(代表に)俺が呼ばれるかどうかは鹿島での活躍次第」というコメントを取った。
中東のアウェイも日程も想定していたと語る。
日本代表にまで選出される選手は、その程度のことで疲労を残すようなコンディショニング調整をすることはないということであろう。
源を中心としたDFラインで札幌攻撃陣を封じるのだ。
楽しみにしてスタジアムに向かう。
勝利を信じておる。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

シャルケ・篤人、今は100%

内田 右膝「今は100%」日本代表にもエール

トレーニングを実演するシャルケDF内田(左)
Photo By スポニチ


 シャルケのDF内田が、静岡市内に自らプロデュースするトレーニングスタジオ「ウチダラボ」の17日オープンを前に「小学生から年配まで、幅広い世代の方に利用してもらいたい」と語った。

 一昨年夏に右膝を手術したが「今は100%。年間戦えるよう、このオフにしっかり準備したい」。13日にイラクと引き分けた日本代表には「次はホームだし勝ってもらいたいね」とエールを送った。
[ 2017年6月17日 05:30 ]


右膝についてコメントを発したシャルケの篤人である。
「今は100%。年間戦えるよう、このオフにしっかり準備したい」と語る。
来季はかなりやってくれるのではなかろうか。
長く休んだ分を取り返せ。
篤人の躍動を楽しみにスカパー!を点ける。
期待しておる。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ヤス、ベンチ入り濃厚

鹿島・大岩新監督、ホーム初戦へ「しっかりと準備してきた」
 5月31日に就任した鹿島・大岩新監督にとって、17日の札幌戦(カシマ)はホーム初戦。16日は約1時間半の最終調整を行った。5月14日の神戸戦で左太ももを負傷したMF遠藤はベンチ入り濃厚で「けが人も戻りつつある。しっかりと準備してきた」と指揮官。13日のW杯ロシア大会アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)に出場したDF昌子も起用する予定だ。 (鹿嶋市)


大岩監督のコメントを報じるサンスポである。
「けが人も戻りつつある。しっかりと準備してきた」とのこと。
ヤスはベンチ入り濃厚とのことで、一気に層が厚くなった。
夢生や優磨、新婚のユキ長女誕生のブエノもベンチにおり、選手交代の幅が広がったのではなかろうか。
采配も含めて札幌に勝利する。
準備万端である。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

西大伍、チームを勝利に導くプレイが成長の証となる

【鹿島 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:5年ぶりの古巣との再戦。いい試合を見せたい、と意気込む西大伍
2017年6月16日(金)



「居心地がよすぎるのもよくない。そろそろかな」

オフのたびに冗談めかして移籍を示唆していたのも遠い昔。西大伍(写真)は、いつの間にか鹿島に在籍してから7年目のシーズンを過ごしている。

もともとは札幌市出身であり、コンサドーレ札幌の下部組織の出身だ。プロとして一番長く在籍しているクラブは鹿島だが、下部組織から数えると札幌が最も長く在籍したことになる。自分の原点とも言えるクラブとの5年ぶりの対戦が間近に迫ってきた。

Jリーグ随一とも言えるほど他クラブにも知り合いが多い西だが、札幌にいたときから8年が経とうとしている。在籍時、共に汗を流したチームメイトはほとんど残っていない。しかし、サポーターは別だ。

「コンサドーレを長く見てくれているサポーターは、僕のことも知っていると思う。良い試合を見せたいと思います」

鹿島にいる7年間、特にここ数年で西は大きく成長した。色に染まらないニヒルな部分は残しつつ、責任感の強さから選手会長を引き受け、キャプテンマークを付ける試合もあった。プレー面でも、最近は遠ざかってしまったが日本代表にも選ばれるなど、鹿島でも無くてはならない存在としてめざましい活躍を遂げている。

長かった髪はいつの間にか短くなり、爽やかな印象を残しつつも顔つきは精悍さを増した。今季、リーグ戦ではカシマスタジアムで2勝5敗と大きく負け越している。チームを勝利に導くプレーが成長の証となる。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第15節
6月17日(土)18:30KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 北海道コンサドーレ札幌


西について記すJ’s GOALの田中滋氏である。
プロとしては鹿島が最も長い在籍期間になったことや、アカデミーから在籍した札幌にはチームメイトが残っていないといった話題が並ぶ。
そうであっても、西にとって札幌は特別な存在であろう。
5年ぶりとなるこの対戦に思うところもあるはず。
「コンサドーレを長く見てくれているサポーターは、僕のことも知っていると思う。良い試合を見せたいと思います」と語る。
良い試合を作る西の姿を札幌サポーターに届けようではないか。
鹿島になくてはならない存在・西大伍の躍動が楽しみである。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

新指揮官が目指すサッカーの浸透を図ってきた

【鹿島vs札幌プレビュー】新指揮官が目指すサッカーの浸透を図った鹿島…体調回復に力を注いだ札幌
■鹿島アントラーズ フィジカル強化のトレーニングも実施

【プラス材料】
 国際Aマッチデーによる中断期間を挟み、約2週間ぶりにJリーグが再開する。大岩剛新監督の初陣となったリーグ前節の広島戦を3-1の勝利で飾った。この中断期間では新指揮官が目指すサッカーの浸透を図ってきた。

 クラブから求められていたフィジカル強化のトレーニングも実施。石井正忠前監督から布陣こそ4-4-2から変更はないが、細かな部分で色を出してきている。
 
 韓国代表に選出され、合流前のGKのクォン・スンテは欠場するが、日本代表で2試合先発フル出場を果たした昌子源も先発する見込み。広島戦では先発から外れていた小笠原満男も先発に名前を連ねそうだ。

【マイナス材料】
 今季リーグ戦は2勝5敗と黒星が先行しているホームという点はマイナス材料かもしれない。

 昌子の状態も不安要素だ。イランで行われた日本代表vsイラク代表にフル出場した。気温35度以上、湿度10%台の気候の中でプレーしてから12時間以上の移動を挟み、中3日でピッチに向かう。帰国後すぐにチームに合流し、2日間練習に参加。仕方ないことではあるが、中断期間に浸透が図られた新指揮官の戦術への対応は他選手と比較して差があることは否めない。

 また、時差ぼけや気候の変化にも対応しなければいけない。ただ、これは日本代表選手の宿命。今後、日本代表の主力センターバックを務めていくうえで克服していかなければいけない。ただ、日本代表に帯同している間も、昌子は鹿島のことは頭に入れていたという。

文:totoONE編集部

■北海道コンサドーレ札幌 運動量豊富なキム・ミンテが復帰濃厚

【プラス材料】
 Aマッチウィークによる休養が取れたのは大きい。チームはこの間、3日間のオフを取るなどして、とにかくコンディショニングに力を注いだ。

 札幌はチーム全員がハードワークをすることで勝機を見いだすチーム。豊富な運動量をベースとするチームだけに、ここ最近は若干、疲労を蓄積させている様子のある選手もいた。その点から見ても、強敵、鹿島との一戦を前に疲労を回復させることができた意義は大きいはずだ。

 また、第12節で右足首を痛め離脱していたキム・ミンテがこの試合からスタメン復帰することが濃厚。ピッチ狭しと走り回るこの選手が復帰したことで、より一層、チームとしての運動量が豊富になるはず。敵地戦であることを考えても、キムの復帰は大きい。

【マイナス材料】
 まずは4連敗中であるというところがメンタル面でのマイナスポイントか。昨シーズンはJ2で2連敗を1度しか経験をしていないチームが4連敗を喫している。降格圏の16位につける広島との勝ち点差が2ということで、プレッシャーも出てきているはずだ。

 この鹿島戦の後には好調、柏戦が続いており、このままズルズルといかないようにしなければいけない。そうした重圧に打ち勝てるか否かはカギとなりそうだ。

 また、今週水曜にはDF横山知伸が右足首を痛めて途中離脱。軽症の見通しだが、この試合を欠場する可能性もゼロではないだけに、気になるところだ。

 そして、ここ最近はエース都倉賢の動きも封じられつつあり、チームのストロングポイントが研究されてきている。最近5試合で3試合がノーゴールと、チームとしての得点力の低下も顕著だ。

文:totoONE編集部


「小笠原満男も先発」と記すサッカーキングのプレビューである。
大岩体制の初陣こそベンチを暖めたが、新監督が頼りにするのはやはりこの男ということである。
主将の先発復帰で、締まった試合が期待される。
満男の急所を突くパスにて札幌の守備を崩し、また、気迫溢れるプレイでチームを鼓舞していくのだ。
楽しみな一戦である。

ギラギラ
ギラギラフットボール for iOS


ギラギラ
ギラギラフットボール for Android



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク